310669 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夕焼け雲

PR

Calendar

Comments

マコねこ@ Re:ふぐママ (室井滋) お気に入りにもらってくね~ よろしくお願…
朱音!@ Re[1]:神去なあなあ日常 (三浦しをん)(02/03) けんとまん1007さん >これ、面白かった…
けんとまん1007@ Re:神去なあなあ日常 (三浦しをん)(02/03) これ、面白かったし、清々しかったですね…
♪ぴょん吉@ Re[2]:幕末裏返史 (清水義範)(01/30) 朱音!さん おはようございます♪ >…
朱音!@ Re[1]:幕末裏返史 (清水義範)(01/30) ♪ぴょん吉さん なかなか面白かったですよ…

Recent Posts

Favorite Blog

TAPHY a_taphyさん
ネコの気のむくまま… ネーパ07さん
こふじろ日記 こふじろさん
月下 青海 偽月さん
pipopa×pipopa pipopaRさん

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

ひ(び ぴ)

2010.04.25
XML
カテゴリ:ひ(び ぴ)
ドラマ放映から一年以上たってやっと予約の順番が(笑)…文庫だったら買う、という選択肢もあったんだけどねぇ。

綺麗にまとめられちゃったな、という感じもするがミステリもコン・ゲームも好みなのでついつい点が甘めだ。
ドラマを先に見てしまったのでその印象で読んだ。あのドラマのキャスト、いいねぇ。原作読むと静奈はもちょっと綺麗系の女優さんの方がよさそうだけど、三人兄妹のく荒くター設定からは戸田恵梨香ぴったり、という気がする。あと要潤ははまってたなぁ。
原作の味わいもいいがドラマの軽やかさの方が好みかも。

「加賀・草薙」のお遊びにはクスリ。


流星の絆






Last updated  2010.04.29 16:09:35
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.19
カテゴリ:ひ(び ぴ)
高校野球と恋愛(だよな一応。その結果というか)を絡めて、というのは他にもあるけれど料理方法がうまい。単純な謎解きと見せかけて実は…というところが実に東野圭吾らしい。
主人公が高校生らしくない気はするけど十代って意外と大人かもしれない。

こういう系統のミステリまた書いて欲しいなあ。








Last updated  2010.03.19 22:19:11
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.05
カテゴリ:ひ(び ぴ)
ドタバタコメディ&ユーモアミステリ、しかもゆる~い、という(笑)おなじみの烏賊川市、おなじみの登場人物に再会できてうれしい。
いきなり死体を抱えてドタバタする、行き当たりばったりの「犯人」達と偶然頼りともいうべき探偵達、それにギャグネタをちりばめた感じ。
好きだわこういうの。


ここに死体を捨てないでください!






Last updated  2010.03.06 22:07:44
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.16
カテゴリ:ひ(び ぴ)
動物学者(だよね?)日高先生のエッセイ。
文章が読みやすく、サクサク読み進んでしまった。日高先生の滋賀県立大学時代~の話なので土地勘があって、その分身近に感じたこともあるかも。

河川工事の件でも自然保護、って言葉だけじゃなく実践すること、難しいかもしれないがやっていかなくては。他は蝶をはじめ昆虫についてのところが面白かった。








Last updated  2010.01.16 21:28:04
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.27
カテゴリ:ひ(び ぴ)
漫画ですが、発売を一番心待ちにしている漫画かも。新刊の出る間隔がとても長い、ということもあるのですが(涙)

まだまだ美丞大狭山との試合中。美丞大狭山って、狭山だから地区的にはモデルは西部文理かな?なんて噂があるところですがユニフォームとかは似ているかどうか知らん(笑)大学附属の私立ってこんな感じなのかなぁ。

前から噂になっていた「阿部の怪我」の巻なので読む前からドキドキ。怪我は戦力的にも非常にダウンなので困るけど、三橋の自立と皆の成長が見られてよかった!と母の心境。
阿部も外から見ることによって西浦の弱点を発見できるかな?

しかしなんといっても怪我は怖い。
息子(捕手)も怪我で三ヶ月棒に振ったけど。自分が怪我するもの怪我させるのも、ホント怖い。
息子の場合、練習中に自分だけで怪我したわけで、捕手だけどベース上で接触とかではなかったので心情的には楽でしたが。でも接触も怖いですね。母心としては。
以前ホームベース上で、送球を待って2塁側を向いていて、3塁からホームへ走ってきた相手に膝を蹴られて軽く捻挫したこともありましたし。防具つけてても、あれは前だけで、側面から蹴られたら守ってくれないし。

応援席の母ズの気持ちがよくわかります!








Last updated  2009.12.27 22:37:30
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.06
カテゴリ:ひ(び ぴ)
本格の華、と言えば密室なのかもしれないけれど、この本は「独創的な設計者の建てた館」の”館モノ”であり、孤立した島でしかも嵐のダブル密室(?というかクローズドサークル)という本格王道でありながらドタバタなユーモアミステリ。
おあつらえ向きに刑事・探偵・医師がいるのも好都合だし、事件が起こっても何日か閉じ込められて応援が頼めないというのもお約束。キャラクターにちょっとナンはあるけれど…(笑)いきなり押し倒しすぎです彼。で、彼女は酒豪すぎ。もはやただの飲兵衛。

ドタバタしながらも伏線はうまく回収していて読後感はいい。

トリックはともかく館の謎にはやられた!好き嫌いはあると思うが私は好き。








Last updated  2009.12.07 21:53:24
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.29
カテゴリ:ひ(び ぴ)
題名はまたもや映画のもじり(明日に向かって撃て!だよね?)

探偵事務所職員(仮称)も増えた烏賊川市シリーズ第二弾。
軽くコメディしつつ本格しているスタイルは継承。密室は本格の華、なのだろうけど毎回密室で行くのか?恋愛フラグ(?)が全然実っていない所がまた(笑)


密室に向かって撃て!






Last updated  2009.11.29 22:14:59
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.25
カテゴリ:ひ(び ぴ)
これがデビュー作、らしい。題名は有名映画のもじり、だよね(アパートの鍵貸します…見たことないけど)
ユーモアミステリとサクサク読みつつ実はきちんと本格していたのであった、と言う感じ。ネーミングからして(烏賊川市…)ギャグだし、千葉の東・神奈川の西ってどこよ?空間ねじれてるやん!

脇キャラもいい。烏賊川氏シリーズはこれから読破する予定(笑)


密室の鍵貸します






Last updated  2009.11.25 22:21:05
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.28
カテゴリ:ひ(び ぴ)
ももた、さんじゃなくて ひゃくた さんだったのか…

高校ボクシング部の青春モノ。青春スポ根?モノとして王道で、天才・努力家・ライバル・親友・女子マネージャー・特進クラス・病弱・貧乏・顧問の女教師・片目のコーチ・偏屈な爺さん師匠、ともうてんこ盛り。ちょっと盛りだくさん過ぎな気もするくらいだ。
物語は面白くキャラクターも魅力的。なのになんだかなぁ、と思わせるのは文章力が足りないところかな。特に呼称のぶれ。地の文で「優紀」と書いたり「木樽」と書いたりずれるのは視点が変っていることを表現しているのだろうが(耀子視点のときは「木樽」木樽視点のときは「優紀」になっているようだが)誰かの視点から見ているなら三人称ではなく一人称で書いた方がわかりやすいと思う。「神の視点」から書く必要はないのだから。

もちろん文章力?を補うだけの読ませる力はある。小説よりもむしろ脚本で描いて、ドラマ化アニメ化などのほうが向いているのかも。(放送作家だそうだし)
青春モノの王道として読後感はよし。








Last updated  2009.05.28 21:53:35
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.22
カテゴリ:ひ(び ぴ)
ラノベっぽいけどミステリとしてはわりとしっかりしている。トリックもまずまずだし。キャラがちょっと浅い(軽い?)気もするけど、読みやすさ重視の点では合格だろう。

ちょっと難なのは、誘拐の動機とも言うべき妹の手術の件が解決されていないところ、借金したわけなので何とか返さなきゃ、なんだけどその辺があいまいなこと、花園組の将来が心配なこと(後継がなきゃいいんでしょうが)


しかし、こういう小説に出てくるヤクザ屋さんって、「IWGP」の氷高組みたいなクールな経済系(?派手でないが力はある)か「セーラー服と機関銃」の目高組みたいな伝統的テキヤ系(でも栄えてない)の二種類だよね。ま、武闘派系だと怖すぎて素人が絡めないけど。


もう誘拐なんてしない






Last updated  2009.05.22 22:35:14
コメント(0) | コメントを書く

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

Free Space

読書メーターはじめました
朱音さんの読書メーター
朱音の最近読んだ本
朱音の今読んでる本

Category

Freepage List

Archives

・2019.12
・2019.11
・2019.10
・2019.09
・2019.08
・2019.07
・2019.06
・2019.05
・2019.04
・2019.03

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.