572433 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

X

Profile


YYY0801

Calendar

Category

Free Space

〒420-0837
静岡市葵区日出町5-3
TEL 054-269-4590
FAX 054-269-4591
http://hinodecho-law.jp/
日出町法律事務所
2019年6月より1年間、日本弁護士連合会客員研究員としてイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学後、弁護士業務を再開しました。
弁護士葦名ゆき(あしな・ゆき)
2021.04.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​4/13付けの朝日新聞に、スピードスケート選手の​小平奈緒選さんのインタビュー記事​が掲載されていた。短いインタビューなのに、非常に深みのある内容で、とても心に残った部分のみ書き留めておきたい。

まず、コンマ何秒の差で、絶対的な結果がつく世界で、彼女は、​「ありのままを見てもらい、私の生き方を表現できればと考えるようになりました」​という。結果だけではなく過程を重視したいと。お母様の「一生懸命滑っている姿を見て頂くことが唯一奈緒にできることだよ」というお声がけも本当に素晴らしい。

そして、そのような過程の充実が、どう勝負に生きるのかという記者の問いに、彼女は、内面から紡ぎ出された言葉で答えていく。

「勝負では『自分はできる』と信じることが大切です。私はただ練習をこれだけしたから、というところに自信を求めません。やっぱり人生の選択の局面を自分で決断し、生き方を自分で決めてきたということに尽きます。覚悟が宿り、選んだ道だからこそ成功ではなくても、正解と思えます」

「成功ではない道が人生において不正解という考えはないんです。創造の創って『きず』って読みますよね。傷つくからこそ最善の道ではなかったと気付き、修正の道に進んで新たな自分を“創る”ことができます」

いつもつらい道を進んでいませんか?という問いには、こんなお答え。

「それは違います。自分が進みたい方向が苦しい道だったということです。行って苦しいと思ってもいったんは受け入れることが大切。多くはそこで逃げてしまいますから」

「人生の岐路では、周囲に流されず覚悟をもって突き進まない限り開かれない道があり、人のまねでは乗り越えられないものも出てきます。自分の人生を自分で歩むからこそ成長することができ、人間として深みも出てくるんだと思います」

過程そのものを大切にすること、自分自身が選択した道で傷つきながら成長していくことが大切であること、だから自分で選択した道は、成功か不成功かにかかわらず「正解」であること。
本当にその通りだと、心の底からそう思う。
今日も沢山傷つきながら成長していきたい。​






Last updated  2021.04.19 17:50:12



© Rakuten Group, Inc.