586265 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

X

Profile


YYY0801

Calendar

Category

Free Space

〒420-0837
静岡市葵区日出町5-3
TEL 054-269-4590
FAX 054-269-4591
http://hinodecho-law.jp/
日出町法律事務所
2019年6月より1年間、日本弁護士連合会客員研究員としてイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学後、弁護士業務を再開しました。
弁護士葦名ゆき(あしな・ゆき)
2020.01.20
XML
カテゴリ:留学
今日は、アメリカの祝日、キング牧師の日。彼の誕生日が1/15なので1月の第3月曜日が、1986年から祝日になりました。

この町の小さな市立図書館にも、この傑出した指導者の伝記が沢山置いてあるので、今日子供たちと一緒に何冊かの絵本を読みました。小さな子供向けのものから、かなり細かいところまで言及してある詳細なものまで、子供向けといっても様々です。


キング牧師は、39歳(!!!)の若さで暗殺されましたが、彼の言葉は、私を含め世界中の人々を鼓舞し続けています。私が英語を理解したい!!!と本気で思った原点の一つになったのは、世界一有名なスピーチ、I have a dream ですが、死の前日のラストスピーチ、まるで死を予感したような、I have been to the mountaintopも凄まじい迫力です。

https://youtu.be/X1TJvcZFTc4

私は当初、キング牧師は、牧師という職業柄、神の前で人は皆平等、的な強い信仰が核となっているスピーチなのだろうと勝手に思っていました。でも、I have a dreamも、I  have been to the mountaintop もそうですが、彼のほぼ全てのスピーチで、繰り返し、独立宣言や合衆国憲法を引用し、だから、現状が間違っているんだ、と訴えていることに気付き、法律家として心から感動しました。


時代、国境を超えて伝わる覚悟と信念を感じます。すべての人に届く言葉を語ることができる空前絶後のスピーカーですね。

ただ、彼は、公民権運動の指導者として知られているけれど、米国内でも賛否が分かれているベトナム戦争反対運動や貧困撲滅運動にも取り組んでいて、その評価は実は様々です。だから、この祝日に、国民的合意がとれるcivil right確立運動だけにフォーカスされるのは彼にとってすごく不本意なんじゃないかと思うことがあります。

キング牧師の夢は、果てしなく大きいので、今を生きる私たちが、受け継ぐべき信念、実現しなければならない夢、まだまだ沢山あります。
今を生きる責任、いつも感じて生きていきたいです。







Last updated  2020.01.21 01:54:43



© Rakuten Group, Inc.