000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メンズコスメのザスインターナショナル★スタッフブログ

PR

X

Profile


ZAS0039

Category

Archives

2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Free Space

2013.11.19
XML
カテゴリ:おもちゃ箱


実は、ミッキー&フレンズに変わって
はまりかけているキャラクターが登場している。。。



その名は
「ドロッセル」。


ドロッセル
めちゃくちゃ可愛くないですか!




このドロッセル、
「ファイアボール」というアニメに登場するお嬢様キャラなのですが。

何と、ディズニージャパンが制作した3DCGアニメの主人公なのです。


wikiによれば、
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ディズニーで初の、
日本国内で日本人スタッフにより製作されたテレビアニメ作品。

テレビ放送の他にも
公式サイトやYouTube等を利用し
インターネットにて無料配信された、
ディズニーとしては前例のない実験的な作品である。



フル3Dアニメであり、1話が約2分の短編である。



内容としては、

外界から隔絶された屋敷の中で、
先代が残した書物で外界の事を学んでいるドロッセルと
その執事ゲデヒトニスの日常を描いたコメディ作品。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ざっとあらすじを言うと、


・・・・・・
とてつもなく遠い未来のお話し。


世界は既に
ロボットに支配されています。




しかし、
人間たちは、
もう一度
世界を自分たちのものにしたいので
ロボットと戦争しているのです。



でも、
どちらが「悪」と言うと事でもなく
人間もロボットも
普通にまじめに生活をしています。




ロボットは
大昔の人間たちのように
「貴族」を名乗っていて
人間より、偉大だと思っていて
難しい名前と立派なお城をもっているという設定です。


そんな世界で、
主人公の「ドロッセル」は
機械的な構造をした変な形の「執事・ゲデヒトニス」と住んでいます。




物語は、
ドロッセルとゲデヒトニスとの
日々の何気ない出来事を
軽妙な会話でつないでいく
数分間1話完結の物語なのです。



またまた、wikiによれば
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

作中には幅広いジャンルからのパロディが多く見られる。

聖書や荘子、
銀河ヒッチハイク・ガイド、
鉄人28号、
オズの魔法使い、
クラリネットをこわしちゃった、
競馬、山口さんちのツトム君、
ハエ男の恐怖、
スパイダーマン、
スター・ウォーズ、
マイケル・ジャクソンなど、
古典からSFまでその出典元は多岐にわたる。

パロディ要素を二人の会話中に多数織り込みながら、
無表情な二人のロボットが繰り広げる、
どこか噛み合わない会話と3DCGの滑らかな動きが中心の作品である。


1話の短さに加え、
数少ない登場人物であるドロッセルとゲデヒトニスは
顔に目以外のパーツが存在せず表情がない事などもあり、
他のディズニー作品の多くに見られる大げさな表情や身振りで感情を表現するといった演出はない。

舞台は屋敷の広間に限定されていて、
OPとEDで “テンペストの塔” の外観が映る以外は他の場所が画面に現れることはほぼない。
したがって視聴者は登場する二人の会話から外の世界を想像するしかない。

それはお屋敷から外に出たことがない主人公ドロッセルの視点でもある。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

そんな、
ドロッセルは
figma、
ねんどろいど、
SR、
超合金シリーズで商品化されているのですが・・・


1.jpg



何がって!
(やっと本題です)




可愛いのです!


ロボットなのに
身のこなしが優雅で、
フィギアをご覧いただけると
首、肩、肘、手首、
腰、膝 ・・・


3.jpg





4.jpg






5s.jpg






以上は、figmaで
ねんどろいどだとデフォルメされてて
こんな感じ↓






9.jpg









7.jpg








8.jpg











優雅で、流れるような身のこなしができるのです!




思わず、
「欲しい!」と思った時には
ネットで検索して
カーゴボタンを押していたのでありました。



ちなみに
ドロッセルの髪型は
ツーテールと言いまして
オサゲを連想しますが
この髪は
格闘ユニットと飛行ユニットに換装が可能で




目にはサーチライトが内蔵されており
(使用するとまぶしすぎて前が見えなくなるらしい)が、
作動するまで本人はこの機能についてまったく知らなかったのだそうで。。
フィギアにも、
この、目が光るものもあります。





ちびっこギャングたちに触られても
そぉんなに華奢じゃないので
大丈夫!
誰でも、画像のようなポーズが簡単に作れます。





見れば見るほど、関節のつくりや
それが動く際のスムーズな感じに
圧倒させられます。



ボディの各部のサイズ展開なども
まさしく、黄金比率だと思われ
ひとつひとつが
「可愛い」「いとおしい」の言葉に尽きるのです。



ドロッセルの
ちと足りない(?)感じや
絶妙な自己中感、
はたまた
あどけなさや
女の意地悪さ感や嫌味感。




素敵なだぁと
思ってしまうのです。






まぁ、なにはともあれ、
初回放送「ファイアボール」のDVD(ウィンターバージョン)と
第2期放送の『ファイアボール チャーミング』を買って
満足の境地に入っているのでした。


ちなみに
ウィンターバージョンについているフィギアは
コレ↓

10.jpg
こちらは、白と赤のコントラストが
これまた!可愛いのです♪




まぁ、
きりがないので
この辺までで
終了しますが
少しずつ、
お話の内容が書けましたら
ブログでアップしていきますので
「メンズコスメのザス」のブログを
お忘れなきよう、お気に入りにしておいてくださいませ。
(全く、因果関係ないところで、会社のCMを入れさせていただきました♪)








Last updated  2013.11.19 17:02:53
[おもちゃ箱] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.