571840 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

X

Profile


YYY0801

Calendar

Category

Free Space

〒420-0837
静岡市葵区日出町5-3
TEL 054-269-4590
FAX 054-269-4591
http://hinodecho-law.jp/
日出町法律事務所
2019年6月より1年間、日本弁護士連合会客員研究員としてイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学後、弁護士業務を再開しました。
弁護士葦名ゆき(あしな・ゆき)
2020.04.03
XML
カテゴリ:留学
オンライン講義も二週目。教授も試行錯誤しながら講義を進めていることが伝わってきます。
特に事前録画ではないLive講義で、双方向授業、つまり活発な質問や議論をなんとか残したい、その想いが痛いほど分かります。学生だって、双方向のイキイキした講義の方がずっと楽しいですしね!

双方の試行錯誤の結果、Skypeのチャット欄に質問を適時に記入し、教授が都度都度ではないですが、適宜答えてくださる、さらにコメントや意見があればまた書き込む、というやり方に落ち着いてきました。画面はこんな感じです。




これ、実は、ノンネイティブには大変助かる方法で、Liveだと勇気が出なかったり、えっと、何て言えば良いかなとまごまごしたりしているうちに、質問、コメントをし損ねて、悔しいことも度々だったのですが、自分のペースで書き込めるならそんな悔しい事態にはなりません。教授が私の質問に答えるときに、well, next question...,Yuki!って声をかけて下さるのも嬉しくなりますし。

それでも、Liveの方がずっと好きだと未練たらたらではあったのですが、昨日から、いっそ、Liveではできないことをやってみようと考えて、教授がRight? Does it make sense?等と投げかけるときに、Yes! Perfect! 等と返事をしたり、画面上に示されるスライドを教授が説明する際に、一緒に音読したり、つまりこういうことですよね?と要約してみたり、疑問を口に出してみたり、アクティブに参加してみることにしました。教授を勝手に私のインストラクターに見立ててしまうわけです(笑)。
客観的には、パソコンに向かって英語でぶつぶつ言っているかなり怪しい人なのですけど、とても楽しくて、集中力が高まりました。

あと、今日嬉しかったのは、とっても気持ちが良い天気だったこと!!!
暑くも寒くもないただ気持ちが良い気候、心が広がる感じがしました。一方で既視感がある感覚、ふとよぎる悲しみもありました。事故後の浜通りを歩いた時の想いと少し似ています。どんなことが起きても、変わらない自然の大きさと雄大さ、怖さ、こういう感覚を畏敬の念と呼ぶのかもしれません。

考えなければならないことは山積みです。心を整えながら一瞬を大切に過ごしていきたいです。







Last updated  2020.04.03 08:06:28
[留学] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.