391968 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

きょうのモヨウは

PR

全34件 (34件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >

原発性アルドステロン症

2010/03/27
XML
今日は久しぶりに整体に行った。

背中をマッサージしながら

「痩せましたね」の一言。

原発性アルドステロン症で副腎腫瘍を(副腎ごと)摘出してから、

ほぼ3キロやせました。50キロ前後の3キロは大きい。

これはたぶん、むくみの分。

病状として、血圧の上昇と喉の渇きがあっりました。

毎日、飲んでも飲んでも水分、特に野菜ジュース、

生の果物、柑橘類が欲しくてしょうがなかった。

結果、体中が水分過多でパツパツにむくんでおりました。

現在ではリンゴやミカンを一日に5個も6個も食べたい!とか、

それがなければジュースでも!とは思わない。

異常な果物好きは病気のせいもあったのね~と変に納得。

でも、今はイチゴの季節。

病院でお見舞いに頂いた高級イチゴは

ものすごく美味しく、1パックぺロリでした!


生産数が少ない幻のとってもジュ~シ~なプレミアム苺
ももいちご化粧箱おためし9粒入り【お試し価格2980円】











Last updated  2010/03/27 09:54:02 PM
コメント(0) | コメントを書く

2010/03/19
地元のかかりつけ病院の診察日。

血液検査の結果を見て、先生がニコニコしてる。

手術してよかったですね~♪

ここ十数年でカリウムの値が初めて標準値。

血圧はまだ高め。といっても150/80。

たいてい180/110、時々200/125以上だったと思うと

キセキみたいな値だ。

某大学病院で退院時に処方された薬を飲み続けるように指示。

来月から仕事復帰もOK。

お腹の傷を見せて痛いです、と訴えたら、

術後一週間ちょっとではそんなもんです。とのこと。

地元の大学病院でなく、都会の某大学病院を紹介してくれた

この先生にはほんとに感謝しております。


フルーツメモ (KUDAMEMO)


フルーツのかたちのブロックメモ! デスクは注目の的に♪【KUDAMEMO 6個セット(Apple)】






Last updated  2010/03/20 11:02:32 AM
コメント(6) | コメントを書く
2010/03/15
先週の今頃は、全身麻酔で意識のない中、

腹腔鏡がお腹の中をさくさく進んでいたと思うと

ずいぶん時間が経ったような、ついこの間だったような。

某大学病院で原発性アルドステロン症という病気を治療しました。

副腎にできた腫瘍ごと右副腎を摘出、

術後の経過はいたって順調で、術後5日目に退院。

病院を出たのが10時過ぎ、家に着いたのは16時過ぎ。

一人でタクシーや高速バスを乗り継いで帰りました。

誰もがこれを聞くとびっくりしたけどホントです。

さすがに術後6日目、自宅2日目という昨日は

一日中こたつで寝転がっておりました。

家に帰って血圧も少し下がりました。

もう2~3日こたつに入って過してから、

散歩したり、退院の挨拶に行くつもり。

職場復帰は4月からの予定です。

長い間高血圧でもやっとしていた頭が

だんだんクリアになっていくようでとてもうれしい♪









Last updated  2010/03/15 09:56:58 AM
コメント(6) | コメントを書く
2010/03/13
昨日夕方内科受診、本日退院となりました。
腫瘍の検査結果が良性というお知らせもいただきました。
今から荷物片付けて、また長距離バスに乗ってふるさと島根に帰ります。家に着くのは夕方です。
コメントいただき励ましてくださった皆さまに心からお礼を申し上げます。



【平成21年3月8日】
原発性アルドステロン症で 右副腎を摘出しました。
地元から車で4時間以上かかる都会の大学病院で手術。


検査のための通院・入院のたび一人で

タクシー、高速バス、タクシーと乗り継ぎ通院しました。

家族は手術の時だけ病院にきて、後はずっと一人で過ごしました。

帰るときも、術後5日(ふらふら)お迎えなし、

一人で高速バスで半日かけて帰るという私に、

同室の方々はびっくりしていらっしゃいました。

病院の売店から入院の荷物を送り出し、

10時に退院して午後4時半ごろ帰宅。

その後数日間の記憶がありません。

よっぽど疲れていたようです。


早くに退院できたのは、

抜糸する必要のない糸で縫ってもらったため。

内分泌科の診察がなかったら前日退院できてたはず。

お腹切って臓器1個取り出して4日目で退院なんて

医学の進歩はすごいです。


私がお世話になった某大学病院のその病室は

室内にトイレ、洗面所完備の4人部屋。

副腎や乳がんなど、腹腔鏡手術をする人ばかりの部屋で、

入院後、速やかに手術。

術後はICUに行かず病室で過ごして数日で退院。

退院は必ず午前11時まで、後にはすぐ新しい患者が入院という

大変回転率のよいお部屋でした。










Last updated  2011/05/28 02:13:25 PM
コメント(8) | コメントを書く
2010/03/10
朝の回診でドレーンを抜いて、傷口に防水シートはってもらいました。身体に付いてた管が全部外れてスッキリ。シャワーOKでました♪
肝心の血圧は思ったようには下がらなく、降圧剤再開しました。
以前よりはるかに少ない量です。
ゆっくり良くなるらしいです。
今日は水曜日。
金曜日に内科で血圧とホルモンの診察予定なので、退院はそれ以降となります。






Last updated  2010/03/10 09:30:36 AM
コメント(3) | コメントを書く
2010/03/09
昨日午前中、手術終わりました。
午後一、麻酔からさめてお部屋に戻り夕方まで酸素吸入。
今日から歩く練習しました。
痛いです。


☆原発性アルドステロン症で手術治療しました。

 手術は予定よりはるかに早く終わりました。

 昼過ぎ、ホテルを清算、昼食を食べて病院に帰った家族は

 病室で酸素吸入されている私を発見。

 「もう終わってる!!」とびっくり。

 確か家族と会ったのは1時半過ぎだった。

 予定では午後3時か4時にお部屋に戻るはずが、

 ずいぶん早く簡単に終わったらしい。

 「お医者さんが、全部取ったって」と夫は嬉しそうだ。

 意識も結構しっかりしてたけど、喉が痛くてしゃべれない。

 手をブンブン振って元気をアピール。

 少しうとうとしたら家族はもう帰っていた。

 夕方まで酸素。マスクを外すと喉がいたい。

 一晩中、看護師さんが来るたびうがいをしていた。

 朝から水を一口ずつ飲む。

 昨夜から背中の麻酔の管が痛いので取ってもらう。

 と、痛みが出てきたので座薬をもらう。

 おしっこの管をはずし、パジャマに着替えて

 ベットに座る。痛い!なんとか起き上がって座る。

 大丈夫そうなので病室から出て歩いてみる。痛い・・・

 以後、トイレには歩いていく。トイレ近くのベットでよかった。

 昼食はおかゆ。午後には点滴も外れる。

 時々痛くて結局座薬を3回入れました。

 なんとか歩いているのを見て、

 「元気ですね」と先生。

 

起立とバンザイの格好をした、可愛いゼムクリップです♪humania ヒューマニア クリップ






Last updated  2010/03/21 02:19:43 PM
コメント(3) | コメントを書く
2010/03/07
朝ごはんの後、絶食。昼過ぎ点滴開始。
家族に説明。
なんだかまたいっぱいいっぱいになったので、これでおやすみします。
上手く行きますように☆



☆原発性アルドステロン症で手術治療しました。
 
 午前中、夫と一緒に手術の説明を受けた。

 担当の医師は「僕が切りますからね!」と元気な若い先生。

 夫はここで初めてどういう手術か知ることになる。

 懇切丁寧に腹腔鏡の手術内容を説明された後、

 聞いてもおもしろくない話をたっぷり聴く。

 一番ショックだったのは、

 開腹しても副腎(腫瘍)が取れないかもって言われたこと。

 今までの苦労と、その場合の先のなさを思うと

 絶望がど~~~んと襲ってきた。

 それでも気を取り直してすべての書類にサインしました。

 午後から点滴開始。絶食も開始。

 夫は早起きと3時間半の車の運転の疲れに、

 説明のショックが重なり、ホテルで休むわと行ってしまう。

 子供たちも都会でのお買い物に大忙し。

 一人になって、2時過ぎから大量の下剤を飲み始める。


 *後日、夫は手術の内容を根本的に理解してなかったことが判明。
 
  ずっと気が動転していたらしい。 
  

人型のペン立て【DECOLE】デコレ humania ヒューマニア ペンスタンド






Last updated  2010/03/21 01:55:31 PM
コメント(3) | コメントを書く
2010/03/06
朝ご飯から、お粥。
低残渣(ざんさ)食とあります。
五分粥と柔らかいおかず。すり流し汁。
お腹に残らない献立です。
手術2日前。
いたって元気(*^_^*)

☆原発性アルドステロン症で手術治療しました。

 この日の朝、ご飯を食べようとしたら「おかゆ」が出ていた。
 
 事前に聞いてなかったけれど、のんきな私は

 変だなあーと思いながら黙って食べた。

 昼食もお粥でメニューに「低残渣食」とあり、

 ここでやっとお腹を空にする手術の準備と気がつく。

 休日でもあり看護士さんからの説明があったのは午後だった。

 ひもじくて、医師の許可を取り、家から持ってきたりんごを食べた。

 りんごはOKだった。

 

フルーツメモ (KUDAMEMO)


フルーツのかたちのブロックメモ! デスクは注目の的に♪【KUDAMEMO 6個セット(Apple)】






Last updated  2010/03/20 12:28:00 PM
コメント(2) | コメントを書く
2010/03/05
某大学病院で朝を迎えています。
昨日、麻酔科の診察を受けて、最終的に手術決定しました。
週明け一番、右副腎摘出手術です。
朝の回診が終わって、今日・明日は検査の予定もなく、のんびりです。
携帯からの更新です。


☆原発性アルドステロン症と診断されて手術治療をしました。
 
 その様子を入院2日目から携帯で書き込みました。


 一応事前に手術日と内容を打ち合わせていましたが、

 再度、決定通知にに来られました。3日後の朝一番です。

 「最終GOがでました。朝8時前にお部屋から出発です。」

 この日までは特に何事もなく、血圧は相変わらず。

 170/110位で薬を朝10錠、夜10錠ぐらいずつ降圧剤を飲んでいました。

 やたらとノドが乾いて、家族に飲み物を持ってくるように電話。

 野菜ジュース、果物ジュース、お茶、水など小さいパックを

 バラエティーに富ませて持ってきて!などと指示。

 手術後しばらくはベッド周りから動けなかったので、

 この飲料各種は大変ありがたかったです。 

 

 

 






Last updated  2010/03/19 12:21:45 PM
コメント(3) | コメントを書く
2010/02/10
若年性高血圧を発症してすでに10数年。

一昨年くらいから、どんどん薬が効かなくなってきました。

もしかしてと、2次性高血圧の検査を始めて、

幸運にも原発性アルドステロン症の確定。

副腎静脈サンプリングの成功。

手術の決定(もう手術をするしかない)

どころが、手術の日が決まらず自宅療養中です。

すでに検査開始から半年。

仕事も休業4ヶ月目。不安です。


原発性アルドステロン症は治療抵抗性の高血圧です。

治療抵抗とは薬が効きにくい、きかないということ。

現在、私は高血圧の薬は種類・量ともほぼ限界。

体調不良の一因は副作用にもあると思う。

数年前から副作用で飲めなくなった薬、

アレルギーの出る薬もあります。

お薬手帳は必需品になりました。


調子のいいときは血圧は140/90前後。

体も頭もすっきり。お喋りしたり、車で出かけたり。

すぐにも仕事復帰できそうです。


具合悪いときの血圧は200/120前後。

そんな時は、新聞を読むのも難しく、

テレビやPCもちかちかして見れません。

外を眺めてぼーっとしているだけ。

気がつくと何時間も経っています。

外見は普通なのでどうしても怠け者状態です。


最新高血圧を下げる知恵とコツ

そんな私ですが、薬を増量変更した後、

運動と気分転換、食事に気をつけて

のんびり休養をとるようにすると、

ゆっくり血圧は下がって、1~2ヶ月で安定、

ちょっと高血圧かなあという状態で落ち着きます。


そして、今までの経験からすると、

5年くらい過ぎた頃、だんだんとそして確実に

飲んでる薬が効かなくなってくるんです。


今日NHKテレビで「謎の高血圧」として出ていました。

もしかして、これからの人に参考になればと書きます。






Last updated  2010/02/21 10:21:18 PM
コメント(4) | コメントを書く

全34件 (34件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.