3433622 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

kororin日記

2018.10.26
XML
​昨日、ちょっとしかのせていなかったので、山に登ったところから。



この男性は、離島めぐりばかりされているという方。奥様は、離島にはついてこないのだそうです。
「ぼくが早くしろ、早くしろとせかすから、女房がいやがるんですよ。だから、一人で参加しています。」
ということらしい。女性の一人参加も、旦那さんは家にいて自分だけ参加という人ばかり。
右側に見えている二人組も、姉妹だしね。

この展望台に上るのがきついですよ、と脅かされていたので、念のため杖をもって上りました。だから平チャラでしたよ。




養殖場


この間の台風で、養殖場の魚たちも少し逃げたのだそうです。でも、自力で餌を捕るのに慣れていないから、きっと弱ってすぐに他の魚に食べられるか、船に釣りあげられるかするだろう、とのことでした。




次は、マングローブパークです。まず食事。


この貝は、前夜の食事にもついていました。和名は「まがき貝」。まがきというのは、「籬」のことで、竹や芝で編んだ粗い垣根のこと。貝の模様がその籬に似ているから名前がついています。
でも、奄美では「とぅびんにゃ」、高知県では「チャンバラ貝」というらしいですよ。
貝から出ている赤い爪のような部分で砂浜をヒョイヒョイと飛んだり、刀のように振り回したりするから、こんな名前がついているのですねー。


この貝については、またそのうち載せますね。


さて、食後は自由時間が1時間あります。希望者の6人は、カヌーでマングローブの観察に出かけました。








他の人は、さっき展望台に上ったばかりで、もう登りたくないというので、この展望台に上ったのは私だけ。シーンとしています。
おまけに、階段の向こう側があいているから、なんか落ちそう・・・
それで、手すりを持ちながら必死でのぼりましたよ。



展望台からは、マングローブの間の水路がよく見えました。








10分くらい眺めたあとで、移動。



奄美にはそこらじゅうにハブがいるので、草むらには入ってはいけないの。でも、この赤い花のところにずっとツマベニチョウがやってくるものだから、なんかずっとここにいました。



とにかく速いので写真に撮りにくかったのですが、一度に3匹飛んできたりして、楽しかったです。通り過ぎても、3分くらいするとまた戻ってくるのです。オニヤンマみたいに、コースが決まっているのでしょうか?

ここのサンタンカと少し離れたところの赤いハイビスカスに、何度も蜜を吸いにきていたみたいですね。







同じ場所で、小さいけれど、はっとする色どりの蝶を見つけました。
それで、なんとなく追いかけながら、別の場所に移動









それから、


こちらの芝生のところには、シロオビアゲハ。




これも、福岡にはいない南の蝶です。

ツアーの仲間の人たちも、パーク内をうろうろしていたので、私が見つけた蝶について熱く語っていたら、その人たちもまた蝶を見つけて喜んでいましたよ。

集合時間が近づいたので、元の建物に戻ったら、こんな額がありました。










私が追いかけた綺麗な蝶は、何だろう・・・・と思ったら、これでした。



​アオタテハモドキ​のオスですね。





南の島の蝶をたくさん見ることができて、本当にうれしかったです。


このあと、奄美空港のすぐそばにある「奄美パーク」に行ったのですが、それはまた次の日記にのせます。










Last updated  2018.10.26 01:20:06
コメント(8) | コメントを書く
[国内ミニミニ観光旅行] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:南の島ツアー二日目の午後(10/26)   nik-o さん
奄美は穴場なんでしょうか?大勢押しかけない内に訪れた方が良いですね。

ツアーに夫婦が居ないと言うのも驚き。普通だったら夫婦が大半で残りが別な組み合わせ、なのでは? (2018.10.26 08:53:58)

Re[1]:南の島ツアー二日目の午後(10/26)   kororin912 さん
nik-oさんへ
私が選んで行くツアーは、一人参加でも料金が同じものばかり。だから、一人参加の人の割合が多いのかもしれません。
一人で参加している人でも、独身という方は少なくて、たいてい旦那さんや奥さんは留守番のことが多いです。

夫婦で一緒に行くと、家にいる時と気分が変わらない(例えば、奥さんは旦那さんの世話をやかないといけなくなるなど)から、一人で参加されるのかもしれません。

また、行きたい場所が違う、ということもあるのかも。私なんかはそれですね。 (2018.10.26 09:59:44)

Re:南の島ツアー二日目の午後(10/26)   ごねあ さん
最近はおひとり様ツアーが出来ていますね。
旅行では日常と違う気分になりたいですよね。

蝶を観察するなど、kororinさんは他の人以上に旅行を楽しんでいますね。 (2018.10.26 15:32:19)

Re:南の島ツアー二日目の午後(10/26)   scotchケン さん
たくさんの蝶が見られてよかったですね~、昆虫博士には
垂涎ものだったでしょう。

南の島には変わった昆虫がたくさんいるのでしょうね。
私は苦手ですけど・・・ (2018.10.26 19:04:13)

Re[1]:南の島ツアー二日目の午後(10/26)   kororin912 さん
ごねあさんへ
私が蝶を見て喜んでいるのを見て、添乗員さんも、ツアーの他の人も、ツマベニチョウを見つけると私に教えてくれるようになりました。
チョウのことで盛り上がることができて、本当にうれしかったです。

(2018.10.27 00:32:50)

Re[1]:南の島ツアー二日目の午後(10/26)   kororin912 さん
scotchケンさんへ
福岡で見られる蝶と、そんなに雰囲気が変わらないのに、調べたら、南の方にしかいない蝶だったりします。

ルリカケスは、奄美とすぐ隣の加計呂麻島、請島にしかいない固有種らしく、その写真が撮れたのも嬉しかったです。

今回、原生林に入れなかったのが残念。台風の影響だらけでした。 (2018.10.27 00:36:39)

お~。なんと素敵な旅ですこと…   himawari6017 さん
みんなとわいわい行くよりもこんな旅が気楽でいいなと思いました
、私が旅をするとなるとあのひとこの人に声かけしてそのお世話でくたびれてしまうのですよ。

私も一緒に旅した気分ありがとうございました。 (2018.10.27 08:24:02)

Re:お~。なんと素敵な旅ですこと…(10/26)   kororin912 さん
himawari6017さんへ
今回のガイドさんは、それはそれはお上手で・・・ 要所要所での説明はとても詳しく、質問にも的確に答えてくれました。みんなが疲れているような時には、しばらくお休みタイムをくれたりね。(私はひたすら起きて窓の外を眺めていましたけど)
奄美の歌を歌ってくれたり、全員で「島のブルース」(三沢あけみ)を歌ったりと、変化もあって楽しかったです。

https://www.youtube.com/watch?v=35Cyh7G1_oE

(2018.10.27 17:38:39)

PR

X

Profile


kororin912

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Comments

kororin912@ Re[1]:「藪枯らし」の別名「貧乏かずら」(09/24) New! ごねあさんへ この藪枯らしは、日が当たる…
ごねあ@ Re:「藪枯らし」の別名「貧乏かずら」(09/24) New! ツル性の植物には悩まされます。樹木がツ…
kororin912@ Re[1]:母に頼まれ朝からミシンかけ(09/23) New! nik-oさんへ 最初の写真が本来の色に近い…
kororin912@ Re[1]:母に頼まれ朝からミシンかけ(09/23) New! ごねあさんへ この高電位治療器は、週に…

Favorite Blog

秋も深まって! New! たくちゃん9000さん

一度読んだら絶対に… New! にととらさん

年寄りは無理が聞か… New! デコちゃん6902さん

爽やかに「ばば友会… New! ごねあさん

鳥;コムクドリ達、… New! 大分金太郎さん

お洒落心を目指す爺… New! nik-oさん

美容室に行って来ま… New! maria-さん

TPPに関して中国と台… New! scotchケンさん

雪之丞変化・・・(2) mw金糸雀さん

彼岸花の群生見物と… himawari6017さん

Category


© Rakuten Group, Inc.