568614 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

X

全133件 (133件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 14 >

留学

2020.02.14
XML
カテゴリ:留学
アメリカの司法制度につき、少しずつ学びが深まっている今日この頃なのですが、一方で、本当に自分が疑問に思っていることは、実は、本には書いていなくて、教授や実務法曹、ローの友人たちとやりとりしながら、自分の頭で答えを探していくしかないということも分かってきました。何が引っかかっているのか、もやもやしているのかを整理して言葉にするのも大変ですし、その問いを解決するのはもっと大変です。でも、そういう過程すべてが、学ぶということだと思います。

さて、日本でも、現政権が、検事総長の人事に事実上介入していることが大問題になっていますが、ここアメリカでは、司法省(日本の法務省と検察庁を併せたようなイメージでしょうか)が、トランプ氏の意向を忖度したとしか思えないやり方で現場の検察官が下した量刑判断に介入し、担当検察官4人が抗議して辞任するという事態が、現在進行中で、たとえばNYタイムズは、昨日から今日にかけて何面も使って、この事件を詳報しています。

新聞によれば、時系列としては下記の通りです(私の理解が間違っている可能性はありますが)。

・司法省長官のBarr氏が、この捜査を統括し、ストーン氏を起訴するLiu氏を何やかやと工作して捜査から外し、Barr氏と親しいShea氏を現場に送り込んだ(2/3)
・Shea氏は、Barr長官の意図を汲んで、現場の検察官4人に、検察官には裁量があるのだから量刑ガイドラインに従う必要はない、もっと量刑を下げるべきだと意見したが、4人のうち3人が、そんなことをするくらいならこのケースから手を引くと抗議し、現場の判断を尊重せざるを得なかった。その結果、禁固7年から9年が求刑された(2/10)
・トランプ氏が求刑に対し、怒りのツイートを発信し始めた。(私、今回、初めて彼のツイッターのアカウントをチェックしたんですけど、かなり読むに堪えない内容です・・・)"This is a horrible and very unfair situation."(2/11朝)
・Shea氏は、禁固は相当だが、7~9年は重すぎるという意見を裁判所に提出したが、現場の検察官4人は(36歳から42歳の働き盛りで経歴も詳報されていますが、さすが連邦地検、エリート揃いです)は、誰一人、上記意見を事前に相談されておらず、上記意見にも4人の署名はない。そして、次々この事件の担当から手を引くことを表明した(うち一人は、連邦検察庁も辞任するとのことです)(2/11午後)
・一方で、トランプ大統領は、この事件から外されたLiu氏が、その後、TreasuryPost(財務省での高官ポストのようです)を得るための手続きが進んでいたにもかかわらず、突然、指名を撤回した。報復人事が強く疑われている(2/12)

・・・という状況で一体どうなるんでしょうね。この先、という感じです。
それにしても、トランプ大統領、移民の渡航を突如禁止した大統領命令に対するInjunction(差し止め命令)が授業の教材になったり、月曜日には、Impeachmentにつき、刑訴法の教授らによる解説を兼ねたパネルディスカッションが予定されてて、友人たちと絶対に聞きたいね!と言い合っていたりと、ロースクールに、常時大量の素材を提供して下さっています(苦笑)。
日本のロースクールでも旬の素材扱っているんですかね?俄然、法律の勉強が面白くなると思いますが。

日本とアメリカ、権力を振りかざす為政者に司法がどのように歯止めをかけるか、同時並行で起きているだけに興味深いです。






Last updated  2020.02.14 08:38:04


2020.02.11
カテゴリ:留学

毎日、寒い日が続きます。春を心待ちにしているものの、今週は、マイナス16度まで気温が下がる予報が出ています。それでも、去年のマイナス30度を体験している学生によると、今年はかなりの「暖冬」だそうです!

講義はとにかくとても面白く、発見だらけなので、寒い中にも張りがある毎日ではあるのですが、テキストの英語はやはり難しく、州裁判所と連邦裁判所の二本立てとか、陪審とか、日本にない制度のことを理解するのは何かと時間がかかります。特に最近は、損害賠償制度の算定にあたってのアメリカのシステムに驚き続けているのですが、簡単にまとめられる内容ではないので別立てで絶対に書きますね!

それで、面白くて刺激一杯なのは、良いのですが、やっぱり、難しいことを読んだり考えたりし続けると頭が疲弊してくるので、隙間時間に、新聞や絵本に加えて、Netflixで動画を見る楽しみを見つけました!英語の勉強だもん!と自分に言い訳できるのも大事なポイントです(笑)。

最近、ようやく見終わって、本当に感動したのは、Bobby Kennedy for Presidentという有名なケネディ大統領の弟、ロバート・ケネディ氏(以下、愛称の「ボビー」)の一生を追ったドキュメンタリー映像です。私は、ボビーのことは実は余り知らなくて、大統領の弟ってことで司法長官になるなんて凄いえこひいき人事だな、とか、兄弟揃って暗殺されるなんて悲しすぎるくらいの予備知識しかありませんでした。

確かに映像で見ても、政治の舞台に躍り出たばかりのボビーは、「良いところの育ちの良いお坊ちゃん」という感じの良い雰囲気ではあるけれど、華もお兄さんの方が圧倒的にあるし、言っていることもなんだか浅い感じがして、色々な意味で青いなあって感じなんですね。

でも、どんどん変わっていく。公民権運動の指導者だったキング牧師との交流は有名ですが、兄の暗殺、司法長官の辞任、上院議員への当選、というめまぐるしい変転の月日、とにかく彼は、現場に足を運び続けるんですね。彼の育ちからは到底想像もつかないような貧困の現場に圧倒されつつも、集まってくる子どもたちに何を話しかけようかなと逡巡する態度、兄が始めたベトナム戦争だけどアメリカはこんなことをしている場合なんだろうか、もっと大切なことにお金を使わないといけないんじゃないかと憂い始める表情、白黒映像なのに胸に迫ってくる悲しみを感じて、とても心打たれました。

外見は、刻まれたしわも深くなって明らかに老けていっているのに、人間的には深みを増して、若いときよりずっとかっこよくなっていく。
そして、何より、ボビーは自分の感じたことを、人の心に響く言葉に置き換える希有な才能を持っていたと思います。お兄さんも演説の名手で有名でしたが、私は弟ボビーがこれほどまでに凄い言語感覚を持っている(正確には磨いていったのでしょうね)ことに驚きました。彼の言葉は、何故かとても心に響くのです。いくつか書き出してみようと思っていたんですが、時間がなかなかとれません。

でも、ああ、だからこれだけの人が、分断と憎しみがアメリカを覆っていたあの時代に、ボビーのファンになって、大統領になって欲しいって思ったんだ。ケネディの弟だからじゃない、ボビーだからこそ、大統領になって欲しいって思ったんだ、ということがよく分かりました。勿論、このドキュメンタリー映像は、ボビーを愛してやまなかった友人や側近の方々のインタビュー映像も豊富に入っているので、そういう印象を与えるのでしょうけれど、それでも、心底慕われ惜しまれているのがよく分かりました。

享年42歳。余りにも余りにも若すぎる。生きていて欲しかった、と私ですら思いました。
もしNetflixと契約していらしたら、是非ご覧になってみて下さい。お勧めです。

なお、下記は、予告編です。とてもお世話になっている東京弁護士会の芳賀淳先生のツイートで、この予告編の存在を知りました。本編は、4エピソードに分かれていて長いですが、見出すと止まらなくなります。

https://youtu.be/Io3uQ6Q4NlU








Last updated  2020.02.12 05:10:18
2020.02.07
カテゴリ:留学
​Now I'm taking a class of Civil Procedure in spring semester.Though it is really exciting, sometimes I find some points difficult to understand because of the different civil law system in the U.S. and Japan. I try to solve these by asking my professor, but when it comes to the practical issues, I also want to know the plactical lawyer's perspective.


Mr. Daniel Young, a great and gentle attorney, is the right person to ask! Hence,recently I have emailed him several questions about the traffic accident case used in the class. Daniel  kindly answered my questions based on his own experiences, moreover introduced me an incredible attorney Ms. Jessica Andrew, whose speciality is personal injury.

When I first read Jessica's email, I could not help crying. It was a great writing stemmed from her sincere and strong  sense of mission to her work. I was also impressed with her keen sensibility and deep compassion to her clients.
 
As I got a permission to share her beautiful message, I want my friend,especially those who are dedicating themselves to help others, to read it.
I wish my translation can preserve the beauty of her writing.

現在、受講中のCivil Procedure、とーっても面白いのですが、やはり日本ではなく米国の実務、いつも分からないことが沢山出てきます。勿論教授にもご質問させて頂くのですが、弁護士の実務感覚を知りたい、とか、依頼者への説明の仕方を知りたいなんていう時は、実務家の感覚をお伺いしたくなります。

そんな時は、ユタでお世話になった優秀で親切なDaniel Young弁護士にお伺いするのが一番です!
ということで、最近、講義で取り上げられた交通事故の判例につき、メールにていくつかご質問をさせて頂いていました。いつも優しいYoung先生、自らのご経験に基づき、ご丁寧にお答え下さった上、人身傷害事案を専門に取り扱っていらっしゃるというJessica Andrew弁護士をご紹介下さいました。

先日、Andrew弁護士から、初めてメールを頂いたのですが、もともとの自分の質問がどうでも良くなるほど、素晴らしい内容でした。繊細で優しい感性、お仕事に対する強く真摯な使命感が、珠玉の文章に詰まっていて、読んでいて涙が溢れてきてしまいました。

Andrew弁護士に、私の友人たち、特に守りたい誰かのために頑張っている多くの仲間の弁護士たちにも、あなたの美しいメールをご紹介したいのですが、ブログに転載させて頂いてもよろしいでしょうか、とお願いしたところ、ご快諾頂きましたので、転載させて頂きます。原文の雰囲気を守りたいと願いつつ、翻訳してみましたので、ご覧頂けると嬉しいです。

************
【Original】

Hello Daniel and Yuki,

Thank you for including me in this interesting discussion.  Your questions are good ones, Yuki, and they are, quite honestly, the same questions that plaintiff lawyers struggle with all the time.  I'm going to give you my thoughts from my perspective, which will not serially answer your specific questions, but which I hope will give you some insight into how these things are handled in at least one PI practice.  This is just my approach, and as Daniel can attest, every PI lawyer approaches damages different.  But this is how I'm most comfortable doing it.

In nearly 12 years of doing nothing but plaintiff side personal injury and wrongful death work, I have come to believe that damages are more a matter of perspective and expectations than estimates and calculations.  I always start with a very candid discussion with my clients about their goals in pursuing a civil action.  What I have learned is that for many people, when they are really honest with themselves, they are really just angry about someone not taking responsibility, or about how they were treated by an insurance adjuster or some such, and money damages will not really help them resolve those issues.  I have had cases where the client was really not in a position emotionally or otherwise to go through litigation, and where their goals would be met by simply having some kind of cathartic, closing experience relating to their case.  Given the nature of litigation, this catharsis rarely comes from an insurance company, but sometimes encouraging the client to have an honest conversation with the other driver or whomever injured them, or simply giving them space and time in my office to say what they have to say and feel what they need to feel, helps the client get the closure they need to move on.  It is always important to explore whether non-litigious options are available to the clients to meet their goals, and often, they can.

In cases where we do need to file suit and seek money damages, I stress with my clients from the first meeting that there is a material difference between the value of what they have actually lost, and the value of their lawsuit.  They are two entirely different animals.  If you asked any wrongful death plaintiff what they would give to get their deceased child or husband or mother back, they will always tell you they would give anything.  No amount of money could ever adequately compensate for that loss.  Most folks with serious injuries would say the same.  I would give any amount of money not to live with this daily pain, to be able to walk again, to be able to lift my baby, etc.  The reality is that our civil justice system just is not capable of adequately quantifying or compensating for the real effects of these kinds of things on people's lives, so we have to acknowledge that we are always going to be dealing with the only thing we have:  money damages, determined by a jury of folks who are not living with the losses the plaintiff is living with. 

I have found that talking often about the difference between these two things helps my clients keep their expectations in check.  We focus on telling their true, authentic story to the jury, and we hope to get the client to a place by the time we are in trial where they feel that their story has been told and heard, regardless of what the jury does.  It's a mentally and emotionally healthier approach to the otherwise dice-rolling experience of a jury trial, and I have found that it makes all the difference to my clients, whether they win or lose.  I don't give them a range, or even suggest an amount of money that they should focus on as a baseline, until we have to do so.  If we come to an opportunity to resolve the case, like in a mediation or other form of settlement discussions, we briefly turn our focus to the value of the lawsuit, and if I've done my job right and have given them opportunities throughout the litigation to tell their honest story and be heard, they are generally prepared for that discussion without getting emotionally twisted up and conflating their actual losses and the lawsuit value.  If we resolve the case in what I believe is a fair range, the client goes home happy, because their goals have been met, regardless of the amount of the settlement or verdict.

I agree with Daniel that most litigants don't know the amounts of other jury verdicts or settlements, but if someone comes in to my office with a specific money amount in mind--say, because they did a google search and found news articles on a $20 million verdict for the very same injury or whatever--I start at the same place as always and do my best to get them to a place where they can separate the true value of their loss (which is, often, priceless) and the lawsuit value (which is, because of the nature of the beast that is trial by jury, completely unpredictable).  If they cannot get there and remain stuck on their value, I do not take the case.  I cannot guarantee that I will get them what they want, and they are not in a position to benefit from what I can give them.  Most people, when given the space and time to speak their truth and understand the lay of the land, ultimately get to a place where they appreciate the difference, and we move forward in a healthy way.

I hope this helps, Yuki.  Best wishes in your classes, and do feel free to reach out anytime if you'd like to discuss this or anything else again.  I'm glad you have Daniel in your corner.  He is a great lawyer and a dear friend. 

Jessica

Jessica Andrew


【Translation 翻訳】

ダニエル、ゆき、


この興味深い議論にお誘い頂き、ありがとうございます。ゆき、あなたの質問は素晴らしい。そして、正直に言うと、あなたの質問は、原告側代理人が常に悩んでいる問題でもあります。私の考えに基づく私の視点を提供することで、それはあなたの質問への直接の答えではないかもしれないのだけど、少なくとも人身傷害を扱っている一人の弁護士が、この問題にどう対応しているかを知ることがあなたの役に立つことを願っています。でも、あくまでも私のアプローチの仕方にすぎません。ダニエルもそうだけど、弁護士はそれぞれ違う考えを持っているから。私にとって一番心地良いアプローチの仕方をこれから紹介しますね。


人身傷害や不幸な死を被害者側の代理人として12年間専門的に扱ってきた中で、私が確信するようになったことがあります。それは、損害というのは、「見積もり」とか「損害」とかいう側面からではなくて、物事をどう見るべきか、とか、人々の期待していることは何か、という観点から語られるべき問題だということです。私はいつも、依頼者の方と民事手続きの中で一体何を求めるのかについて、率直に正直にお話することから、自分の仕事を始めています。そして、私が沢山の依頼者の方々とお話しする中で学んだことは、心をさらけ出すことが許される状態にあるとき、この方々は、金銭賠償では到底解決しようもない何かに対するひたすら強い怒りを抱えているだけである、ということです。それは、責任を取らない誰かに対してであったり、保険会社のアジャスターの対応に対してであったりと様々ですが。

実際にも、私は、依頼者の方が、激しい(怒りの)感情故に、その段階では訴訟提起できる状態にはなく、むしろ、必要なのは、実際に起きた出来事について、自分なりの幕引きをすることで精神浄化作用を得ることだと思うケースを何件も扱ってきました。訴訟になると、(訴訟の相手方である)保険会社からそのような精神浄化作用を得られることはほとんど期待できません。だから、私は、依頼者が、加害者の運転手のように依頼者を傷つけた人と忌憚なく話をする機会を得ることをお勧めしたり、あとは私の事務所に来て頂いて、抑えていたものの表現することが必要であった感情や言葉を解き放てるような時間と場所を提供したりして、依頼者が精神的な満足を得て、進むべき場所に一歩を踏み出すことができるよう努力しています。その依頼者の方にとって必要なゴールにたどり着くためであれば、訴訟以外の手段を使えないか検討することも、常に重要な仕事です。実際に、訴訟以外の手段で依頼者の方々にとってゴールに辿り着けることもよくあります。


一方で、訴訟を提起し金銭賠償を求めることが必要なケースでは、一番最初にお会いした段階から、依頼者の方々に強くお伝えすることがあります。それは、依頼者の方々が実際に失ったものの価値と訴訟で得られるものの価値はまったく異なる別のものであるということです。この二つは、まったくもって違う生き物と言って良いかもしれません。大切な誰か-子どもであったり、夫であったり、母親であったり、を失った方に、その方を取り戻せるなら何を引き替えにしますかと聞いたとしましょう。依頼者の方々はいつも必ず、何でもいい、何でも代わりにあげる、と言います。お金がいくらあっても、この方々の失った大切なものを適切に償うことは絶対にできないのです。深刻な傷病に苦しまれる方々のケースを取り扱っている私の仲間の弁護士たちも同様のことを言っています。この日々の痛みを取り除いてくれるなら、もう一度歩くことができるなら、もう一度、自分の赤ちゃんを抱っこできるようになるなら、いくらだって払う、皆様、そのように仰るというのです。でも、私たちの民事司法は、この種の人々の命や生活に影響を与えるような出来事を適切に計測したり償ったりする能力を持ち合わせていません。だからこそ、私たち弁護士は、私たちが持てる唯一の代替手段でこの事態に対処せざるを得ないのだということを心に刻む必要があります。つまり、原告の方々と常に共にある損害を決して共有し得ない、陪審によって決定される「金銭賠償」という手段です。


私は、上記述べてきた2つの違いを折りに触れて依頼者の方々に説明することが、この方々が訴訟に期待できることのみに集中するために必要な助けになると分かってきました。私たちは、依頼者の方々の真実のありのままのストーリーを陪審に伝えることに集中します。そして、実際、陪審がどのような反応をするかにかかわらず、依頼者の方々が十分にお話しでき、傾聴されているとご自身が感じられるようなトライアルにしたいと願っています。このようなやり方は、さもなければサイコロを振るような(博打的な体験)になってしまうトライアルに臨むにあたって、依頼者の方々の精神と感情を落ち着かせる上で健全な方法ですし、勝つか負けるかという結果とは別に、依頼者の方々にとって重要な違いをもたらし得る方法なのです。ですから私は、必要な状況が生じるまでは、依頼者の方々に本当に大切なことに集中して頂くために、得られる金額の幅についての情報を提供することはおろか、示唆することさえありません。そして、調停や和解のように、最終的な解決段階に至った段階では、私たちは、訴訟で得られる価値は何かということのみに集中します。仮に私が、私の信ずる正しい仕事のやり方を重ねてこられていれば、そして、訴訟の中で、依頼者の方々の正直な想いを伝え傾聴される機会を設けることができていれば、依頼者の方々も心の備えが十分にできていることが通常で、ひねくれた感情を抱いてしまったり、失ったものの価値と訴訟で得られるものの価値を混同したりすることなく、解決の場に臨むことができます。私たちが、私が信じる公平な枠組みの中で当該ケースを解決できたとき、依頼者の方々は、和解や評決で定められた金額の多寡に関係なく、その方々の目指してきたゴールにたどり着くことができたことそれ自体に満足してご自宅に戻ることができるのです。


私は、たいていの依頼者は、他の陪審の評決や和解の内容を知らないというダニエルの見解に賛成します。ただ、もし、自分の心で特定の金額を思い定めて事務所を訪れる方がいらしたら-たとえば、Googleで自分と同じようなケースで20億円の評決をもらったなんて記事を探したとか-、私は、他のケースと同じようにそのケースもスタートさせ、その方をその方が失ったものの価値(値段がつけようがない場合も多いです)と訴訟で得られるものの価値(陪審裁判の常として、予測不可能なもの)を分離できる地点にお連れできるよう、全力を尽くすでしょう。もし、努力しても、その方がそのような心境に至ることができず、あくまでも自分の心で決めた価値に固執し続けるのであれば、私は、そのような方のご依頼をお引き受けすることはできません。私は、その方の求めるものを得られることを保証することはできませんし、私がその方にご提供できるものをその方が受け取ることもできないからです。ただ、多くの方は、その方にとっての真実をお話頂く時間と場所をご提供して、現状をご理解頂くことで、(2つの価値の)違いを認識して頂けますし、健全な方向で進んでいくことができます。


ゆき、私の書いてきたことがあなたの助けになると良いのですが。この問題についてでも他のことでも、何か聞きたいことがあったらいつでもご連絡下さい。あなたが、ダニエルのお仲間ということが分かってとても嬉しいです。彼は、素晴らしい弁護士であると共に、大切な友達ですから。

ジェシカ







Last updated  2020.02.07 06:21:03
2020.01.30
カテゴリ:留学
今朝は、起きると雪景色になっていました。
でも意外と気温は低くなく0度くらいです。氷点下じゃなければ暖かい!と思うのは、こちらの冬に慣れてきたのかもしれませんね。

ロースクールに向かう道にもうっすら雪が積もっていますが、既に無数の足跡がついていました。
Civil Procedureは1限の9時開始なので、私も8時半頃には、この道を通っているのですが、その時点で既にキャンパス内を歩いている人がこんなにいるんだ、と実感しました。

こちらの学生は、本当に勉強熱心です。
分厚いテキストやノートパソコンと、文字通り朝から晩まで何時間も格闘している真剣な学生たちの姿勢は刺激一杯です。

みんな、どんな気持ちで、朝早く、また、夜遅く、この道を歩いているんだろう。
そんなことを考えながら歩くのも、良いものです。









Last updated  2020.01.30 05:22:38
2020.01.29
カテゴリ:留学
​沢山のReading Assignment に追われつつも、活気溢れるロースクールで、情熱溢れる教授陣の講義を受けられる幸せを日々感じながら過ごしています。
今日のCivil Procedure の講義では、教授がいかにDue Process が大事な原則なのか、憲法、判例を確認しながら時間を割いて解説していて、手続が大事であること、ずっと意識してきたつもりだったけれど、改めて重要性を学び直すことができた気がして心が引き締まりました。

昼は、immigrants law を扱っているとても素敵な女性lawyer、3人のパネルディスカッションがありました。移民に冷たいトランプ政権下、後述する通り、ご苦労も多いようですが、仕事を続けていく上で必要なのは、外国語を操る能力、compassion、正確な知識、どんどん変わる法律や政策に対応するためのリサーチ能力、様々な社会的資源と繋がること、等を挙げてくださり、良い法曹の資質は世界共通なのかもしれないと思いました。
一番お若い方は、コロンビア出身で当大学UIUCのLLMをご卒業されているそうです。非ネイティブなのに、アメリカで弁護士としてご活躍されているなんて本当にかっこいいと感動してしまいました。

ただ、そんな素敵な弁護士さんたちが、異口同音に懸念を表明されていたのが、昨日連邦最高裁で出た判決のことでした。PDの時点で、前提知識もなく、最高裁判例の内容も分からず、Public Charge Ruleが改訂される?グリーンカード(アメリカで永住できる資格)を得るのが難しくなる?ってなんだと思いながら帰宅し、家でNY Timezを確認してようやく謎が解けました。

新聞を読んだだけの私の理解なので不正確かもしれませんが、まず、Public Charge Ruleに該当すると、永住権の取得がほぼ絶望的という前提があります。そして、Public Charge Ruleというのは、平たく言えば、生活保護に代表されるようなアメリカ社会からの援助を受けているかどうかの基準ということのようです。

この度トランプ政権は、このルールの内容を、従来の金銭的援助のみならず、フードスタンプ(食糧援助のようなもの)や医療援助などを3年間のうち12カ月以上受けるとこの基準に該当するという風に大きく拡大し、その政策を止めるために、原告側(どういう人たちなのか記事からはよく分かりませんでした)差し止め命令を裁判所に求めたものの、連邦最高裁はこの訴えを5:4で認めなかったというのが昨日の出来事のようでした。

つまり、合法的に入国していても貧困層の移民には、永住権を与えない、という政策だと私は解釈しました。大統領支持層の移民に対する反発を反映しているのでしょう。

Immigrantsを支援している弁護士は、紙面にて、次のように鋭くこの政策を批判しています。

The rule will cause hundreds of thousands of individuals and households, in many cases noncitizens not even subject to public change scrutiny, to forego public benefits for which they are eligible, out of fear and confusion about the consequences for their immigration status of accepting such benefits.

このルールは、多くの場合外国人であると思われる、現在Public Chargeの精査の対象ではない、何十万人もの個人や家族を、公的援助を受けることで移民としての地位に影響する結果をもたらす不安や混乱から、本来、受けることができる公的援助を受け取ることを差し控える事態を引き起こすだろう。

公的援助を受け取ることを躊躇することで移民の方々の生活が不安定になる弊害は、短期的に見ても相当大きいと思われますし、長い目で見ても、アメリカに入国することを防ぐような政策を採ることによって、アメリカの社会経済に与える影響も大きいのではないかと思うと、個人的には、司法がこの政策の実施を防げなかったことを残念に感じます。でも、5:4,相当の激論が背景にありそうですね。

世界中から沢山の人々を引きつける国故の葛藤、そのすさまじい葛藤の最前線で、司法や弁護士がどのような役割を果たしているのか、肌で感じ、自分の頭もフル回転させながら、毎日を過ごしていきたいと思います。






Last updated  2020.02.29 06:58:43
2020.01.27
カテゴリ:留学
新学期が始まり、大学の人口も激増、日々が慌ただしく過ぎていきます。
今日の昼、日本人留学生約20人が集まっての新年会が、美味しい中華料理屋さんで開催されました。大人数で中華料理屋さんに来ると、色んなお料理をちょっとずつ食べられるのが嬉しいです。
でも、何より、マイノリティの日本人同士で専門分野を横断して、交流できることが何より嬉しいです。
日本にいるとおそらくご縁がなかったであろうと思われる専門分野の方が大半なので、刺激的なのですよね。日弁連派遣の弁護士同士ですら、専門分野や活動場所が異なっていることから、「日本だとまずお会いする機会がなかったでしょうね」と言い合っているくらいですから。

今日、お隣だったのは、UIUCの航空宇宙工学の博士課程に在籍されているというYさん。
スペースシャトルの耐久性や火星への探査の実現性等の宇宙のお話、そしてご自身の専門分野のお話、物理が苦手な私にも面白く、現在、スターウォーズにはまりかけている11歳の息子も目を輝かせて聴き入っていました。

大学、大学院とアメリカでお過ごしのYさん、留学して本当に良かった、と仰っていました。勿論ご研究分野の将来性や進路を見据えてということもあるそうですが、何より日本を外から見られる機会ができてよかったと。

「良く留学どう?とか聞かれるけど、簡単に答えづらいですね。短絡的にアメリカすごい、日本駄目、とか、全然思いません。日本の良いところ、外に出て初めて分かったところ、沢山ありますね。でもそれを、つまり、それぞれの国の特性を肌で感じる機会、まさに、体験できていることが一番大きいですよ」

「日本って実は世界的に見たらかなり特殊な国だと思うんです。ほとんどの人々が日本人で日本語のみが使われ、ロジックに基づかなくてもなんとなく物事が進んでいく。そういう国から一度飛び出してみるって大事ですね。世界にはそうじゃない国もあるということが分かります」

「そういう意味では、アメリカ人がどこか外国に留学に行くより、特殊な国、日本から外に出た方が、衝撃度が大きくて、留学の費用対効果が大きい気がしますね。物の見方が変わるから」

誰にでも留学をお勧めできるわけではない、と断りつつも、留学の意義を自分の言葉でお話しして下さっていること、良く伝わってきて、また、私も頷けること多く、書き留めておこうと思いました。

私の専門分野である大規模不法行為でも、アメリカと比較して改めて日本の制度を見ると、日本の良さ、沢山浮かび上がってきます。勿論、良くないところもですが。
でも、良いところと悪いところはコインの表裏みたいなところもあり、またアメリカも同様で、そう簡単に制度を移植したり取り入れたりすることはできないと思う今日この頃です。

言語化しにくい体験ですが、日本を外から見る視点、これからもずっと大切にしていきたいです。






Last updated  2020.01.27 09:18:45
2020.01.22
カテゴリ:留学
今日、ローライブラリーに行くと、図書館入口に、大きなパネル展示がありました。ナントカから100年を記念しての展示だということだけは、通りすがりにも分かったのですが、講義前で急いでいたので、講義終了後の帰りがけにもう一度よく見てみたところ、woman suffrage (女性参政権)が認められて100年の記念展示だということが、分かりました!

実は、偶然、女性参政権のために闘った女性たちの伝記絵本を読んで、感動していたところだったので、すごく嬉しかったです!参政権獲得は、壮絶なバッシングを受けながらの長い戦いだったのですね。勇気あるリーダーたち、リーダーを信じて行動した無数の無名の女性たちの歴史の延長線上に、自分がいることに感動しました。最近の医学部入試女性差別や環境相の育休取得に対する声高なバッシング(結局このバッシングの核心って、どうカッコつけても、育児は母親の仕事だ、父親が「本来の」仕事休んでまでする仕事じゃない、母親に任せておけ、ということじゃないですかね?私はまったくそうは思いません!)を見るにつけ、日本の現状に溜息でしたが、諦めちゃいけませんね。おかしいと思うことには声をあげていかないと。

ただ、恥ずかしながら、suffrageという言葉も絵本で知ったくらいなので、絵本を読んでいなかったら、この展示にも引っかかれなかったかもしれません。





で、家に帰って、確かこの本の巻末に、女性参政権の歴史みたいなのが載っていたよね、と見直してみると、やっぱりありました。

1919
U.S.House of Representatives and Senate approve the Nineteenth Amen Amendment granting all American women full voting rights.
1920
The Nineteenth Amendment wins the necessary two-thirds ratification from state legislatures.

そして、この合衆国憲法修正19条の条文も!

The right of citizens of the United States to vote shall not be denied or abridged by the United States or by any state on account of sex.
Congress shall have power to enforce this article by appropriate legislation.

そっか、憲法が改正されたから、ローにも大きな展示があるんだ、と断片的な知識が手を繋いで広がっていく感覚、とても好きです。これからも色々なことに引っかかるアンテナを鋭く研ぎ澄ましていきたいです。






Last updated  2020.01.22 07:21:38
カテゴリ:留学
今日から、spring semester、春学期が始まりました!
氷点下の気温の中、しっかりと防寒して、久々にロースクールまで30分ちょっと歩いたのですが、枯れた芝生が、霜でキラキラとダイヤモンドみたいに光って、とっても綺麗でした。途中、私の大好きな凍った水たまりが沢山あったのですが、表面だけじゃなくて、中までしっかり凍っており、全然パリンと割れず、ちょっと残念(笑)。

今学期は、Civil Procedure (民事訴訟、週3コマ)とRemedies (なんて訳せばいいんですかね、日本にはない視点の授業です、救済策?、週2コマ)のクラスを取るので、大忙しです。テキストも相変わらず分厚いケースブックで、骨が折れますが、でも、昔より、テキストを読む速度が遥かに早くなりました!

そして、何より、今日は両クラスともあったのですが、両方とも、とっても面白かったんです。
アメリカの民事訴訟の手続きを条文踏まえつつ理解していくcivil procedure も、実体法、手続法を横断して、目の前の依頼者にとって必要な救済策は何か(賠償なのか、injunctions、差し止め命令的なもの、それともdeclaratory judgement、宣言的判決、日本の確認判決と若干近いかも、なのか、などなど)を講義するremediesも、自分が体験してきた日本の実務を思い起こしながら、アメリカのシステムを考えると、色々なことに気付きます。

今日、remedies で取り上げられた判例(United States v. Hatahley)は、Native Americanであるナバホ族の家畜をアメリカ政府が勝手に売り払ったり殺したりしてしまった場合、家畜の損害をどのように算定すべきかということが争点でした。マイノリティーがアメリカ政府を被告に司法に救済を求めた裁判、どういう経緯でどんな方が代理人をつとめたのだろう、というところから気になります。

最大の争点は、ナバホ族にとって、家畜は単なる家畜ではなくて、移動手段でもあり、食糧でもあり、といった金銭に換算し難い存在で、そもそも売却する文化がない、そうなると市場価値の算定ができないわけで、さてどうする、という点です。

被告が、アメリカの通常のマーケット市場における損害額を主張したものの、一審が、community loss and community sorrow という概念を使って、失った家畜の数にかかわらず、一人当たり3500ドル(この判例は1958年ですので、今と貨幣価値が異なります)の精神的損害を認めたものの、上訴審では、この地裁判決論理は受け入れられず、もっと緻密な認定をすべし、と差し戻された、という事案です。最終的にはどうなったのか、テキストだけではいまいち分からなかったので、原典にあたってみますが、原発事故の被害にもどこか親和性を感じるケースで、とても考えさせられました。

身体的被害が伴わないmental sufferings やmental painにどう向き合うべきなのか、実務法曹にとって万国共通の課題なのかもしれません。このような極めて実務的なことを実際のケースに即して考える機会があるロースクールの教育、本当に素晴らしいと思います。

授業で刺激を一杯受けつつ、自分の研究も深めていきたいです。
今学期も成長できますように。






Last updated  2020.01.22 04:54:57
2020.01.20
カテゴリ:留学
今日は、アメリカの祝日、キング牧師の日。彼の誕生日が1/15なので1月の第3月曜日が、1986年から祝日になりました。

この町の小さな市立図書館にも、この傑出した指導者の伝記が沢山置いてあるので、今日子供たちと一緒に何冊かの絵本を読みました。小さな子供向けのものから、かなり細かいところまで言及してある詳細なものまで、子供向けといっても様々です。


キング牧師は、39歳(!!!)の若さで暗殺されましたが、彼の言葉は、私を含め世界中の人々を鼓舞し続けています。私が英語を理解したい!!!と本気で思った原点の一つになったのは、世界一有名なスピーチ、I have a dream ですが、死の前日のラストスピーチ、まるで死を予感したような、I have been to the mountaintopも凄まじい迫力です。

https://youtu.be/X1TJvcZFTc4

私は当初、キング牧師は、牧師という職業柄、神の前で人は皆平等、的な強い信仰が核となっているスピーチなのだろうと勝手に思っていました。でも、I have a dreamも、I  have been to the mountaintop もそうですが、彼のほぼ全てのスピーチで、繰り返し、独立宣言や合衆国憲法を引用し、だから、現状が間違っているんだ、と訴えていることに気付き、法律家として心から感動しました。


時代、国境を超えて伝わる覚悟と信念を感じます。すべての人に届く言葉を語ることができる空前絶後のスピーカーですね。

ただ、彼は、公民権運動の指導者として知られているけれど、米国内でも賛否が分かれているベトナム戦争反対運動や貧困撲滅運動にも取り組んでいて、その評価は実は様々です。だから、この祝日に、国民的合意がとれるcivil right確立運動だけにフォーカスされるのは彼にとってすごく不本意なんじゃないかと思うことがあります。

キング牧師の夢は、果てしなく大きいので、今を生きる私たちが、受け継ぐべき信念、実現しなければならない夢、まだまだ沢山あります。
今を生きる責任、いつも感じて生きていきたいです。







Last updated  2020.01.21 01:54:43
2020.01.13
カテゴリ:留学
先日お会いしたアメリカの弁護士さんに、「アメリカでは、95%もの訴訟が、trialに進むことなく、pretrial の段階で和解で解決する、何故それほどまでに高い割合で和解が成立するのか」と最近、法曹となると誰彼構わずお聞きしている質問をさせて頂きました。同じ質問を色々な方にお聞きするのは、私が心底聞きたい点であるため、という単純な理由ではありますが、お答えをお聞きしていると、アメリカの司法の特質が浮かび上がってくるような気がして、いつもとても楽しいです。
この方は、次のようにお答え下さいました。とてもオーソドックスなお答えです。

理由は2つあると僕は思います。
1つは、やはり、complete discovery、完全な証拠開示手続きがあること。こちらに不利な証拠も分かるので、見通しが立てられる。逆に、日本でdiscovery がないなんて信じられないです。
もう1つは、trial に進んだ場合に、jury 、陪審の判断が、unpredictable、予測不可能であること。陪審の判断が、こちらの見立てと全然違った場合に、弁護士の責任も重大でとてもそんなリスクは取れないです。

アメリカ司法におけるDiscoveryの位置付けは良く分かるのですが、Discoveryがない国からやってきた私としては、疑問がつきません。最大の疑問は、何故、Discoveryが機能するのかという点です。実務の現場にいると、故意かどうかはともかくとして、依頼者はじめ当事者が不利な事実や証拠を、裁判所はおろか、弁護士にも言わない、明かさないということは、決して珍しいことではありません。自分に不利なことを言いたくないという気持ちは良く理解できるので、その気持ちをどうほぐすか溶かすか、というのもとても大事な弁護士の仕事ではあると私は思っています。ただ、どんなに信頼関係を築いてきたつもりでも、やはり、予期せぬ事実や証拠が出てきてしまうということは避けられないのではないか、どうやってcomplete discovery を実現するのか、というのが私の疑問です。

その方は、私の疑問に真摯に耳を傾けて下さった上で、「証拠隠すのがどんなにリスキーで恐ろしいことかということを依頼者に説明するんだよ。凄い額の罰金課されるかも、とか、相手方の訴訟費用も全部持つ羽目になるとか、裁判に問答無用で負けちゃうとか、もう考えられる限りの恐ろしい事態をね」と答えてくださったので、「それは結局、裁判官が凄い裁量を持っているってことですかね?でも裁量が大きいってことは、Judgeの怖さも、Judgeによるってことにはならないんですか?優しい(笑)Judgeもいるのでは?」とさらに質問を重ねました。

すると彼は、「Judge個人の個性はもちろんあります。それぞれにキャラクターの違いもありますしね。でも、やっぱり、米国の弁護士は、裁判所に逆らうと大変なことになるという共通認識を強く持っています。だって、裁判所って、三権分立の一翼でしょ?国家権力の担い手ですよ!」と答えて下さいました。

その瞬間、自分の中で、腑に落ちる感覚と引っ掛かる感覚、両方感じました。
確かに裁判所は司法権の担い手、三権分立の一翼を担っています。法律家でであれば、基本中の基本知識です。だから、腑に落ちたんですね、確かにその通り、彼の言っていることは、理屈ではよく理解できます。もしその意識が米国の法曹に共有されているとすれば、裁判官の持つ力は実質的にも極めて強大でしょう。

ただ、一方で、引っ掛かったのは、私には言えない言葉だなと感じたこと。
私は多分今まで本気で、裁判所が三権分立の一翼、とか、国家権力を行使している、とか本気で信じたことがないかもしれない、と、ふと、思いました。その感覚が、日本の実務の中で醸成されたのか、私個人の姿勢の問題なのか、はまだ良く分かりません。でもとにかく、私が、日本の司法制度を説明しようとするときに、パッとこういう表現は出てこないんじゃないかと感じたんですよね。

やっぱり、こういう対話、こういう気付きは大事です。
今後も出来る限り多くの法律家とお話しできる機会を作っていきたいです。






Last updated  2020.01.13 02:25:42

全133件 (133件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.