426630 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

-☆-株主優待ランド-☆-

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Feb 24, 2005
XML
カテゴリ:株式投資講座
いやぁ、今回、どうしようか随分迷ったんですけどね。

ライブドアとフジテレビの話題は、株のブログを書いている方の日記にも
かなり出てきているので、いまさら私が何かを書いてもおもしろくないかなぁ、
って、静観するつもりだったんだけど...

でも、何が起こっているかわからん、コメントしてって、声もちらほらあり、
ちょうど、株の勉強にはいい題材なので、用語解説集でもやってみようかな、
って。

いつも通り、できるだけ平易な文章を心がけたんだけど、さすがに今回は
複雑な内容なので、冗談やダジャレを振りまく余裕はありませんでした(笑)
楽しみにしていた人、すみませんm(_ _)m


誰やっ!
冗談やダジャレは、楽しみになんかしてない、ないほうが読みやすい
って言ってるのは!?


初心者向け講座 ライブドアVSフジテレビに学ぶ株式用語集

【議決権】
議決権とは、所有している(出資している)株の数量に応じて割り当てられる
株主の発言権です。
会社は株主のものである以上、当然、株をたくさん持っている人のほうが、
発言権が大きいわけで、株式の3分の1を所有すれば、会社の重要な決定事項を
拒否する権利を持てるので、一つの目安となります。

今回の騒動では、フジテレビとライブドアが、ニッポン放送の株(議決権の数)を
争奪しています。
ちなみに今回、話が複雑なのは、そのニッポン放送はフジテレビの親会社である
ため、ニッポン放送の大株主になるということは、フジテレビの経営にも影響を
持つことになるという点。
ニッポン放送は、時価総額(発行済の株式すべての金額、つまり会社の値段)が、
子会社のフジテレビに比べて少ない(フジテレビの3分の1)、という親子逆転
現象が放置されていたため、ニッポン放送の株がターゲットとなったのです。

【TOB(Takeover Bid)= 株式公開買付】
不特定多数の株主に対して、市場外で募って株を買うことをTOBといい、
買い付ける株数や価格などの条件を公表する義務があります。
フジテレビは、上記の親子逆転現象で経営権が不安定になっている状態を
解消するため、ニッポン放送の株をこのTOBで買い集めようとしたところに
ライブドアが一気に市場から(裏技で)株を買い集めたのです。
ちなみに村上ファンドは、昨年の夏からニッポン放送の株を大量購入して
大株主になっていたため、フジのTOBに応じるのか、ライブドアと手を組むのか、
その株の行方が注目されていました。
ちなみに私、株式を買付して後で後悔する、【株式買付後悔】は得意です(笑)
なんで、こんな高値で買ったんやぁ...(泣)

【時間外取引】
時間外取引はもともと、生命保険会社などの機関投資家等が、大量の株式を
売買するための取引方法で、東証のシステムを使って売買をするため、
市場内取引扱いになっています。
そのため、時間外取引は、TOBの公表義務の規制対象になっていませんでした。

公表の義務はないため、TOBの公表はない、一般投資家が見ている時間内の
市場で買い集めている様子もない、でも、気がついたら、この時間外取引で
ライブドアが短時間で大量にニッポン放送株を手に入れていたという事態が
起こったわけです。合法的に。
今回の騒動で、この裏技が明らかになり、経営権取得のための時間外取引も
TOBの規制対象にする動きが出ていますね。

【MSCB = 修正条項付き転換社債型新株予約権付き社債】
ここからは結構難しいので、細かい条件などは省いて、要点だけを
お話するので、表現しきれない部分もある点、ご了承くださいね。
だって、名前見ただけでも、冗談やろって突っ込みたくなるくらい難しいでしょ(笑)

MSCB(Moving Strike Convertible Bond)とは、今回ライブドアが
ニッポン放送株を買い集める資金として800億円を調達した方法ですよね。

社債は、会社が銀行などの金融機関からお金を借りるのではなく、
公募によって資金を集めるひとつの金融商品です。
読者の皆さんの中には、社債や公社債で資産を運用している人も
おられるのではないでしょうか。
CB(Convertible Bond)は、あらかじめ、決められた株価になると、
株式に変えることができる社債の一種です。
さらに、今回のMSCB(Moving Strike Convertible Bond)は、株式に
変えることができる価格が株価の変動によって、変わるという特約が
ついています。
本来なら、最初に決めた額(転換価額)を下回っていれば、株式に
変えることはできないのですが、MSCBの場合は、株価が下がれば、
転換価格も下げられるため、株価が下がっても株式に変えることが
できます。
つまり、株価450円で転換できるMSCBは、株価が下がって300円になったら
その修正した株価で株式に変えることができるのです。

さて、ちょうど、前回信用取引の空売りの話をしましたよね。
覚えていますか? 

覚えていない人、まだ読んでいない人はこちら。

そう、株価が下がったときに利益を出すことができる方法です。

例えば、
MSCBを持っている人(会社)が空売りをしたらどうなるか。
もし、大量の株を借りてきて市場で売ったならば...
しかも、みんなの目がその銘柄に集中しているときに...

そう、一般の投資家もつられて一緒に株を売るでしょう。
そして、さらに株価は下がる。

普通なら、空売りは株価が急騰したらと思うと怖いものですが、
前述のようにMSCBは株価が下がっても、その下がった値段で株式に
変えることができるんでしたよね。
だから、なんの心配もありません。
そして、思い通り株価が下がったら、持っているMSCBを株に転換して、
借りてきた貸し主に返す。
これで、前回の記事で書いた空売りのもっとも怖いリスクの部分を
除いた状態で大きな利益を出す取引が可能となります。

ただ、いくら株価が下がってもよいというわけではなく、下限の価格
(今回のライブドアのMSCBは157円)は決められていますし、倒産して
もらっては、貸し付けたお金は返ってこないので、あまりにも
むちゃなことはできませんが...

このMSCB、既存の株主にとっては、不利です。
上記のように株価が下がる要因になるのもそうですが、転換された株によって、
全体の発行株数が増えるため、既存の株の価値が薄くなってしまうからです。
フジテレビが取った対抗策、新株予約権の大量発行が、既存株主の利益を損なう
として訴えるというライブドアの矛盾がここにあると指摘する人もいるようです。

まだまだ説明しておきたい用語はあるのですが、あんまりたくさんやって
おもしろくなくなっちゃったら、元も子もないので、今回はこのくらいにして
おきましょうね。

それと、私の個人的な意見や感想を...との声もいただいたのですが、
それはやめておきます(笑)←笑ってごまかす(^^;)

ただ、ますたぁ♪は少しだけどライブドアの株、もっています。
もちろん、MSCBという麻薬に手を出しちゃった以上、リスクも高いし、
新たにがんがん買い増すつもりは今のところありません。

でも、もし、ライブドアがテレビやラジオのメディアを手に入れ、堀江社長の
頭の中にある構想が実現したときの世界って、どんなのかな?って、
のぞいてみたい気がするので、その可能性に一票ということで、
応援チケットのつもりで持ち続けるつもりです。

関連銘柄は、デイトレーダーの資金がかなり流れ込んでいるようですが、
皆さんは、十分気をつけて売買するようにしてくださいね。


堀江社長ってこんなに本出していたんですね。









Last updated  Feb 24, 2005 08:55:10 PM
コメント(30) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.