000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つくること。

6ヶ月から1歳



6ヶ月から1歳


 yuyuの血液検査ですが、血を採る場面にはたち合わせてもらえませんでした。カーテンの向こうで今まで聞いたこともないような悲鳴をあげています。こちらも身を引き裂かれる思いでした。結果は・・・卵白に対する値だけがほんの少し高いだけで、小麦も大豆も牛乳もダニも、アレルギーであることを示すような値ではありませんでした。それではいったいこの子の湿疹の原因は何なの?と混乱したのを覚えています。血液検査の値が全てではないと言え、その頃の私ははっきりした原因さえわかればそれを取り除くこともできるのに、と焦っていました。
 お医者さんの話では、アレルギー性の強い卵と牛乳は1歳までは控えることと、母乳のため母親も摂取をやめること、卵と牛乳がアレルゲンであれば、おおかたの子供は10歳くらいまでに自然に治ることなどが聞かされました。ひととおりの説明では納得できず、アレルギー・アトピー関連の本を読み漁りました。以下、今でも参考にしている私の教科書です。


■■■ 私の教科書 ■■■
母乳育児の決定版
母乳で育てる元気な赤ちゃん 授乳・離乳・卒乳・アトピーアレルギー ( 著者: 根岸正勝 / 根岸...
特に離乳食の進め方がとても丁寧に書かれています。産婦人科医と小児科医のご夫婦が執筆している本当に信頼できる本です。
母乳で育てる元気な赤ちゃん 授乳・離乳・卒乳・アトピーアレルギー ( 著者: 根岸正勝 / 根岸...
育児ってもっと力を抜いてやってもいいんだと思えます
【送料無料商品】母乳で育てるコツ増補改訂版
無理をせず、我を張らず、子供の様子をみて進める母乳育児。とにかく自然に自然に・・・
【送料無料商品】母乳で育てるコツ増補改訂版
ワイル博士のナチュラル・メディスン増補改訂版 ( 著者: アンドルー・ワイル / 上野圭一 | 出...
アレルギー専門の本ではないけれど、人間の体をトータルにとらえてある優れた本です。なぜアレルギーの症状が出てしまうかも納得。

   ■まりもちゃんのアトピー日記 竹中恭子 情報センター出版局

「まりもちゃん」のアレルギーがわかってからのお母さんの除去食、離乳食などが詳しく書かれています。アトピーを治すよりも、根気よく付き合う方法を教えてくれます。


   ■アトピー息子笑う出産スペシャル まついなつき 情報センター出版局

まついさんちの3男はアトピーだった!笑いながらも考える対アトピーとの闘い。特に、食物油のとり方について学ぶきっかけとなりました。


☆1歳から2歳へつづく


© Rakuten Group, Inc.