000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ざる一杯

初めてのダンジョン



第2章~ダンジョン~







結局レベルは4のまま突撃!
武器として「銅の剣」というのを買ってから突っ込みます。



うおおおおおおおおおおおお!(何







途中へんてこなモンスターがいました。






おおきづち「おい!ここを通りたかったら俺を倒す事だ!!どうだ勝負するか?」














望む所だ!!!(←強気











おおきづち「何?戦う?そ、そうか・・・それは自信があるって事か・・・いいだろうここは通してやる。」













・・・・・・・・・・・・・・・・














おおきづち「何?わしが本当は弱いかって?それなら勝負してやってもいいだぞ!?いいのか?」










もち。(マテ













おおきづち「そ、そうか・・・では仕方ない・・・いくぞ!」














こうして戦闘が始まります。




おおきづちというモンスターは今までのドラクエで出てくるモンスターの定番で、



三回に一回しか攻撃があたらない





というのが最初から分かっていたので、まず一回目に主人公(銅の剣)とヤンガス(こんぼう)で攻撃。

その後は二回とも防御して再び攻撃、これで楽々倒せました♪






ふっ!おおきづちなんて敵じゃないですね!!!!(←弱いものいじめ









その後調子にのってそのまま突っ込んでボスと対決!!

滝の中に探していた水晶が浮いていて、それを手にしたら襲い掛かってきました。










惨敗しました(何







このボスは強すぎましたw

レベル4では歯がたちません(滝汗





今までのドラクエの定番をくつかえすほどの強い敵にしかたがなくレベル上げを頑張る事にしました。









・・・・・



・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・










ふい~・・・ようやく7レベルになりました^^;
今回のドラクエには自分の覚えるわざの系統を選択できるのです。


私は主人公は剣の系統と勇者の系統、ヤンガスはカマの技と補助の系統を覚えて行く事に決めました。




主人公とヤンガスが回復呪文のホイミを覚えたので再びボスに挑んだら勝てました!




水晶を持ちかえって、持ち主のパパに返すと、、、













パパ「お前達がそろそろ手に入れてくること分かっておったよ」















え?パパさん占いがはずれまくるっているのでは?(笑







と 激しく突っ込みたい のを抑えつつ(笑)パパさんに水晶を渡します。







パパ「こんな水晶また捨ててやる!!!ヽ(`Д´)ノ」





娘「やめて!!!!私知ってるの、私がお父さんの本当の子供じゃない事を!!」



パパ「お前・・・それをどうして!?」









とのお約束のシーンを永遠と続けて最後晴れて二人は仲直り♪



水晶も無事にパパの元に戻ってめでたしめでたし!


いよいよパパさんにトロデ王とミーティア姫にのろいをかけたドルマゲスの行方を祈ってもらいます。







パパ「むむ・・・・・・・こ、これは・・・関所が見える。 関所を道化師(ドルマゲス)が強引に・・・・ああ・・・・って何だこれは!「バカ」だと!?こんなラクガキ誰がしたんだ!!!!」















・・・・・・・おい。











占いの途中で自分の水晶の愚痴をたれるプロがどこにいるーーーー!!!!!!!!!ヽ(`Д´)ノ












結局うやむやになってしまい占いで出てきた関所へ向かう事になりました。







一旦ボスを倒したのでしばらくボスはいないだろうって事でガンガン飛ばしていって関所に到着。




でも一歩遅くて関所は燃えたあとしか残っておらず;;;





仕方がないので関所を越えて近くの村に行きました。
情報を得られると良いんですけど・・・








でもなんだかその村の様子もおかしくて・・・・






この続きは次回という事で終了です♪




© Rakuten Group, Inc.