000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

健康配達人 yumicornが行く!~四方山雑多ばなし~

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


yumicorn

Category

Favorite Blog

卒園アルバムを作っ… 猫のえりさん

なんと、卒論を書く… Super源さんさん

Healing Space GAIA … スーさん1124さん
『よくばりダイエッ… マーベリック.jrさん
よもだ 悠游さん

Recent Posts

Headline News

February 10, 2005
XML
カテゴリ:スポーツ
みなさん、こんばんは。

昨日は、注目のサッカーのゲームがありましたね。
私は関東から関西へ帰る途中の車の中で観ていました。
トンネルなど時には頻繁に映りが悪い時もあって、満足いくものではありませんでしたが、「勝利」したのですから、
OKですよ!

私は今回、GK川口能活選手について書いてみようと思います。
ただの素人なので、考えや戦術などなどわかっていませんが、お許しください。

GK川口能活選手のファンになったのは、1996年のアトランタオリンピックで強豪ブラジルを倒した頃で、今から約9年前になります。
それから一応「ファン」として陰ながら彼を応援しています。

ゲーム中、GKはひとりだけ向いている方向が違いますし、その点から違った観点での指令を出すことが可能です。

以前は、出した指令に他の選手が従わずに、ひとりやり場のない表情や態度を示していましたが、9年経った今はすっかり大人になった感じがします。

海外へ行く前…
Jリーグの横浜Fマリノスを去る際にすごいセレモニーが行われ、もう彼は日本のピッチに立つことはないと思っていました。残念に感じながら、偉業に打ち込むんだ!と感じたものでした。


海外移籍後…
文化の違いはもちろんのこと、イングランドとデンマークでの生活を通じて、サッカーに対する何かが変わったのでしょうね。
それらは私にはわかりませんが、そのように思います。
今回、日本へ戻ってきたことには特に何も感じませんし、プレーが日本で観れるとなると嬉しいですね。

とにもかくにも、ジュビロ磐田に戻って来て、昨日のゲームは背番号「23」でGKの証「1」ではありませんでした。相手チームを完封とはいきませんでしたが、1点に抑えてなかなか頑張ったのではないかと思います。
異論はいろいろとあると思いますが…。
点を入れられた時のあの表情(悔しさ?)は相変わらずですが、北朝鮮戦を経験したのは、彼だけということで、勝利をもたらす一因になったのではないのでしょうか?

ファンながら、1度会ってゆっくり話してみたい方のひとりです。無理な話だけど…。
器用な生き方ではないけれど、人生としては味深い感じがします。

いつか会えるといいなぁ~~~。






Last updated  February 10, 2005 01:38:54 PM
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.