216292 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

気ままなINTI

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


おいどんinti

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス

2017年04月09日
XML
カテゴリ:水素
竹の子を掘りに行った話から
なぜか毎日更新して
話がどんどん広がってしまってます。

どこに着地するのか
書いてる本人もわかりません(笑)
なんと今回は、説明のために自分で絵まで書いてしまいました

先日、紫外線が活性酸素を作って、肌や髪に悪さをすることを書きました。

活性酸素を除去するというと、野菜とかの抗酸化物質とか、最近なにかと話題の水素をよく聞きますね

最近なにかと話題なので水素のことを先に書きます

私、水素のことを最近まで信じてませんでした

というのは
何年か前に活性酸素というワードが定着してきた頃、すぐに「活性水素」というワードが出てきて、そのすぐ後に
「活性水素というのはは、ありません。」という情報も流れてきました。
これで、水素関連は扱わないでおこうときめていました。

ですが、ほぼ飲み友達といっても過言ではない取引先が、本人たちが溶存水素計で測定した写真を持って、話に来たのです。

rblog-20170409133703-00.jpg

で、はまっちゃいました。
試飲してみたら、すぐに(5分くらいで)体感があったからです。

昨年、消費生活センターが
『容器入り及び生成器で作る、飲む「水素水」-「水素水」には公的な定義等はなく、溶存水素濃度は様々です-』と注意するように発表しました。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20161215_2.html

水素は粒が小さいのでどんな容器に入れても抜けていくとイメージしてもらうと分かりやすいです。ですから、水に溶かした水素はアルミ缶でもペットボトルに入れても抜けていきます。
また、生成器でも本当に体に良い変化が現れるだけの適切は量が発生していれば良いのでしょうが、少なかったり、多すぎても行けません。
水素はそもそも、お薬ではないので効き目をうたえません。

でも、お医者さんたちも
学会を作って、データを出しておられるので言えないけど、あるんでしょうね
http://h2-therapy.com/%E5%BD%93%E4%BC%9A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

前置きが長くなりました
本題に
私たちの体は呼吸で取り入れた酸素のうち約2%が活性酸素になるそうです
ミトコンドリアも、私たちが体を動かすエネルギーを作ってくれる時に、活性酸素が発生します

rblog-20170409133703-01.jpg
こんな感じ

今のご時世
ストレス、電磁波、放射線、放射性物質などが原因で活性酸素が体内で発生する量が増えているそうです

そこに水素サプリメントなどで取り入れることにより活性酸素近づいて
rblog-20170409133703-02.jpg

引っ付いて、一瞬で
rblog-20170409133703-03.jpg
水に変わっちゃいます

細胞のなかで活性酸素と水素がくっついて、水に変わると
細胞のなかで水になっちゃって、細胞がみずみずしくなっちゃうんです。
これが全身で起こるとイメージしたら
わくわくしますね。

以下は
うちで扱っているサプリと入浴剤の原料メーカーさんの資料です
rblog-20170409133703-04.jpg

rblog-20170409133703-05.jpg

rblog-20170409133703-06.jpg



水素の入浴を繰り返すと
保湿力が増すのがわかります

紫外線で傷ついた肌も
今年の夏は水素入浴でケアしてくださいませ

PS
うちの水素+ケイ素の入浴剤は
あの引き出物よりも
水素を発生するそうです

次は
抗酸化物質 書こうかな

長くなりましたが
読んでくださって
ありがとうございます

*************
美容室 ZAZA.inti
電話 099-252-7350
鹿児島市郡元3丁目1ー2






最終更新日  2018年11月10日 15時46分05秒
[水素] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.