088482 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

オートキャンプへ行っちゃおう♪

ワンポイントアドバイス



BBQ後の炭はどうやって後始末する?
火種が完全に消えてからしかるべき場所へ処分する。こんなこと当たり前ですよね? でも、これができない人もいるのです。 炭自身が炭素でできていて、永久に腐ることはありません(土にはなりません!) そのまま地面に捨ててしまえばその部分の土は死んでしまい、草木が生えてこなくなります。 また、早く消そうと水をぶっかけようなんて考えないで下さい! えらい目に会いますよ(1度経験すると2度とやらないでしょう)

サイトの木立を利用してロープを張る時
自分のサイトにタープやロープを張っている人がいますが、その時に サイトにある木立にロープを直接まいているのを良く見かけます。 直接ロープを巻いてしまうと、木に食い込んで痛んでしまいます。 良識あるキャンパーは、木にタオルなどを巻いてその上にロープを 巻いて利用します。タオルなどが無ければ新聞紙でもかまいません。 ちょっとした心遣いが大切ではないでしょうか?

BBQ途中での着火材追加
毎年1回は事故として報道されていますが これは非常に危険!チャコールなどの固形の着火材ならまだしも よくあるチューブに入ったノリのようなやつ。あれは危ない! 実は僕も一度小爆発を起こしました(^^;)。ほんとに爆発しますよ、あれは。 それに、チューブタイプの着火材はあまり着きが良くないので それ以来チャコールを利用してます。

標高が高くなると季節が変わる
知ってる人は知ってるけど、標高が100m上がると気温は0.6度下がると言われている。標高が0mと1500mでは温度差が約9度もあるんです。住んでいる所が初夏や夏の終わりでまだまだ暑いな~って思って標高の高いキャンプ場だとすっかり冷え込みます。以前、AIMIX自然村南乗鞍オートキャンプ場へ8月末に行った時、当然下界ではまだまだ真夏。でもキャンプ場に行ったその晩!長袖長ズボンどころかジャンパーがいりました。あらかじめオーナーに聞いていたんでよかったけどね。事前に、オーナーに最低でも朝晩の気候は聞いておこう


ジャンル別一覧
人気のクチコミテーマ

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.