000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

悠遊のパッチワークの部屋

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

旅行

2008.11.26
XML
カテゴリ:旅行
夕食はお粥と同様の口コミでよかった海鮮料理の店に行った。
日本語は通じるし、二人前で80000ウォンのコースを頼んだが、
三人でも十分と言われていた通り、二人で食べきれないほどの量で満足~~
海鮮鍋では最後に生きたたこさんを放り込み、はさみでジョキジョキ~~
(ё_ё)
ここのお薦めである「渡り蟹のしょうゆ漬け」は今まで食べたことがなく、
とてもおいしかった。

夕食後は韓国語も英語も(?_?)の夫をホテルの近くまで送り、
義妹と一緒にシティバスツアーの夜景コースに参加した。
ちょうどその日は漢江の花火大会で道路が渋滞~
でも渋滞のおかげで異国での花火を満喫できた。

残してきた夫がホテルまで戻れたか心配しながら帰ると部屋でぐ~~ぐ~~
ヾ(´▽`;)ゝ

帰国する日の朝は午前中がフリーだったので、ホテルの近くの徳寿宮へ行き、
開催中の伝統工芸展を見学して、素晴らしい手工芸品の数々と韓国の歴史を
勉強させてもらった。

一通り見学して戻るとちょうど今日の目的である・・王宮守門将交代式
他でも見学したことがあるけど、何回見ても素晴らしいなあ。

今回の旅行で感じたこと・・・
韓国語を特にわかっていたわけではないけど、ボディランゲージと心は万国共通~
何とか通じるもの。(*^_^*)

「オルマエヨ?」いくらですか?
「○○カジュセヨ」○○へ行ってください。
「オディエヨ?」どこですか?

・・・でほとんどok~~
あと布を買うためにちーちゃんに単位と数字を教えてもらったおかげ何とか聞き取れた。
ま・・最後は数字を指でも通じたけど・・・

場所を聞いて韓国語がわからなくて?としていると、韓国の方は本当に親切で、
何度も教えてくれたり、それでも理解できないと近くまで連れていってくれる。

私にかかわった方には迷惑をかけてしまったけど、本当に皆さんに感謝しています。
m(._.)m

とにかく、笑顔で元気に「アンニョンハセヨ♪」
これですべてOK~~

今回は観光、買い物、食事と充実した3日間だった。
そして何はともかく大事もなく?無事に元気に旅を終えたのが1番。

義母をショートスティ、同居している母を娘に預け、楽しんできた親不孝な私たち三人・・

お母さん達、ごめんなさいね。
m(。-_-。)mス・スイマセーン








Last updated  2008.11.26 09:54:23
コメント(0) | コメントを書く


2008.11.11
カテゴリ:旅行
南山韓屋村(李氏朝鮮時代に詩人や墨客が多く住んでいた南山に、ソウルのあちこちに散らばっていた貴族の屋敷や一般市民の伝統的な家屋など5棟を、2400坪の敷地に移築&復元したもの)
では、韓ドラで見た(^_^;)建物や昔ながらの道具を「あ~これはあのときに見たのと同じ~」とかと楽しみながら見学した。

南山コル韓屋村出てから、明洞までは近いので歩きながら、ショッピングの目的である
夫の好きな焼酎のあるマーケット、メガネやさん(夫と義妹はサングラス、私は老眼鏡?)
そして前から使っていた韓国コスメのショップ♪
(娘からも頼まれていたのと日本で使っていた同じものがウォン安もあって、
すごく安かったので旅費がちゃらになるくらい、買い込んだ)(@⌒▽⌒@)

荷物がいっぱいになったのでホテルまで歩くより、タクシーがいいと言われ、
メガネやさんの店員さんが道に出て、タクシーを拾ってくれた。

さ~例によってここからが問題・・・
タクシーの運ちゃん・・日本語なら「あいよ!○ホテルまでね」って感じで
鼻歌まじりでごきげんのいいこと・・・

乗ってすぐに料金のメーターが動いてないのに気がついた。
(・_・")?

確か・・あそこに料金が出るはず・・・
「この人、メーターおろしてない??」
夫も同じことを思っていたらしいが、黙っている。(゜゜;)\(--;)

ソウルでは地下鉄かタクシーは模範タクシーに乗ろうと思っていたので
注意事項で覚えたほうがいい言葉「メーターを下ろしてください」を覚えてこなかった。
(--;

ま・・いいや・・・いくらと言うかわからないけど、ホテルまで行くし、
ぼったっくり料金を言われたときはホテルの人に言ってもらおう。
基本料金1900ウォン以内の距離だから2000ウォン以上は出さないと一人心に決めていた。

果たして??・・・「2000ウォンです」
ま・・チップと思っていいや~~~
しかし、こうやって買い物の詐欺まがいやメーターを下ろさないのを注意しない
私みたいなのが、そういう悪事?をはびこらせる要因ですよね?

すみません\(__ ) ハンセイ

ホテルで一息してたらちょうど夕食時間・・・
前もって調べていた海鮮料理の店へ明洞を又、ぶらぶら通りながら向かった。






Last updated  2008.11.11 09:43:27
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.29
カテゴリ:旅行
忙しい(^_^;)朝を過ごし、まずは、私の目的地京蔵市場へタクシーで向かった。

ここは、韓服とかの布やいろいろな手芸品、私の好きな雑貨の宝庫・・・
ポジャギ用の布はたまる一方で作品にはひとつもならない私(^.^)
でも見るだけでも・・・と行ったら、布布・・・で結局何を買ったらいいかわからない。
目に付いたお店で生成りの麻とプリントされた麻、あと生成りの絹を買った。
(多分コレクションのまま(^_^;))

前に来たときのお店よりあまりに安くて心配で少ししか買わなかったけど、帰宅してから前のと比べたら、前に買ったのはやわらかい手触りで高級感があった。

他にもボタンやファスナーの店、レースの種類の豊富な店を見つけたときは感激したが、やはり、使用目的を考えていなかったので何も買わなかった。
値段も聞かなかったけど、今にして思えばどれもこれもよかったので「買えばよかった」と
後悔している。

目に付いたのはストーンでデザインされており、アイロンで布にプリントするシート♪
自分でバッグとか服ににしてみようと買ったストーンと道具も持っていたけど安かったので買ってしまった。

omiyage.jpg

1日いてゆっくり見たいくらいだけどそうもいかないので、ここで有名だと言う麻薬キンパムの屋台を探して、簡単に昼食をすませた。
2人前で4000ウォン(日本円で今なら300円くらいかな?)と言う安さでお味噌汁もついて、3人で十分な量だった。
夫も義妹も初めて食べる韓国の海苔巻きに感激していたのでよかった~~♪

東大門市場まで歩いて行き、次の目的地南山コル韓屋村へ向かうことにした。

地下鉄で行くべきかタクシーにすべきか迷って、道で考えていると・・・
若い学生風のイケメン君と目が合い・・・彼が近づいてきた。

あ~朝のことがあるのに(^^;ゞ・・すっかり忘れてにこやかに挨拶してしまった私・・すると彼は日本語で・・・

「何か探されているのですか?」
「南山コル韓屋村へ行こうと思うんですけど、地下鉄とタクシーのどちらがいいか迷っているんです」
「あ~~地下鉄だと少し歩くからタクシーが早いですよ」
「どこからタクシーに乗ったらいいでしょうか」

彼は一緒にいた女の子と相談してくれて・・
「あそことあそこのどちらでも大丈夫ですよ」と親切に答えてくれた。

別れ際にあまりの日本語の上手さに「日本人の留学生かも」と思い、
「日本の方ですか」と聞いたら
「いいえ、韓国人ですよ」

す・・・すばらしい~~
今まで聞いた韓国人の日本語でこんなにパーフェクトなのを聞いたのは初めて(^_^)V
ユン○ナなんて目じゃないほどアクセントも完璧な日本語だった。

「わ~~すごい日本語お上手ですね。びっくりしました。」
と彼にお礼を言って教えてもらった道に出て、ドラマのように(韓ドラ見すぎ・・(^_^;))
手を振って流しのタクシーをひろい、次なる目的地に向かった。






Last updated  2008.10.29 10:20:48
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.23
カテゴリ:旅行
昨日の続き・・

親しげに近づいてきたおじさんに「どこかで見たような??誰だっけ?」
「僕は昨日のバスの運転手ですよ」
「あ~そうだった~」と思った私・・・

「明日、僕も日本へ行くからお土産の海苔を買いに行くので一緒にどうですか?」
ちょうど朝食後の運動と義妹が探していたものがあったので、おじさんの「ホテルオークラで働いていたとか他に欲しいものはないですか?うちの奥さんの店の海苔はおいしいですよ」とか日本での話を聞きながらついて行った。

「帰り道は?」
「大丈夫!途中まで送りますよ」

ふと途中で「これって変かも?」と思っていると夫が「昨日はバスでどこへ行きましたか?」と聞いた。
(^_^;)\('_') ォィォィ... そうだった~もっと早く気がついてよ~
「ま、いいじゃないですか」・・やはり・・おかしい・・
そうこうしているうちに目的の店に着き、安かったかどうかわからないけど(^^;ゞ
義妹の欲しかったものが買えたのでかかわりあいにならないうちに帰ろうとすると
「チップは?」
(`ヘ´) 何だって~~冗談じゃない!

首を振って帰ろうとすると「海苔は?」
要らないと言って帰り道を聞くと「ちょちょちょ~」と手で示した。
o(^_-)Oお~~い・・送るって言ったのは誰?

隣の店のおじさんの奥さんだと言う人が「海苔おいしいですよ」と言ったけど「要りません」と断った。

あ~今、書いていて気がついたけど、おじさんの話は最初から矛盾していた。
奥さんが海苔のお店しているなら、おじさんが買いに行かなくても家へ持って帰ってもらえばいいじゃないのよ~~
(^◇^;)う~~~

建物を目印にホテルまでの道は大体わかっていたので歩いていると、おじさんが追いかけてきて
「こういってこうですよ」と教えてくれた。
「へぇ~結構良心的じゃないの」と思いながら歩いていくと、結構遠い。

「もっと近かったような?」と3人でそう言いながらホテルの近くまで帰ってきた。
\(>_<)/ギャー
後ろにいたはずのおじさんが新しいかも?を物色してか前からこちらに歩いてくる。

「な・・なんで私たちより早いの?」(*_*)
なんと・・・私たちはまっすぐに帰れた道をコの字に帰ってきたのだ。

それだけでも頭にくるのに私はまた、おじさんに親しげに手を振ってしまった~あ~馬鹿~
無事にホテルまで帰れて・・ま・・よくとれば被害もなかったと言うことで・・・いいけど・・

義妹と夫いわく、私があまりに親しげに話しているので知っているのかと思い、信用してついていったとのこと・・・
帰ってから話を聞いた息子には「小学生ですら、知らない人についていってはいけませんって
知っているのにいい年した大人が3人ものこのこと・・」と叱られた。

はい・・はい・・すべて私が悪いんですよ。( ¨)( ‥)( ..)( _ _)
自分では旅慣れていると思っていた私・・・まさか・・ね。

きっと「私は大丈夫」と思っている振り込め詐欺もこんな風にしてひっかかるんだろうなと思った。

冷静に考えると3人とも運転手さんの顔は見てないし、こんなに日本語が上手なら乗り降りで
話しかけてくるはず・・・あまりの流暢な日本語と自然に装った親しさ・・・にすっかりだまされてしまったのだ。

3人で反省しました。(x_x)
「どんなうまい言葉を言われてもこれからは絶対他人には付いていきません」

本当に今回は貴重なお勉強をしました~~おじさんに感謝して^_^;

では・・次はいよいよ・・楽しい観光とショッピング~~








Last updated  2008.10.23 15:41:26
コメント(2) | コメントを書く
2008.10.22
カテゴリ:旅行
完全フリーの2日目・・・
ソウルナビの口コミで良かったCongee House で朝食にお粥を食べに行った。

宿泊しているホテルから近いのだけど、目印になる建物に行っても見つからない。
どうしょうと困っていると、ちょうど通勤途中の若い女の子が来たので
店の場所を書いた地図を見せて聞いたけど、わからない。
彼女は一生懸命地図を見ながら考えてくれて・・でもわからない。
もう、最後の方は言葉の通じ合わない同士で「ああ~どこだろう」って感じで
笑いながら手をとりあっちゃった。

その時、夫の「あ・・あそこの看板に粥って書いてある」と言ったのが、
二人で立っている目の前の2階・・・
「あ~~あった~」
ほっとした彼女にお礼を言って見送ったけど、意外と地元の人は朝から外でお粥なんぞ
食べてないのかも?

それにしても忙しい通勤の途中に時間をとらせたのに、嫌な顔一つせず、アジュンマ
(おばちゃん)につきあってくれた「アガシ、チョンマル コマウォヨ(お嬢さん、本当に有難う)」

・・・で本題のお粥・・夫と義妹は奮発して15000ウォンの「アワビたっぷり粥」私は8000ウォンの「海鮮粥」を頼んだ。

前に娘と来たときによその店で「どこがアワビ??」と言うのを食べたことがあったけど、
このアワビ粥は本当に口コミ通り・・・アワビいっぱい~~
私の海鮮粥も海鮮の具がいっぱい~~(@⌒▽⌒@)

3人で大満足して「明日もここに来よう」と店を出た。
あ~~割引のクーポンを出すのを忘れたドジな私(*_*)

お粥の感想を3人で話しながら歩いていると、向こうからにこやかにおじさんが
私達に手を振ってきた。

ドジな続きはまた・・・









Last updated  2008.10.29 10:22:24
コメント(2) | コメントを書く
2008.10.20
カテゴリ:旅行
パソコンが結局壊れて、修理から帰り、ぼちぼちソフトも入れなおして
やっと一息~~
インストール4回のみのEQ6が今までの修理とかで3回使ってしまったのが、
1番ショック~~~(T0T)

その間に夫と義妹と3人、2泊3日の格安ソウル旅行へ行ってきた。
福岡からは1時間ちょっとで行けるので、国内よりずっと身近な韓国・・・
ソウルは4,5年前に行って以来3度目だけど何度行っても楽しいところ
\(^^\)(/^^)/

今回は初日に李氏朝鮮王朝の歴代王と王妃や功臣の位牌( 神位)を祀り、祭祀を行っていた場所である「宗廟」(毎度だけどどれも同じに見えて記憶のかなた・・・ (^^ゞ
前にも行った仁寺洞(建国記念日で休みであったせいか・・ヒトヒト人・・・で
歩くのがやっとだった。)
おなじみ南大門(再建中)と市場・・・いろいろあって何度見ても面白いな。

初めてで面白かったのは最近ツアーによく組み込まれているカジノ・・・
私の大好きな「オールイン」の世界・・・イナはどこ?(韓ドラマニアしかわからない。
(^^ゞ

ガイドさんに言われて簡単なスロットのみ1000ウォン(今なら日本円で100円以下)で
2回してみたけど、ちんぷんかんぷん~~(?.?)
なんだか数字は動いているけど「何?何?」
隣の人に聞いたら当たっているとの事で「100円だから全部使っていいじゃないか」と
横から手を出して、私のスロットボタンを押して、どんどん減らしていく夫に
真剣に怒りながら(^◇^;)やめたら500ウォンが33倍になっているとかで
16500ウォン獲得してやめた。

夫は自分のは壊れていると言って係員を呼んだけど、
ただ、当たらないで終わっただけのこと。(^o^)
おまけに義妹も44倍になっているのに、それにも横から手を出してゼロ~~
貧乏神~~~(○`ε´○)

帰りはカジノ特製のキーホルダーまでもらってすご~く得をした感じがした。(^_^)v

カジノは予定に入ってなかったのでホテルに戻ったのは10時頃だったけど、
疲れも感じなかった。

さて・・・無事に終わった1日目・・・翌日からの波乱に満ちたフリータイムの1日が
待ち受けているとは・・Y(>_<、)Y

やはり、毎度・・無事に終わらない私の旅行~~






Last updated  2008.10.20 14:38:32
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.21
カテゴリ:旅行
アクシデント続きの旅行だったけど、最後の締めまでばたばただった。
乗り継ぎのローマ空港での乗り換え時間がなんと45分(ーー;)
せっかく、初めてイタリアの地を踏むと言うのに素通りよりひどくて
駆け足・・・

添乗員さんから飛行機に乗る前から「ま~この日本人はと言われても構いません!
着いたらさっと立ち、周りを押しのけても先に下りてください。それから全力疾走です」

「え~~」\(◎o◎)/!

なんてものじゃなくて、本当に着地と共に散らばっている40数人が一斉に立ったので
周りの外人さん(?私たちが外人だ(^^;))がびっくり~~
\(^_^ ) ( ^_^)/

周りがほとんどイタリア人かスペイン人だっちゅうのに、同じツアーの方が訳のわかったようなわからないようなブロークンイングリッシュで説明していた。(@_@)

その立っている私達に圧倒されてか、周りの方はぼーぜんとしていたので、それを
幸いと猛ダッシュで降りて、セイキュリティその他を駆けて駆けて・・・・
ま~~走ること・・・ (^u^;)ハァハァゼェゼェ…

あ~~買わないけどローマで何か免税品が~~~(;_;)/~~~

つ・・疲れた~~(´ヘ`;)・・でJ○Lに乗り込んだ。

成田で友達と「また・・来年・・・今度は○○ね。それまで元気で頑張ろうね」
と又、七夕の様な再会を約束して別れた。

福岡の娘の家には11時近くで夜遅くなったけど、女一人で歩いていて大丈夫♪
やはり、日本が1番と思った。

restrant

あちらのレストランは食べる所という目印にこういう鍋やフライパンが下がっている所があります。






Last updated  2008.01.21 10:47:08
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.21
カテゴリ:旅行
貴重品を忘れると言う事に始まった今回の旅行・・・

今回もH空港で乗り継いだが、乗り継ぎで怖いのは荷物の行方不明。
近年それが多いので注意事項で必ず、1泊程度の着替えは手荷物で用意して
いくようにとある。
今までの旅行でも何度かそういう被害者を見てきているので、しっかりと用意して
今回は土壇場に迷った末にパジャマまで放り込んだ。

そのため、今回は手荷物が多くて、身軽にバッグ一つの人を見て「こういう人が被害にあって慌てるのよ。私なんか、準備万端よ」と思っていた。

さて長い飛行時間とH空港で乗り換え、無事にバルセロナに着いた。
毎回思うのだけど、自分の荷物がちゃんと来るまでドキドキする。

「あれ??もう2巡?へ?・・まさか?ね」

あれ~~~嘘~~
私の荷物が待てど出てこなかった。 σ(^◇^;)

準備のしすぎ?嫌な予感が的中した。
添乗員さんは乗り換えのH空港で数まで確認して積み残しはないと聞いていたらしいど・・・ま・・・そんなものね。(ーー;)

準備のしすぎのおかげで1日目の夜は特に困ることはなかった。

さて、翌朝、荷物はやはり、H空港での積み忘れで、次の移動地へ届けてくれることらしいけど、それもあてにならないと言う事で、翌日以降の着替えを買いに行くことになった。
(しっかり保険に入っていたもんv(^^)v) 

「この際、いい服買っちゃおう~♪」と喜びいさんで入った店は日本で言う○ニクロみたいなのと1ユーローショップ~~~

(^◇^;)げっ !確かにスーツケースの中の服は○ニクロのばかりだけど、
ここまで来てもそれかいな。(*_*)

ま・・まさか添乗員さん、私のスーツケースの中を透視したの?って言いたかった。
ツアーで大勢いるのでわがまま言うわけにもいかず、結局、それで1日分の洋服を揃えた。

「よし!明日こそ、良い服を買い足すぞ~」と思いながら、夜、ホテルに着いたら
で~~んと1日遅れのマイスーツケースが待っていた。

ううう・・(^^;;;  でも、やはり嬉しかった。
思わず、スーツケースに抱きついちゃった。

さて、旅の締めはパート3で・・・(^^)/

アルハンブラ宮殿天井

グラナダのアルハンブラ宮殿(鍾乳石が施された八角形の天井・・お見事(^^)//)






Last updated  2007.12.21 21:05:08
コメント(2) | コメントを書く
2007.12.11
カテゴリ:旅行
恒例の自分へのご褒美旅行へ行ってきた。
今回は出発前1週間をきってから、娘の緊急1日入院、母の怪我とアクシデントが続き、
今までもそうだったけど、本当に旅立つまで「どうか行けます様に」(^∧^)
の毎日だった。

無事に空港へ着いてほっとして手続きをしながら、係員から渡された書類に目を通していると
どきっ

「貴重品は胸にかけるか・・・」ひぇ~~~胸にない~~~
き・・貴重品を忘れた~~~\(>_<)/

娘に電話し、「どこかに貴重品入れの服忘れてない?」
「??そんなのないよ。あ~あった。廊下に落ちてる」
「タクシー代出すからすぐ持ってきて~」

早朝の出勤前に娘は髪を振り乱しながら「もう、こんなものを忘れていくなんて信じられない」と届けてくれた。

去年はタクシー代を前もってポケットに入れたのが不運・・・着くまでにどこかへ落として結局、予定の2倍のタクシー代(T0T)

今年は娘の往復で3倍・・・・(*_*)

娘や母のアクシデントを振り払い、始まった今回の不吉な予感・・・
貴重品の忘れ物で終わらず・・・な・・なんと・・(>_<) まだ続いた。


sakurada.jpg

1世紀を経ても建設が続けられている奇才ガウディのサグラダ・ファミリア






Last updated  2007.12.11 19:50:25
コメント(6) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.