000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

-☆-株主優待ランド-☆-

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Jul 28, 2005
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
インターネットのおかげもあるのか、最近なんでもすぐに
答えを得られることが多くなりましたよね。

ちょっとわからないことがあれば、検索サイトで検索すれば、
すぐに答えがわかるし、それでダメなら、どこかの掲示板に
書き込みしたら、親切な誰かさんが、タダで教えてくれる。

でも、そういうのって、よぅく考えてみれば、ある意味、
すごく危険なことじゃないかなって。

私たち、小学校とかで、答えを出す方法を勉強しましたよね。
もちろん、答えを一生懸命覚えたこともあったけど、学校は本来
答えを暗記するところではなく、答えを出すための考え方を学ぶ
ところのはず。

もし、掛け算の考え方を覚えず、答えだけを覚えていたら、
九九(クク)以外の暗記していない掛け算は、解けない。

もし、英語の構文を理解せず、丸暗記していたら、
This is a penとか、アメリカの国花はカーネーション、みたいな
使えないダジャレとか、教科書に載っている文章しか話せない。
(最近、教科書の内容も変わっているらしいから、↑これ聞いて
年代がばれてしまいそうだけど 笑)

何がいいたいかというと、もっと使える英語のダジャレを教えてくれ...
じゃなかった、大人になっても、初めてのことを学ぶときは答えじゃなくて、
考え方から学ぶべきじゃないかと。

しかも、とっても不幸なことに、私達日本人は、学校でお金のことを
一切教えてもらっていないんです。
生きていくのに、一番と言わないまでも、かなり重要なことであるにも
関わらず、ですよ!
しかも、お金のことを人前で話すのは、みっともないことだ、
なぁんていう、とんでもない礼儀作法まで植えつけられちゃって...

ドラマ『ドラゴン桜』でうまい表現を使っていましたよね。
『頭のいいヤツが、頭の悪いヤツから搾取するために作った、都合のいいルール』
だって。

そんな危機的状態なのに、『これ、わからないから教えて』なんて、
インスタント質問を投げかけて、誰かに教えてもらうのって、すごく
危ないことだと思うんです。

たとえお金は節約しても、たとえ時間は節約しても、考えることだけは
節約したくないですね。



インスタントな答えはないけど、搾取されない頭をつくるメルマガ
(しかも、使える?ダジャレ付き)はこちら。

まぐプレバナー


【今日の小話】
ジョンとボブが仲間と一緒に川辺でバーベキューを楽しんでいました。
ところがボブは、足を踏み外して川に転落し、流されてしまいました。
ジョンは、ボブを助けようと、岸から手を伸ばし、『Give me your hand!』
と何度も叫びました。
でも、何度叫んでもボブは手を差し出しません。
そこで、ジョンは、『そうだ、ボブはとってもケチなやつだったんだ』と
思い出し、『Take my hand!』と叫びました。

(ちゃららららーん♪)
すると、どうしたことでしょう。
なんと、ボブがすんなりと手を差し出すではありませんか。

献身的なジョンのおかげで、ボブは一命を取り留めることができ、
それからは、ケチな性格を改めるようになりました。
そして、ジョンは、その巧みな性格改造の腕を認められ、いつしか人は
彼のことを『言葉の魔術師』と呼ぶようになりました。とさ。








Last updated  Jul 28, 2005 09:23:20 AM
コメント(12) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.