000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆんたま Spiritual Life

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

霊的な話

2009.07.29
XML
カテゴリ:霊的な話

今日の相棒と是蔵との対話である。



大切なのは、まず自分を正しく知ることだ。
人には「こうありたい、こんな人でありたい」という願望があるから、その理想像から外れる自分は認めたくないものだ。
だが、私が「素直であれ」というのは、良い・悪いではなく、自分のあるがままを直視しなさい、ということである。
馬にたとえれば、あなたは競争馬には不向きでも、 … [続きを読む >>]





Last updated  2009.07.30 00:54:20
コメント(0) | コメントを書く


2009.07.28
カテゴリ:霊的な話

相棒が千代蔵と名づけた霊と交信しなくなって随分になる。このブログを読み返すと、もう1年以上そういう交信については書いていない。
千代蔵はどうも相棒の縁故の霊らしいので、徳蔵のように完全に消えることはないようだが、相棒に尋ねると最近はまったく千代蔵の声は聞こえないそうである。というより、相棒自身に聞く気がないと言った方が正しいだろう。仕事が忙しかっ … [続きを読む >>]





Last updated  2009.07.29 01:04:00
コメント(0) | コメントを書く
2008.06.22
カテゴリ:霊的な話

今日、久しぶりに相棒は千代蔵の声を聴いたそうだ。


お前は人の評価を気にし過ぎる。
その大本は、子供の頃、親に評価してもらえなかったことにある。
今のお前がしなければいけないことは、他人の評価など気にせず、「自分を褒めること」だ。
これは「自己主張しろ」というのではないし、「自画自賛」とも違う。
「自画自賛」というのは、「どうだ、オレはすごいだ … [続きを読む >>]





Last updated  2008.06.23 00:12:29
コメント(0) | コメントを書く
2008.06.12
カテゴリ:霊的な話

久々に千代蔵からのメッセージを書きとめておきたい。
実は4月に聞いたメッセージなのだが、しばらくブログを書いてなかったこともあって、なんとなく書きそびれていた。
今日は相棒に催促されたので、書いてみる気になった。
相棒は聞いたメッセージを私に伝えるだけで、自分はその内容をまったく覚えていない。
私が書いたものを読まないと、それがどんなメッセージだ … [続きを読む >>]





Last updated  2008.06.13 01:38:20
コメント(4) | コメントを書く
2008.02.06
カテゴリ:霊的な話

久しぶりの千代蔵からのメッセージである。
書こう書こうと思いながら、忙しくてなかなか書けなかった。
前にも似たような内容のことは書いたのだけど、心覚えに書いておく。


玉吉君が、仕事帰りにお腹がすいてドラ焼きを買おうとした時のことだ。

コラ!そんな物を食べるのはよしなさい!

と叱る千代蔵の声が聞こえたそうである。
玉吉君はそれにも構わず食べ … [続きを読む >>]





Last updated  2008.02.07 00:46:24
コメント(2) | コメントを書く
2008.01.14
カテゴリ:霊的な話

玉吉君によれば、悪霊と善霊(というと変に聞こえるが)との違いは、具体的なアドバイスをしてくるか来ないかということらしい。
彼も「見えない者達」の声が聞こえ始めた当初は、善いものと悪いものの区別がつかず、非常に混乱していたが、以前このブログで書いたようないろいろな経験を通して、善霊や高次の存在と思われる者の場合は、たとえ聞いても決して具体的なアドバ … [続きを読む >>]





Last updated  2008.01.14 22:19:37
コメント(2) | コメントを書く
2008.01.09
カテゴリ:霊的な話

これはしばらく前に玉吉君から聞いた話だが、「見えない者達」の声を聞けるようになりたいと思ったら、イメージの中で架空の存在と話すようにすると良い、と千代蔵が教えてくれたそうである。
それを続けていると、だんだん本当に「見えない者達」の声が聞こえるようになってくるらしい。
最初は自分自身の妄想だと感じるだろうが、その内、ふだんの自分ではとても思いもつ … [続きを読む >>]





Last updated  2008.01.09 22:46:13
コメント(6) | コメントを書く
2008.01.05
カテゴリ:霊的な話

正月早々、玉吉君は千代蔵から、「戦国時代の武将達の多くは天国に行っている。それは現代人よりも多い位だ。」と聞いたそうである。
戦国時代というと、今の価値観から言えば殺戮に明け暮れた時代である。
あれだけ人殺しをして、なぜ天国に行けるのか?
それに対して、千代蔵はこう答えたそうだ。


それは、誰も自分がしたことを悪いとは思っていなかったからだ。
… [続きを読む >>]





Last updated  2008.01.05 22:47:39
コメント(6) | コメントを書く
2007.12.29
カテゴリ:霊的な話

この間の続きである。
23日にデートした後、玉吉君はまた深夜遅くまでパソコンをいじっていた。
なんでも、前から興味のあったLinuxを入れたり、不具合があるので消したりまた入れたりしていたそうである。
その翌朝、千代蔵にこんなふうにえらく叱られたそうである。



あれだけ瞑想しろと勧めてたのに、お前は本気で人生を変えたいと思てるんか!
人生をゲームみ … [続きを読む >>]





Last updated  2007.12.29 21:56:41
コメント(4) | コメントを書く
2007.12.09
カテゴリ:霊的な話

最近、仕事が忙しい。
気がつくともう師走で、今年ももう終わりに近づきつつある。
ああ、10日は新月なんだね。


先日、久しぶりに玉吉君が千代蔵と交信したそうだ。
自分の進むべき方向性について尋ねてみたら、
「答えはすでにある」と言われたので、
「あとは実行するだけ、ということですか?」と聞くと、
「その通り」という返事だったらしい。
具体的なこと … [続きを読む >>]





Last updated  2007.12.15 15:06:10
コメント(6) | コメントを書く

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.