027218 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

YU-RI ポケット

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Comments

YU-RI6698@ リデルさんへ ほんと、お久しぶりですね。 ありがとう…
Liddellのとけい@ お久しぶりです! おめでとうございます♪ 絶対合格すると信…
YU-RI@ だいちゃんへ ありがとうございます。 いつもいつもはげ…
だいちゃん0204@ こんばんは!ヽ(*^‐^)人(^-^*)ノ  今まで良く頑張ってこられたものネ。 …
YU-RI6698@ だいちゃんへ ありがとうございます。 本当に体が資本…

Favorite Blog

ギンバイカ、ビヨウ… New! だいちゃん0204さん

今日思ったこと-わく… ちょろぴ1998さん
きゅうりが金星から… 金のバナナさん
毒ログ 適当人さん

Calendar

Headline News

Rakuten Ranking

fortune

Archives

2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月

Keyword Search

▼キーワード検索

全195件 (195件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

2008年09月03日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ひさしぶりです。

無職になって、約1ヶ月たちますが、やっとこの生活にもなれたかなってところです。

「たたかわない生き方」
http://item.rakuten.co.jp/book/5824157/
ファッションジャーナリスト

大内順子著

イーストプレス 定価(本体1200円+税)


たたかう強さとたたかわない強さ、

コンプレックスを生かすにはうまくいく「オマジナイ」

やりたいことを通すために

愚痴の受け止め方

「相手に合わせる」のは落とし穴

周りを喜ばせるために必要なこと

美しく輝くために

あなたの優しさ、もっとうまくつかってみませんか?

この本には厳しいファッション業界の中で現在もなお第一線で活躍する著者ならではの

"たたかわない”という、強く、やわらかく、凛とした生き方が詰まっています。

「イースト・プレイス」社 コメントより




私は、縁あって、この本を手に取りました。

きっかけは同級生の集まりで同窓会名簿を見ていた時。

その中に大内氏を見つけたときから、なぜか大内氏が心の中でひっかかったのです。

確かに著名人であり、その名は専門家ではなくてもグローバルに活躍する

大内氏の名前は一般でもよく知られています。

いわゆるすごい人。

しかし、なんだか私の中では著名な人が同窓生だったのねと通り過ぎるだけの感じではなく、

なんか気になったのです。

どんな人なのかその人となりが知りたくて、手っ取り早くネットで調べてみることに。

検索サイトで気になるタイトルを開いてみました。

そして出てきたページが大内さん自身が書き綴ったコラム。

目から鱗でした。

こんなステキな人が先輩にいたのかと思ったら、なんだか嬉しくてワクワクしてきました。

そして、恐れ多くもこの人に会いたいとまで、思ってしまいました。

私ってつくづくめでたいキャラだなと思います。笑

私はこの本をさっき手にしたのですが、

箱をあけて(ネットで購入しますから、宅急便でやってくるのです)

受け取って箱からだして立ったまま読みはじめること一時間。

いつもね、待ちきれないと良くやるんです。笑

長い時は2時間立ちぱなしなんてことも。。。

あっという間に読破。

もうね、読んでて、うんうん頷いて共感することだらけ。

そうなの!

まさに!

なんて真剣になってるうちにあっと言う間に読了。

なんで大内氏が心にひっかかったかわかってしまいました。

ステキな大先輩ですよ。

なんていうか、自然体でね、楽しくイキイキ生きてるっていうか。

そんなステキな生き方のコツが一杯つまってます。

人は強さというものをつい、どんなものにも耐えうる鋼のようなイメージをもちやすいのですが、

「たたかわない強さ」とはまさに、しなやかさのことで、

それは賢く立ち回ることでもあるのです。

しなやかな心を持つことで、がんばらなくても、

苦しい思いをしなくても自分らしく楽しく生きられるのです。

そんな内容が、彼女のバイタリティあふれる人生経験を通して語られていました。

たいして時間がかからないだけに、是非おすすめの一冊。



本当は内容についてもっと語りたいのだけれど、

読んだ人がどう感じるかはその人次第かなと思います。

私はすごく共感がいっぱいで、何をかいたらいいのか選べないので、

本を読みながらふと思い出していたことをひとつ書いておきます。

私にはこの数年来、尊敬してやまない先生がいます。

実は奥さまが亡くなられて大きな屋敷に随分長く1人暮らしをしていた折、

以前から交流があった母も1人暮らしだったので

一緒に楽しく老後をすごそうと同居することに。

その先生は以前から私も知っていたのですが、

話をしたのがその頃がはじめてでした。

今では時間を見つけてはその先生にに会いに行くのがけっこうお気に入りです。

先生の大好きなどら焼きを持って。笑

その先生はもう80を過ぎた長老ですが、今も現役公認会計士で、

難しい汚職事件をあばいたり、会社をのっとられそうな人を助けたり、

コンサルティングをして多くの会社をサポートしたりと大活躍しています。

そのため、自宅にも相談やお礼にやって来る人の跡がたたない。

人の役に立って、その人達の嬉しそうな笑顔を見ると

たいへんだったこともすべて帳消しになるとうれしそうに

なにかの折に言っていました。

実はそれが楽しいから仕事ってやめられないらしいのです。

だから、ほんと、先生は若いし、イキイキしていてその笑顔はいつも輝いています。

今でも毎日片道20分の道のりを車で出勤し、夕方打ちっぱなしのゴルフに行き、

帰宅後は自宅前の畑で野菜の世話。

夕食のときは家で取れた野菜だぞっていって振舞ってくれる。

つめるときは何日か深夜2時3時まで書類とにらめっこしているときもあります。

日曜も仕事のときも。なければないで真っ黒になるぐらい、畑で過ごす。

本当にバイタリティがある人です。

それでも、夕食時になると今日も無事に一日過ごせたと思うと

ほんとありがたいなとほっとするといいます。

そんな先生は損得抜きで、いつも困っている人を助けるために仕事を請け負ってきます。

えらいでな、もうやめる、と口癖のようにいいながらも、

やっぱり、難しい仕事・だれもやりたがらない仕事を請け負ってくるのです。

私はこの家に行くようになってから、神妙な顔してお願いに来る人や

涙を流しながら何度も何度も頭を下げて感謝して帰ってゆく人も何度となくみかけました。

「黄門様みたいだね」

私はよく先生に冗談でそう話します。

(実際、先生の携帯のメルアドの設定に「komonsama」を使って勝手に設定しました。笑)

先生はといえばまんざらでもなさそうな顔して笑っているだけ。

この人に出逢ってからの私は本当に変わったと思います。

先生はいつも短い時間に他愛のない話を少しするだけで、物の本筋を捉え、

私に大事なことを教えてくれます。

まだ、出会ったばかりの頃、私が母に話をしていたのを、

野球を見ながら聞いていた先生が、

ニコニコ笑いながらのんびりした口調で口を開きました。

「お前は頭がいいな。

そうだな。客観的に見てそれが正論かもしれない。

でもな正論を振りかざしたって、誰も聞き入れやしないぞ。

それぞれの思いをまず、受け止めてやることだな。

それからどう動くか、どう話をするのか考えることが大事だな。

人間はみんな違う生き物だ。

性格も違うし、みんな違う環境で育ったから、習慣だって、価値観だって違う。

それを受け入れずに一方的に正論をふりかざしたってなんにも得られないぞ。

ただの気まずい思いが残るだけだ。

それじゃあ、結局自分の思うことが出来ずに終わるぞ。

まずは本当の意味で相手の立場で物を考えてやれ。

同じ目線に立ってはじめて話を聞いてもらえるんだぞ。

みな1対1で対等なんだ。

お前もそろそろ戦わずして勝つことを考えてみるんだな」

私はその時はっとしました。

ちょっとしたことを話していただけなのに

自分のことをまったく言い当てられてしまったのです。

それから、どうしたらうまく伝えられるか、

どうしたら自分ががやりたいことに合わせて気持ちよく動いてもらえるか、

伝え方や接し方、持ち掛け方などをいろいろ考えるようになりました。

そして、自分の意見の前に、まず、相手はどう考えているのか、

なぜそう思うのか、そこに感心が向くようになったのです。

その辺りから、肩意地張ってて踏ん張って生きていた自分から、

自然体で物事を受け止められる自分に変わっていきました。

変わったことといえば、いつも一匹狼で孤独が日常だった生活から、

自分のまわりになんだか人があつまるようになってきたこと。

以前では考えられない日常です。

そして、なによりも気が楽になりました。

それまであった何かに追われるような不安や焦りも全くなくなった。

強くあらねばと必死で自分を律していた自分も消えていました。

毎日が心穏かで何かあるわけでもないのに楽しいと感じられるようになったのです。

いわゆる地に足が着いた感じっていう感じでしょうか。

そして、何が起こってもけとめられるゆるぎない自信のようなものが自分の心に芽生えたのです。

今、無職です。

そのわりに退職して収入がなくなることや将来への不安や焦りも実は全くありません。

私の頭の中では人が思うほど、気合もいれてないし、プレッシャーもありません。

自分が行きたい方向に向けてやることやっていれば、

縁やチャンスが向こうからやってくる気がするからです。

自分に起こるすべての事象は必然であり、意味のあることです。

とすれば、一つ一つの出会いや出来事は私にとって、大事なことのはず。

そこでは学ぶべきことがたくさんあるということ。

それに気付いてどう受け止めるかで、その先の自分の生き方に影響すると思うのです。

人はその瞬間その瞬間、自分の人生を選択しています。

楽しく生きるか辛く生きるかは自分次第。

私はようやく人生折り返したばかり。

これから、まだまだ、いろんな出会いや出来事がある。

その度に成長できるとすると、人生っていろいろあるけど面白いし、楽しいなって感じます。

私も、大内氏や先生のように自然体で楽しくイキイキとステキに年を重ねたいものです。

なんだか、この先、年を重ねるのも悪くないなって思うんですよね。






Last updated  2008年09月03日 18時50分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年07月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
感激しすぎて眠れないほどに

良い時間をすごさせてもらえる私は

最高に幸せ者!

人生最高の喜び。

こんなにも人に感謝できることが最上級の至福の時となるなんて

流した涙が止まらなくなるなんて

そんなことはじめて知った

こんなにすばらしいことを最後にまた私に教えてくれた

この仕事に感謝してもしつくせないほどに

言葉がみつからないほどに

感動の涙がとまらない


こんなにも多くの人が私のことを知っていてくれて、その想いが通じていたなんて

そしてみんながその想いでひとつになれる瞬間がくるなんて

そんなこと夢にも思わなかった


今更ながらすばらしい人たちとすごくいい時間を過ごせたことを知る


20年の苦労も歓喜の涙にかわった瞬間、すべてが浄化された

そしてあとには温かく新しいエネルギーが満ちてくるのがわかる

そんなすばらしい瞬間をもらえるなんて!


毎日続々と温かいメッセージが届く

そして多くの人が温かい声をかけてくれる

それまであまり話す機会がなかった人まで!

本当に嬉しい


でも、それ以上に喜ばしいのは私にその皆さんが自身の夢や希望を語ってくれること

年齢や役職に関係なく、みんなが子供みたいに輝いた素敵な顔をして

楽しそうに夢や希望を語ってくれること

私にはそれがなによりも嬉しい


ずっと願っていたこと

ずっと蒔き続けた種だから

自分が本当に為し得たかったことだから

確実にその種は芽吹いたと確信した

近い将来、必ず花が咲くと

そんな風に夢や希望に満ちた人たちが集まるところには

必ず、たくさんの美しい花が咲くはずだから

私はいつかそんな花を見られるような気がしてやまない


本当にありがとう

すべての人に感謝です

皆様に幸あらんことを!








Last updated  2008年07月18日 11時48分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年07月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
模様替えしてみました!

ちょっと季節感で夏祭り。

本日はお休みですが、お洗濯中。

暑い。

蒸し暑いです。

冷房入れようかどうしようか・・・。

集中力をキープするには冷房が必要だけど、体のためにはないほうがいいし。

この時期結構悩み。

退職が近づいてきたせいか、このところ休みが多い。

しかし、疲れがどっとでてなにということなく時間ばかりが過ぎていく。

しかたない、いままでの蓄積があるから、どーんとデトックスして乗り越えるしかない。

体は今までのハードワークと不規則な生活で自律神経乱れっぱなしだし。

まず、は規則正しい生活で、体のリズムをとりもどして体のリセットをすることからかな。

7日は伊豆へデトックスにいってきます。

お客さんでアロマトリートメントしてもらう。

リフレッシュ、リフレッシュ!











Last updated  2008年07月05日 11時58分52秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年06月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アロマセラピスト合格しました。

めっちゃ、うれしい!

あとはカルテ審査。
これはつくってあるからちょっと書き直すだけだから大丈夫。









Last updated  2008年06月26日 23時30分09秒
コメント(6) | コメントを書く
2008年06月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近あちこちでみかけるAED。

倒れた人に使うぐらいしか認識がなかった。

今更ながら認識不足であったと大反省。

昨日、普通救命講習にでかけた。

そこで、倒れた人への応急処置を習った。

AEDは心臓機能を回復させるものだと大きな勘違いをしていた。

心臓の痙攣を除去するもので、電気ショックを与えたらすみやかに心臓マッサージを行う必要があることを知った。

AEDの取り扱いは音声ガイド付きなのでスイッチさえいれれば、簡単に使える。
しかし、心臓マッサージが正しくできる人が必要である。

呼吸停止から4分以内に心臓蘇生を施せば、高い確率で後遺症も残らず助かると聞いた。

さらに10分以内なら、命はたすかる可能性が高いとも。

大事なのは勇気だと言われました。

逃げずに行動を。早い行動が命を救う。
本当に遭遇したらできるのかと言う不安もあるが、だれかがいかないと確実に命は失われる。

勇気ある行動が一番大切だと思った。

しかし、体力がいる。

救急車が到着するまで通報からおよそ平均6分。

でもあくまでも平均。

2分間やっただけでも手は痛いし、息があがる。
実際はかなりの緊迫感でさらに体力は消耗するだろうし。

できるだけ多くの人を呼んで、心臓マッサージができる人が交代するのが理想らしい。

何かあった時に、戸惑わないよう、シュミレーションが必要。

たまには訓練しなくちゃな。








Last updated  2008年06月15日 09時38分53秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年06月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
高校の卒業後の記念事業の当番が来年まわってくる。

うちは伝統校で、戦前、戦後の同窓生が一気に集まる

一年一回の一大イベント。

公立高校ですが、卒業生で著名人もたくさんいて、

その人達も積極的に参加してくるほど。

それで、年明けから同窓会があたのですが、

当時私は行方不明者として名前が挙がっていた。

ずっと市内に住んでたんだけどね。

引越しても届出してなかったので

行方不明者リストにしばらく名を連ねていた。笑

ある時、名簿に私の名前を発見した別のクラスの友人が

「なんでー、その辺の飲み屋に行けばいっつもいるよ。」

という情報をもとに探されて、本当に飲み屋で発見された。笑

といっても、晩御飯を毎日のように食べてるので頻繁になるのですが、

決して毎晩飲んでるわけではありません。

だって、勉強もあるし。

そんなこんなで来年の記念事業に向けて先日スタートしました。

総会にでて驚いたのはほんとうに大勢の卒業生が出席して、

楽しく歓談している。

校歌を歌ったり(歴代3曲あるのだ。)

プロの演奏家や舞踊家を招いて講演してもらったり。

実に盛り上がる。

毎年楽しみにしてらっしゃる方が多いそう。

この記念事業は伝統で後輩へと受け継がれている。

その役回りがとうとう私達のもとへやってきた。

総会をやっているのは有名で、卒業生の記念事業になっている

ことも有名なため、総会に出たことがない人たちは一様に退く。

知らない人にとっては総会というキーワードは怪しげなイメージが

あるらしい。

しかし、200人近い人で運営をしないと成り立たない事業。

実行委員長として指名された人たちははじめ、こまってしまったという。

だって、そんなつながり今ないし。

仕事もいそがしいし、そんな大仕事勘弁のモード。

しかし、先輩達から投げられてしまったので仕方なしに発進したらしい。

そして当時のクラス委員や知り合いのツテでクラス幹事を決めてなんとか

同窓会にこぎつけた。

ごめんなさい。私はその苦労はしらないのだ。

ぎりぎりで同窓会に出席して事情を把握。

慣れない席で不安げな表情をみせつつも、なんとか踏ん張ろうとしている

彼らに、昔のなじみで協力しようと言う気になった。

その時から裏方で彼らを支えている。

さまざまな提案をし、先日今年の総会では、

私達の記念事業のテーマを提案した。

諸先輩方も大変気に入ってくれた。歴代にない名前をつけたのだ。

前にも違うブログで書きましたが、

「蒼天」

いつもは一文字で表現される伝統を破ってみた。笑

いくつか候補を考えて、提案したのですが、

みんながコレを選んでくれた。

そして昨日は何度目かの会合があった。

先日の総会のアンケートの結果の話と意見交換。

このアンケートと意見交換も私が提案。

みんなの気持ちがバラバラだとなしえないことなので、

なぜこの総会をやるのか、どういうものにしていきたいか、

意思統一して団結することが大切だと思ったので、

総会の内容で気付いたこともそうだが、ぶっちゃけ、

今の気持ちを語る内容のアンケートと意見交換だった。

私は大学の後輩の結婚式の2次会があったので遅れていったのだけど、

着くなり、事務局長のTくんがアンケートの結果のまとめをくれた。

早速読んでみると、すごい!

感激でした。

アンケートを作ったのは私ですが、きっとあんなスタートだったから、

すっごく後ろ向きな話も一杯でてくるんじゃないかと覚悟していたが、

奴らはすごい!

そして意見交換。

みんな心からのすばらしい発言でとてもいい時間だった。

はじめは面倒だし、うっとおしいともおもった。

正直いそがしいし、なるべく逃げたいと思った。

でも、実行委員としてみんなといろんな話しをしたり、

同級生に連絡とって、久しぶりのに話をしたりしていくうちに

何かが変わってきた。

そして総会に出たことで総会の意味と伝統のすばらしさを実感した。

先輩達に非常に感動したと誰もが言った。

そして、俺達の人生の中でたった3年を一緒に共有した仲間で、

もう一度一緒に共同作業で協力し合い、ひとつのことを成し遂げる

事業ができるんだ、こんな奇跡的なすばらしい時間をいただけた

ことに感謝してる、とも。

鳥肌立ちました。

すでにみんなの表情がいきいき輝いている。

俺は、昔、文化祭やら体育祭やらって照れくさくて外野で見てる

だけって感じだったけど本当は羨ましかった。

学生のときに出来なかった体験がもう一回できるチャンスがあるかと

思ったら、すっごくうれしいよ。

総会をやるためじゃなくて、総会がゴールではあるけど、

散り散りになった思いが再びひとつになっていく、

そのプロセスが本当に意味あるものなんだと思う。

俺達はチャンスをあたえられたんだよ。

みんなで楽しい時間にしよう。

そして、その力で、みんなを呼ぼう。

楽しそうだから参加させて欲しいって言ってもらえるぐらい

楽しくみんなでがんばろうぜ。

ベタなドラマみたいですけど、本当にその空気は真剣で

みんなの思いがひとつになった瞬間だった。

元生徒会長の代表の目には涙がにじんでいた。

一番責任抱えてプレッシャーだったんだろうと思う。

みんなが彼に声をかける。

「オマエはどーんと構えてろよ。みんなの代表なんだからさ、

表舞台で勝負してくれよ。

絶対いい仕事もたせていかしてやるからさ。」

いいやつらだねえ。ほんと。

学生時代に顔は知ってるけど話をしたことないや奴らが一杯だけど、

そんな距離はもう微塵もない。

仲間としての連帯感が生まれた瞬間だった。

仕掛けた方としても本当に感激して、胸をなでおろした。

その後、みんなで飲んで盛り上がったのは言うまでもない。

文化祭モードっていうのかな。

何年たってもかわらない、ステキな奴ら。

私も彼らと同級生でよかったと思った。

さて、意思統一したら次の仕事。

組織を作る。

コレが大変なんだな。

ピラミッドはいいけど、どんなやり方をするかで若干形が違う。

なんとか小集団方式で自主的にオリジナリティを出せるような、

意見を吸い上げしやすい組織が理想かな。

どうやら、うちはパワーのあるリーダーではなく、

人柄でみんなに好かれている優しいタイプなので、

トップダウンは向いてない。

したがって、機動力のある参謀がそれぞれのグループをまとめることが必要。

7月までにサクサクと暇を見つけてタタキ台となる案を提案したい。

みんな、がんばって最高の総会を実現しようね!

私も精一杯がんばるよ。










Last updated  2008年06月08日 18時39分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
お久しぶりです。

ここで日記書くのはほんと久々です。

今日やっとAEAJアロマセラピスト試験がありました。

学科のみです。

受かったら次はカルテ審査です。

学科のできばえは。。。

ははは。。。

来月のお楽しみってことで。

ま、だめなら、再チャレンジすればいいだけのことだからいいんだけど。

おわったー!開放感。

といきたいとこだけど、実はもう、

英国IFAクリニカルセラピストの講座がはじまっている。

課題がめちゃ多い。

課題をすべて期限までに提出して、内容にパスしないと試験を受けさせてもらえない。

しかも、論述どころか、口頭試問もあり、その中身はダイハード。

プロとしてすべてわかってないと応えるのは無理。

実践してるプロフェッショナルの人たちの資格らしいので、

内容はすべてにおいて専門的で実践的。

ついていくにはかなり大変です。

仕事やってたら、無理ですね。

8月退職でもおそいくらいですよ。汗

でも、なんとか一発合格したいので、真剣です。

ちなみに6月1日までの課題がてんこ盛りでやりきれるのかはわかりませんが、

仕切りなおしで今日からがんばります。

秋まで笑えないのですよ。(必死。汗)






Last updated  2008年05月25日 21時10分04秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年04月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類

動けないのってもどかしいですね。涙

右足さん、普段からとっても働きものだったのね。

利き足ってすごく重要。

今更ながら実感。

動けなくてはじめてわかる。

慣れない左で立ち上げるのはとても難儀。

それでもまだいい。

左足が動くから。

まあ、やすんで充電しろといわれているような気がするから、

甘んじてうけよう。

することがなくて暇なのも必要ということだから。笑

こんなに寝られることもないからこの際、

今までの疲れをすべてデトックスしとこかな。

右足首周辺に水がたまったらしく、急に歩けなくなりまして、

3日間安静で足上げて寝てろと・・・。笑

痛みはなくなってきたのですが、

まだ腫れているため、おとなしく従ってます。

まだ一日目。

あと二日間なんとかやりすごさねば・・・。

本当ヒマなのって耐えられないのよね。。。笑

しかし、ここから何か学べるはず。

だから3日間耐えてみることにします。笑

 







Last updated  2008年04月09日 12時08分42秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年03月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類

ひさしぶりの日記です。

ずいぶんご無沙汰してしまってます。

春が仕事が忙しいのは定番ですが、

アロマセラピストのスクールの卒業が間近となり、

実技試験の仕上げとして、休日はトリートメントに励み、

合間に学科の勉強をこなしています。

平日はなんとも時間の捻出が難しいですから。

実技試験はそのまま資格試験の実技試験となるので、

おとせないのです。

 

* * * * * * * * * *

 

今月のはじめに会社に退職の意向を伝えました。

正式に届出を出すのは4月にはいってからですが、

それからすべての仕事が私にとっては夏までの期限付きになりました。

期限がある仕事って楽しい。

おそらく、将来に不安を感じていたら、ありえない話なのでしょうが、

私には根拠のない自信があるんです。笑

なぜだかよくわからないのですが。

今の私には終わっていくことすべてが楽しいと思えるのです。

私にとっては退職=卒業というイメージだからなのか。

大学卒業して、その春就職して、今月26日で勤続20年となります。

年齢ばれますね。笑

同じ日に入社してくる新人を3ヶ月教育して配属させたあと、退職します。

直接の上司である支社長は

「飛ぶ鳥、跡を濁さずか、君の功績は必ず残るよ」

といってくれました。

でも、残したい訳じゃないんです。

ただ、気付いてくれたらいいなと思うばかりです。

企業教育のあり方で大切なこと。

それは芯の部分を見失ってはいけないこと。

知識・技術は日々更新されますが、変わってはいけない根幹の部分、

それを教育者は見失ってはいけないと思うのです。

知識・技術を指導することを通して一貫してその芯の部分の教育をすること

これが本当の教育者の役割なのだと私は考えています。

大切なのは創業から続く企業精神、理念をきちんと伝えて根付かせること、

それから、人としての器を育てること、これが重要なのです。

企業人としてはもちろん、社会人として、そして人として。

新しい知識・技術を教えることだけに終始する教育にはならないように

最後にそれだけは伝えていきたい。

20年もいれば愛着もあるし、この先もいい風になっていって欲しい。

私はこの先もずっと、この会社にいたことを誇りに思いたい。

 

さて、私の今後ですが、もうひとつのブログに書きましたが、

退職してからは、IFAの勉強の合間を見て

ヨーロッパに行ってこようと思います。

ヨーロッパは20年勤めたことに対してのご褒美と

これからのエネルギーの充電のためです。

アロマの勉強にもなりますし。

帰国してからは、本格的に起業のための活動を開始しようかと思います。

今は勉強の傍ら、いろいろなことを考えていますが、

イメージとしてはぼちぼち固まってきました。

とはいえ、会社設立のためにさまざまな難関がまっています。

おそらく。笑

起業するための勉強も必要ですし、事業計画をきっちり立てないと、

資金調達はもしかしたら、一番大きなハードルでしょうし。

やることもりだくさんですが、来年の今頃にはなんとか、

船出していることを目標としてやっていきたいと思っています。

 

さあ、最後の研修所生活を満喫してこよう。

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2008年03月23日 09時56分37秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年02月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 またまた、日本酒会です。

今年はじめてとなります。

今回の酒蔵さんは岐阜の土岐にある「小左衛門」さん。

この日本酒会は今回33回目になるが、「小左衛門」さんは2回目の登場。

お酒のコースは以下のとおり。

  1.純米大吟醸 45% 雄町 直汲み

  2.純米大吟醸 45% 瑞浪米 直汲み 17BY

  3.純米吟醸 50% 斗瓶取り

 4.純米吟醸 美山錦 直汲み

  5.純米吟醸 雄町 直汲み 16BY

  6.純米吟醸 斗瓶取り 47号

  7.純米吟醸 八反錦 16BY

私?そうですね、しっかりしたお味で7番めの八反錦の純米吟醸が好きでした。

5番目もなかなかよかったですよ。

私はけっこう、純米が好きなので今回は大吟醸・吟醸と聞き、

かなりスマートなイメージがありましたが、

後半は結構米のしっかりした純米風のしっかりしたお味がでていて

なかなかいけました♪

最後に特別にとコースにはない、お酒を八番目にふるまってくれました。

しかも熱燗で!

それは米の味がしっかりしていて、ガツンとくるのになんだか酸味が強いのが

まったりさせない不思議なお味で、私には未体験ゾーンであるために

けっこうインパクトがありました。

また、食事もコースでつくのですが、この日はお鍋で、

お酒に合うように具が考えられています。

なべ底大根は当然ですが、私は鶏ゴボウの肉団子や

油揚げのキンチャクの中に讃岐うどんが仕込まれているのは

おネギがうまい具合にマッチしてかなり気に入ってました。

鍋に日本酒。

幸せですよ~。

そして日本酒会には日本酒が大好きな人ばかりですから、

初対面の方でも話が弾みます。

さらに、酒蔵の方が見えて、ひとつひとつのテーブルを回ってくれて

熱心に酒造りのお話やこだわりや苦労話をライブで聴けるのも

また、この日本酒会の楽しいところです。

職人の心意気みたいのを感じてとても気持ちがよいです。

次は初夏でしょうね。

楽しみです。

次も美味しいお酒にめぐり合えますように・・・。







Last updated  2008年02月26日 00時10分43秒
コメント(0) | コメントを書く

全195件 (195件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.