4454724 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

あそびはこどもの仕事やで!:遊び学ブログ

全5005件 (5005件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2016.11.23
XML
カテゴリ:あそび一般



 今の子どもたちは、どれほど羽子板であそぶのでしょうか。こう言う、団塊の世代でも、羽子板で1年中あそぶことはありませんでしたが、お正月を前後して、女の子はもちろんのこと、男の子もあそんだものでした。

 正月前になると、駄菓子屋さんにも羽子板が店先を飾りました。もちろん、装飾用の豪華のものでなく、実際に羽根突きをする、板に絵を描いた素朴で安価なものでした。時には、男の子用の絵柄のものもありました。

 最近では、絵柄付きのものではなく、自由に絵を描ける無地の羽子板が羽とセットで売られています。こどもたち自らが絵をかいても良く、お父さんやお母さん、あるいは祖父母のみなさんも、絵を描いて子どもたちの送るのもいいでしょう。






最終更新日  2016.12.09 09:07:54
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.22
カテゴリ:あそび一般



 「マジックヨーヨー」懐かしい響きです。団塊の世代の子どもの頃(1950年代)では、単純な上下運動しかできなかったヨーヨーが、この新しい仕組みヨーヨーが出現して、ヨーヨーあそびが一段と広がりました。

 最近では、ヨーヨーはスポーツとしても盛んで、精密な仕様のものも出ていますが、かなり高めの値段となっています。その点、仕組みは単純でも安価なヨーヨーから始めるといいでしょう。慣性の法則を巧みにつかったヨーヨーを楽しんでください。






最終更新日  2016.12.09 08:50:53
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.21
カテゴリ:あそび一般



 私が子どもの頃に、あそんだ飛行機玩具に、グライダーがありました。木を薄く削った経木と言う材料や厚紙でつくった飛行機です。動力は無く、手で投げて飛ばす飛行機です。

 主翼の反りの角度など、工夫次第では、宙返りやUターンなどの曲技飛行や、上がる高さや滑空する飛距離を競い合ったりもしました。

 今でも、材質は発泡スチロールなどに変化はしましたが、安価に手に入ります。広い公園などで飛ばしてあそんでください。






最終更新日  2016.12.09 08:25:34
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.20
カテゴリ:あそび一般



 いわゆる「知恵の輪」には、こどもたちがあそぶ単純で安価なものから、おとなが楽しむ難易度がたかく豪華なものまでたくさんあります。

 なかでも、「キャストパズル」と呼ばれるパズルの一つで、金属製の美しいフォルムをしたパズルは、一度は手にしたいおとな向けのパズルです。

 こうした高価なパズルは、解答を見ずに解くのが良いでしょう。インテリアにもなると言っても、解き方がわかってしまえば、ただの金属オブジェです。どれだけ時間がかかっても、自分で説いたものは、満足感や達成感をもって飾ることができます。






最終更新日  2016.12.07 09:24:56
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.19
カテゴリ:あそび一般



 私が子どもの頃、よくあそんだパズルに、「ラッキーパズル」がありました。タングラムと同様のシルエットパズルです。このパズルの良さは、一つあれば様々な形に挑戦することができる汎用性にあります。

 同じピースを使って様々な形を作り出すうえでは、形の認識、大げさに言えば幾何学的センスが磨かれるのです。後に数学で幾何を習う時の土台ともなります。

 もちろん、むりやりやらせては、嫌いになり、幾何嫌いの原因にもなりかねません。まず、親みずからが楽しんでみて、こどもたちが興味を持つようにするといいでしょう。






最終更新日  2016.12.07 09:03:46
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.18
カテゴリ:あそび一般



 幼いこどもたちに、与えたいおもちゃとして積み木があります。それも、木製で無着色の積み木です。木の暖かい手触りはもちろんのこと、ある程度の重みがある無垢の木が、積み木には最高です。

 無着色のものをお薦めするのは、色が着いていると、その色にじゃまをされて、こどもたちの想像が広がらないからです。時には屋根、時には電車など、色が着いていないと、何にでも例えることができるのです。これを、そのおもちゃには汎用性があると言います。

 ただ、最近ではプラステック製のものに追われ、需要も減り、値段が幾分高めになっています。しかし、下の弟や妹まで、時には孫たちまで使用できると考えれば、お得かもしれません。






最終更新日  2016.12.07 08:47:16
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.17
カテゴリ:あそび一般



 自作凧は、キットに頼るのではなく、材料をそろえて作るのもお勧めです。特に、学童保育所などで、多くの子どもたちが自作するには、キットは割高となります。

 だからと言って、今時は材料の竹の入手が難しく、また自然の竹から竹骨を切り出すのも難があります。そこで、その骨の竹材だけを購入するのも一案です。いろんな凧にも挑戦できます。






最終更新日  2016.12.06 09:04:06
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.16
カテゴリ:あそび一般



 竹を使って自作する玩具に凧もあります。冬の北風が吹く頃に、こどもたちを屋外に誘う遊びでもあります。既製品の凧もいいですが、じっくりと自作凧をつくってみてはいかがでしょう。

 自分で絵柄を描いた凧が、青空高く上がるのを見て楽しむ、こどもたちにも一度は体験させたいものです。よく上がる洋凧もいいですが、あえて和凧に挑戦して、上がり方の工夫をして楽しむ経験もかけがえのないものです。






最終更新日  2016.12.06 08:54:37
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.15
カテゴリ:あそび一般



 昔は、竹を使った玩具がたくさんありました。もちろん、駄菓子屋さんなどでも既製品が販売されていましたが、竹が手に入れば自作してあそぶこどもたちもいました。

 竹トンボはその一つで、100円ショップでも売っていますが、自作するのもいいでしょう。ただ、材料の竹が手に入りにくいのが難点です。少々お高めですが、キットも販売さr手います。子どもたち自ら作るのはもちろんのこと、お父さんなどが作ってあげるのもいいでしょう。






最終更新日  2016.12.06 08:44:01
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.14
カテゴリ:あそび一般



 昔の男の子のあそびとして、折り紙飛行機からゴム動力の飛行機まで、さまざまな材質と構造の飛行機を飛ばすことがありました。中でも、ゴム動力の飛行機を組み立てて飛ばすあそびが盛んでした。主翼の位置や反りの角度など、自分で工夫して、その滞空時間や跳び方を競い合いました。

 今では、そんな光景はめったにお目にかかりませんが、おとなの一部では競技会も開かれているようです。そのためゴム動力飛行機のキットも市販されていますが、小学生には難しく、まずは簡単な機種から試してみるといいでしょう。






最終更新日  2016.12.05 12:18:22
コメント(0) | コメントを書く

全5005件 (5005件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.