057833 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆるゆるダイエット

ゆるゆるダイエット

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2005.06.17
XML
カテゴリ:気になるトピック
この記事を読んで、抗議した乗客に対して一言。


「なに言ってんの?」



駆け込む人が悪いに決まってます。
車掌の発言に問題はありません。


必ずしも車掌の本心が「乗客の安全を守りたい」の一心だったとは言い切れません。
もしかすると「自分の身近で事故が起きたらやっかいだ」という気持ちから出た言葉なのかもしれません。
ただ、どちらにしても結果的には乗客の安全を望む事に変わりはありません。


この発言が非難されてしまうなら、
逆にただただ作業として「駆け込み乗車はおやめください~」って
発言してさえいればOKなの?って事になります。
それこそ、そんな鉄道会社の体質に対して私は疑念を抱かずにはいられません。

こんな事がニュースになるくらいだから、
そりゃ「カミナリ親父人口も減るわけだ」なんて事を考えました。




『自己責任』という言葉が流行った時期がありましたが、
あれって流行で終わらせちゃいけないものだと思うんです。

日々ニュースを見てても、昔と比べたら明らかに事件の性質が変わってきてるとは思いませんか?
加害者が対象を限定しなかったり、予期することが難しい事件が増えてるじゃないですか。
「平和と水はタダ」な時代とはケタが違うご時世。これが現実です。


普通に生活していても物騒なのに、自ら危険な行動を取る方が間違ってます。
いざ何かあれば「車掌が止めなかったのがいけないんだ」なんて言うのでしょう。
時代錯誤も甚だしいです。


自分の身は自分で守る。
世知辛い話ですが、それが今の時代にマッチした生き方なのかもしれません。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005.06.17 23:45:19
コメント(1) | コメントを書く
[気になるトピック] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

2024.07

© Rakuten Group, Inc.
X