3310067 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

kororin日記

全159件 (159件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

習い事

2021.07.15
XML
カテゴリ:習い事

​​

今日の空は、本当に夏の雰囲気。思わず撮りました。墨彩画教室のあるセンターの駐車場からパチリ。


今日の課題は、みんな暑中見舞いに使えそうなものばかり。
・すいか
・かき氷
・ビールとグラス
・ヒマワリ
・郵便ポストと犬
・ペンギンの親子

今回は苦手な葉っぱがないので、わりとすんなり描けました。




これは、私の前の席に座っている人がもらった課題。こんな葉っぱが描けるといいな。
右半分をえいやっと描いて、次に左半分を描いて出来上がり。あとからちょちょっと葉脈を描き加えているだけです。
先生の添えられる文字も好きです。

この俳句は、原石鼎さんという方の句。
 美しき 空と思ひぬ 夏もまた

ですね。同じ人の句で、
 夏至の後 うす樺色の 雲も浮き
というのがありました。

​​「うす樺色」って、どんな色??と思ったら、朱色のちょっと濁ったような色でしたよ。

高浜虚子に師事した大正期の「ホトトギス」を代表する作家のひとりだそうです。知らんかった。
色彩感覚に優れたみずみずしい作風で一世を風靡した」らしい。


​​​


と、ここまで書いたところで寝てしまったので、本日(15日)続きを書きます。

最近、母がテレビでペチュニアの世話の仕方を見たので、私に「切り戻しせんね。」と何度も迫っていた「​花衣​​」を、母からあまり見えない場所に移動させました。


母は、サフィニア・パープルがとても気に入っているので、その手前に置いていた「花衣」が邪魔で仕方がなかったみたいです。


それで、最近切り戻してボリュームが減っていた「江戸しぼり」と入れ替え

なんだか、洗濯物を干しに出てきた母に、切られそうな気がしたからね。


切り戻したJAPANレッドは、また真っ赤なきれいな色の花を咲かせました。(切る前は、肌色っぽいピンクになりかけていた)


こぼれ種で芽吹いたノースポールに花が咲きそうです。


こちらも、こぼれ種からの葉鶏頭


最近カタバミがほとんどなくなったので、ヤマトシジミを見かけることが減りました。そのかわり、ムシャクロツバメシジミが増えていたのですが、この写真をよく見たら、ヤクシマルリシジミでした。
バラに産卵し、幼虫がつぼみや新芽を食べちゃうので、私から見ると害虫なんですよね。
成虫になってしまえばバラを食べることはないから、やっつける気にならないけれど、今後よくバラを見張っておかねば・・・







最後に、一昨日の夜に​チヂミ​を作ったので、その写真ね。
先日適当に作ったので、今回は専用の粉で作ってみました。








私の分を焼いたときには、もう豚肉が残っていなかったので、肉なしのニラチヂミを食べましたよ。
スープの方にたっぷり豚肉が入っていたので、悔しくはなかったです。(^▽^)/





さて、今から準備して庭仕事をしてきます。適当に挿し芽したペチュニアたちが萎れていないか、気になるところです。​​​







Last updated  2021.07.15 05:58:21
コメント(2) | コメントを書く


2021.07.12
カテゴリ:習い事

福岡の緊急事態宣言のあいだお休みだったコーラスが、今日久しぶりにありました。
3日前にワクチン2回目接種をして、一昨日38度発熱、昨日咳が出るので休むかもしれないと言っていた人は、無事、今日はやってきて歌っていましたよ。

でも、昨日私が電話した相手の人は、ワクチン接種のために37.5度の熱が出たらしく、体もだるいからと、お休みしていました。
あと、佐賀県からやって来ている人もお休み。保健師さんも頼まれた仕事があるからと、お休み。

それで、持っていった小物入れが残ってしまいました。次回また持っていこう。

しかし、やっぱり歌うと気持ちがすっきりしますね。元気が出ました。

練習が終わってから、近所のスーパーに寄って買い物していたら、雷鳴が聞こえました。
あら、間に合わんかなぁ、
と思ったけれど、なんとか家に帰って、買ったものとコーラスのカバンを家に入れる間は降りませんでした。
着替えをして、昼ご飯を食べていたら、急に凄い雨音。手洗い場の窓まで見に行くと、とても大きな白い雨粒が見えました。
あれ? これって、雹か何か?

でも、地面に落ちたところを見ると、固形の氷などは見えなかったので、途中で雨になったのかな?

3時ころになって、眠くなったのでベッドに横になったら、土砂降りになっていましたよ。一時間ほどで目を覚ましたけど、それまで降り続いていました。

最近の予報は当たらない(雨が降ると言っても、たいして降らない)ので、今朝は水やりをしていたのです。水やりをするかしないかの、決断がなかなか難しいです。




では、晩御飯ね。
最近揚げ焼きをすることが増えました。鶏むね肉は、1kg入りで500円ほど。安いし、美味しいので、よく買って作ります。








チタン包丁は、とても軽いので母がよく使います。でも、すぐに切れ味が落ちるので、チタン包丁専用研ぎ器を横に置いてありますよ。
鶏むね肉を削ぎ切りにするときなどは、関孫六の方が切れ味が良いので、ラクチンです。

2種類同時に作るとよかったのでしょうが、揚げ焼きが全部終わってから、そのフライパンで炒め物を作りました。(だから、ちょっと遅くなったけど、時間はたっぷりあるからね。旦那は猫舌だし・・・)


というわけで、晩御飯はこれです。


キャンペーン中の「おかめ納豆」も、ちゃんと買ってきました。


そうそう、今日これをバッグにつけていったら、可愛いね、と言われました。


小物入れは、墨彩画の人たちにも、短歌会の人にも、コーラスの人にも全部あげたので、ひとまずもうおしまい。次は何しようかと思っていたので、このブローチを40個くらい作ろうかな…


直径が4.5cmくらいだから、あっと言う間に出来上がります。
その次に何をするか、考えながらやらないと・・・


では、庭の花ね。
今朝は、6時前に作業を始めて、8時には終了しました。(コーラスに行くから)









ここからは、虫が苦手な人は閲覧注意。セミのでっかい画像が出ます。









うちの庭木の中では、八重桜と金木犀がお気に入りのようですよ。椿の木は人気がないみたい。
樹液が美味しい木を選んでいるのかな?








Last updated  2021.07.13 07:06:02
コメント(6) | コメントを書く
2021.06.23
カテゴリ:習い事

​​福岡県の緊急事態宣言が解除されたので、今日は久しぶりの墨彩画教室でした。



カラーコピーで頂いたのは墨絵風でしたが、目の前で描いてくださったものは、緑の葉っぱでした。
このあと、自分で描いてみたけれど、葉っぱが難しくて、二枚はボツ。三枚目でようやく、アジサイの葉っぱっぽくなったけれど、納得いかないので、今回は載せません。(o^.^o)y

今日はお土産を持っていっていたので、先生が「これで今日は終わります」と言われたあとで、紙袋から取り出して、まずは先生に、それからみんなにももらっていただきました。

すると先生が、
(先生)「じゃあ、いつもいただいているので、お礼に・・・」
と言って、私の絵の道具で絵を描き始めましたよ。
で、できたのがこれ。


みんな、絵を描いたあとなので、手が汚れているはずだし、絵の道具の袋に入れて帰るときに汚れないようにと、ビニール袋に入れてプレゼントしました。

みんな嬉しそうに選んでもらってくれて、しばらく編み物談義になりました。
・2時間くらいで編めること
・映画とかドラマを見ながら編んでいること
・デザインは自分で考えていること
・2本取りで編んでいること
・今日のバッグも同じように2本取りで編んでいること
等々、いっぱい話しましたよ。
「自分も編み物が好き」という人は、一人もいませんでした。

今日のバッグは、これ。


巾着に編んだ物を縫い付けた形になっているのを説明したら、
「よかねー、それなら中のがこぼれんね。いいアイデアやん。」
と、とても感心してもらって、それも嬉しかったよ。


そうそう、早めにセンターに行ったので、先にお散歩したのだけど、駐車場の横でクローバーをちょびっと発見。


そしたら、1個四つ葉があったので、あとで墨彩画仲間の一年生の人にあげました。




ここからは、食べ物の話。
昨夜、たまっていたブルーベリーを一気に鍋でジャムにしましたよ。


これは半分の量。母も大好きなので、もうひと瓶は1階の冷蔵庫に入れています。(今日さっそくトーストにのせて食べたそうですよ)



私は今日はご飯を食べたので、ジャムは明日食べよう。
というわけで、今日の朝ごはんはこれ。


青じそをそのまま刻んで、トマトにのせて青じそドレッシングをかけたものを、昨日の晩御飯で出したら、旦那は美味しかったと喜んでいました。

トウモロコシご飯は、前の日炊き立てを食べていたので、昨夜は残りを焼き飯にしました。フライパンで焼いて、仕上げに鍋肌に醤油を垂らして、香ばしさを増し、できたら、我が家のパセリを刻んでまぜて出来上がり。

ニラは、買ったものです。どれも美味しかった。



では、昨日から編んでいるもの。


短歌に母にあげたメガネ入れのことを詠んだので、短歌会のみんなにも同じようなのをあげようと思います。


今回は、こんな模様にしましたよ。

母にあげた眼鏡入れはこれ。




で、詠んだ歌は
 夏糸の 残りつないで 編んだかご
      「可愛かね」と母 メガネを入れる

このあと思ったのは、(あまり深いと横から中が見えにくい)ということ。出し入れしやすさを考えると、深さは4cmくらいでよさそうです。

で、短歌会の人たちにあげるものは、深さ4cmにしています。


今日提出した短歌のうち、ちょっと気に入っているのは
 常緑樹 若葉が伸びる そのかげで
      役目を終えた 古葉がはらり

人生も、こんななのかなぁ・・・



​​







Last updated  2021.06.23 21:58:27
コメント(2) | コメントを書く
2021.04.12
カテゴリ:習い事

​今日は不織布マスクをつけて、張り切ってコーラスに行ってきました。
すると、先生はお休み。
事情を知っている人たちが、「言ってもいいよね・・・」とか言いながら教えてくれました。
なんと先生が先日東京から飛行機で帰ってきたときに、すぐ近くの席に座っていた人がコロナに感染していて、保健所から連絡がきたらしい。(濃厚接触者?)

PCR検査を受けて、異常もないけれど、2週間は自宅にいてください、と言われたとかで、練習には来られませんでした。

90歳のお母さまと同居されているので、気を使っていらっしゃることでしょう。

というわけで、ピアノの先生と私たちとで、新しい曲の練習をしましたよ。やっぱり、新曲を歌うのはとても楽しいです。
初見でハモって歌うのは、脳をフルに働かせることになるので、ボケ防止になるのではないかな。


帰ってきてから庭仕事をするつもりだったけれど、お昼ご飯を食べて、着替えて玄関を出たら雨。
あらら。傘を差して、少し庭を見回るだけでおしまいにしましたよ。



昨日少しは花びらを片付けていた場所ですが、こんなになっていました。
強い雨ではないから、庭の草木には良いお湿りになりそうです。




オオツルボの花首がどんどん伸びてきました。




では、ここからは昨日撮っていた写真です。





ひところ、庭中に生えていたスパラキシスですが、私の草取りのせいで減ったのかな?

それから、これは植え替えて花を楽しんでいた葉牡丹。

実ができていました。
ネットでいろいろとハボタンについて調べていたら、​「踊り葉牡丹」​という楽しみ方があるらしいとわかりました。​



花が咲いて実ができて、その実が大きくならないうちに、花の下あたりで茎を切っておくらしいです。すると、その場所から新しく葉が出てきて、だんだんと小さな葉牡丹みたいになっていくとか。
花の茎が枝分かれしているので、それぞれの茎の先に小さな葉牡丹が付くのでしょうね。
これは、ちょっとやってみたい!!
今地植えにしているけれど、掘りだして、鉢に植えようかな。



では、ここからは、ブルーベリーの受粉をさせにやってきてくれた虫たちの紹介です。

















ブルーベリーのそばにいると、ブーーーン、ブーーーンと、ハチやアブが飛び回る音が聞こえます。このときは、同時に4匹がいました。
今年は、たくさん実がなりそうな予感。



最後に、昨夜作った切り絵


両目とも二重になりました。ちゃんと二重の間は、カッターで切り抜いているんですよ。
がんばりました。

口だけはつながってなくて、別に作って上から貼り付けています。
まあまあかな? (これも、頬紅をつけました。)










Last updated  2021.04.13 07:12:32
コメント(2) | コメントを書く
2021.03.10
カテゴリ:習い事

今日は、定例の墨彩画教室の日でしたが、一時間くらい早くに集合して、今日から日曜日までの展示の準備をしました。

昨年は、コロナのために展示会も中止になっていたので、昨年準備していた作品も持ってきた人が何人もいました。私もそうですが・・・

展示用ボードが4枚あったので、まずはその下に、みんなが持ってきた墨彩画の葉書を並べてみました。


同じ教室で学んでいるわけですから、たまに同じ課題の人がいます。そんなときには、ちょっと間をあけました。





だいたいの場所が決まったら、各自下げてみたあとで、微調整。一番手前に私の「あまびえ」があります。


こういう柄の布張りの葉書掛けを見たことがない、妖怪の絵にぴったり!!
と、皆さんにほめていただきました。

すべて、家にある材料で作れたのがまた、よかった。

白い厚紙と、ありあわせの端切れ、細い組紐の糸(アジアンノット用)、そして表面にはプラバンをジャストサイズに切って、汚れ避けにつけています。





私たちの作品はこのような展示ボードに下げていますが、他にも、トールペインティング、生け花、書道、油絵、天体写真、服飾・・・
いろいろ飾ってありましたよ。

私たちの、葉書に書く墨彩画は、軽くて小さいので、搬入も展示も簡単で良かった!!


そのあと、いつもの墨彩画教室が始まりました。


今日の私の課題は「つくし」です。昨年は、3月、4月、5月、6月が休講だったので、春から初夏にかけての課題を描いていない私。今日は一年生の人と同じ課題となりました。



これは、本画仙葉書に描いたものですが、ちょっとにじんでしまいました。

それで、三枚目は、滲まない紙で描いてみた。


先生に見せたら、「あ、そんな感じも良いですねー。」とほめていただきました。

良かった。

そうそう、今日はみんなに例のアネモネブローチを持っていってプレゼントしました。


私が白のお花をバッグにつけているのを見せたからか、白が人気でした。喜んでもらったので、とてもうれしかったです。




ではおまけ。庭の花の写真ね。



大好きな「乙女椿」

いったい花びらは何枚あるんだろう?
真ん中はどうなっているんだろう?

この二つの疑問を解くために、以前、分解して確かめたんでした。






丸い花びらに見えたけれど、分解して一枚一枚見てみると、ハート型でしたよ。

そして、気になっていた中心は、これ。


おしべの生き残りとか、めしべの残骸はなさそうですね。







Last updated  2021.03.10 21:44:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.27
カテゴリ:習い事

​​今日は墨彩画教室でした。みんな元気に集まりましたよ。例によって、私は一番乗り。

講座の40分前についたので、隣の図書館で時間をつぶそうと思っていたのに、なんと閉館日。

それならと、近所の散歩をしました。
すると、私の前の方を、チョンチョンと飛び跳ねていく小鳥を発見。人懐こいハクセキレイとは姿が違います。もう少しよく見ようとしたら、高い木の上にとまってしまいました。

確認のため、デジカメズームでパチリ。


カメラのモニターでは、胸に斑点があるのがわかったので、一瞬ヒヨドリか?とも思ったけれど、どうも頭の感じが違うし、大きさも少し小さい気がする・・・

何枚か撮って、自宅で調べたらこれは「​ツグミ​」でした。


ツグミって、名前は知っていたけれど、ちゃんと写真を撮って確認したのは初めてです。

なんか、文学作品に出てこないかな?と探したら、ありました。


室生犀星さんと萩原朔太郎さんは、無二の親友だったのですね。
二人の友情物語について、書かれた文章がありました。
実に面白い。

ここには書きませんが、興味のある方はどうぞ。

 ​​室生犀星と萩原朔太郎

二人は「一心同体」ではなくて​二魂一體(体) なのだそうですよ。

二人が師と仰いだ北原白秋との関係や、芥川龍之介をはさんだ三角関係とかの話も、なかなか面白いです。


さて、お散歩のあとには、教室へ。私が一番で、次が先生、そのあとが一年生の人。だいたいいつもそんな感じです。
今日の私の課題は福豆。クレスタという、表面がガサガサの紙に描きました。


私が描いた絵は、これです。


この豆は、大豆ではないですね。カラフルな五色豆かな?


​では、バナナケーキの話。

youtubeで動画を見てから、ぜひ同じやり方で作ってみたいと思っていたものです。


今回は夜中ではなく、墨彩画教室から帰ってきて、庭仕事のあとで作りました。だから、できたての熱々を旦那に「はい。」

ビールのおつまみになっていました。


次男坊はバナナが苦手で、あまり食べないのですが、このバナナケーキは、バナナが入っているとは気づかず、食べたあと「普通に美味しかった」と言っていました。

材料は、バナナ3本とホットケーキミックス200g。




ビニールに入れたバナナをにゅっちゃら、にゅっちゃら、手でつぶして、ドロドロになったところでホットケーキミックスの粉を入れて混ぜました。

ここで、欲が出た。

レーズンも入れたい・・・





ひと袋全部入れるのは、さすがに我慢しました。





母にも一つもっていきました。
「こら、美味しかね。」と言いながら、ぺろり。
​​

残りのタネは全部まとめて一個にしました。






レンチンすると、中の方に火が通るので安心です。でも、焼き色がついた方が美味しそうだから、仕上げがオーブントースター。


この丸いグラタン皿は、これからも活躍しそうです。
トースター用の天板で作ると、レンチンできないから、普通のお皿の方が便利ですね。


最後に、これ。


いやぁ、びっくり。
好きな物同士をまぜただけだから、当然美味しいだろうと思っていたけれど、予想以上に美味しかった。
勢いで、食べ過ぎてしまいそうです。
だから、つまようじでチビチビ食べることにしました。

ラムレーズンも大好きでよく作るけれど、それとはまた違う味わい。アルコールが入っていない分、運転前でも安心です。

こんな美味しい物を食べて健康になれるのなら、いくらでも食べたいけれど、カロリーが高そうなので、がまんします。








Last updated  2021.01.27 23:07:37
コメント(6) | コメントを書く
2021.01.13
カテゴリ:習い事
今日は、今年初めての「墨彩画教室」
福岡にも緊急事態宣言が出たけれど、今日すぐには中止にならないだろう、と出かけました。

早めに来た人とも、その話題が。

去年、ずっと休講になっていた時よりも、今の方がはるかに感染者数は多いのに、
「なんか、慣れちゃったねー。」
と言う人もいました。

今日の課題は、水仙その2です。昨年は、輪郭を描いてから中に色をつける書き方で、今回は水仙の葉を一気に描きます。


先に画仙紙の練習帳でおけいこしてから、葉書に描きましたよ。


今回は、喪中の人にも出せるようにと、ほとんど墨で描いています。ほんの少し草色を混ぜているけれど、わかるかな?
前回の椿の葉っぱは難しかったけれど、水仙の葉は、筆遣いをほめられました。よかった!!


夕方帰ってきた旦那が、お土産をくれました。道の駅で買った白菜3個。
これで、年末から8個買ってきてくれたことになります。ありがたいです。




今回は、久留米の道の駅。お義母さんが痛がっていたということで、施設から病院へ連れていったそうです。すると「骨盤骨折」。だいぶわからないようになっているので、動けそうだったら、どんどん歩こうとするので、無理をされたのかもしれません。しばらくは車いすで移動することになりそうです。

昭和2年9月生まれだから、9月になったら94歳。出されたものは自力ですべて食べて、骨折するほど、自分で動こうとしているから、まあ元気な方なのでしょう。



さて、夜になってから、台所で「なんちゃって梅が枝餅」の第二弾を作ってみました。

あんこがまだ残っていたし、白玉粉と上新粉も買っていたからね。






今回は、この間よりも少し柔らかくまとめました。型に入れるからね。
でも、お玉で流し込むほどにはゆるくないから、指先で広げます。






タネに少しだけ塩を入れていますが、やっぱり何もあんこが入っていないのは、物足りないかも。

できたあとに、長男にあげたら美味しいと言ってくれました。よかったです。

母の分は、居間に置いてきました。明日レンチンして食べるでしょう。






Last updated  2021.01.13 22:04:45
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.24
カテゴリ:習い事
昨日も30分ほど早く、墨彩画教室に行きました。
すると、私のほかにも、4人ほど早くやってきて、なんと、プレゼントを下さいました。
一緒に…というわけではなく、みなさんそれぞれ下さったので、びっくり。

いつも、私が何か小さな手作り品をあげていたので、そのお礼だそうです。

あとで中身を出して、並べたのがこれ。


黒豆せんべいとビスコは、「これ、私が一番好きなおせんべいなんです。」と言って、渡されました。
1年生の方です。
そして、「大人の琥珀」は一番上の学年の人、サンタさんのは、私のすぐ前にいつも座っている人から。



この高級ポッキーは、数日前にちょうどyoutubeで見ていたもの。食べてみたかった物なので、うれしかったですよ。息子たちと2袋ずつ分けました。サンタのお菓子も山分け。
これで、年末年始のおやつは大丈夫。ちびちび食べよう。


墨彩画教室の話にもどります。

昨日は「寒中見舞い」の葉書でした。昨年は赤の椿でしたけれど、今年は白。


今回は、葉っぱがとても難しかったです。先生みたいなシャープな線がなかなか引けなかった。


毎回、こんな感じで、各学年の机を回って、実際に描きながら技法の説明をしてくださいます。
その時に、いろんな俳句の話とか、花や生き物のこと、季節の風物詩についての蘊蓄など、面白おかしく雑学的なお話をしてくださるのがとても楽しいです。
自由に質問もできるので、みんな、ぞろぞろとついて回って、先生が描くところを見せていただきます。

そうそう、昨日はちょっと特別。描いているとき、ずっとムードミュージックが聞こえていたのです。先生がちょっと教室を出ていかれたときに撮りました。


私たちの教室は階段のすぐ横なのですが、その階段の手すりから見えたミニコンサートの様子です。
時間帯がいっしょだったので、近くに行く余裕はなかったけれど、サックスの音はよく聞こえていましたよ。部屋のドアは開けたままだからね。
これも、楽しかったです。写真を撮ったときには、ちょうど「天城越え」を演奏してあったけれど、洋楽あり、J-POPあり、演歌あり。楽しい構成でした。


これは出かける前に撮ったもの。湿度がウィルスの活動に関係あるらしいと知って、このごろは温度よりも湿度をよく見ています。




トイレは毎回水を流しているので、湿度は大丈夫ですね。

こちらは、今朝撮ったもの。


寝るまではエアコンをつけているけれど、寝るときにはエアコンを切り、ミニ加湿器だけつけて寝ています。今朝は昨日よりも暖かくて、15.9度。湿度も54%で、だいじょうぶですね。
廊下に出たら、


温度は変わらないけれど、湿度が43%でした。この差が、寝るときにつけておいたミニ加湿器の分かも。


では最後に、編み物の途中経過。長~くなってきて、

ようやく、予定のところまで編み終えました。
それから、最初の作り目の段とつなぎます。




これで、本体の形ができました。でも、これからいろいろと周りの形を整えなくては。


下に一目ゴム編みをつけないと、平編みの性質上、くるんと巻いてしまうのですよ。


完全オリジナルなので、編みながら、長さも決めていきます。

いつ頃出来上がるかな・・・






Last updated  2020.12.24 07:47:08
コメント(2) | コメントを書く
2020.10.01
カテゴリ:習い事
昨日は、「はがき絵」墨彩画教室でした。秋の絵だからねー、何だろうと楽しみにしていました。

すると、
1年生 コスモス(去年描いたよ)
2年生 赤い彼岸花(去年白い彼岸花を描いた)
3年生 いちじく(私も描いた)
4年生 吾亦紅(私は千日紅を描いた)
5年生 ノジギク(私は小さな黄菊を描いた)
6年生 秋明菊(お手本はピンクだったけど、私は白を描いた)
7年生 カラスウリ(去年は課題になっていなかった)

昨年は張り切っていましたので、毎回、ほかの学年の課題も、家に帰ってから描いてみていたのでした。

まずは、昨日の課題、赤の彼岸花です。


そして、私が描いたのは、これ

(スマホで調べて書きそえた子規の句は「ひょっと葉は 牛が喰ふたか 曼殊沙華」)


おしべ・めしべのシャープさを、滲む本画仙葉書に表現するのが、本当に難しい。
(先生)「かな書道をやってたから、同じ要領で細い線が描けるでしょ?」
と言われたけれど、かな書道で使っていたのはにじまないドーサ引きの紙でしたからね。どんなにゆっくり書いても紙にしみこんでいくことはなかった

本画仙葉書は、ふつうの紙に画仙紙を貼ったものなので、にじむ、にじむ・・・
ゆっくり描いたら、大変なことになります。

滲ませないためには、水の量をへらすか、すばやく描く、しかありません。
難しい・・・

縦書きの別バージョンも紹介されたけれど、私は横のまま、別バージョンを。


昨年は、私の課題がコスモスだったので、コスモスをしつこくいろんなバージョンで描いたのですが、ヒガンバナも描きました。


うちには白花の彼岸花しか咲いていなかったので、こんな感じ。自作の短歌をそえました。

自分の課題のコスモスは、これ


こんなにシンプルな課題だったのに、家で描いていたら、どんどん緻密な方向へ。
これは、お気に入りで、トイレの壁に飾っているもの


似たシリーズ




いったい、何個のコスモスを描いたことやら・・・

ほかの学年の課題も、






吾亦紅(ワレモコウ)は地味だったので、千日紅を描きました。これもお気に入りで、トイレの壁に飾ってあります。

では、ここで、庭の写真ね。
帰ってきた時に、撮ったものです。





こんなにょきっと出た小枝は、母が切っていたのでしょうね。今年は全くやっていないので、こんなのが目立ちます。私が切っておこうかな?


そしてね、素敵な出会い~ (^^♪


見えるかな? ホバリングしています。






このホシホウジャクも、なかなか逃げないで、いつまでも蜜を吸っていましたよ。

(帰ってきてそのままなので、革靴を履いています)


では最後に昨日の朝ごはん


ご飯が少なかったので、全員分に行きわたるように、具をたくさん入れています。フライパンで油を使わずに作ったので、チャーハンというより、混ぜご飯っぽいのかも。仕上げに鍋肌に垂らしたお醤油が香ばしくて、とっても美味しかった!!






Last updated  2020.10.01 10:37:49
コメント(2) | コメントを書く
2020.08.26
カテゴリ:習い事
今日は「墨彩画」教室に行ってきました。課題は秋を感じさせるもの。二年生は


朱色と黄緑を使って描きましたよ。



なかなか楽しかったです。



そうそう、教室に行く前に、髪を洗いました。カラーコンディショナーでカラーリングをするためです。


今は夏なので、このくらいの長さにしています。くせ毛なので、自分でカットするだけで、なんとなくまとまります。


後ろも、自分でカットしていますよ。白髪染めをやめて、白髪デビューをしたいのに、母がうるさいからカラーコンディショナーを使っています。
いろいろ使ったけれど、これが一番気に入っています。流すときに、茶色の汁が出ないから。


ダークブラウンでは明るい茶色になってしまうので、最近はブラックを使っています。それでも、ブラウンの髪色ですね。
ま、いっかー。

出かける前に食べた朝ごはんはこれです。昨夜と同じメニューね。


そして、今日の晩御飯はこれ。


母がまだ左手に包帯を巻いているので、量は少な目ですが、同じご飯を食べています。同居で良かったね。



今日も良い天気。空の雲がきれいでした。





では、今日見ていた映画を少しだけ紹介します。久しぶりに見ました。
ずいぶん前に、レンタルビデオで借りてきて、子供たちと一緒に見ていたもの。


これを見ただけで、映画の題名がわかる人もいらっしゃることでしょう。
「リトルショップ・オブ・ホラーズ」です。





ヒロインの恋人が、サディストの歯医者さんというのが、可笑しい。

気の弱いシーモアは、珍しい植物を見つけて育てはじめます。それをきっかけに、勤めていた花屋さんが大繁盛。もっともうかるように、世話をがんばるのですが、なんとその植物は生き血が大好き。



シーモアが好きな花屋の同僚オードリーは、いつも恋人の歯医者さんに暴力をふるわれて傷だらけ。それで、この植物から「あの歯医者を殺して食わせろ」と頼まれます。
銃を持って歯医者に行くと、サディスト歯医者さんが自分でセットした麻酔薬で死んでしまったため、シーモアはその植物に持って帰って食べさせます。

しかし、死体をバラバラにしているところを花屋のご主人に見られてしまいました。



ご主人は、オードリーのために歯医者を殺したことだけしか気づいていないので、「お前は街を出ていけ、この植物は私が預かる。育て方を教えろ」とせまります。

でもね。


食べられてしまいます。


その後、ますます評判となり、テレビ局や新聞記者などが押しかけますが、もういやになったシーモアはオードリーと二人で出ていこうとします。


でも、すっかり巨大になった植物がまだ食べさせろ、と要求するのでした。

この先は、秘密ですよ。

ホラーですが、楽しいです。とにかくミュージカルなので、歌がいっぱい。有名なコメディアンの人たちが、何人も出てきて、変なことをしなくてもなんか可笑しい。

お気に入りの映画です。

さて、今から漢字パズルの続きをします。今日は出かけていたので、3問しか解いていません。






Last updated  2020.08.26 21:31:52
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全159件 (159件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.