597094 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

X

Profile


YYY0801

Calendar

Category

Free Space

〒420-0837
静岡市葵区日出町5-3
TEL 054-269-4590
FAX 054-269-4591
http://hinodecho-law.jp/
日出町法律事務所
2019年6月より1年間、日本弁護士連合会客員研究員としてイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学後、弁護士業務を再開しました。
弁護士葦名ゆき(あしな・ゆき)
2019.02.21
XML
カテゴリ:弁護士業務

「誰かの支えになろうとする人こそ 一番、支えを必要としています」

・・・この言葉に出逢ったのは、数年前のことだ。
朝日新聞の土曜日版に、「フロントランナー」という各界で活躍されている方を取り上げた連載記事があり、その中で、在宅医療に取り組む小澤竹俊医師が紹介されていたのだ。

小澤医師が、高校で講演した際に、聴衆の一人だった女子高生が、「誰かの支えになろうとするこの先生こそ、一番、支えを必要としていると思いました」という感想を寄せてくれたという内容だったと思う。

もう手元に現物の記事はなく、インターネット上でも公開がされていないようなので、うろ覚えなのだけど、この手紙を読んだ小澤先生がとても心を動かされたと仰っている下りに、自分も共振したことを今でも鮮やかに覚えている。

私も、「誰かの支えになろうとするこの先生こそ、一番、支えを必要としていると思いました」なんて言われたら、堤防が決壊して泣いてしまう。
守りたい誰かのために頑張っている人の張り詰めた孤独な心に、まっすぐに入り込んでくる本質を突いた暖かで率直な言葉。この女子高生の鋭敏で柔らかで瑞々しい感受性と言語能力に驚嘆する。

もう一度、あの記事を読みたいと思って検索していた過程で、下記のインタビュー記事を見つけた。
短いけれど、深くて一読了解できない、どこか特定して引用するのが難しい、どういう意味だろうと心に引っかかる感じの味わい深い素敵なインタビューだったので備忘録代わりにブログにアップしておきます。

https://withnews.jp/article/f0171026002qq000000000000000W00o10101qq000016128A

最近、私が支えなければならない人たちに、実は私が支えられていることを実感します。
だから、いつも以上に、この言葉が心に響くのかもしれません。
私の人生の大切な日々を誠実に丁寧に積み重ねていきたいと思います。








Last updated  2019.02.21 00:28:18



© Rakuten Group, Inc.