3428067 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

kororin日記

2011.09.11
XML
カテゴリ:ジュリー

いやーぁ、実にまったく、とっても、良かったよーーーお。

 

思えば、43年くらい前の少女の私は、

地方に住んでいて、テレビや雑誌、映画以外のタイガースを知らなかった。

 

10年位前に、タイガース結成35周年記念CDのBOXが出たとき、

せっかくだからと、買ってみたら、

「ええぇっ、タイガースが、英語の歌、歌ってるー!!!」

と、びっくりしたくらいです。

 

 

それで、あわてて調べてみて、

ローリングストーンズやら、ビートルズ、モンキーズなど、

海外のバンドのコピーをいっぱいやっていたと知りました。

 ロックバンドだったなんて!!

当時、PTAや教師ににらまれながら、
タイガースのコンサートに行ったファンの皆様方、

さぞかし、熱いコンサートだったことでしょう。

 

今回、みんな64才くらいのおじいさんになっているというのに、

演奏は上手い、声、ハーモニーが美しい、

とにかく、楽しい。

これを、昔の綺麗な可愛いジュリーたちがやっていたのなら、

それはそれは、素晴らしいステージだったと思います。

 

 

 

さて、セットリストには特に触れませんが、

今回のコンサートで、始めの英語の曲は、ノリノリで聴いていたけど、

その後、デビュー曲である「僕のマリー」と「モナリザの微笑」が

続けて演奏されたら、もう、ごめんなさい、でした。

 

そう、私が愛したタイガースが、今、私の目の前にいるんだ。

とうとう、本物に会えたんだ!!

涙が、出るわ出るわ。

ボロボロ状態でしたよ。

 

仲間に囲まれたおじさんジュリーが、きらきらして見えました。

 

 

サリー(岸部一徳さん)のベースの指の動きの見事さ、

そして、激しく弾きながらのステップや、歌唱には、

もう、脱帽です。

 

だって、この間のライブで、

私もベース弾きながらコーラスやらないといけなかったんだけど、

「いかん、無理。指がおろそかになってしまうけん、歌えん。」

と、あきらめたんですもん。

 

やっぱり、プロは違うんですねー。

 

シーサイドバウンドの時、右、左、1.2.3.4とステップを踏みながら、

サリーの右手は、激しく動いていたんです。

 

ジュリーの鉄人バンドには、ベースがいないので、

今回、サリーのベースは、とても目立ちました。

よく知っていた曲に、あんな、難しいベースがついていたなんて、

知らなかったぁ・・・・

 

そうそう、サリーが弾いていたバイオリンベースも、

ものすごーく、良かった。


バイオリンベースを一躍世界へ広げたと言っても過言ではない、
ポール・マッカートニーが使用していたことでも知られる
'62年仕様を復刻した本器。
Hofner 500/1 VINTAGE ’62 ELECTRIC BASS GUITAR

 

これ。

実は、夏ごろ、このベースが気になって、

天神の楽器店で、じーーーっと眺めていたんです。

 

 

おっと、コンサートに戻ります。

「坊や祈っておくれ」は、なんか聞いたことがあったような・・・

と、思ったら、

以前買っていたCDに、メドレーで入っていました。

その中では、「坊や歌っておくれ」という題名でしたよ。

 

サリーの低音、それに乗っかったタローとジュリーの声、

素敵なハーモニーでした。

あ、この時、ピーはハモっていたのかなぁ。

タローさんの陰になっていたので、ピーの表情は見えなかったのです。

 

 

あと、最後の方の「落葉の物語」「ラブラブラブ」も、

涙ボロボロ・・・・

タローさんも、ジュリーも、涙を浮かべて歌ってたよー。

 

24曲が、あっと言う間の、

それはそれは、素敵なコンサートでした。

 

せっかくだからと、一泊した私は、

今日、またまた足を酷使して、京都めぐりをしましたよ。

そのお話は、次の日記で。

 

 







Last updated  2011.09.11 22:54:56
コメント(6) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


yumiさんの目は赤かった・・・   小芋さん さん
ほんとにないとりんしゃった・・・

コンサートに実際に行っていた人たちの見てた姿は、

テレビだけでのものとは、違ったのね。

ギャップの大きさをコントロールできなかったから、

トッポやピーは冷めちゃったんだね。

楽しかったねぇ。。。

サリーのステップも、体が覚えてたんだね。。。

(2011.09.11 23:23:26)

Re:タイガース聴いて、涙ボロボロ、京都歩いて、足ボロボロ・・・(09/11)   アラネア さん
よかったですね!!
ライブの感動が伝わってきます。
そんなにサリーのベース、素晴らしかったんですね!
ピーが加わってうれしいですね~
(2011.09.11 23:26:39)

Re:yumiさんの目は赤かった・・・(09/11)   kororin912 さん
小芋さんさん
>ほんとにないとりんしゃった・・・

>コンサートに実際に行っていた人たちの見てた姿は、

>テレビだけでのものとは、違ったのね。

>ギャップの大きさをコントロールできなかったから、

>トッポやピーは冷めちゃったんだね。

>楽しかったねぇ。。。

>サリーのステップも、体が覚えてたんだね。。。
-----
曲によっては、右手も左手も、ものすごーく激しく動き回っているのが、ありましたよ。

サリーさん、手が腱鞘炎になるっちゃないかいな、と心配になるくらいです。

男の声のハーモニー、大好き。

昔、混声やってたとき、私としては、グリークラブに入りたかったんです。
でも、私が入ると、混声になっちゃうからねー。

(2011.09.11 23:31:54)

Re[1]:タイガース聴いて、涙ボロボロ、京都歩いて、足ボロボロ・・・(09/11)   kororin912 さん
アラネアさん
>よかったですね!!
>ライブの感動が伝わってきます。
>そんなにサリーのベース、素晴らしかったんですね!
>ピーが加わってうれしいですね~
-----
サリーの姿は、タイガースのサリーというより、相棒の官房長ですからね。
がんばれーっと応援したくなりました。

よたよたしてたら、どうしようと思っていたのに、ものすごーく上手だったので、びっくりしたんですよ。

今のメンバーなら、サリーを選んじゃいそうです。

(2011.09.11 23:34:06)

Re:タイガース聴いて、涙ボロボロ、京都歩いて、足ボロボロ・・・(09/11)   jun2912 さん
ご報告を読ませていただきながら・・・
じんわりと 涙がぁ(*^_^*)

それぞれが 自分を生きて たどり着いたのが 友情だというところが なんか嬉しいです。

良い席だったから サリーの手の動きを しっかり感じられてよかったですね。 (2011.09.12 08:44:40)

Re[1]:タイガース聴いて、涙ボロボロ、京都歩いて、足ボロボロ・・・(09/11)   kororin912 さん
jun2912さん
>ご報告を読ませていただきながら・・・
>じんわりと 涙がぁ(*^_^*)

>それぞれが 自分を生きて たどり着いたのが 友情だというところが なんか嬉しいです。

>良い席だったから サリーの手の動きを しっかり感じられてよかったですね。
-----
ピーさんの前に、タローさんがちょうどかぶってしまっていたので、ピーの表情は見えませんでした。
しかし、迫力のスティックさばきは伝わってきましたよ。

ピーって、あんなに明るく、元気なキャラだったのねー。
知りませんでした。

サリーさんは、しごく真面目に、きっちりと演奏されていて、ハーモニーの要でもあるから、がんばってらっしゃったと思います。

大いに満足でした。

(2011.09.13 21:19:00)

PR

X

Profile


kororin912

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Comments

kororin912@ Re[1]:駐車スペースを少しきれいにしたよ(09/21) New! nik-oさんへ 二度寝すると、体に疲れがた…
nik-o@ Re:駐車スペースを少しきれいにしたよ(09/21) 2度寝は合わないようですね。私も寝覚めず…
kororin912@ Re[1]:クラフトテープの籠作り、その二(09/20) ごねあさんへ レンコンは、大雨でも、影響…
kororin912@ Re[1]:クラフトテープの籠作り、その二(09/20) nik-oさんへ 籠作りは楽しいのですが、そ…

Favorite Blog

今日も買い物に:困… New! ごねあさん

年寄りは進んで尿対… New! デコちゃん6902さん

彼岸花の群生見物と… New! himawari6017さん

映画 マスカレード… New! maria-さん

中秋の名月を愛でる… New! scotchケンさん

眼はショボショボ! New! たくちゃん9000さん

年寄りはキレやすい… New! にととらさん

ワクチン2回目を終… New! 小芋さんさん

雲の中の名月 New! nik-oさん

畑;白菜を植え、ジ… 大分金太郎さん

Category


© Rakuten Group, Inc.