1567621 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

世界一流スパにも勤務中!       元豪華客船セラピスト★海外女社長 ・由美どんのアメリカ挑戦★

日本の両親、アメリカ旦那と自力で語る

話は変わりますが、昨日のアメリカ人旦那松男君とうちの日本人の両親の会話がかなり面白かった!

私はマッサージの仕事が突然入ったので、3時間家を留守にしてました。

私がちょっと帰ってくる前に夫はベランダで牛肉をBBQして焼いていた。

そしてうちのアメリカ旦那にどういうわけか うちの両親は勇気を出して最後の夜に「婿どんの松男君に英語でこっちから話しかけてみよう!」と思いつき 
両親は日本語と少しの英単語を使ってトライしたそうです。(薩摩隼人ね)

ちなみにうちのアメリカ旦那の松男君も日本語はほとんど出来ません・・・
「犬レベルです」と自分で言ってます。。。。

この以下の会話を聞かされて 爆笑しっぱなしの私でした。


話の内容は「ゲテモノ食いの話」

以下、会話文にてお楽しみ下さい。




両親「アメリカンビーフは安いの?」
旦那「ハイ、ハイ。アメリカンビーフは 安いだよ。でもぉ~ ハワイ高いネ!」

両親「松男君は 馬を食べたことがある?」
旦那「ウマ?何ですか?」
  「馬ーーですか!?もちろんウマ食べないだよ!!だってウマは友達!」

両親「アメリカ人は馬は食べないの?」
旦那「いいえ~~、ウマは友達。食べないだよ!友達は美味しいじゃないだよ」

両親「じゃあ 牛は友達じゃないの?」
旦那「牛肉は友達じゃない!だから食べます。」

両親「じゃあ、チキンは?」
旦那「チキンも友達じゃない。トリニク! 照り焼きチキン美味しいネ。」

両親「じゃあ、ウサギは友達ですか?」
旦那「ウサギ?ラビット?ははは 笑 ラビットはもちろん友達じゃないだよ。」
  「でもぉ、友達じゃないけど食べないだよ。これ美味しいじゃない。」

旦那「私の友達は「ウマ」と「犬」と「猫」ね! コレは食べないだよ。」

両親「ラビット(ウサギ)は友達には入らないの?」
旦那「NO NO NO~♪ ウサギは友達ちがいま~~~す♪」

両親「フィッシュ(魚)は?魚を飼ってるでしょ?」
旦那「さかな 何ですか?あぁ、フィッシュですね?」 

  「はいはいはい、魚友達じゃない!だから食べますだよ。」
  「でもぉ~ ベタ(うちで飼ってるペットの魚の名前)は友達。
   だからぁ~ 食べないだよ」
  



これを聞いて 私らの解った結果は・・・
旦那はどうやら「友達だったら食べない」という法則らしい・・・・
なんて原始的なの!なんて単純な法則!
皆さんも気をつけてください。
友達じゃないと 食べられますよー。


そして私と両親は旦那が「馬を食べない」と言ってたのに
密かに旦那の松男君が日本に帰国した時に
だまって馬肉を食わせる会をコソコソ&ヒソヒソと計画しているのでした。

あくどい義理の両親を持ってしまった松男君・・・・
かわいそうに
本当に残念だったねェ・・・・(嬉)←悪妻



でも松男君が友達である「馬」を食べてる瞬間の顔を見てみたい。
どんな顔するだろうか?
怒るだろうか?


ちなみに両親に松男君の大好物で
アメリカで良く飲まれる「ルートビアー」というサロンパスの様な味のお酒の入ってないソーダを飲ませました。

何も知らずに松男君と一緒に両親に「さささ!」と言って飲ませたら

母は「何コレ!?(青筋)」と苦いような顔をしてて、
父は「うん!中々ウマイなコレ」と言っていた。(← お父さん!??)

お母さんの顔が面白かった。



あーーーーー しまった!
あのアメリカの電話線の様な
細長い赤いプラスチックのコードのようなアメを食べさせるの忘れた!

ちゃあー
食べさしたら 面白かったのに・・・・(嬉)←悪娘

いやぁーしかし、

うちの両親よく食うのなんのって・・・あなた。
「牛飲馬食ってこの事!?」みたいな感覚でした。
「だから由美もよく食うのか!?」と旦那の松男君があきれてました。

ダイエットは DNAの関係で結構無理なのかもしれません。



追伸 

前回の日記で結構質問があったのですが、
私の母は今年49歳。

母はいつも「誰かにお母さんの歳を聞かれたら29歳と言いなさい!」と私と妹達に暗示(洗脳とも言う)をかけてました。

私は言いたい。
「母さん、一体誰に何の目的で あなたの歳を聞かれるのですか???」

そして今年、私は7月20日で「30歳」になります。

娘の由美どんはもう「母の理想年齢29歳」を今年越してしまいます。(苦笑)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.