000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

宇宙からきた牛柄猫と極楽インコの物語

PR

Profile


nobu.alex

Calendar

Favorite Blog

どたばたママの気軽… はりぃ〜☆さん

Comments

サミュエル@ Re:遅ればせながら(04/23) 遅ればせながら、春くん5歳おめでとうござ…
nobu.alex@ Re[1]:ピロリくん、こんにちは(08/23) REX-BOXさん 再検査はまだほっといていま…
REX-BOX@ Re:ピロリくん、こんにちは(08/23) well come to胃潰瘍!お仲間ですね。 も…
REX-BOX@ Re[2]:胃カメラをのんでみた(08/02) ピロリ2戦目、条件付で合格が出ました。お…
nobu.alex@ Re[1]:胃カメラをのんでみた(08/02) REX-BOXさん 年末にスポーツクラブの割引…

Wishlist

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Category

Headline News

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

全214件 (214件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 22 >

2009.01.02
XML
たまには変な顔で「助けてくれ~」
DSC_0410.jpg






Last updated  2009.01.05 13:41:13
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.31
あけましておめでとうございます。
我が家の丑ですCSC_0404.jpg






Last updated  2009.01.05 11:42:09
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.24

ウチの「春」は最近、人間の言葉をひとつ覚えました。
いわゆる犬に「お手」とか「お座り」とか仕込む感じですが、
何度も繰り返していくうちに、パブロフになったようです。

それは何かというと、「ごろん」


キャットスパというアメリカ生まれの商品


を以前購入したのですが、本来の使われ方ではなく、いわゆるブラシの部分だけ取り外して

「春」をゴシゴシするのですが、これがまたツボにはまっているようで、「アンダーコートだけのはげネコなのに、こんなに強くやっても大丈夫か?」と思うくらいだが、ぶーぶー鼻を鳴らしています。

最近では、専用のおこたの天板の上で、そのブラシをこつこつやるといきなり飛び乗ってきて、ごしごししてくれと体をよじらす。そこで「春、ごろんだよ」というと本当にごろんと横になって、ブラッシングを待つようになった。

しか~も、ブラッシングを始めるとこれまた尋常ではない喜びよう。体をくねらせ、おなかを見せ、喉を鳴らし、手(前足)をにぎにぎふみふみし、悶絶状態で、こたつから転げ落ちる始末。あと、口の周辺の匂い付けラインのところも気持ちよいらしく、がりがりしてやると自分で顔を動かして強さを調節して、繰り返し繰り返し、ブラシにラブコールを送っている。

にゃんこは躾られないとよく言いますが、やはり習慣化すると覚えるものですね。といってもおそらく、ブラシを認識して、こたつの上ではゴロンと横になると気持ちいいことが起こると思っているだけで、言葉は通じてないかもしれませんが。







Last updated  2008.12.24 17:01:42
コメント(2) | コメントを書く
我が家にはネコとインコという不思議な組み合わせのペットが存在しているが、どちらもひ弱だ。
極楽ブルーインコのキューは、ネコがいるので高く飛べるよう風きり羽根を切らずにいるのに、たまに放鳥しても、4往復くらいすると肩で息をして(インコに肩があるのか不明ですか)すぐお休みモードに入る。
もともと南国が発祥の地なのに、夏はベランダに出しておいたら、「キューちゃん、きゅーちゃん、きゅ、きゅっ…」と暑さにやられて、あわてて部屋に入れる始末。

コーニッシュレックスの春はというと、運動不足気味なので妻がたまに追い掛け回すと、最初のうちはほれぼれするようなジャンプをしたり駈けずりまわるのだが、3周目ともなると、すぐキャットタワーに避難しておなかを見せて降参状態だ。たぷたぷのおなかが波打って息が切れている。

それでもおかげさまで、宇宙ネコも極楽インコも元気だけがとりえだ。元気というより病気になったりしないので助かる。

今日はクリスマスイブなので、春には鰹節を、キューには粟穂でも奮発してやるか。






Last updated  2008.12.24 13:35:47
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.23
あっ、そう太郎首相がテレビにでていて、ハローワークで電撃的?に就業相談にのってやってるところをテレビで拝見された方も多いと思いますが、賛否両論アレコレというかどちらかいうと、否定的なコメントが多かったですね。
「何をやりたいか夢を持たんとなぁ」。きっと、あっ、そうさんの場合は一国の総理大臣にのぼりつめることが夢というか、一族の宿命というかノルマなのかもしれない。華麗なる一族?
ともあれ、彼は麻生セメントの御曹司で別に首相や議員を辞めても特段食うのには困らない。
若者が「これまで派遣で土木系の仕事をしていたので六本木とか華やかなところで働きたい」というと、「かっこいい仕事はいろいろ苦労があって儲からないぞ(稼げないっていったのかな?)」と言った後、確か、ドカチン系の仕事の方がよいことをいっていたと記憶しているが、
そうなら、麻生セメントで雇ってあげればいいのではないかと思った。
どうも、世の中、政治がどうだという話が多いが、これは選挙民の責任でもあるけれど、「政治家」という職業が世襲化されていて、いまや二世、三世の議員がいかに多いことか。結局だれだれの息子とか孫ばかり。小泉さんしかり、福田さん、安倍さんと枚挙に暇がない。
どうせなら、国会議員は全員無給にして、金持ちだけれども(無給でやるには金持ちでないと)国家の行く末を憂えてボランティアでやる人がのぞましい。

青臭い考え?????

そもそも恥を知るのが日本人の美徳なら、いまや日本人の政治家はいないのではないだろうか。無駄な公共投資や年金問題など確かに官僚が作り上げた政策かもしれないが、それを承認したのは国会だ。恥をしるなら、全員歳費を返上したほうが良い。昔のローマ帝国の元老院議員みたいに名誉職として、人々から尊敬をあつめる代わりに、まったく違う人を新しい政治家として選抜して、その歳費で秘書を雇えば雇用は増えます。

民主党や共産党でもこうした政策を打ち出せば、政権奪取は必至です(笑)






Last updated  2008.12.26 22:56:59
コメント(0) | コメントを書く
今日バーミヤンで遅い昼飯を食べていると、なにやら4人組の学校の先生とおぼしき方々がビール片手に半分ほろ酔いで教育談義にはなを咲かせていた。

「英語の授業を英語でやれなんて無理無理!」etc.
至極ごもっとも。

そのやりとりを聞いていて、ちょっと話は横道にそれますが、韓国には「英語センター」?(正確な名称は忘れました)があって、政府がつくったある種アミューズメント施設というか、キッザニアのような体験学習施設があるそうです。そこでは、英語以外は使ってはいけないのだとか。
どうしてそういう施設があるかというと、韓国は想像を絶する経済不況で成人男子が自殺するのが社会問題化していて、残された妻や子供が国際社会でどこに行っても生き残れるようにするのがねらいだそうだ。真偽のほどは定かではありませんが、群馬県庁の友人がそう教えてくれた。

どうしてそういう話になったかというと、銀座にぐんまちゃん家という群馬県のアンテナショップがあり、そこの来場客がおもったほど少ないので、都内に住む知人に紹介しろというお達しがでたそうで、ちょうど上京してそこにいる日を見計らって、顔を出して飯を一緒に食べたときにそんな話になった。

彼は今、高崎競馬場跡地の有効活用を考えていて、英語センターを群馬につくって見たらどうかと思っているが、中央からきた天下りの部長には取り上げてもらえないらしい。

個人的は10ヘクタールもあるのだから、全部農地にして、都会の人に畑を貸し出すのが良いと思うのだが、英語センターも面白い取り組みだと思う。
NOVAを解雇された外国人の受け皿にもなるし、なんと言っても、この不況で職を失った人たちの受け皿になるからだ。日本人はディスニーの清掃キャストのように何もしゃべらずもくもくと清掃していれば、特段英語を話す必要もないのだし。

関越もあるし北関東自動車もまもなくできるというのだから、日本全国からのアクセスにも高崎という場所は不便ではない。

高崎競馬場跡地はWINS(場外馬券場)と駐車場としてしか使われておらず、県庁では依然として何か箱物をつくろうという考えの持ち主や、政治家先生にいたっては「単なる公園にすればいい」なんておっしゃっているそうで、駅徒歩10分というとても高価な財産を有効活用するわけでもなく、浮世離れされたことを言ってる。

どうも小泉構造改革は、目指すところと言ってることはまさしくその通りなのだが、逆に今、その反動で旧来回帰して、カオスの状態だ。むしろ、まったく元には戻らないのだけれど、さらに悪い方向に行っている。やっていることが昔のまま。
むしろこうした英語センターみたいな取り組みをしたほうが、経済活性化にもつながるし、文部科学省が目指すところの英語力の向上にも資する。

キッザニアだって、いまでこそ、ものすごい盛況だが、当初は理解されるのに苦労されたようで、スポンサーがついて、安定経営の地盤ができたからこそ、その真の良さを普及することができた。
政府はこの十数年、教育改革を叫びつづけてきたのだから、政府が後ろ盾となり、国際優良企業がスポンサーとなってやることが、日本再生とまではいかなくてもひとつの面白い試みなのではないのだろうか。

トヨタ自動車が連結営業赤字1500億円。だけど、内部留保は都市銀行の預金量並にありますよね。キヤノンだってそう。正社員を守り、非正規社員を解雇するなら、その内部留保を使って、こうしたプロジェクトにお金を投じるべきではないのでしょうか。
このプロジェクトで非正規社員の受け皿にもなるし、教育の向上という一石二鳥ではないかと思うのは、素人の浅はかな考えかもしれませんが、

現場の先生たちができもしない教育改革をしても、日本再生には何の役にもたちませんよね。






Last updated  2008.12.24 10:45:55
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.22
流行というわけではないのだが、なんかここ数年風邪を引くと治りが悪いなあと思っていたら、どうやら「せき喘息」になったようです。

医者いわく「タバコの吸いすぎですね」。確かに健康診断のCTでは肺に咳状痕があったらしく、ゲホゲホっと咳き込んでいたなあと思ったが、今回のは激しい。
東洋医学的には肺は明け方に目を覚ますより先に目覚める?らしく、確かに、寝ていても何度も咳き込んで起きてしまい、咳きこみによる疲労と寝不足でこの1ヵ月はきつかった。
咳止め薬2種類とアドエアというステロイドの吸入薬を使っているが、ここにきてやっとおさまりつつあるが、依然として咳きこむと、まるで喉全体がはきだされるような感じで、「喘息ともなると本当きついんだろうなぁ」ということがしみじみ実感できる。
知り合いにまさしく喘息がいて、常にステロイドの吸入薬を持ち歩き、発作が起きると即点滴で病院に駆け込むひともいるという。その人によると、朝方に発作が起きるとまったく立ち上がることも動くこともできないんだとか。

というわけで、医者からはしっかりと禁煙薬「シャンビリオン」を処方された。これはアメリカでかなり普及していて、今年6月に日本でも認可されたばかりのものらしい。その病院でもヘビースモーカーの医者が試したら、「絶対(禁煙は)無理」といっていた人ができたというのだから優れものなのだろう。しかし、10%の確率で頭痛がしたり吐き気を催すこともあるらしい。

えっ?シャンビリオンを飲んでいるかって。
へっへっへっ。まだ一回も飲んでいません。
でも、さすがに朝一のタバコと寝る前のタバコはやめました。

う~ん、来年になったら飲んでみようかなとは思うこの頃。






Last updated  2008.12.22 15:52:43
コメント(2) | コメントを書く
2008.12.08
春の実家の看板ネコだった「野獣」くんがお亡くなりになりました。
コーニッシュとアメショーのハーフだった野獣くんは、「春」と初めて会った日にも元気で世話好きで、ところ狭しと飛び回るコーニッシュの群れを統率する親分的なネコでした。

春は牛柄なので、いつも冗談半分に「春は野獣くんの血を引いてるかも。こんなにタプタプにでかくなったのは実は純潔ではなく、野獣くんが去勢されているのに、途中で割り込んできたのかもしれない」なんて笑い話をしていました。

野獣くんのご冥福をお祈りいたします。






Last updated  2008.12.08 16:39:54
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.12
楽天ナンバーワンショップ桃源郷さんがやっている毎日プレゼントで
「BB弾も発射できるラジコン戦車」が当たった。ありがとう!!!!!
bb_ragikon
田舎の次男なので、兄貴はプラモデルなど潤沢に買ってもらっていたが、次男はお下がりばかりのうえ、あまりそういうものに興味もなかったせいか、プラモデルさえまともにつくったことのない子どもだったが、やっぱりうれしいものはうれしい。
なんといっても春の前で操縦して、遊んでみたい。

ということで、早速、春とご対面。
「むむっ、なんだこいつは」
最初は興味津々だったが、やがてガコーと動き出し、旋回したり空砲(もちろんBB弾は抜いてあります)の音がすると、そそくさとこたつの上のボアの部分に猛ダッシュし、様子をうかがっている。

「あれ~、もう少し食い付きがいいと思ったのになぁ。やっぱ、虫とか自分より小さなものには飛び掛るけど、ちょっと大きいからこわいんだろうな」
というわけでとあっさりと終わってしまった。

実は今とっても気になる商品があって

買うか買うまいか迷っているのだが、とりあえずラジコン戦車で、春のダイエットをしようと思っていたけど、所詮飼い主の独り善がり。

天然のねこじゃらしで毎日遊んでは破壊されていて、運動しているはずなのに、なぜか、抱きかかえるたびにずしりと重さを感じるこの頃。
やはり猫も食欲の秋なのか。

それにしても、桃源郷さんは毎日プレゼントという太っ腹なお店です。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/tougenkyou/auction/presentcalendar.html
オークション部門でさすが楽天さんの中でショップオブザイヤーに何度も輝くほどです。
ケータイからもプレゼントは応募できますが、店長のめぐみさんがぺこりとお辞儀をする画像を見ると、思わず、こちらもお辞儀をしてしまいます(笑)。きれいな方で笑顔も素敵です。

一度、みなさんもケータイページを訪問されるとよいですよ。

楽しい企画も満載です。
ラジコン戦車もうれしかったですけど、できれば次はWiiとかプレステ3とかMP3プレーヤーが当たるもっとうれしいです(笑)






Last updated  2008.10.13 01:04:48
コメント(0) | コメントを書く
2008.09.28
すっかり夏も終わって、最近は雨も多くめっきりと寒くなってきた。
昨年、快適ねこ生活さんで購入した「夢こたつ」というペット専用のコタツを引っ張りだし、
付けてみると通電しているというパイロットランプはつくのだが、ぜんぜん暖まらない。
「あれ?????」
いつ購入したんだっけと履歴を見ると、昨年11月だったので保証書を探し出したら
今度はねこ生活さんの会社印が押していない。

ということで、問い合わせてみると、さすが楽店内ではショップオブザイヤーに輝く店舗だけあって対応が丁寧で早速迅速にメーカーに連絡を取っていただき、商品交換することとなった。
メーカーさんはドギーマンさんだったが、こちらもすばやい対応で代替品を送ってくれた。

しかも、昨年購入したものはすでに型落ちだったので今年発売の新品をもらうことになったのだが、
コタツ敷きも布団も一回り大きくなっているうえ、前のようにいかにもペット可愛がりのデザインではなく、
「おいおい、人間でも欲しくなるかもな」というデザイン。

↑これは快適ねこ生活さんではまだ取扱っていないようで、別の楽天さん内のショップのものです。

早速、春の部屋に設置すると…。
もぐりこんだまま出てこない。
春は先日の首都圏の地震の時にも爆睡していたらしいが、まだ9月だというのに、この冬が思いやられます。

こうして、すばらしい対応をしてくれるところある一方で、ろくでもない加盟店も楽天さん内はある。アンケートに答えてポイントゲットという企画で、ポイント付与のための注文にもかかわらず、
商品の受け渡しも一切伴わないのに、わすれた頃を見計らって、カードに請求を仕掛けてきた。
これは今、楽天カードも巻き込んで調査してもらっている最中なので店舗名は控えますが、
あいも変わらず、楽天本体は対応が遅い。
おそらくメールマガジンのアンケート方式できたので、ほかにも気づかずに不正請求になっている方が大勢いるはずです。
しかも、あろうことか、そのお店は今度は全員プレゼントと称して、「眼の疲れにきく」というソフトをダウンロード形式でプレゼントしますという企画をやっていますが、
定価は4800円と銘打っているので、そのページにいってどういうやり方をしているのかみてみたのですが、なんとなく同じ処方のやり口の匂いがぷんぷんします。

小泉さんは引退を表明されて、小泉改革は「変えよう、変わった」という面では一定の評価はできるかもしれませんが、格差と、こうした金が儲かれば何でも良いという風潮を助長したのも事実です。

郵政民営化もそう。旧田中派憎しで、支持基盤の特定郵便局長をつぶすために、「改革なくして成長なし」という美辞麗句で私憤をごまかし、かつ、破綻したAIGのために簡保を開放したある意味では売国奴です。簡保開放の見返りがアメリカにおける小泉内閣の絶対支持だったのですから。
そのAIGも政府救済となり、またジャパンマネーもそれに費やされます。
アメホなどの保険商品は保護はされるので直接的影響はすくないでしょうが、
グローバルスタンダードというアメリカ主義が拝金主義に
形を変えて日本を席巻しています。
みなさんも、本物は何なのか、また、こうした人をだます商売が横行している以上、自分の身は自分で守るしかないということを肝に銘じるべきかもしれません。カードはキチンと明細を確かめられたほうがよいですよ。

いまさらかもしれませんが、それでも食品の偽装はあれだけ、いろいろな会社がつぶれているのに、こりずに次から次へと出てきます。振込み詐欺も宅配ピザのピザーラが啓蒙活動に乗り出すとのことですが、あれだけ騒がれているのに依然としてだまされる人がいます。
一方で生活保護世帯は120万を突破しています。

自民党だとか、民主党だとか、組織の争いではなく一人ひとりが、どういう世の中にしなければいけないと主張するときがきているのかもしれませんね。世の中も冬将軍到来ですが、
とりあえず、春が風邪をひかなけれぱOKです。






Last updated  2008.09.30 14:56:34
コメント(0) | コメントを書く

全214件 (214件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 22 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.