000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

弁護士YA日記

PR

Profile


YYY0801

Calendar

Category

Free Space

〒420-0837
静岡市葵区日出町5-3
TEL 054-269-4590
FAX 054-269-4591
http://hinodecho-law.jp/
日出町法律事務所
2019年6月より1年間、日本弁護士連合会客員研究員としてイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学中です。
弁護士葦名ゆき(あしな・ゆき)

全137件 (137件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

弁護士業務

2019.10.14
XML
カテゴリ:弁護士業務

*日本語のオリジナル版は英訳の下に掲載しました。

Several days ago, Japan was hit by huge typhoon.


Though the scale of damages are still not clear, it is certain that there are sufferers all over the Japan.
Kentaro Imada, a lawyer who is vice chairperson of the Japan Federation of Bar Association’s Disaster Recovery Assistance Committee and the chairperson on the same kind of committee in the Hiroshima Bar Association, released messages for all victims. These messages are written in plain, simple words full of his kindness and passion. I want to share these messages with all sufferers who are now in agony.

As I live in the United States, I cannnot support victims directly. So I decided to translate these messages into English. I can easily imagine how hard and sad it is to be unable to get necessary information.
I would like to provide this useful information for minorities who are suffering from this tremendous disaster in a foreign country, Japan.

 I really wish all sufferers can reach the necessary information.


PS on 10/15;
I asked Daniel Young, a lawyer who belongs to the Disaster Recovery Assistace Committee at Utah Bar, to check my translation from the view point of a native speaker.I deeply trust and respect him. Daniel, Thank you very much for your great efforts!!!

**********************************

For all sufferers of the Recent Typhoon,
Ten Important Pieces of Advice from a Lawyer

I would like to express my deep sympathy for those who are suffering from this typhoon.

Im a chairperson of the Committee on Disaster Recovery Assistance in the Hiroshima Bar Association.
I have supported the victims of large-scaled natural disasters that have happened here in Hiroshima. I would like to send the below 10 pieces of advice based on these previous experiences for all victims who are now in agony and sadness.

1. Dont make too much effort to remove dirt!
 
As the dirt that flowed to your houses may contain something toxic for your health, you should not make too much effort to remove it. It will make you exhausted and enhance the risk of the death related to disasters. What is most important is to keep and recover your health. You should wait for help from the local government or volunteers.

2. Dont worry about lost things!

The titles you have will never disappear even though you lose some kinds of certificates. Please dont worry even though you lost precious belongings, such as bank books or a certificate of title.

3. Take photos of your houses!

I highly recommend that you take photos of your damaged houses from various angles. It will be surely useful to get an appropriate disaster damage certificate. The content of the certificate influences the amount of public support you can get. If you have some complaints about the certificate, you can request to that the degree of damage be estimated  again.
Please check the below website that teaches you how to take photos.
https://www.buzzfeed.com/jp/kazukiwatanabe/20170707

4. Dont hurry to fix your house!

You have to wait until your house is dry before fixing it.
You should consider whether the entire fixing plan and costs are really necessary. If you use some kinds of public support (upper limit is only 584,000 yen, based on
temporary repairs in the Disaster Relief Law) without deep consideration, that may prevent you from applying for public temporary housing even if your house is not fixed yet.

5. Take a consultation before you pay!

There are various kinds of public supports to aid you as for removing dirt or fixing your house. You should be careful before you decide to pay private companies for these expenses because you might not get public support once you pay a private company.
I highly recommend that you take a free consultation in the city hall. Checking the city websites that have various information is also effective for you.

6. Confirm the content of your insurance!

Recently, most homeowners’ insurance policies  cover flood damage. You can also use homeowners’ insurance and car insurance. First, you should confirm the holders name of insurance. You can receive insurance payments even if you lost the certificate of insurance.
When you are not sure about the name of insurance companies or the contents of the insurance policies, you can call the below general insurance association of Japan.
0120-501331
http://www.sonpo.or.jp/


7. How to deal with a third party
s belongings.

When you cannot judge whether you can discard a third partys belongings that flowed to your property, you should ask at city hall or through the free telephone consultation provided by a local bar association.
Even though you may know the owner’s name of something that flowed to your house, asking experts for help is safer to keep a good relationship with your neighbors.
If you want to take a consultation now, please call the below number and make a reservation.
0570-783-110
If you don
t have to hurry, I recommend that you wait for the opening of the free telephone consultation provided by each local bar association.

8. For those who lost their incomes

If you find it difficult to earn living because of the loss of your workplace or a sudden, temporary work stoppage, you can use various kinds of public support such as employment insurance, business loan, group subsidies, etc. that aim to encourage recovery in the area. As there are systems to support employers, please confirm what information is useful for you by asking for city hall or free telephone consultation.
You can also consult lawyers how to reschedule your repayment plan.

9. Reduction and Exemption from taxes

There are various kinds of public support when large-scale disasters happen, such as reductions and exemptions of some kinds of taxes, special provisions for utility costs, subsidies for education fees. As there might be some areas where administration of the public support still doesn’t function, you should wait for the setting up of the consultation system.
The below Cabinet Office website provides you useful information.
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/pdf/kakusyuseido_tsuujou.pdf

10. You can surely recover your life again!

I can imagine you dont know what to do from here after losing your house or belongings. The victims of torrential rains in Western Japan in 2018 experienced the same feelings.
However it
s possible for you to recover your life through using the various systems that can strongly support you, such as subsidies for recovery, donations, insurance, loans, and the system to remove multiple loans. There is also a special loan for elders to fix or reconstruct their homes.
I know it’s difficult for you to understand these unexpected, difficult things. That
s why we lawyers are here. As most consultations are free, you may use the consultation system, even if you think it is only a small or trivial matter.


These are the pieces of advice from me, a lawyer who has heard from many sufferers
 voices in two torrential rain disasters in 2014 and 2018.

I avoided using academic and legal terms in order to make my message easier to understand. Please share this advice with those now in agony.



​日本に巨大台風が上陸、甚大な被害が出ています。
被害の全貌はまだ明らかになっていませんが、日本全国に被災された方々がいらっしゃることは確実な状況です。
この度、日本弁護士連合会災害復興支援委員会副委員長かつ広島県弁護士会災害対策委員会委員長の今田健太郎弁護士が、被災者の方々に向けて、平易な言葉でありつつも非常に重要なメッセージを公表されました。今田さんのこれまでの被災者支援のご経験、情熱、優しさに満ちた素晴らしい内容ですので、一人でも多くの方々に読んで頂きたいと思います。

アメリカにいる私は、直接のお手伝いはできないので、何かできることはないだろうかと考え、この貴重なメッセージを英訳して公表させて頂くことにしました。
アメリカでマイノリティとして暮らしている私にとって、困っているときに必要な情報が入らないということが、どんなに辛く危機的な状況か容易に想像がつきます。
現在日本で、外国人として、また、被災者として、二重の意味でのマイノリティに陥っている方々に、少しでもお役に立てればと思いました。

一人でも多くの困っている方に必要な情報が届くことを心から祈っています。

10月15日追記
なお、英訳につきましては、私が心からご信頼しご尊敬申し上げておりますユタ州弁護士会で災害復興支援委員会に所属するDaniel Young弁護士にNative Checkをお願いしました。Young先生、大変お忙しい中、迅速にご対応頂き、本当にありがとうございました!!!


【水害直後 弁護士からの10か条】〜西日本豪雨の教訓を踏まえて

★ 全国の被災者の方々へお見舞い申し上げます。
広島弁護士会の災害対策委員長を務めています。
二度の大規模水害を支援してきた弁護士として、知らないことで悔し涙を流された、多くの被災者の方々を代弁する、切なる願いです。​


1 土砂撤去で無理をしないで。
 〜 自宅も気になりますが、土砂は細菌も含んでおり、想像以上に健康状態を悪化させ、災害関連死のリスクを高めます。
自力では限界があるので、まずは体力の回復に努めてください。行政やボランティアからの案内を待ちましょう。

2 通帳や権利証を紛失しても大丈夫。
  
 〜 銀行の預金通帳や、定期預金証書、不動産の権利証などを紛失しても、財産はなくなりませんので、安心して下さい。

3 落ち着いたら、自宅の写真撮影を。
 〜 自宅の写真を、複数の角度から撮影し、被害に見合った罹災証明書の発行を受けられるようにしましょう。
判定の結果は、公的支援の内容に影響します。
不服があれば再調査の申入れが可能です。
参考: 震災が繋ぐ全国ネットワーク
『震つな』の皆様、西日本豪雨の支援もありがとう。
https://www.buzzfeed.com/jp/kazukiwatanabe/20170707


4 修理は決して急がず。
 〜 自宅の修理は、乾燥してから行う必要があります。また、災害救助法の応急修理の制度(例 /半壊以上で58万4000円までの費用補助)を使うと、原則、仮設住宅へ入居できません。慌てないで、全体の修理内容や費用面をしっかり検討してからにしましょう。一部だけの修理で、壊れたままの家に住むことを余儀なくされる可能性があります。
上記3の参考ページにも記載があります。

5 お金を払う前に、行政の窓口で相談を。
 〜 土砂の撤去や、自宅の修理につき、公的支援の制度があります。事前に役所へ相談しないで業者などに支払った場合、後から請求できないことがあるので、要注意です。必ず行政窓口で相談してください。
 もっとも、被災直後は、自治体も対応できないケースがありますので、体制が整うまで、待ちましょう。
  各自治体ごとにホームページを開設していますので、情報を確認してみて下さい。

6 保険の内容を確認しよう。
 〜 近時の住宅保険には、火災保険に水災の補償が付いているものが多いです。また、家財保険による補填も考えられます。自分名義でなく、親族が契約している場合もあるので、よく確認してみましょう。
 証券を紛失しても請求できます。
自動車保険も同様です。
 保険会社が分からなくなったときや、契約内容を確認したい場合には、損保協会の照会センター
 0120-501331
 に電話してみてください。
参考: 日本損害保険協会
http://www.sonpo.or.jp/news/information/2019/1910_06.html

7 敷地内の物の処分や撤去について。
 自宅に流れ着いた第三者の物や、廃棄物の処分について悩んだ場合、まずは、行政窓口や、各地の弁護士会が近々開設する被災者電話相談などを利用して、処分してよいかどうか、費用はどうするか等、相談してみてください。
 また、隣家の家財やブロックなど、所有者が分かっていて撤去を求めたい場合も、すぐには解決できないこともありますので、ケンカせず、弁護士会などを頼ってください。
 
 弁護士による面談相談を希望される場合は、下記の番号より、最寄りの法律相談センターに予約が可能です。(お急ぎでない場合には、無料電話相談が開設されるのをお待ち下さい。開設次第、このページにもリンクを貼ります。)
0570-783-110 (最寄りの弁護士会法律相談センターに繋がります)

8 収入の目処が立たない方々へ。
 
〜 水害で職場が水没した。道路が寸断されて、勤務先へ行けない。明日からの収入の目処が立たない方々に対しては、雇用保険の失業給付等、色々な制度があります。
  また、雇い主側を補助する制度もありますので、少し落ち着いたら、各自治体や弁護士会の電話相談などにお問い合わせ下さい。
  事業者(個人も)向けの融資や、地域を再生するためのグループ補助金などもあります。
  弁護士による相談の場合、各種ローンの返済などのお困りごとにも対応します。

9 税金の減免や、教育の補助など。
〜 大規模災害時には、各種税金等の免除や、水道光熱費の特例、教育費用の補助など、実に様々な支援が用意されています。
 行政も、まだ機能していない地域もあるかもしれませんが、慌てることなく、相談体制が整うのを待ちましょう。
 参考までに、内閣府のページを貼りつけておきます。
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/pdf/kakusyuseido_tsuujou.pdf

10 必ずや生活再建は出来ます!
 〜 愛着のある家を失って、途方に暮れている方々が大多数だと思います。
 西日本豪雨災害も同様でした。
 しかし、今後、公的制度による給付金(生活再建支援金等)や、義援金、保険金、各種の融資制度、二重ローン減免制度など、色々な仕組みを活用することで、生活再建を図ることは可能です!
 高齢者の方々に向けての、修理や再築のための特例融資制度もあります。
 『難しいことはよく分からない』
 分からなくて当然です。
 ぜひ、弁護士などの専門家を頼ってください。
 相談費用などは無料になるはずなので、ぜひ、案内が始まったら、どんな些細なことでも構いませんので、利用してみてください。

 まずはお身体を大切になさって下さいませ。

 平成26年8月広島市豪雨災害、平成30年西日本豪雨災害と、二度の大きな水害において、数々の被災者の方々の声を聞いてきた弁護士より、皆様方への心からのメッセージです。

※ 分かりやすく表現するため、専門用語ではなく、日常的な用語を使っています。







Last updated  2019.10.19 19:56:45
2019.04.16
カテゴリ:弁護士業務

心から信頼している親友であり、もっとも尊敬する弁護士の一人でもある渡辺淑彦さんが、超過密スケジュールの中、静岡まで来てくれました。

渡辺さんとは、相馬ひまわり基金法律事務所の初代・2代目という関係以来のお付き合いです。
先日、探し物をしていた時に、2007年、つまり、12年前の新聞記事を見つけました!



身体も大きいですが、何より心がどこまでも広くて大きい渡辺さん、どんな感情も暖かく包み込む心には、12年前と変わらない正義感と情熱が満ち溢れています。

渡辺さんは、どんなときも、「葦名さんなら大丈夫」と言ってくれます。
客観的にも主観的にも、全然大丈夫じゃないときに、渡辺さんがそう言ってくれると、「そうかな、大丈夫かな」と思えてくるから不思議です。渡辺さんは魔法使いではないので、私の目の前にある困難を消し去ってくれるわけではありません。でも、もう一度自分を信じて、もう一歩前に進んでみようと思えます。実は、その「一歩」が、すべての始まりなのですよね。

そして、私も、どんなときも、「渡辺さんなら大丈夫、絶対大丈夫」と思っています。
揺るぎなく信頼できる人がいるというのは、本当に幸せなことです。

いつも本当にありがとう。







Last updated  2019.04.16 13:05:02
2019.02.21
カテゴリ:弁護士業務

「誰かの支えになろうとする人こそ 一番、支えを必要としています」

・・・この言葉に出逢ったのは、数年前のことだ。
朝日新聞の土曜日版に、「フロントランナー」という各界で活躍されている方を取り上げた連載記事があり、その中で、在宅医療に取り組む小澤竹俊医師が紹介されていたのだ。

小澤医師が、高校で講演した際に、聴衆の一人だった女子高生が、「誰かの支えになろうとするこの先生こそ、一番、支えを必要としていると思いました」という感想を寄せてくれたという内容だったと思う。

もう手元に現物の記事はなく、インターネット上でも公開がされていないようなので、うろ覚えなのだけど、この手紙を読んだ小澤先生がとても心を動かされたと仰っている下りに、自分も共振したことを今でも鮮やかに覚えている。

私も、「誰かの支えになろうとするこの先生こそ、一番、支えを必要としていると思いました」なんて言われたら、堤防が決壊して泣いてしまう。
守りたい誰かのために頑張っている人の張り詰めた孤独な心に、まっすぐに入り込んでくる本質を突いた暖かで率直な言葉。この女子高生の鋭敏で柔らかで瑞々しい感受性と言語能力に驚嘆する。

もう一度、あの記事を読みたいと思って検索していた過程で、下記のインタビュー記事を見つけた。
短いけれど、深くて一読了解できない、どこか特定して引用するのが難しい、どういう意味だろうと心に引っかかる感じの味わい深い素敵なインタビューだったので備忘録代わりにブログにアップしておきます。

https://withnews.jp/article/f0171026002qq000000000000000W00o10101qq000016128A

最近、私が支えなければならない人たちに、実は私が支えられていることを実感します。
だから、いつも以上に、この言葉が心に響くのかもしれません。
私の人生の大切な日々を誠実に丁寧に積み重ねていきたいと思います。








Last updated  2019.02.21 00:28:18
2019.02.09
カテゴリ:弁護士業務
​小学校4年生の女の子が父親からの虐待によって命を失った事件、一人の大人として悲しい。
そして、一人の法律家としても、本当に悲しい。

報道によれば、女の子の必死のSOSは、下記の経過を経て、加害者である父親の手に渡ったとのことだ。
https://www.chibanippo.co.jp/news/national/567367

「一時保護の解除後に行われた三者会談で、容疑者は出席した校長や担任、市教委職員らに「名誉毀損(きそん)」「訴訟を起こす」「異議を申し立てる」などと威圧的態度で主張。アンケートの閲覧と複写を要求し、「家族を引き離された気持ちが分かるか」「解除はもう暴力がないということだろう」などとどう喝したという。

 厳しい要求に押し切られるように市教委は児相に連絡せず、独断で渡した。担当者は「重篤な危機感がなかった。渡すことで(心愛さんに)どのような影響があるか引っかかったが、(父親の)恐怖で追い詰められていた。私の判断で、守れる命を守れなかった。取り返しのつかないことをした」と悔いた。」

​「名誉毀損」「訴訟を起こす」「異議を申し立てる」等の法的手段を講じる旨の言葉が、「威圧的な態度」と共に、脅迫的に作用したことがうかがえる報道だ。

大きな声と恫喝的な態度で、「訴えてやる」的なことを言われたら誰だって怖い。その気持ちは痛いほど分かる。そして、仕事上、教育行政の現場にいる人たちの状況を少しだけ仄聞する機会がある私としては、どれほど現場の方々が心身共に疲弊しているかも想像できる。報道にもある担当者の恐怖と後悔の念、察するに余りある。

でも、「この段階で弁護士に相談してほしかった」とは、やはり強く思う。
弁護士は紛争の渦中に身を置く仕事なので、法的手段は、紛争解決の有効な道具の一つである。
「訴えてやる」と強い態度で言われることは日常茶飯事で、へっちゃらとまではいかなくても、少なくとも恐怖を感じることはないし、事案によっては、言い方はともかくとして、「どうぞどうぞ。是非、訴えて下さい。裁判所でお話ししましょう」と応じることも決して珍しいことではない。

紛争解決の方法に何を使うのかは、依頼者のご意向や相手方のキャラクター等の「人」の要素と、どのような分野で、どのような点に対立が生じているのか等「事案」の相関関係で決まってくる。

一見軽微な事案でも、「これはとても話にならない相手だ」と判断すれば、むしろ積極的に調停や訴訟をお勧めすることがある。漫然と訴えられることを待たずに、公の場での協議が望ましいと考えて、こちらから裁判所に土俵設定することもある。

逆に非常に複雑で争点が多いいわゆる難しい事案でも、相手方にも早々に代理人がつき、一つずつ話し合いを積み重ねていけると判断すれば、交渉での解決をお勧めすることもある。

実際には、上記のような単純化は不可能で、本当に事案毎に慎重に、事案の推移を見極めながら、時には色々な方法を組み合わせての解決を模索していくわけだが、要するに、「訴えてやる」といわれた場合は、弁護士に繋いでもらえれば、何らかの適切なアドバイスができるということは、声を大にして言いたい。
恐怖に支配されて理性を失って、とりかえしのつかない判断に至る前に、冷静に対応を検討する機会があれば良かったのにと痛切に思う。

どうしたら最悪の事態を防げたのか。
教育行政の最前線の現場で疲弊している個々の方々に責任を押しつけることなく、この社会を構成する大人の一人として、現場にいる法律家の一人として、私は自分の問題として、考え続けたいと思う。






Last updated  2019.02.09 08:30:29
2018.12.09
カテゴリ:弁護士業務
​昨日12月8日、憲法学習会の講師をつとめました。
奇しくも、77年前に太平洋戦争が始まった日です。

講義の表題が、孫からの「憲法ってなあに?」と答えられる"ばあば"になる!であることからも分かる通り、30名くらいの参加者の大半がご高齢の女性でした。

私の話は余り代わり映えせず、時折、憲法の条文を引用しながら、憲法の成り立ちや役割、法律との違い等を説明していくというものでしたが、皆様に本当に熱心に耳を傾けて頂きました。貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

でも、今日本当に書き留めておきたいのは、私の話が終わった後のフリートークコーナーでの出来事です。
一番前に座っていらした紫のグラデーションのニットをとても素敵に着こなされていたおばあさまが、こんなことをお話しして下さいました。

私が小学校2年生の時に、戦争が終わりました。
ああ、今日から、夜も灯りをつけていいんだ、B29も来ないんだって、灯りってこんな明るいんだって、びっくりしました。

先生が、先ほど、憲法が保障している自由は当たり前の自由じゃないんです、戦前は、皆、言いたいことも言えずに我慢して、いつ捕まるか分からなかったと仰っていたでしょう。

でもね、産まれたときから「戦前」の私にとってみれば、「我慢をしていた」わけではないんですよね。

学校では、天皇皇后両陛下のお写真に深くお辞儀をすることから一日が始まります。
近所には出征する兵隊さんがいて万歳で見送るんですよ、兵隊さんの家族はそこでは笑顔で、でも家に帰ってから泣くんだって皆知っていましたけど、でも皆の前では笑顔なんですよね。
母は、私が学校から帰る時間は竹槍訓練をしにいっていました。いつか、夕食時になっても帰ってこないから見に行ったことがあります。白い割烹着を着てね、一心に訓練を続けているの、何故か目に焼き付いているわ。
いつもお腹がすいていて、毎日さつまいもを食べてました。今みたいな甘いさつまいもじゃないのよ。
子どもも大人も、お国のためだ、日本は戦争に勝つんだって、信じていた。信じていた、なんてもんじゃないわね、当たり前にそう思っていたの。

こんな毎日が、私の生まれてから目の前にある毎日だから、もうその毎日しかないわけだから、我慢したわけじゃないんですよ。それを受け入れるしかなかったわけです。

だからね、戦争が終わって、今日から夜も灯りをつけられる、学校で教えられることもがらりと変わるとなって、初めて、私は、今まで当たり前だったことが全然当たり前ではなかったということが分かったんです。嫌なもの、嫌いなものを口に出しても良い世の中になったのね。私は、今でも、子どもたちが防災訓練に使う「防災ずきん」が大嫌い、空襲の時の防空ずきんを思い出すから。それと、花火。ひゅ~っていう音が、あの光が、B29の音と一緒です。それとさつまいも。みんな大嫌いですよ。

一人一人思っていることは違って良い、得意不得意があって良い、皆違って良い、本当に素敵ね。
戦前は、学校でも地域でも、全員同じことに取り組んで同じ成果を挙げて同じ事を考えていないといけなかったのよ。皆同じじゃないといけなかったの。

私はもう退職したけど、20年前まで保育園に勤めていました。だから、私の園では、「皆同じ」を徹底的に排除しました。そう、私にとって当たり前だと思っていた日常、私は大嫌いだったってことを、戦後になって私は気付いてしまったから。

絵を描くのでも、得意な子は何枚も描くけれど、なかなか描き出せない子もいる。でもそんな子がお散歩に行った後だと、凄く印象的な絵を描いたりするのね。決められた時間内に描く必要なんてないじゃない。一人一人違うのが面白いわね。

お散歩も、綱をつかませていくなんて絶対嫌だった。さっさと歩く子も、道ばたの石ころやどんぐりを拾いながら歩く子もいた。遅い子もいた。でも、遅い子を待っている子もいた。

そういう中で自然にお互いへの思いやりが育ってきてほしいと思っていましたね。

本当に心に刻まれるお話しでした。
価値観が一つしかないことが当たり前だった世の中のこと、戦後生まれの私は、肌で体感していません。でも、今日のお話で、少しだけ、そのような社会の恐ろしさ、怖さが、想像できたような気がしました。我慢している自覚も持てない恐ろしさは、私の漠然とした考えていた「息苦しい社会」をはるかに超えた境地に達しているような気がしました。

以前、憲法学者の佐藤幸治先生から頂いたご講演録の中に、「異説、異論を許さずに社会を一色に染め上げて、結局一人一人の人間を“モノ”のように扱う全体主義に強い違和感を抱き、立憲主義に格別の思い入れを抱いて勉強を続けて」という一節がありました。
https://www.med.niigata-u.ac.jp/yujin/seminar/
*ご講演録は正式に公刊されたものではないようで、インターネットから取得することはできないようです。
*ほぼ同趣旨のご講演として「法を学ぶことの意義-憲法学徒の断想-」(2017年、早稲田法学、第92巻第2号)があります。

ご講演録は、二つとも、深い知性が煌めくような素晴らしい内容でしたが、とりわけこの一節には、佐藤先生の全体主義に対する強い拒否感が心に流れ込んで来るような気がして衝撃を受けていました。
ただ、今日のおばあさまのお話を聞いて、佐藤先生の仰りたかった世界観、つまり、戦前の世の中のあり方が、色と音がついた風景として再現されてきたような気がします。

77年前に始まった戦争を体験した方々の想いを受け継いで生きる責任を改めて感じた一日でした。​






Last updated  2018.12.09 07:54:03
2018.12.06
カテゴリ:弁護士業務
昨日、12月5日は、私が、以前在籍していた静岡綜合法律事務所の所長でいらした中村順英先生の8年目のご命日でした。

以前にも追悼記事を書かせて頂いているのですが、ご命日ですので、改めて、少し書かせて頂きます。
https://plaza.rakuten.co.jp/yyy0801/diary/201301060000/

お昼休みの時間を利用して、私と同じく、元々、同事務所に在籍していた事務局Aさんと共に、中村先生のご自宅にお伺いしたところ、奥様が優しい笑顔で出迎えて下さいました。

仏壇というよりセンスの良い家具のようなコーナーに中村先生の笑顔の写真、綺麗なお花が飾ってある気持ちの良い空間に、明るい日の光が一杯差し込んで、まるで中村先生が顔を出して下さったような気がしました。

美食家でいらした中村先生のご贔屓のお店の方が用意して下さったというとても美味しいサラダやロールキャベツを頂きながら、本当に短い時間でしたが、中村先生に色々とご報告したりお話しできたりしたような気がして、とても嬉しかったです。

私は10年前に、まったく地縁がなかった静岡に来て、静岡綜合法律事務所に受け入れて頂きました。地図もない広大な海に乗り出していくような心細い気持ちになっていたあの頃、多くの人に慕われる船長が率いる船に乗り込ませて頂くことができたことで、どれほど私は助かったか、安堵したか、とても言葉になりません。

人物も仕事ぶりも分からない経験の浅い弁護士を快く受け入れて下さった中村先生の懐の深さが、あの当時より今、自分で事務所を経営するようになってからの方が良く分かります。

中村先生は、本当に人間が大好きで、そしてまた、中村先生を大好きで頼りにされる方々が、沢山いらしたので、事務所はいつも賑やかでワイワイガヤガヤ大騒ぎでした。
どんな国籍のどんな人柄のどんな属性の人とも、本当に誰とでも分け隔て無く付き合い、人の輪の中心で豪快に笑っているお姿が誰よりもお似合いだった中村先生、きっと、天国でも、沢山の人の輪の中にいらっしゃることでしょう。

いつも見守って頂いているような暖かな気持ちを胸に、今日も一生懸命にお仕事しようと思います。






Last updated  2018.12.06 19:57:08
2018.10.31
カテゴリ:弁護士業務

先日、相談室に入ると、明らかに一回り細くなったXさんが輝く笑顔で迎えて下さった。
詳細は書けないが、様々な苦難の中で蓄積していったストレスがひたすら「食べること」に向かい、移動することが困難になるほどの体型になってしまったXさん、今は、毎日工夫してダイエットをすることが楽しくてたまらないのだという。

サプリメントや手術という方法ではなく、食生活の見直し、筋力トレーニング、水泳などの自助努力を組み合わせて、自分で目標を立てて達成していく日々のこと、たまのご褒美おやつのこと、ダイエット仲間のこと、応援してくれる家族のこと、これからの目標体重のこと、とても楽しそうにお話される。

なんてキラキラの笑顔、と見とれながら、「素敵ですね~」と相槌を打っていると、「全部、先生のお蔭です。先生に巡り会わなかったらどうなっていたか。それに、ほら、先生、どんなときも、私が辛いときも、大丈夫大丈夫、って、今みたいにいつでも笑顔で私のこと見て下さるでしょう?私、先生の笑顔が本当に大好きなんです。」と言って下さった。

「いやいやいや、Xさんの元々持っていらした素敵な性質が表に出てきただけですよ、全部Xさんのお力ですよ」と言いつつ、ふと涙がこぼれそうになる。私の笑顔が大好きと言ってくださったから我慢しましたけど・・・。

分かりやすい「勝ち」は勿論、事件が良い形で解決すること、を含めた「結果」が、いつでも仕事の一番の目標だし使命だと思っていますが、私は、依頼者の方が、自分の「今」を好きになって、自分の「未来」を楽しみにしていることを何気なくお話されている際に、「キラリ」と輝きがこぼれる瞬間が、本当に好きです。

「キラリ」は、言葉だったり、笑顔だったり、涙だったり、仕草だったり・・・色々な形をしていますが、本当に綺麗です。この瞬間は、弁護士になって本当に良かったなと思います。

弁護士は、目の前の誰かのために頑張るお仕事ですが、守りたい誰かに、色々な形で支えられているお仕事でもあります。
私を支えてくださっている沢山の皆様、いつも本当にありがとうございます。







Last updated  2018.10.31 09:20:27
2018.10.05
カテゴリ:弁護士業務

先日、静岡大学法科大学院出身で、本年度の司法試験に合格したKさん、Sさんが、事務所にご挨拶に来てくださいました。

同僚の間さん(同大学院で、刑訴法の講義や模擬裁判などを担当されています)と一緒に、「本当におめでとうございます!」と言いながら、今後の進路や興味をお持ちの分野などを話題に楽しくお話ししていると、Kさんが、もじもじと、「あの、実は、僕、静岡大学で古口先生と一緒に授業されたときに、葦名先生が配られたレジュメ、何度も読み返して、絶対に頑張ろうと思って、切り取って自習室の机にもいつも貼っていたんです」と手帳から大切そうに小さな紙を取り出し、見せて下さいました。

セロテープの補修の痕、Kくんの書き込みがある、歳月を経て黄ばんだ紙は、紛れもなく私が静岡に来た当初、自分の存在意義が分からず、不安一杯だった時期に、古口章先生にお声かけ頂いて際に私が用意したレジュメの一部でした。もう7~8年近く前ではないでしょうか。古口先生にお声かけ頂いた際の思い出は、過去にも書いたことがあります。

https://plaza.rakuten.co.jp/yyy0801/diary/201801190000/



ちょっと涙が溢れそうになりながら、写真を撮らせて頂きました。
この小さな紙が、Kさんのお気持ちを、少しでも支えてくれていたとしたら、これほど嬉しいことはありません。本当にありがとうございました。

それにしても、「法律家に必要な資質・能力」として私が挙げているものの何と難しいこと!

:人間に対する限りない愛情を持つこと、豊かな法律知識を持つこと、言葉の力と理屈の力を信じること、最後まで諦めずに闘うこと、圧倒的な向上心、誠実であること、冷静であること、柔軟性を持つこと、謙虚であり続けること、素直であること、学び続けること

・・・・すみません、今も足りない「資質・能力」ばかりです。あのときは、こういう法律家にならなきゃいけない、という自分の夢も託してお話ししたので、今読むと恥ずかしいです。

でも、未熟で不安で若かった私に再会し、10年経っても相変わらずまだまだだね、頑張りなよ、と自分自身に喝を入れる貴重な体験ができました。

KさんもSさんも、これからいよいよ実務法曹への道を歩み出していかれるのですね!
大変なことも辛いことも多いけれど、間さんと今日お伝えしたように、やり甲斐も多いお仕事ですので、どうぞそれぞれの個性を磨いて、素敵な法律家になってください!

いつでも、心から応援しています。
そして、私も、毎日頑張って、一歩でも二歩でも成長できるように努力していきたいと思います。







Last updated  2018.10.05 19:30:56
2018.09.08
カテゴリ:弁護士業務
家事をしながら、通勤等の自転車移動等、少しでも隙間時間があると、Walkmanで何かしら英語を聞いているのですが、たまにあまりにも疲れていて、全然頭に入ってこないことがあります。
やっぱり、異国の言葉は、聞き取ろうとする気力がないとなかなか難しい。

というわけで、先日、洗濯物を取り込んで畳みながら、私の女神、中島みゆきさんのCDを聴いていた。
みゆきさんのCDというか、カバーアルバムです。
「元気ですか」というアルバムに入っている楽曲を、名だたるアーチス​トの皆さんがカバーしているもの。

https://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=27&artist_id=59

このCD、同じくみゆきさんファンである夫が購入したのですが、唯一無二の天才シンガーソングライターのみゆきさんをカバーしても、みゆきさんを超えられるはずないから、あんまり気が乗らないな、という感じでした。

みゆきさん、結構いろんなアーティストに曲を提供しているのですが、正直、みゆきさんが歌った方が良いじゃん、という曲が私の知る限り圧倒的に多かったのですね。

まあなので、あまり期待せずに聴いてみたのですが、2曲だけ、みゆきさんのオリジナルをも超えた曲に仕上がっているものがありました。あくまでも私の勝手な認定ですけど(笑)。

槇原敬之さんがカバーしている「空と君のあいだに」と坂本冬美さんの「化粧」です。

空と~、は、ドラマ家なき子の主題歌で大ヒットした曲で、みゆきさんの力強い歌い方も勿論素敵です。
でも、槇原さんの不思議な声、明るくて伸びやかで透明感があって、でも、無垢じゃなくて色々な悲しみや辛さを包むような複雑さがある・・・すみません、あまり音楽的な語彙は豊富じゃない、でも、ホント天性の声で、この曲を歌われると、オリジナルとは全く違う魅力を感じます。

不器用な生き方しかできずに、裏切られて深く傷ついている若い女性に、「ここにいるよ、いつまでも」と、彼女の悲しみをすべて受け止める覚悟で呼びかけ待っている男性の佇まいが立ち上がってきます。

化粧は、これはもう、正直、みゆきさんのバージョンより、坂本さんのバージョンの方が私は好きですね。最初の歌い出しから、曲の世界観に連れ込まれ、「ばかだね、ばかだね、ばかだね、あたし」の下りでは、曲の主人公の女性になってしまって、涙が止まらなくなります。
最初から、坂本さんの曲だったな、これは、いう感じ。

槇原さんにしても、坂本さんにしても、他人の作詞、作曲の他人の歌を、自分の歌に変えてしまう力量をお持ちということで、勿論、技術的にも凄いのでしょうけど、やっぱり人間の観察力、当該曲への深い「自分なりの理解」、そしておそらく根底には、人間が生きるということに必然的に伴う悲しみや苦悩に対する深い共感力があるのだと思います。

そうじゃないと、こんなに憑依できない、単なるカバーでは響かない、自分の歌になるまで理解して歌っていらっしゃると思うんです。

それで、ふと思ったのは、他人の歌が、自分の歌になってくるような、鋭い感性とか、観察力とか、共感力とか、勿論、それを表現する圧倒的な技術とかは、弁護士にも必要とされる能力なんじゃないか、ということ。
はっとするような気付きですが、直感的に正しい気付きだと思ったので、書き留めておきます。

今日も、ひとつひとつ頑張っていこうと思います






Last updated  2018.09.08 06:45:35
2018.09.07
カテゴリ:弁護士業務
仕事柄、シングルマザーの方に沢山お会いする。
皆、それぞれの環境で、本当に頑張っていらして、時には相談室で一緒に泣いてしまうこともある。

先日、すごく頑張っていらっしゃる方が、

「離婚して良かった、本当に良かったと思っているのは本心なんですけどね。でも、子どものためには、『夫がいる』『父がいる』って言えた方が良かったかなって思うときもあります。ホント形だけで良いので、表札代わりで良いので。」

という想いを、泣き笑いで吐露されていた。

幼稚園や保育園、学校からのプリント、保護者同士での会話、色んな局面で、「両親が揃っていることが当然の前提」という圧力を感じて、すっと流したり、会話の輪からさっと離れたりして、子どもは勿論、ご自身が極力傷つかないように、工夫して意識しないようにはしているのだけれど、それでも、そういう努力を日常的に積み重ねていく中で、心に溜まっていく想い、本当に複雑だろうと思う。

人によって想いの内容の深さも異なるだろうし、その人ごとに異なる対処法があるだろうし、だから、何か結論付けたり、決めつけたりするつもりもないのだけれど、色々な立場の人がそれぞれの複雑な思いを抱えて生きている社会の一員として、いつも自分ではない誰かの思いを汲み取ろうとする想像力と感性を鋭く働かせていたいと思う。






Last updated  2018.09.07 06:16:54
このブログでよく読まれている記事

全137件 (137件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.