620910 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

Profile


YYY0801

Calendar

Category

Free Space

〒420-0837
静岡市葵区日出町5-3
TEL 054-269-4590
FAX 054-269-4591
http://hinodecho-law.jp/
日出町法律事務所
2019年6月より1年間、日本弁護士連合会客員研究員としてイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学後、弁護士業務を再開しました。
弁護士葦名ゆき(あしな・ゆき)
2021.10.10
XML
カテゴリ:弁護士業務
昨日、​LAWASIAの会議​があり、最初のセッションで報告者の一人として約10分報告しました。
私にとって、初めての公式な国際会議の出席だったこと、報告のタイトルが「パンデミック下における日本の弁護士による人権擁護活動ー災害復興支援の経験を活用する視点からー」というもので自分の研究分野ではなく、仲間の弁護士の活動の素晴らしさを伝えることに主眼があったこと、から、私としては非常にプレッシャーが大きかったので、終わった時は、心からほっとしました。

下記は、視聴してくださっていた大好きな姉弁のK先生が送って下さった写真です。自分では撮れないので凄く嬉しかったです!ありがとうございました。






でも、心から、参加して良かったです。理由はいくつかありますが、敢えていうとこんなところでしょうか。

1,日本の災害弁護士のご活動は素晴らしい!

報告のテーマ的に、過去の災害時のこと、コロナ下での活動のことを、短期間ではありますが、通読し、日本の災害弁護士達が、本当に多種多様な活動を、アグレッシブにしなやかに、前の教訓を活かしてブラッシュアップしながら、コロナ下でもきっちり活かして、行ってきているのだということを強く感じました。全国津々浦々の沢山の弁護士のご尽力に改めて心から敬服しました。

なお、報告内容は、日弁連災害復興支援委員会の吉江暢洋委員長、今田健太郎副委員長、永野海副委員長、津久井進前委員長に事前に確認して頂きましたが、内容を詰めていく過程で、岡本正弁護士から教えて頂いた同弁護士の​9回シリーズのコラム​が非常に貴重な視点に詰まっており大変参考になりました。本当にありがとうございました。

2,国が違えば課題も視点も異なる!
 
今回の会議の全体テーマは、「パンデミック後の世界における人権の再発見と再形成」という非常に抽象的で壮大なテーマで、特に私が参加した全体会議は「人権」に絡むことだったら何でもありだったこともあり、「この視点で切り取るのか~」ということがとても面白くて興味が尽きませんでした。

例えば、モルディブ弁護士会からの報告者は、移民労働者達のコロナ下での人権問題を報告されたのですが、私から「様々な法律や規制があるとのご案内があるのに、どうしてそれがうまく機能していないのでしょうか」と質問させて頂いたところ、「司法システム自体の欠陥や移民労働者に法的知識がないこともあるけど、一番大きいのは、彼らが国際的な人身売買の犠牲者で、国際的な取組がなければ国内法だけでは対応できないから」とお答えになったことで、人権問題というのは本質的に国内法だけを解釈していては収まらない広がりを持つのだということを実感できました。

また、韓国弁護士会からの報告者は、パンデミック中の憲法訴訟の韓米比較、というテーマで報告されたのですが、司法制度がかなり異なる国の訴訟を「憲法」という共通概念で比較するというその視点の取り方が非常に面白くて、韓国の憲法訴訟についてのお話が時間切れだったのもあって、本当にもっとお話しお伺いしたいと思いました。
何でも視点の取り方って大事ですよね。視点が良ければ9割以上成功な気がします。

とにかく、国際会議はなんて面白いのだろう、と痛感しましたし、でも、オンラインじゃ勿体ないということも同時に感じました。もっと聞きたいという欲が満たされないですし、ちょっとした会話から交流が発展していく機会がないのは残念すぎました。対面の会議が再開される日を心待ちにします。

3,ヤング先生、ありがとうございます!

報告内容は、上記の通り、沢山の方々に助けて頂きながら私が作成しましたが、それを自分で一旦英語にしていき、最後の仕上げをするという段階で、留学中にお世話になったアメリカ・ユタ州のヤング弁護士にネイティブチェックを入れて頂きました。めちゃくちゃ忙しい中、アメリカ時間の夜中の1時に修正したファイルを、As always, you and your colleagues are inspiring.(君や君の仲間にはいつも刺激を受けるよ)という温かなコメント付で送り返して下さり、もう涙涙でした。本当にありがとうございました。

特に表題の「パンデミック下で」という部分を私は何も考えずに、under pandemicと書いていたのですが、during pandemicに修正頂き、そうか、○○下で、は○○の間って意味だから、漢字通りに訳すと駄目なんだ!ということに気付けてとても勉強になりました。レベルが低い気付きですが、自分だと気付かないこと、まだまだ沢山あります。

というわけで、本当に参加して良かったLAWASIAですが、自分の学びはまだまだ発展途上なので、これからも、少しでも成長できるようにコツコツ努力していきたいと思います。
私を支えて下さっている全ての方々に心から感謝申し上げます。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。






Last updated  2021.10.10 06:38:36



© Rakuten Group, Inc.