051668 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

クマのぼやき部屋

極寒雲仙・阿蘇ツー初日(2006.12.03)

12月3日
AM6:00
あたりはまだ暗くちょっと冷え込みがあるが、元気良く有川港へ向けて走り出し5分後到着。
arikawako.jpg
出発前の有川フェリー桟橋・・。まだまだ暗い。

佐世保港に到着すると、Sさんがお迎えに来てくれていた。(昨日の天気予報で、阿蘇・福岡方面は天気が悪いとのことで、予定変更して雲仙ツーに行く事になっていた。)
ターミナルでしばしコーヒータイムを取り、10時に雲仙へ向けて走る。
みなとIC~大塔針尾バイパス~R35~(中略)を通り、快適な大村レインボーロード・諫早市内~千々石展望所へ
そこにはN大学モーターサイクルクラブや、その他数台のバイカーが集まっていました。
chijiwa1.jpg
SさんのバリオスとマイZ750S

chijiwa2.jpg
千々石展望所より千々石海水浴場

じゃがちゃん(串刺しのジャガイモのフライ)を食べながらしばしまったりした後、う~ちゃんお勧めのコースを通り仁田峠へ向かう。
有料道路を走ってみると、道幅が狭く(片側一方通行)道幅いっぱい使って走ろうとするが、へたれの本領発揮しモタモタ運転で、Sさんからはかなり離されやっとの事山頂へ到着した。
エンジンを切りグローブを取ると、ちょっと冷えるとかんじたのだが、とうもろこしを買って休憩所へ・・。
toumorokosi.jpg

休憩後外へ出ると、Sさんが温度をみて驚いていた。
柱の温度計を見てみると何と「-1.5℃」を指しているではありませんか~!!
生まれて初めて氷点下の世界を体験しました。
長居は無用と言う事で、お昼を食べるべく下山した。
下りになると滑る箇所があったので、遅い(へたれ)ペースで下山したのだが、ここでもSさんは何事もなく下って行ってしまい、姿は降りきるまで見えませんでした。
腕の違いが顕著に現れましたね~(汗)
仁田峠・俵石展望所を抜け布津に着き、やっと昼食に・・・、待ってました~!!
鶏の唐揚げで有名な「白石」です。
siraisi.jpg

で、注文したのがこれ
siraisi2.jpg
ももの唐揚げ定食・・・59?円(忘れてしまってる~)
初めてもも一本の唐揚げを見ました。
かりっとしていて、なかなかのお味でございました。

その後深江~島原まゆやまロードに入り撮影ポイントにて
fugenndake.jpg
あいにくの曇り空で、普賢岳の頂上が見えませんでした・・・。

次にがまだすロード~R251と通ってGS唐古で最後の休憩を取る
sutando.jpg

給油とコーヒータイムをとり、寒さを身体の芯まで感じながらひた走り、PM5:20ホテルへチェックイン完了しました。
この日の夜は、PM8:30より佐世保のメンバーとCBM。楽しい一時を過ごしながら、一夜は更けて行きました。
さて、明日はどのコースで阿蘇・福岡を目指そうか・・。


© Rakuten Group, Inc.