157495 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マスP文庫

PR

X

プロフィール


Master P

お気に入りブログ

風邪? New! パパゴリラ!さん

晩秋に咲く花 皇帝… New! himekyonさん

ますのすし と ひ… New! おり2002さん

FC東京、アウェイ広… New! simo2007さん

博多の息子の家に行く New! 空夢zoneさん

トラブル 11月2… New! ララキャットさん

初冬 幸達爺さん

藤子・F・不二雄先生… まつもとネオさん

ほっぺちゃんの マ… ほっぺ001号さん
ソフト部あきちゃん… ソフト部あきちゃんさん

カテゴリ

2021.10.17
XML
超異空間の町カナイドのビッキー・ポーの案内で、神戸から超ミニワームホールを抜けて東京に移住したマリリンさん家族の歓迎会も賑やかに終わり、それぞれが満ち足りた気持ちで家路に着いた後、トットさんとジョンピーはマリリンさん夫婦と今後の事について話し合っていた。
「マリリンさん、東京もなかなか野良猫が住むには厳しい所だぞ。野良猫を暖かく迎えてくれる場所をどうにか探さないとな。」
トットさんはそう言うとマリリンさんを見つめた。
マリリンさんは言った。
「分かっているわ。歓迎会に来てくれた菜食ネコの会関東支部長のまめっちに聞いたんだけど、彼女の家の近くには理解のある人が多く、その辺りに住もうかと思ってるの。」
「ああ、あそこはナンキーさんのご主人が記憶喪失だったときに保護されていた動物病院があって、そうとは知らない僕たちは助けに行ったんだけど、なかなかいい所だよ。」
ジョンピーはその時の事を思いだし思わず吹き出しそうになりながら答えた。
あの時トットさんとレオ、さくら以外全員捕まってしまったけれど、残ったトットさんがドアをノックして、ドアを覗いた獣医の先生の頭の上にトットさんが飛び降りて気絶させてみんなを救ったのだ。
後から誤解とわかりみんなで大笑いという結末に終わったのだが。
「ああ、あそこはいいところだ。飼い主のなすこの親分さんもとてもいい人で、マスPのやつとブロ友とはとても思えねえよ。」
そう言ってトットさんはマスPに毒づいた。
さっそくマリリンさん家族はまめっちの住む埼玉に出発した。
「何はともあれ住む場所が見つかって良かった。」
そう言ってハトのくせに太っちょで飛べないトットさんはいつもの散歩に出かけ、レース鳩となったジョンピーはトレーニングに飛び立った。
そして・・・
そのままトットさんは行方不明になった。






最終更新日  2021.10.17 00:00:20
コメント(9) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.