585947 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

X

Profile


YYY0801

Calendar

Category

Free Space

〒420-0837
静岡市葵区日出町5-3
TEL 054-269-4590
FAX 054-269-4591
http://hinodecho-law.jp/
日出町法律事務所
2019年6月より1年間、日本弁護士連合会客員研究員としてイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学後、弁護士業務を再開しました。
弁護士葦名ゆき(あしな・ゆき)
2016.09.17
XML
カテゴリ:読書日記
先日、「あかり」(文: 林木林 絵: 岡田千晶、光村教育図書、2014年)という絵本を読んだ。
赤ちゃんの誕生日に贈られたろうそくが、赤ちゃんが成長し年老いるまでずっと成長を見守っていく情景を、あたたかでで繊細な文章と絵で表現した温もりに満ちた良書である。

でも、私は、ろうそくが吐露した一節に、声も心も詰まりそうになった。
ろうそくの気持ちが、痛いほど、よく分かったから。

風が強い夜。

こんやは めずらしく にわに つれだしてもらいました。
うれしそうに みんなの かおを てらしていると、きゅうに かぜが ふいてきて 火が きえてしまったのです。

あたりが まっくらになった そのとき、くもから 月が かおをだし、にわじゅうが あかるくなりました。
みんなは うつくしい月を ながめて うっとりしています。

ろうそくにも また 火が ともりました。
けれど みのまわりしか てらせない じぶんが、とても ちっぽけに おもえてなりませんでした。


嵐が吹き荒れた夜。

あれくるう うみを てらす とうだいの あかりが まどに かすかに にじんでいます。
あらしに うたれながら ふねの ために あかりを とどけているのです。
「わたしの 火も あんな 力つよい あかりに なれたなら。そうしたら どんなに この子を はげまして あげられるかしら」

どんなに深い闇の中でも白銀の輝きを放つ月、どんな暴風雨の中でも揺るぎなく船を導く灯台。
人の心にまっすぐ届いて、闇に打ち克つ、限りなく強くあたたかく美しい光。

私の周りにもこんな光を放つ人が何人かいる。
どうしたらこんな光を発する人になれるのだろう、と思うような強い人がいる。

私は、自分の能力と実力を顧みず、このような光に憧れてしまうことがある。
私はろうそくの光さえ点せていないのに、灯台や月、太陽のような光になりたいと願い、自分の日々の取り組みに何の意味があるのだろうかと思うこともある。

ただ、劣等感とやるせなさ、情けなさが混じり合ったような気持ちは、日々の取り組みの中で次第に軽くなっていくことも事実である。目の前のことに全力で取り組んでいるとき、私は、自分が今、光を点せているか、その光がどんな強さの光か、等と考えていない。より正確に言うならば考えている暇はない。必死だからだ。

そして、私が憧れる強く暖かい光を放つ人たちも、おそらく、自分がどれほど強い光であるかを意識していない。自分が守りたいもの、あるいは、目指したいと思うもののために全力で立ち向かっている姿が結果的に眩しい程の光を放ち、人を惹き付けるのであって、自分の評価を高めることは目的ではないのだ。その姿勢が、背中が、私の目標となる。

自分が日々取り組んでいることの意味など、永遠に分からないかもしれない。
でもだからこそ、日々、一生懸命に、ひとつひとつのことに取り組む自分でありたいと思う。








Last updated  2016.09.18 00:00:17



© Rakuten Group, Inc.