133641 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

健康配達人 yumicornが行く!~四方山雑多ばなし~

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


yumicorn

Category

Favorite Blog

打つ?打たない? ひめようこさん

私立高校入試が無事… 猫のえりさん

工房移転のお知らせ szenさん

Healing Space GAIA … スーさん1124さん
『よくばりダイエッ… マーベリック.jrさん

Recent Posts

Headline News

January 25, 2009
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回、更新させて頂いた内容にメッセージを頂戴したのですが、実際的な問題を

綴っておられて、ありがたく思うと同時にいろいろな方がいろんな状況に陥って

いるのかを知ることができました。


気持ちがめげてしまわれてる方も多いだろうと(私もそのひとりではありますが)、

思いながら、私がこのブログで大抵選択しているテーマが「健康管理~~~~豊かさ探求」

なのですね。


このテーマを見て、改めて…

今の状況で、何があると「豊かだなぁ~」と思えるのかを人間の本質や根本に戻って

考える必要があるように思えたのです。


飽食の時代、贅沢な時代 から 危機的状況に国民の多くが追い込まれる時代。

それも予兆があれば、何らかの対策を講じることができたのでしょうが、一気でした

からね。


昨年春に、実は私、家を買おうと思っていました。

でも、結局、条件的に納得いかなかったり、その他の事情がありやめたのですが、

今となっては大正解!な訳です。

ローン返済が必要以上に覆いかぶさって来る訳ですから。


こんな今だから、今だからこそ、私が仕事している健康分野を何とかして社会貢献の形で

うまく活用できないかと最近、考え始めています。

もちろん、今、会社員だから、すぐに!ということは難しいのです。

でも、この危機的状況は継続されると予測がつくから、せめて皆さんの健康状態だけは

何とかして維持して頂きたいと強く願うのです。


この私ですら、現在の社会情勢の影響を何点か被りました。

やっぱり精神的にツライですし、考える時間が増加すればする程、ライフスタイルは

確実に乱れてしまいます(→私の場合は現在進行形)。

その結果、風邪を引いたり、胃が痛くなったり…いろんな症状が出てくるんですよ。

健康状態を冒されている方々…非常に多いと察しています。


考えても致し方ない、なるようにしかならない…と割り切る勇気も必要だとは思います。

でも、迫ってくるものへの不安も生じてきますよね?!

迫ってくるものが大きいのが長いのか苦しいのか…ってな具合に。


何をすれば、皆さんが健康な状態を維持できるようになって社会貢献ができるのか?

本質は見えているし、確信しているんです。

ただ、私ひとりではできないことも多いのです。

だからこそ、今、すごく考えていることに賛同してくれる異業種とのコネクションが

必要だなと改めて思って、何とかできないかと考え、行動しようかとも思っています。


今、私が言えることは最低限のことですが…

3食…腹8分目にして、食事だけは規則的に摂りましょう。

無駄を省くために自分の身体を動かして省けるのならば、それをしてみませんか?

身体を動かして、余計にご自身の身体に負荷がかかるようなら、NGです。

でも、適度に身体を動かす方が程よい疲労が生じますから、眠りやすくなります。

夜になれば、徐々に身体を休めるモードにしていきましょう。

そのためには、ぬるめのお湯にちょっと長めに入って、1日の疲れを取りましょう。

ストレッチなどOK!…身体も心も解放して、リラックスして部屋全体をお休みモードに。

脳みそもお休みさせるため、難しく頭を悩ますことは寝る前にしないで、眠くなったら

お布団に入ってゆっくり呼吸してお休みください。


こんな感じでしょうか。

太陽が昇って沈むのと同様に、人間の行動も太陽の動きに従っていくのがせめてもの

健康でいられることなのかと考えています。

昔の生活にタイムスリップする感じでしょうか。


当たり前のことを書いているのですが、今の現代社会、これらを成し遂げるのが

案外、難しかったりします。

だからこそ、敢えて、本質・原点に返るのがいいかなと思い、私の提案です。

本質・原点に返って、豊かさが得られるのかどうかを教えて頂きたいです…。


よろしければ、お試し頂いてご意見をください…今後に活用させて頂きたいので。


yumicorn











Last updated  January 25, 2009 08:55:55 PM
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.