000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

世界一流スパにも勤務中!       元豪華客船セラピスト★海外女社長 ・由美どんのアメリカ挑戦★

家族と復縁☆号泣

今日は人生で最大の喜びを感じた日。

私を今まで悩ましてた悩みが解決した。

その悩みとは日本にいる私の家族との「復縁」だった。(泣)

ちょっと色々事情があって、
1年前に電話で話したっきり
家族から一方的に連絡が無くなった。

と、いうか・・・・

こちらから電話をかけても、実家の電話番号が一方的に変えられてたようで
「この電話番号は現在使われておりません」と何度もアナウンスが流れた。

急いで手紙を書いてみても返事は全く無かった。

私には何が家族に起こってるのか解らなかった。
家族が何を考えてるのか解らなかった。

だから何らかの形で親に嫌われて、すでに「勘当」されてしまってたのだろうと勝手に思いこんでいた。

でもハワイを旦那のご両親がこちらにいらした時のように

5月の31日に私達がハワイを引っ越す前にどうしても
日本の家族にこの美しいハワイを見せたかった。

私はキリスト教なので、ただ純粋に良いものを家族と分かち合いたかった。
家族に美味しい物を食べさせたかった。
家族に美しい物を見せたかった。

希望を心の底で深く感じた。

心の中で「家族をハワイに呼びなさい」という聖霊の声がハッキリと聞こえた。

私は聖霊の言うとおり、自分で撮ったハワイの美しい海の写真をプリントした便箋に「私の家族であるあなた方を呼ぶ為に 寝る間も惜しんでお金一生懸命貯めました。全額旅費は払うのでハワイにどうか来て下さい。」と書いて、願いを込めて一気にポストに入れた。

何日も何日も心細く返事を待った。

手紙を出してから2週間後の今日、携帯電話に母の再婚した夫(4番目の父)から連絡があった。

他人みたいなあいさつで「お元気でしたか?」でお互いに会話が始まった。
そして父が急いで母を呼んだ。

すぐに電話の声が母に換わった。

母は・・・突然泣き出した。

そして今までなぜ私に連絡が出来なかったか、泣きながら事情を説明した。

今までの住んでいた鹿児島の家を売り払い、
そのお金で今までの色んな借金を返済し、
田舎にある中古の安くて広い家に引越し、
まだ学校に行かないといけない子供達(妹や弟)の教育費の足しとしたという。

それでもお金が足らず、未だに母さんはパートを頑張って働いてる。

そして母は「連絡が出来ずにごめんね。本当にごめんね。」と言い続け、泣き出した。

「お母さん・・・・・ 私こそ事情を知らなくてごめん・・・」

私は頭をめいいっぱい打たれた気分でいた。。。。

1年も音信不通だったので、「勘当された」と思ってた。

でも実は、母が海外で旦那の学費と生活の為に女一人で頑張ってる娘の私に、一切の心配をかけまいと思っての「最大の心づかい」だった。

とにかく号泣した。
電話の向こうでめちゃめちゃに母と一緒に泣いた。

今までの時間の溝が修復された。

私の書いた優しい思いやりある手紙で母は勇気を出して娘に連絡を取ろうと思ったと言った。

こんな鉄砲玉で国内に留まらず、自分のやりたい放題の馬鹿娘なのに
母さんはまだ私を愛してくれている。

この事が一切の偽りも無く解った時、心に最大の喜びを感じた。

私は家族を愛しているんだという事にも改めて気がついた。

愛してる
愛してる
愛してる

何でも犠牲に出来るほど家族を愛してる。

もう二度と家族との絆は絶やさないと誓った。

母はお金がかかるからと遠慮してハワイには行かないと言った。

私は心から母に嘆願した。
「ハワイでお母さんにマッサージをしたいの。これが私の夢なの。私の夢を叶えて!」

母は「少し考えてみる」と言った。

よ~~~~~し!もっともっと稼いでお母さんをハワイに呼び寄せるぞ!
もっともっと稼いで、お母さんの生活の足しに少しでもお金を渡すぞ!

頑張るぞ。オーーーー!!!!

(追伸)第2速報 日記より
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「母は祭り気分!?ハワイに5月半ばに上陸予定」

さすが、由美どんの母!
あなどれない。。。。。。。

あんなに「娘にお金を使わしてまで ハワイに行くだなんて・・・(涙)」



弱々しく可愛らしく戸惑っていたのに、

ハワイの夜中の12時に私の携帯電話にかけてきて

超ハリキッテ めっちゃ元気に

「お父さんと2人でハワイに行くから!旅費払ってくれるんでしょ?」と堂々宣言してきたわ。

さすが。。。。
開き直りが早い。。。。。

もう少し、健気に交渉をじらしてもいいんじゃないかい母さん?

日本人特有のアレ↓をもうちょっと私とあと数週間くらいやって欲しかったなあ~~。

日本人A「どうぞどうぞ、つまらない物ですが、持って行ってください。」
日本人B「とんでもございません!こんなに素晴らしいもの頂けません。」
日本人A「そうおっしゃらずに お納めくださいまし。」
日本人B「いえ、奥様、困ります。あぁ、ダメですよ。受け取れません。。。」
日本人A「つまらない物なのでお気に召すか解りませんが、主人には内緒で。」
日本人B「本当に申し訳ございません。それではお言葉に甘えて。。。」

これよ これ!この「日本人特有のお断り大作戦」。

ちなみにこの動作を日本語でなんて言うんですか?

本音とたてまえ?
3回目のウソ?
いいじゃないか減るもんじゃないしの「お代官様の法則」?

どうでも良いけど、
母よ、いつも早すぎるのよ決断が。。。。
あんまりにも早い即答に私の気持ちがちょっと「変な感じ」です。

しかし電話の向こうで母はすでにお祭り騒ぎであった。
もう誰にも止められない母!

は~~~い ハワイ行き決定☆オメデトウ 

よかったのか。。。。
悪かったのか。。。。。
はぁ~~~~~

何かやらかさなければ いいけど。。。。



(追伸):皆さん、呼び寄せの飛行機の安いチケット情報ご存知でしたら御一報お願いします。

日本から買ったほうが安いのか?
アメリカから買って送った方がいいのか?
5月の15日頃を予定してます。





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.