000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

-☆-株主優待ランド-☆-

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Jan 19, 2005
XML
カテゴリ:株式投資講座
こんばんは。
今日は、初心者向けの株式投資講座 第2弾!!

ほんと、皆さんのコメントのおかげでいろんなことを考えることができるし、
ネタのもともいっぱい埋まっているし、すごくありがたいです。

今回のネタもコメントを読ませてもらってて、思いつきました。

今回は、
株を始める前にリスクとリターンについて考えてみよう!
(もちろん始めてからでも遅くないけど)

ということで、最初に質問!

みなさん、株の必勝法ってあると思います?

まぁ、『勝つ』って言葉をどう取るかによって、答えもいっぱい出てくる
と思うんですけどね。

たとえば、
1.大負けと大勝ちを繰り返しても、最終的に大儲けしていれば、勝ち
2.相場がどう動いても、日々利益を出し続ければ、勝ち
3.日経平均などのインデックスと呼ばれる指標を上回れば、勝ち
4.株の分析にかける時間をコストとして考え、その時間をかけずに
  そこそこの利益を得られれば、勝ち
5.銀行の定期預金よりも高い利回りで運用できれば、勝ち

こんな勝ち(価値)観の違いを超えて、『必勝法』があるとすれば、
答えは、『リスクを取ること』に尽きると思います。

リスクとリターンは相反する。
要するに、高いリスクを取れば取るほど、高いリターンを得られる可能性は
高くなるし、それにともなって、大きな損失を出す可能性も高くなる。

でも、それって、『必ず勝つわけやないから、必勝法とちゃうやん!』
って突っ込まれそうだなぁ。(^^;)

でもね。

Aさん:
普段、会社とかアルバイトで仕事をして、一定の収入を保ちながら、
週末とか帰宅後にちょこっと株の値段を調べて注文を入れる人

Bさん:
リアルタイムで株価をにらみ続けて、一番いいと思った値段で売り買いが
できて、そのかわり、収入は株の利益からしか得られないという人

を比べたら、そりゃ、Bさんのほうが儲かって当然というか、儲けないと
ダメだと思いません?

だって、Aさんは株で多少損をしても、月末にはちゃんと給料が確実に
入ってくるんですよ。

一方、Bさんは、株の収入がそのもの給料だし、まさかデイトレーダー
としての経歴を履歴書に書くわけにもいかないから、自分の将来まで
リスクにさらしているんですもの。

ちなみに私、AさんからBさんになったことあります。
しかも、自分の意思に反して...(泣)
結局、相場が良かったため、退社前の給料より多く、株で稼げたのですが、
それでも不安感は、拭えませんでした(笑)
まぁ、もし、そのとき一生働かなくていいくらい稼いでいたら、不安は
消し飛んでいたでしょうけどね(爆)

その点、
育児等で外に出て働けない奥様、
家にいて好きなことしていいよって旦那様が言ってくれる奥様、
リタイヤして悠々自適の方、
は比較的リスクは少ないかもしれないです。

あっ、でも、『じゃ、私、がんがんデイトレードする!』っていうのは、
もうちょっと読んでからにしてくださいね。

株の取引方法別リスク度
株の取引方法やスタンスは、百人百様だけど、個人投資家を無理やり
3つのタイプに分けると次のようになるのかなぁ。

■デイトレード~スイングトレード(短期での売買)
分刻み~数日単位で株価の動きを見て、売買を繰り返す取引方法。
少しの値動きで利益を出すには、ある程度まとまった資金を数多く動かす
必要がある。
もしくは、少ない資金でも値動きの激しい銘柄を見つけて投資することで、
利益を大きくすることができる。
※最悪の場合に備えて、上の『利益』を『損失』と読み替えることを忘れずに(笑)
株を持つ時間が短いので、その間に株を持っている会社が倒産する
というリスクは低い。
その代わり、配当や優待は得られない場合が多い。
投資金額:★★★
浪費時間:★★★
倒産リスク:★
価格変動リスク:★★★
(=リターン)

■長期投資、継続投資
自分が応援したい、将来成長すると思う企業の株を少しずつ時期をずらして
買い足していく方法。
1回の投資額を少なくし、金額も決めておき、株価の低いときは多め、
高いときは少なめ、の株数を買うことで、価格変動による損失を最低限に
抑えることができる。
るいとうやミニ株を使った投資もこれにあたりますね。
※こちらは、『損失』を『利益』と読み替えることを忘れずに(笑)
一つの銘柄を長期間保有するので、その間に株を持っている会社が倒産する
可能性があり、倒産した場合のリスクは大きい。
その代わり、配当や優待を楽しめる。
投資金額:★★
浪費時間:★
倒産リスク:★★★
価格変動リスク:★
(=リターン)

■買ったまま放置(塩漬け)
高いときに買って、そのまま持ち続けると、ずっと損を抱えたまま、
株価があがるのを待つことに。これ結構つらい(苦笑)
逆に安いときに買って、そのまま持ち続けると、知らないうちに株価が
上がっていて、思わぬ喜びを得られることもある。そんなときは宝くじに
当たった気分!
もちろん、知らない間に倒産しているリスクもある。怖っ!
こちらも配当や優待を楽しめるけど、下がっている場合はそんな気分に
ならないかも。
投資金額:★
浪費時間:★
倒産リスク:★★
価格変動リスク:★★
(=リターン)

ねっ。リスクとリターンの関係っておもしろいでしょ。
逆に言えば、自分がどこまでリスクに耐えられるか、どれほど貪欲に
儲けたいか、によって、人それぞれの投資方法を選べるのが、
株式投資の魅力なんですよね。

だから、
株はギャンブル、っていう表現も、
着実な資産運用、っていう表現も、
どちらも当たっているし、どちらも外れている。
なぜなら、その判断の基準はその人の取引の方法によって変わるから。

大きく儲けたければ、大きなリスクを取らねばなりません。
逆に、大きなリターンを狙わなければ、リスクは小さく済みます。
また、全くリスクを取りたくなければ、株はしないほうがいいです。
(そう、傷つきたくなければ、恋愛をしなければいいように)

ちなみに、ますたぁ♪は、真ん中の小さなリスクで小さなリターンを
実践しています。
悪かったなぁ、小心者でぇ。(笑)


前回の初心者向け株式投資講座はこちら







Last updated  Jan 19, 2005 09:07:15 PM
コメント(57) | コメントを書く
[株式投資講座] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.