000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つくること。

PR

X

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

アレルギー

2010年11月09日
XML
カテゴリ:アレルギー

給食お持たせ11月9日.jpg

本日の持参品、パン、肉団子甘酢あんかけ、ゼリー。

けっこう多いです。

yuyuの通う小学校は、火・木曜日がパン、月曜日が隔週でパン。

パンの日は家で作ったパンを持参します。

ご飯の日はおかずも和食に近くて、調理室での除去食で対応していただいています。

パン、めんなどの小麦食の時は、どうしても持参メニューが増えます。

この日の肉団子も、材料のパン粉の中に乳成分が含まれるためNG。

ゼリーはカルピスゼリーだったため、こちらもNG。

比較的手厚い対応をしてもらっているとはいえ、持参メニューが増えるのはやはり負担ですしょんぼり

給食のメニューは月替わりで栄養士さんが担当しているのですが、人によってすごく偏りがあります。

卵・卵・卵のオンパレードの月があったり、チーズがやたらにちりばめてあったり。

たぶん、たんぱく質のスコアとか、カルシウムのスコアから割り出しているのだろうけど、あまりにも安易・・・だと思ってしまう。

もちろん、細かな配慮のあるメニューの月もあるんですよ。

だけど、たんぱく質が、とか、カロリーが、って相当昔の栄養学。

どうにかならないのかなぁ。

完全米飯給食だったら、楽になるお母さん、たくさんいると思うよ。


変な給食







最終更新日  2010年11月09日 14時27分43秒
コメント(0) | コメントを書く


2010年10月08日
カテゴリ:アレルギー

バナナ蒸しパン.jpg

バナナの蒸しパンで~す。

お友達が作って持ってきてくれました。

ふわふわでやさしい味。やさしい人が作ったからでしょうか。

ざるにクッキングシートをしいて種を流し、大きく蒸すんだって。

大きいとそれだけでなんだか嬉しい。

こちらは親子でおいしくいただいたの。

 

食べられなかったのは・・・

今日、長男yuyu(牛乳アレルギー)の学校給食で「栗のムース」なるものが登場。

事前の申し合わせで食べられる(!)ことを確認済みだったので、代替品の持参もしませんでした。

帰ってきてyuyu、「今日、ムースの替わりがなかったよ」

「え~、おかしいな、食べられたのに。食べなかったの?」

「うん、無理だと思って食べなかった」

ですって。大丈夫だったのに、と伝えると、すごくがっかりして悔しそう。

追い打ちをかけるように弟が「あれ、おいしかった~!」

ひ~っほえー

担任の先生にも確認したけれど、「わからない」って言われてしまったんだって。

残念、残念。

朝、ひとこと言っておいてあげればよかったよ~しょんぼり

 

考えてみたら、今、yuyuの給食の管理に担任の先生は関わっていません。

保健の先生、調理師さん、栄養士さん、保護者での申し合わせで、除去するべきものを確認し、除去食あるいは代替食を用意するのかを決めています。

以前は「食べる」場面でのサポートも必要で(小さい子はこぼしたり、飛ばしたりするからね)、担任の先生も食べられるかどうかのメニューは把握していました。

が、大きくなるにつれ、そこまで注意を払わなくても無事にすごせることがわかり、次第に担任の先生のチェックがなくなっていったわけです。

地道に声を挙げ続けていた成果で、アレルギー対応メニューも増えたし、手厚いサポートを受けていると思います。

学校と先生の対応にも何も不満はないの。

ただ、みんなと同じデザートを食べられるチャンスを逃してしまったyuyuがちょっとかわいそうでした。

でも、今回のことは、食べられなくて残念ではあったけれど、食べて症状が出てしまった!という事態に比べたら問題になりませんよね。

本人にはそこまでしょんぼりして悔しいのなら、今後は保健室まで確認に行くように伝えました。

 

経口減感作療法、チャレンジする??







最終更新日  2010年10月08日 22時34分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月06日
カテゴリ:アレルギー

スコーン.jpg

今日のおやつ、スコーン(乳・卵なし)です。

レシピはこちら→バナナのスコーン

バナナなしのプレーンと、レーズン&くるみ&シナモンです。

ざざっと作って、すぐに食べられるおやつって好きです。

作り方がシンプルな分、材料にはこだわっています。

 

そして、今日はヨガの教室へ。

お友達が自宅で教室を始めました。

丁寧に教えてもらって、体も気持ちもすっきりオーケー

が、日頃なまけている筋肉を伸ばしたので、今ちょっとツライです雫







最終更新日  2010年10月06日 23時43分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月28日
カテゴリ:アレルギー

今日のyuyuの給食デザートはスイートポテト

相変わらず乳製品の厳格除去を続けているので、みんなと同じものは食べられません。

久しぶりに作ってみました。

もちろん、乳・卵フリーです。

スイートポテト

おいしかったよどきどきハート







最終更新日  2010年09月28日 22時22分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年08月03日
カテゴリ:アレルギー
とうとう行くことになりました、愛・地球博。
といっても、パパさんとyuyuだけ。mizumizuと私はお留守番です。
一週間前に行くことを決めてから、yuyuは文字通り、指折り数えて待っていました。
毎朝「ねーねー、あといくつねたら愛・地球博?」と聞いてきます。

いよいよ明日になったのだけれど、母の心配事はやっぱり「食べ物」。
おにぎりを持たせる予定だけれど、せっかく万博に行くのだから「食」の楽しさも味わいたい、とパパさん。
それもそうだよね。
どうやらyuyuに食べられそうなものも、たくさんある様子。
いっぱい楽しんできてくれるといいな~!!






最終更新日  2005年08月04日 00時21分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年07月12日
カテゴリ:アレルギー
夏休みに入る前に、yuyuの幼稚園では夏祭りが開催されます。
例年だと、ゲームの商品などに「お菓子」が配られていた様子。
子供たちも楽しみにしていたイベントのようです。
今年は、yuyuのアレルギーのこともあり、園では一切、お菓子の配布は
しないことになっています。他の園児の楽しみを奪っているようで、心苦しかったのですが、食べ物のあふれている現代、あえて幼稚園でおやつを配らなくても、という園長先生のお考えで、今年の方針が決まりました。
ただ、簡単に用意できて、なおかつ子供の喜ぶ物として、どうしても
お菓子ははずせないようです。夏祭りは、企画の段階で親が参加することもあり、
強い要望もあったようで、今回に限り、おやつを用意することになったようです。
役員さんから耳打ちされたのは、「あめなら大丈夫?」ということ。
確かに大丈夫なものもあります。でもね、油断できないの。本当に。
アレルギーの子供を持ってはじめて、世の中って乳製品があふれているんだー!!
って驚きました。黒飴やパインキャンデーなど、意表をつくところに脱脂粉乳が使われているのです。
飴なら大丈夫だよね、という配慮はとてもありがたいのですが、とにかく家で用意するもの以外の物を、何か口にしている、というだけで言い知れない不安を感じてしまいます。特にyuyuの場合、命に関わる場合もあるので、気が抜けないのです。
飴なら・・・と言ってくださるのなら、いっそいさぎよくお菓子なしの方針を貫いて欲しかった。こんなことを考えてしまう私はわがままなのでしょうか。






最終更新日  2005年07月12日 22時23分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年07月11日
カテゴリ:アレルギー
 先週末は、mizumizuの1歳のお誕生会をしました。
義父・義母・義姉・甥っ子も参加で、にぎやかでした。
誕生会にはケーキを焼きます。普通のレシピでは牛乳アレルギーのyuyuには
食べられないので、牛乳・バター・卵なしのレシピで作ります。
同じものを食べて、お祝いしたいものね。
いろいろ試しましたが、一番好評だったのがこのフルーツタルト。
マクロビオティックの有名なお店でパティシエをしている方が書いただけあって、
見かけも美しく、味も抜群のお菓子ばかりがならんでいます。
別冊主婦と生活 あまくておいしい! 砂糖を使わないお菓子(パトリシオ・ガルシア・パレデス...。アレルギー対応のお菓子って、見かけがすごく地味だったり、あまりおいしくなかったりしましたが、このレシピに出会ってからは、大満足です。タルトだって、マフィンだって、スコーンだって、卵も牛乳も使わずに、とてもおいしく作れてしまうのです。
それはそうと、なぜカットする前に写真を撮っておかなかったんだろう(T.T)。
食い気に負けて、気がついたらもうこの1カットしか残っていませんでした。






最終更新日  2005年07月11日 22時05分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年07月08日
カテゴリ:アレルギー
本日はyuyuの通っている幼稚園の給食参観でした。
園児たちのお昼の時間に合わせて、お母さんたちが子供の給食の様子を
自由に参観できる、というものです。
yuyuも、七月から除去食ながら、可能な限りみんなと同じメニューを食べることが
できるようになっています。
親子して今日の日を楽しみにしていました。

さて、少し遅れて園に着くと、すでに園児たちは給食を食べ初めていました。
今日のメニューははるさめサラダと酢豚、パンです。
パンは自家製パンを持たせましたが、給食でりんごジャムがでたのでyuyuはごきげんです。
もう、とってもとっても嬉しそうに、そして一生懸命にたべていました。
あらためて、よかったなーと思うと同時に、心を砕いてくださった調理師さん、
栄養士さん、先生に大!感謝です。






最終更新日  2005年07月08日 19時07分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年07月05日
カテゴリ:アレルギー
おそろしいほどぱんぱんに膨れ上がってしまったyuyuの目ですが、今朝起きたらほとんど良くなっていました。一安心。最近、間違って乳製品を食べてしまった、ということもなく、友達とのおやつさえ気をつけていれば、何事もなく過ごせていただけに、昨日のアレルギー症状はショックが大きかったです。なんだか夜、子供を寝かせてから、今までに起きたアナフィラキシーの症状が思い返され、よくもここまで無事に大きくなったな、という思いと、もしも何かあったら本当に命にかかわるんだ、ということが改めてずしんと重たく感じられ、涙がでてきてしまいました。
幼稚園に通う、ということは、家庭とはまた違った環境に身を置くということです。どうか、この先二年間、園で無事に過ごせますように。何かあったとしても、乗り切れますように!!






最終更新日  2005年07月05日 20時55分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年07月04日
カテゴリ:アレルギー
ショックです。幼稚園で、長男yuyuが接触アレルギー(と思われる)を起こしてしまいました。牛乳のひどい食物アレルギーがあるものの、栄養士さんと調理師さん、担任の先生の温かい理解とお骨おりで、除去食ながらも、なんとか給食が食べられるようになった矢先のことです。今日、園から電話があり、「目を痒がって、ものすごく腫れています。」とのこと。あわてて駆けつけてみると、右目が膨れ上がって、お岩さん状態になっていました。急いで手と目の周辺を洗い、冷やしながら連れ帰りました。帰って様子を聞くと、どうやら接触アレルギーが起きたようなのです。お昼に給食のカレーを食べ、食後、園庭の草むらでバッタを捕って遊んでいたようです。そこで、捕れたバッタを「牛乳パック」に入れてもらったのです。多分、その「牛乳パック」、よく洗っていなかったのでしょう。yuyuの通う園では、あきばこ工作が自由にできるように、お菓子のあきばこなどを、保護者が定期的に持っていくようになっています。そこで目にする大量の牛乳パックやヨーグルトのカップを目にし、もしかして・・・との不安はあったのですが、的中してしまいました。幸い今回はまぶたの腫れだけで、アナフィラキシーが起こるようなこともなかったのですが、また同じようなこと、それ以上のことも起こりうるなー、と改めてブルーになってしまいました。かといって、あきばこ工作をするな、とも言えず、どうしたものだろうと悩んでいます。とりあえずの対策は、工作後の手洗いしかないと思っています。






最終更新日  2005年07月04日 16時45分36秒
コメント(0) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.