3486599 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

kororin日記

2019.06.18
XML
​​​昨日、ミナちゃんで作った立体視の画像は、あまり見えなかった人が多かったのかな? 「見えました」というコメントがなかったので、ちょっと不安になりました。

くっきりと、ミナちゃんが立体になって盛り上がってみえて、真っ黒い顔なんか、とても可愛いし、こちらの顔を左右に動かすと、ミナちゃんがちょっと動いているようにも見えるんですよ。

というわけで、旦那の持っていた立体視の本と、私が子供と遊んでいた本を出してきました。



旦那は、とにかくすごい近視なので、視力表の一番上も見えないくらいでした。それでなのか、この本を買ってきて、毎晩眺めていましたよ。その結果がどうだったのかよくわかりませんけれど、今でも眼鏡は必要です。

で、これは旦那専用だったので、私は別に本を買ってきて、子供たちといっしょに遊んでいました。



旦那のが「マジカル・アイ」私のが「マジック・アイ」
私が買ったのは、1993年のようです。


では、中を見てみましょう



この写真の右側は、なかなか面白いですよ。

これは、寄り目ではなく、遠い目をしてみる「平行法」の画像です。近視の人に効果的。


「平行法」のときは、わりと簡単。目も楽ですよ。まずこの画像を見ながら、そのもっと奥の方を見るようなぼうっとした目つきをします。(遠い目)
すると、画像の下の黒い二つの点が、ずれて四つになります。それを調節して、真ん中がぴたっと合うようにすると、黒い点が三個になります。そのときが、ちょうど良い見方となります。
そのままの目の感じで、上の方を見れば、隠れた文字や形が見えてきます。

いかがですか? 慣れたら、1秒くらいで立体視に切り替わりますよ。


では、特別に、答え合わせを。




真ん中の竹の文字は、立体になって飛び出しています。そして、その両側が少しくぼんでいます。


また、上下には、せり出したステージや屋根みたいな部分があります。
答えがわかったあとで、もう一度最初の画像を見てみたら、さっとピントが合うかも。

もし目がつらいのなら、それは寄り目の「交差法」をやっている証拠。「平行法」は、とても目が楽なはずです。



ではもう一つ。
これもなかなか良い画像だと思います。


やり方は、同じ。この画像よりも遠くを見るつもりでぼんやり眺めると、上の二つの黒い点が四つになります。それを調節して三つにぴたっとなるようにすれば、あーら不思議。立体画像が現れます。




これは、答えのヒントだけのせましょう。






下の方の花の鉢が並んでいるところが、机の端っこみたいになっていて、その後ろにもう一本ある線のあたりが、机と壁の境目。うしろに壁があります。
そして、真ん中に、大きな鉢植えの花が。
どんな花かというと、手前に並んでいる鉢植えがそのまま大きくなったような形です。


いかがですか? 見えましたか?



では、私と子供たちが使っていた本「マジック・アイ」の画像もね。



これには、点がありませんので、ただぼーーっと遠くを見るだけです。
そうすると、あーら不思議、よく知っている英文が宙に浮かび上がってきます。


平行法の練習みたいな問題。まずは、ラクチンなもの。(私の場合、見たとたんに形が浮かびあがります)


見えましたか?


そして、中級がこれ。もっと遠い目をしないといけません。(こちらは、1秒から2秒くらい)




あんまりたくさんのせても、著作権の侵害になるかもしれませんので、この画像でおしまいにします。


これは、どーんと真ん中に立体が現れます。
だけど、ニッポンが無いので、なんか寂しい。画像の子供の写真もみーんな外国の子供たちだし、きっとアメリカとかの人が作った画像なのね・・・・
と思ったら、名前がありました。

 製作 Thmas Baccei/Cheri Smith

だそうです。
だから、問題に出てくる文字は、英単語とか英文が多いのですね。

さっきネットで見つけた記事。立体視(ステレオグラム)の画像ものせてあったので、参考まで。

 なぜ一部の人々は「ステレオグラム」の絵を立体的に見ることができないのだろうか?


​この中に書いてあることによると、立体的に見えない原因として、左右の目と脳がチームのように共同で働いていないからではないか、ということ。
例えば、片目の乱視がひどい、片方が白内障、など。

もし、何の異常もなければ、見方がわからないだけなので、この方法でやってみたらいいですよ、というのが解説してあります。

寄り目にする「交差法」のことをここでは「クロス法」として紹介してありますが、同じこと。

それから、同じ画像をどちらの方法でも立体視できるということがあります。
平行法で飛び出して見えたものが、交差法にすると、窪んで見える、というだけ。
平行法のほうが目がラクチンですけどね。


近視をよくするには、平行法
老眼をよくするには、交差法

両方を交互に根気強くやっていると、視力が改善するらしいですよ。





ちなみに、私はまだ老眼鏡なしで、文庫本や新聞の文字が普通に読めます。じっくり観察したい時には、ハズキルーペや実体顕微鏡を使いますが、普通の活字は裸眼で大丈夫

中学・高校の頃は、視力が落ちて、0.6くらいだったのが、35才を超した頃からなぜか視力が良くなって、1.2くらい見えるようになりました。だから、免許証も、眼鏡等の条件なしです。

このマジック・アイの効果があったのでしょうか・・・ それはナゾです。




最後に、ミナちゃんね。







今日は、去年のナミちゃんの記録を参考に、ミナちゃんの予定表を書いてみました。

それによると、ミナちゃんは、
6月20日ころ 3齢に  
  24日ころ 4齢に 
  29日ころ 5齢に
7月 6日ころ 前蛹に
   8日ころ さなぎに
  19日ころ 羽化

ということになりそうですよ。

楽しみです。(^▽^)/

​​






Last updated  2019.06.18 19:08:19
コメント(8) | コメントを書く
[パズル・言葉あそびなど] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:立体視の本(06/18)   ごねあ さん
大きな植木鉢の花がやっと見えました。
どれも真ん中あたりがへこんだ立体に見えるのですが、これでいいのかな?
文字は見えません。

(2019.06.18 21:16:50)

Re[1]:立体視の本(06/18)   kororin912 さん
ごねあさんへ
真ん中あたりがへこんでいる、ということは、交差法で見ているのですね。「寄り目」法。
老眼予防とか老眼改善には、「交差法」が効果的らしいから、それでいいのかも。

同じ画像を「遠い目」で見ると、真ん中あたりが、ぐぐっと盛り上がって見えますよ。目はとても楽です。
この二つの見方を交互にやると、乱視なんかも改善するかもしれないとか。

ミナちゃんは、「寄り目」で見る「交差法」で作っていますから、前回の画像をもう一度みてもらったら、ばっちりかもしれません。立体ミナちゃんを楽しめますよ。
(2019.06.18 21:22:42)

Re:立体視の本(06/18)   nik-o さん
え~~、視力の改善につながるのですか。だったら真面目にやってみよう。我が家もどこかに本があったはず。 (2019.06.18 22:31:09)

Re[1]:立体視の本(06/18)   kororin912 さん
nik-oさんへ
nikさんは、近視ですか? それなら、遠い目で立体視する「平行法」がおすすめ。目が楽になりますよ。

もし、老眼が気になるなら、少し寄り目にして立体視する「交差法」。

近くでピントを合わせる訓練になるみたいです。

老眼チェックの一つ。自分の人差し指の指紋がくっきり見えるぎりぎり近い場所が、眼からどれくらい離れているか、物差しをあててみましょう。

もし、30cm以上離さないとピントが合わないようでしたら、老眼みたいですね。

ちなみに、私の場合は、20cmは楽々見えて、15cmくらいまではボケずに見えます。10cmまで近づけると、さすがにボケますけどね。
(2019.06.18 22:40:23)

Re:立体視の本(06/18)   デコちゃん6902 さん
マジックはアイは「寄り目」「変がら目」と言われる方法の様です。
指を立て見て、だんだん鼻に近づける方法で見えますが、初めは難しいです。
逆に成れると、元に戻すのに時間が掛ります。
視線を他に移さないと戻らないのは、デコの目が異常なのかね? (2019.06.19 11:07:26)

Re[1]:立体視の本(06/18)   kororin912 さん
デコちゃん6902さんへ
「寄り目」でご覧になっているとすると、真ん中がへこんでいるように見えていらっしゃるのですね。
これは、一応、逆の「遠い目」で見るように作ってある画像みたいです。
目をぼうっとさせると、真ん中が飛び出してきますよ。目が急に楽になります。
「寄り目」でくぼんだ形を見たあとで、今度は「遠い目」で飛び出した形を見る。このくり返しで、眼のトレーニングになるみたいです。

まあ、実際に遠い景色をよく見ている人は、遠い目の訓練はいらないかもしれませんね。

老眼予防、老眼改善には、「寄り目」でへこんだ図形を見る訓練をすると、効果的みたいです。

前回の日記にのせていた「ミナちゃん」の立体視画像は「寄り目」で見るタイプ。いかがでしたか?

(2019.06.19 11:31:05)

Re[2]:立体視の本(06/18)   デコちゃん6902 さん
kororin912さんへ
交差法は理解出来ましたが、並行法が理解できません。
つまり上手く行きません。
(2019.06.20 12:37:40)

Re[3]:立体視の本(06/18)   kororin912 さん
デコちゃん6902さんへ
平行法は、本の紙面とかパソコンの画面よりももっと奥の遠くの方にピントを合わせる見方なので、ノートパソコンなら、モニターの向こうに置いてあるものをまず見て、そのままの眼つきでパソコンのモニターを見るといいかもしれませんね。
寄り目よりも、ずっと目が楽ですよ。

(2019.06.20 20:18:11)

PR

X

Profile


kororin912

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Comments

kororin912@ Re[1]:ペンタスとサツキ(10/19) ごねあさんへ こぼれ種のノースポールは、…
kororin912@ Re[1]:ペンタスとサツキ(10/19) デコちゃん6902さんへ 地域の小冊子みたい…
ごねあ@ Re:ペンタスとサツキ(10/19) ノースポール、今度は育って咲くと思いま…
デコちゃん6902@ Re:ペンタスとサツキ(10/19) お花造りが上手いですね、家中が明るくな…

Favorite Blog

福井県は新幹線と原… New! デコちゃん6902さん

仲が良い夫婦は New! ごねあさん

鳥;カワセミ幼鳥♂、… New! 大分金太郎さん

久し振りの吉祥寺散… New! nik-oさん

動物保護団体 ととの… New! maria-さん

折角書いた日記が消… New! scotchケンさん

忙しい日々! New! たくちゃん9000さん

嬉しい知らせは次々… himawari6017さん

宝塚ライブ配信 バ… アラネアさん

雪之丞変化・・・(6) mw金糸雀さん

Category


© Rakuten Group, Inc.