432198 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゼノタのブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


ゼノタ@Z・3

Favorite Blog

熊、楽に襲来。 BASARAplusさん
日本・アンチテキパ… かや子さん
NEW絶アニ 奄美亜頭鬼NEWさん

Comments

通りすがりの者@ Re:機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線 vol.1『あの死神を撃て!』(10/28) 結構面白かったですよね、この重力戦線。…
通りすがりのガノタ@ Re:ガンダム・ガンキャノン・ジムのジェネレーター出力(11/18) 素人考えで大変恐縮なのですが、 ガンダム…
野良犬@ Re:ガンダム・ガンキャノン・ジムのジェネレーター出力 いまさらであれなんですが >どうも原子力…
ゼノタ@ Re[2]:ガンダム・ガンキャノン・ジムのジェネレーター出力(11/18) お返事貰えないので改めて自分で調べまし…
ゼノタ@ Re[1]:ガンダム・ガンキャノン・ジムのジェネレーター出力(11/18) 野良犬さん >どうも原子力推進器と熱…

Freepage List

Headline News

2010.11.14
XML
カテゴリ:アニメ感想
今回もシリアス回で、尚且つ急展開でしたね。

前回より面白かったけども。

海女さんはちゃんと綺羅星団から非難を受けてたし、タクトは三角関係について、
タクトなりに考えてたし。

スガタが復活、そのまま綺羅星側へ?という展開もこのタイミングでやることに
よって、ラスボス=スガタ説が揺らいじゃったし、そういう意味では今後のシナリオが
どう進むのか、という点で先読みし難くなりました。

まぁやっぱり物語の文脈が乏しいので、続き物として今一ですけども。

例えば、折角、綺羅星団の人たちは、タクトを倒したものが指導者のポストを手中に納める
ということにしてたわけですが、その部分はキレイに流されましたよね。
スガタを祭り上げるという文脈は今まで無かったわけですよ。

ストーリー(脚本と言った方が良いのかな?)って現実でも必要なんです。
過程と結果というのは必ずしも一本道ではないですけど、その結果を導くための過程
というのは、やっぱり必ず必要だと思うんです。
“輝きのタクト”はその部分がかなり杜撰ですね。ファンタジーな世界観だからとかは
あんまり関係ないはずなんだけどなぁ。

“考えるな、感じろ!系”という私のファースト・インプレッションは正しかったかな、
と思ってしまいますね。

次回でタクト VS スガタをやれば、ちょっと違う方向に進んでくれるのでしょうかねぇ。






Last updated  2010.11.14 21:34:55
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.