588562 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

X

Profile


YYY0801

Calendar

Category

Free Space

〒420-0837
静岡市葵区日出町5-3
TEL 054-269-4590
FAX 054-269-4591
http://hinodecho-law.jp/
日出町法律事務所
2019年6月より1年間、日本弁護士連合会客員研究員としてイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学後、弁護士業務を再開しました。
弁護士葦名ゆき(あしな・ゆき)
2020.03.04
XML
カテゴリ:留学

今日も綺麗な青空!春を全身で感じながら歩く気持ちよさ、毎日幸せになります。
ここはMain Quadと呼ばれる芝生広場。今まで、春をこんなに愛でながら歩いたことってあったかなと思うほどすべての風景が輝いてみえます。


帰りがけに、そういえば紅茶が切れていた、と立ち寄ったお気に入りのお店で、レジにいらした初老の男性店員さんに「毎日、どんどん暖かくなってきて、春が来た!って嬉しくなりますね」と話しかけると、「本当に!ところで、あなた日本人だよね、この間、お子さん連れて日本語で話していたでしょう?」と返されました。

その通りなのですが、どうして日本語だと分かったのですか、とお尋ねすると、昔エンジニア関係のお仕事をされていて、日本企業の人たちとも取引の関係でお話しすることがあったから、日本語は話せないけど聞けば日本語と分かるとのことでした。あら、そうなんですか、日本語分かって下さる方がいるなんて嬉しいです、と笑顔で返して、帰ろうとすると、「ところで、あんな美しい国からアメリカに一体何しに来ているの?あなた学生?働いているの?」と聞かれたので、「客員研究員としてアメリカの法律を勉強しています」と答えたところ、「アメリカから学ぶことなんて何もない筈だけどね。日本は、アメリカを取り入れすぎてせっかくの日本の良さを失ってしまったんだから」との応答。

どういう意味かしらん?と思ったのと、お店も空いていて他にお客さんもいなかったので、その後30分くらいレジで話し込んでしまいました。結構面白いお話しができたので、忘れないうちに書き留めておきます。

・僕は日本の芸術が大好きです。イマジネーションに溢れていて、手が込んでいて正確で、ただただ素晴らしいの一言だ。絵も工芸品も映画も皆好きです。
・ただ、あんな素晴らしいアートの歴史を維持するためには、豊かな想像力と人間が人間であるための時間が沢山必要だと思うんです。
・ところが、日本は、アメリカに占領されて、資本経済主義、市場主義を導入してから、人間らしさを失い、想像力を使わずにただ疲弊する競争社会に舵を切ってしまった。「過労死」って日本語だよね?
・日本はアメリカに核爆弾を2回も落とされたんだから、もう二度とあんなことが起こらないように、体験を世界に伝える役割がある筈なのに。
・そもそも歴史を勉強すれば、アメリカ人はじめアングロサクソンの国々って、実は何もやっていないことが分かる。文字を発明したのも農業が始まったのも中東、紙も絹も中国が発明した。ものすごく長い歴史と豊かな文化を持っている国々がアメリカが誕生する前から沢山あった。アメリカの元々の国イギリスがやったことといえば、地図をじっと眺めて、どこから奴隷をさらってくるか、とか、どこを植民地化するかとかだけ。アメリカだってそうだ。何もアートを作り出していない。それどころか壊してきたんだよ。
・だからアメリカから日本が学ぶことなんてもう何もない筈だよ。むしろ、あなたには日本の良さを世界に広めて欲しいなあ、僕は。

・・・ざっとこんな感じのお話でした。

私からは、私も世界史が大好きなので世界史に関する本を読むのが好きなこと、だから豊かな文化を持った国々がアメリカ以前から沢山存在していたし、植民地化や奴隷貿易の過程で壊されたものが沢山あったことも勉強していること、従ってご指摘のアメリカの傲慢な側面もある程度理解できること、その一方で日本にないものもアメリカにあることを肌で感じていること、そして同時に日本の優れたところもアメリカに来て初めて学べたこと、一つの国に留まったままでは比べる視点は持てなかったこと、アメリカの良いところ、日本の優れたところ、どうにか組み合わせていけないだろうかと思っていること等をお話ししました。

当たり前のことなんですが、アメリカ人と一口でいっても色んな考え方の人がいるんだなあって実感します。日本人だってそうですものね。春が来たということは、アメリカ滞在期間もどんどん短くなっていくということなので、こんなちょっとしたコミュニケーションも含めて、本当に日々を大切にしたいと思っています。







Last updated  2020.03.04 07:22:22



© Rakuten Group, Inc.