184717 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マスP文庫

PR

プロフィール


Master P

お気に入りブログ

日本の野生蘭 ショ… New! himekyonさん

FC東京、鳥栖に7連… New! simo2007さん

左足指をテーブルの… New! 空夢zoneさん

預かり猫ちゃん 6… New! ララキャットさん

蕎麦とクッキーちゃん New! パパゴリラ!さん

猛暑日 おり2002さん

夏野菜成り出す 幸達爺さん

ほっぺちゃんの マ… ほっぺ001号さん
ソフト部あきちゃん… ソフト部あきちゃんさん
Musashino SnapShot gekokuroさん

カテゴリ

2014.04.08
XML
魔鬼田の言葉に猿渡は狼狽した。

まさか政治も経済も世論も一人の意のままに動き、国民をその人間に狂信的に服従させる事の出来る禁断のアイテムがあろうとは思いもしなかったからだ。しかも、平然と魔鬼田の口から出た事に驚いた。

もし誰かが禁断を冒しこれを使ったらどうなるのだろうか?
まるでヒトラーではないか?

彼は大きくため息をついてソファに身を沈めた。

しばらくソファに体を沈め天井を見つめながら、どうにかこのアイテムを利用して自分の人生をもっと好ましい方向に、いやもっと誰も手に入れた事がないほどの成功へと至る方法はないか思案を巡らしていた彼だったが、不意に胸の携帯電話がなり思考を中断せざるを得なかった。

それは母親が療養する完全介護の療養施設からだった。そう言えばもう5か月はご無沙汰だったのを思い出した。

今や売れっ子芸人の仲間入りを果たした彼は、そんな時間などないのもあるが、どこか煩わしささえ感じているのが正直な所だった。

「はい猿渡です。」

そう言って携帯電話を耳に押し当てたまま、しばらく彼は放心したように聞き入っていた。

「は、はい、わ、分かりました。」

そう言って彼は静かに携帯電話を切った。

「どうかなさいました?」
魔鬼田は怪訝な顔をして猿渡の顔をのぞくように見つめた。
猿渡はしばらく黙っていたがやがてポツリと言った。

「お袋が死んだ。」

それからバタバタと葬式の準備が始まった。
山の様に入っているスケジュールはマネージャに色々やりくりさせて、どうにか一日間の空きを作る事が出来た。

母ひとり子一人だったせいもあり何をしてよいのかも皆目分からなかったが、どうにか葬式も最後の喪主挨拶まで漕ぎつけた。

しかし、猿渡は今別の事を考えていた。

今ここで涙を誘い、親孝行な息子として気丈に振るまい、世間の同情を一身に集めれば彼はもっと大きな成功や富を手に出来ると。

やがて喪主挨拶が始まった。
猿渡は噺家らしくあらん限りの言葉を尽くして、涙を誘う挨拶に自分ながらなかなかうまく出来ていると密かに自画自賛しながら訥々と挨拶を進めた。

母子での苦労話や、母の思い出、母への感謝、母への愛。
会場のあちらこちらから漏れる嗚咽にその出来が手に取るように分かった。

と、その時・・・・

会場の誰かがついにこらえきれずに、プッと吹き出した。
その途端堰を切った様に、しめやかな葬式会場は弔問客の大爆笑の渦となり、笑い顔で溢れ、笑いが笑いを加速して、腹を押さえる者、膝を叩く者、座席で飛び跳ねる者など、収拾もつかないほどの笑い顔の洪水となった。

ここでも猿渡犬太は最高のお笑い芸人だった。

会場の後ろでは悪魔が紫の斑点の黒い実をギュッと握りしめ、猿渡から放たれるどす黒い悲嘆を思う存分堪能していた。

Copyright (C) 2014 plaza.rakuten.co.jp/zakkaexplorer/ All Rights Reserved.

「雑貨Explorer」

今回のキーワードは「急変」で、5,038件ヒット。

いつぞや救急訓練でAEDの使い方を習ったが、いざという時は手際よくできるか心配。やっぱり日頃の心がけが大事。


猿渡も昔はこの話の結末の様じゃなかったのに・・・・・


頭はいいかも知れないが、体はずぶ濡れだな。


いざとなると本を読んでいただけではやっぱり。
DSソフトだけど一応シミュレーションだけでもしておけば少しは違うかも?









最終更新日  2014.04.08 16:48:18
コメント(6) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:悪魔貸します株式会社 ~売れない漫才師 - 急変~   himekyon さん
あらあら、喪主の挨拶が、お笑いとっちゃったんですか、ここから狂いだすんですね
今回は、日程上、コータッツ王のところへは行けずです (2014.04.08 21:24:19)

Re:悪魔貸します株式会社 ~売れない漫才師 - 急変~(04/08)   yuriccyo☆ さん
5か月もお見舞いに行っていなかったお母さんが亡くなったのに、自分の成功の為に利用しようとは既に悪魔に良心を奪われてしまったようですね。
それにしても群集心理とは摩訶不思議なものですね。。 (2014.04.09 12:13:07)

Re:悪魔貸します株式会社 ~売れない漫才師 - 急変~(04/08)   なすこの親分 さん
欲を出し過ぎてしまったようですね。
売れてお金を持つとそんなものなのかな。

タイムマシンとどこでもドアはあってほしいものです。
でも博士、やっちまいましたな(* ̄m ̄)
(2014.04.09 16:34:58)

Re[1]:悪魔貸します株式会社 ~売れない漫才師 - 急変~(04/08)   Master P さん
himekyonさん
>あらあら、喪主の挨拶が、お笑いとっちゃったんですか、ここから狂いだすんですね
>今回は、日程上、コータッツ王のところへは行けずです
-----
>ータッツ王は元気というか更にパワーアップという感じでした。お友達(前に行ったときに私も一緒に飲んだ方たち)と和気あいあいの談笑で、3時間近く過ごしました。

(2014.04.12 15:43:29)

Re[1]:悪魔貸します株式会社 ~売れない漫才師 - 急変~(04/08)   Master P さん
yuriccyo☆さん
>5か月もお見舞いに行っていなかったお母さんが亡くなったのに、自分の成功の為に利用しようとは既に悪魔に良心を奪われてしまったようですね。
>それにしても群集心理とは摩訶不思議なものですね。。
-----
悪魔はここでも悪魔の実を弔問客に食べさせてしまったのでしょうね?
悪魔は猿渡の苦渋の発散を思う存分味わう事が出来たでしょうね?

(2014.04.12 15:47:04)

Re[1]:悪魔貸します株式会社 ~売れない漫才師 - 急変~(04/08)   Master P さん
なすこの親分さん
>欲を出し過ぎてしまったようですね。
>売れてお金を持つとそんなものなのかな。

>タイムマシンとどこでもドアはあってほしいものです。
>でも博士、やっちまいましたな(* ̄m ̄)

-----
>売れてお金を持つとそんなものなのかな。
結構惨いドーンですよね?

>タイムマシンとどこでもドアはあってほしいものです。
>でも博士、やっちまいましたな(* ̄m ̄)
ニュートンがあの数々の発見をしていなかったら、300年は進歩が遅かった事になりますね?

(2014.04.12 15:50:30)


© Rakuten Group, Inc.