207887 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ゆらのと 徒然草


私のブログ「ゆらのと徒然草」を読んでくださっている皆様へ
 
 先日、82歳の誕生日を迎えることが出来ました。ありがたいことです。この世に命を授けてくれ、病弱だった私を育ててくれた両親に感謝しています。私の両親は二人共70歳半ばで他界しましたので、私は両親より7年も長生きしています。
 私は1936年(昭和11年)に7月29日)に生まれましたが、生まれて直ぐ、ヘルニア(脱腸)を手術したが回復が遅く、一時は諦めたのだそうです。私は生涯のうち、生死をさ迷う病気や怪我を4回しましたが生き延びることが出来ました。この歳まで生きられて良かったと、82歳の誕生日を迎えて感無量であります。
 私は放浪癖があるので、ふらりと一人で旅に出るのが生甲斐なのです。私は人の倍働いて、知らない所に出かけて見たり体験するのが好きです。
 現在は裏の畑で野菜を作りながらの年金暮らしですが、私の放浪癖は直りませんません。
 現在は大分足腰が弱って来て、行動範囲は狭くなりましたが「もう、3年は生きたい」と欲張っています。新たな体験と出会いに夢は膨らみます。
 報告が遅れましたが、私が応募したファンタジック童話「千島桜」は落選しました。落選した原因はいくつかあります。 でも、私は未だ、この原稿を諦めていません。9月から大人向けのファンタジックな物語として、書き直します。キッパリと諦められない、しつこい性格です。 
 お陰様で、私の「ゆらのと徒然草」のブログは先月、アクセスが20万回を超えました。これかも時々、書かせて頂きますので、今後ともお読みいただければ幸いです。立秋になっても今年は猛暑の日が続いています。どうぞご自愛ください。
              2018年8月13日   ゆらのと 峰村剛
 
2018年08月30日
XML
テーマ:楽天写真館
カテゴリ:カテゴリ未分類
  • IMGP2442.JPG
  • IMGP2448.JPG
  • IMGP2450.JPG
  •  我が家のゴーヤのカーテン
     ようやく、三日前から日中の最高温度が30度を下回った。日本全国どこでもそうだったが、本当に今夏は暑かった。7月から猛暑の日が殆どだった。82年生きて、こんなに暑かった年は記憶にない。
     我が家は毎年、南側の窓脇に、ゴーヤを植えて夏の風情を楽しんでいる。これには一石二鳥の目的がある。
     一つはゴーヤの緑のカーテンは窓を開けると、例年だと室内が2度ほど下がって涼しくなるのに、今年の猛暑は効果はなかった。それどころか窓を開けておくと、畑のやぶ蚊が室内に入り、家主(私)を襲うのである。私は12年前から糖尿病の持病がある。やぶ蚊奴らは私の血液が甘くてジューシイなのを知っているのである。妻には襲わないないが 私だけが標的となる。
     ゴーヤ大量に作るもう一つの目的は、これも糖尿病に関係しているのだが、ゴーヤを3センチほどに細く切って、それを天日に干してゴーヤ茶を作って、一年中飲むと、血糖値が0.2位下がるのである。私は医師が投与する薬も飲んでいるが、その2割は飲んだ振りして、ゴーヤ茶で補っているのだ。
     今年のゴーヤの収穫は例年の半分以下だ。ゴーヤの収穫が多いのは沖縄だが、あまり、暑いとゴーヤも育ちが悪い事を初めて知った。
     5月の末、、種から発芽した時は、去年より多かった、この分では400本は収穫できると、「獲らぬ狸の皮算用】をしたのである。 それが今夏の猛暑で、途中で枯れてしまったり、例年のように、ふっくらとした30センチ大のゴーヤは少なく、緑ネズミが空中ブランコしているような哀れなゴーヤがぶら下がるったのである。 これでも、「ゴーヤはゴーヤ、明日から、大事に天日干ししようと、妻が細かく刻んでくれたが、今夜から、新潟県は3日間は大雨の予報が出ているので、
  • ゴーヤ茶まで乾燥するか、それが心配。
    ----------------------------------------------------------------------
     写真説明
    今夏の緑ネズミのようなひん曲げがったゴーヤと隙間だらけのゴーヤカーテンの写真。






最終更新日  2018年08月30日 23時28分15秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.