3428640 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

kororin日記

2021.07.15
XML
カテゴリ:日記

この頃の天気予報は、本当に当たらないから、「天気が崩れるかもしれない」といっていたけれど、朝、たっぷり水やりをした。

そうしたら、夕方4時ころ、外は土砂降りになっていた。白く見える大粒の雨もたくさん交じっていました。下の家のベランダにはたくさんの洗濯物が干してあったけれど、今はお留守だから、あのまま濡れるのね・・・と見ていたら、
いきなりの雷。向こうの方に落ちるのを確かに見届けてしまった。

音が聞こえるまでちょっと間があったから、まだ遠いのね。
ならば、とカメラを持ってきた。うまくすると、あの稲妻を撮れるかも・・・

何度も何度も見えるところに落ちているから、そのうち撮れそうな気がしていたけれど、あとで見たら、1枚目にかすかに写っていましたよ。


旦那が帰ってきてから、なんとか1枚写真に撮れたことを話すと、
(旦那)「動画で撮ったらよかったっちゃない? 写真で狙うのは、プロに任せんと難しいやろ。」
ですって。
本当に、そうです。あれだけどんどん落ちていたのだから、動画で撮れば、あとでキャプチャすればいいもんね。次に雷雨になったときは、動画で撮ることにします。
でもまぁ、デジカメにその瞬間が写っていたのは、嬉しい。


というわけで、そんな雷雨になるなんてちっとも思わず、早朝から庭仕事をしていた私。
今日のニュースは、「とうとう鬼百合が咲いた」こと。



咲いたばかりのときには、花びらもまっすぐだし、おしべの葯も割れてないから、花粉がつかない。


水やりをして、草取りも終わった頃に見に行くと、くるりん。






これから咲くのは、鬼百合と鹿の子ユリ、そして、もっと暑くなってから高砂百合。
楽しみです。








普通のニチニチソウは、どれくらいの大きさだったっけ・・・

売り場には、もっと小さなミニミニサイズのニチニチソウも置いてありましたよ。

この写真を撮っていたときに、横のシモツケにムシャクロツバメシジミがやってきました。


後ろ翅に短い尾状突起があるシジミチョウは、「ツバメ」シジミと言う名前がついています。翅裏の斑点模様が透けてみえていますね。



この蝶の幼虫は、マルバマンネングサの葉っぱの中身を食べるだけなので、ちーっとも困りません。



このカリブラコアは、ペチュニアの親戚なんですね。1990年にペチュニアから分離してできた属なのだそうです。品種改良をしている人たちのおかげで、こんな暑い時にもきれいな花を咲かせ続けてくれる花を楽しむことができて、ありがたいです。


花壇には、昨年咲いていたトレニアのこぼれ種から、次々と芽が出てきています。




バーベナの近くにも、いっぱい出てきたので、この場所のノースポールの芽は、ついに撤去しました。
鉢に植え替えた分や、花壇の中央付近の芽は、そのまま置いてあるので、そのうち白い花を咲かせてくれることでしょう。
こんな暑い時に、どれくらい咲くものか、要観察ですね。








Last updated  2021.07.15 22:40:51
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Profile


kororin912

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Comments

kororin912@ Re[1]:クラフトテープの籠、使っています。(09/22) New! デコちゃん6902さんへ こちらは、めったに…
デコちゃん6902@ Re:クラフトテープの籠、使っています。(09/22) New! 地球温暖化の御蔭で日本でもパイナップル…
kororin912@ Re[1]:駐車スペースを少しきれいにしたよ(09/21) New! nik-oさんへ 二度寝すると、体に疲れがた…
nik-o@ Re:駐車スペースを少しきれいにしたよ(09/21) 2度寝は合わないようですね。私も寝覚めず…

Favorite Blog

今日も買い物に:困… New! ごねあさん

年寄りは進んで尿対… New! デコちゃん6902さん

彼岸花の群生見物と… New! himawari6017さん

映画 マスカレード… New! maria-さん

中秋の名月を愛でる… New! scotchケンさん

眼はショボショボ! New! たくちゃん9000さん

年寄りはキレやすい… New! にととらさん

ワクチン2回目を終… 小芋さんさん

雲の中の名月 nik-oさん

畑;白菜を植え、ジ… 大分金太郎さん

Category


© Rakuten Group, Inc.