000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

クマのぼやき部屋

2004.7.29 阿蘇ツーリング(初日)

7月29日
AM:5:45携帯のアラームで目覚める。
昨夜早く眠られるようにと焼酎を3杯ハイペースで飲んだためか、少し二日酔い気味
うーん2杯で抑えておくべきだったか~(爆)
気にせずに出発準備にかかり、AM6:10自宅を出発。
有川のターミナルに到着後乗船手続きを済ませ、しばらくしてからフェリーに乗船する。
この日は中学校県総体があるためか家族連れが多く、ゆっくり休めそうにない雰囲気がちらほらとしている。
AM7:00佐世保へ向けて出港、いよいよ楽しいツーリングが始まるかと思うと年甲斐もなくウキウキしてしまう。

DSCF0001.jpg


1時間程して家族に約束のモーニングコールをして、さぁ寝ようとしていると家から電話がかかってきて
眠るタイミングを逸してしまいとうとう寝る事ができなかった。
AM9:40定刻通り佐世保到着、すぐにICに向かい高速に乗り快走しまくる。
ZEPの時に比べてZ750Sは快適の一言、ZEPの時は100km/hで怖さを感じていたのだが
全然平気思わずスロットルの捻りが大きくなってしまう。
最初は日田まで行こうと考えていたのだが、走っているうちに気が変わってしまい一気に熊本まで走る事にする。
途中金立PAエリアで休憩、土曜日なのでバイクも何台もいるだろうと期待していたのだが、どういう訳か私一人で拍子抜けしてしまう。

DSCF0002.jpg

しばしまったりと過ごし、熊本ICへ向かいAM11:30頃熊本着、国道57号をひた走り道の駅大津に向かう。
このあたりからちらほらとバイクが目に付くようになり、一層ウキウキとした気持ちになる。
道の駅大津で所沢から来たという元気なGB乗りの年輩の方と地元のV-MAX乗りのライダーを話しをする。
さすが埼玉から来ただけあって、格好から走り屋の雰囲気を醸し出してたな~。
しばし歓談後ミルク牧場目指して、県道225号に右折しグリーンロード目指して道なりにひた走って行ったら、おやぁまた国道57号に戻ってしまってるじゃん(方向音痴炸裂)Uターンするのも面倒だからそのまま直進し阿蘇大橋交差点を右折、一路高森へだんご汁を目指してひた走り
やっとの思いで「だいこんや」に到着して、目的のだんご汁定食にありつく。
汁と天ぷらは好みの味だったのだが、その他の漬け物類は好みの味ではなく残念・・・。
この後の予定は決めかねていたので、時間が許す限り阿蘇路を堪能しようと地図を開いて行き当たりばったりで
行こうと言う事で「だいこんや」を後にする。
阿蘇の外輪の265号を北上し快適ロードをひた走るが、綺麗な景色が目に入るものの、すぐに終わってしまい撮影ポイントを逃してしまう(爆)

坂梨に着き一回目の給油 走行距離 257.8km 12.5L (20.6/L) 

給油を終え進路を西側に取り阿蘇駅前交差点を右折し県道11号線~やまなみハイウエイ途中左折して本日一回目の大観峰へ到着し一時休憩。
いや~、バイカーのメッカというだけあって、居るわ居るわ五島じゃ拝めない程のバイカー、しか~し何十台ものバイクが
集まってるのに、Z750Sは俺一台だけ・・・うーんやっぱりマイナーっすかね~、せっかくRID’Zのステッカー貼ってるのに布教できないじゃ~ん(悲)
気を取り直して山頂にいってみると、上空では「パラセーリング」を楽しむ人達が気持ちよさそうに飛んでいた。

DSCF0004.jpg
涼しそうで気持ちよさげ

DSCF0006.jpg
展望所より外輪山を望む

DSCF0007.jpg

次は下に降りて西側のパノラマロードを通って阿蘇山頂へ行くべく212号を下って行き内牧温泉入口交差点まで
降りてきたのはいいのだが、標識を見てみると東側登山道左折になっている・・、ここで勘違いした俺は右折してしまい三久保方面に走ってしまうが、おかしい事に気付き近くの店で道を尋ねると、内牧温泉交差点を右折するように教えられる。
ここで言い訳・・・265号を東側登山道路って勘違いしていた(^◇^;)
元来た道を戻り、本線復帰しパノラマロードを通り草千里・山頂ロープーウエイ乗り場へ何とか着き、火口付近まで行こうかと悩むが有料道路を通るがもったいないし引き返すことにした。

DSCF0009.jpg

DSCF0011.jpg
草千里

DSCF0012.jpg
火口

パノラマロードを戻り212号線を上って本日2度目の大観峰へ、やはりバイカーで一杯でしたね~。
しばし地元のライダーと歓談した後南小国にライダーハウス「Ripapa亭」へ向かう。
場所を間違いながらもなんとか無事到着し、北九州の仲間と2年ぶりの再会、石釜ピザを食べながらRipapaさんを交え楽しい一夜を過ごすことが出来充実した一日を終えた。

DSCF0015.jpg
石釜ピザ 
セルフで釜に入れる体験をさせてもらいました。




 



© Rakuten Group, Inc.