588756 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

X

Profile


YYY0801

Calendar

Category

Free Space

〒420-0837
静岡市葵区日出町5-3
TEL 054-269-4590
FAX 054-269-4591
http://hinodecho-law.jp/
日出町法律事務所
2019年6月より1年間、日本弁護士連合会客員研究員としてイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学後、弁護士業務を再開しました。
弁護士葦名ゆき(あしな・ゆき)
2020.04.18
XML
カテゴリ:留学

既に1ヶ月程にもなってしまった引きこもり生活ではありますが、心は元気です。

沢山の人々に支えられながらの学びがあることにいつも感謝しています。

さて、ミシガン、ミネソタ、バージニア(いずれも民主党知事)でロックダウンに抗議する激しいデモが起きている中、トランプ大統領が、デモを扇動するようなツイートを流していることが、昨日、NY Timesでニュースになっていました。

https://www.nytimes.com/2020/04/17/us/coronavirus-cases-news-update.html?referringSource=articleShare

ツイートの内容は、記事によれば下記のもので、ミシガン(2)を解放せよ、憲法修正第2条の権利(武器を持つ権利)を救え、というようなもので、この状況下での大統領のツイッター発信内容としては極めて不適切と感じました。

ロックダウンの是非には、本当にいろいろな意見があり得るところで、私も何が正解か分かりませんし、デモをされた方々の追い詰められた状況は綺麗事ではまったくない状態であることは容易に想像がつきます。私自身、締め切られた人気のないレストランが並ぶ街中を歩くと、なんとも言えない悲しみに襲われます。春の光が心に入ってこないようなひんやりとした自分のトラウマを思い出します。

でも、州知事が州の状況を見ながらこの状況をどう打開していくのか、非常に難しい判断を迫られていることを百も承知しているはずの国のリーダーが、知事の頭越しに、このような乱暴な表現でデモを支持する意見を表明することは、混乱を加速させることはあっても、解決に向かわせることにはならないと思います。

In a series of all-caps tweets, Mr. Trump declared “LIBERATE MICHIGAN!” and “LIBERATE MINNESOTA!” — two states whose Democratic governors have imposed social distancing restrictions that have shut down businesses and schools and forced people to remain at home. He also tweeted “LIBERATE VIRGINIA, and save your great 2nd Amendment. It is under siege!”

なお、念のため、Twitterの原典はこちらです。

https://mobile.twitter.com/realdonaldtrump

同記事によれば、ペンス副大統領が、連邦政府は知事の判断を尊重していると火消しをしようとしているようですし、バージニア州知事は、ツイッター論争に巻き込まれている暇はないと冷静な対応をしているようですから、まあ、こういうツイッターにはアメリカ国民は慣れているのかもしれませんね。

一方、一昨日のCNNでは、中西部7州の知事(イリノイ州含む)党派の特徴はありつつも党派を超えて地域連携していくということが報じられていました。近隣州と話し合いながら、また、エビデンスを共有しながら、reopenを進めていくということ、イリノイ州住民の一人として、心強いです。

https://www.cnn.com/2020/04/16/politics/midwest-governors-reopening-pact/index.html

このpandemicは、アメリカのfederalism (連邦主義)の機能を考えるとても良い機会になっています。日本の国、地方自治体の関係とはまったく異なる連邦と州の関係があらゆる側面で浮かび上がってきます。

連邦主義の一つの機能として、何事も大統領の一存通りには進まない、動かないという権力濫用防止があるのでしょうし、それはこの局面では有効に機能しているような気がします。

一方で、連邦(大統領)に本来、期待されている調整機能は、今のところ、あまりうまく働いていない面もあるように感じます。上記の通り、トランプ大統領の言動には批判的な私ですが、とはいえ、州知事の判断を尊重しつつ、国民の要望も踏まえて、国としての戦略を打ち出していくことは、誰が大統領であっても本当に難しいことだということもよく分かります。

世界の国の仕組みを俯瞰しながら比較しながら、良いところ、悪いところ、考えながら、現場で何ができるか、考えていきたいなといつも思っています。

今日も沢山のことをキャッチする日にしたいです。







Last updated  2020.04.18 22:11:07



© Rakuten Group, Inc.