433312 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マスターTURKEYの今日のカクテル(おつまみ話)

PR

Category

Recent Posts

Comments

口先テロリスト@ Re:太田由希奈さんガンバ!!!!!!!(11/28) ありがとうございます。 人生には、運不…
seie@ Re:ブログを移転しました(改訂版)(10/02) ツイッターでフォロー頂きありがとうござ…
WILD_TURKEY@ Re[1]:ファンサイトのアンケート(04/26) きらきらー0さん 御返事が大変遅くな…
WILD_TURKEY@ Re[1]:ファンサイトのアンケート(04/26) seieさん 御返事が大変遅くなってすい…
WILD_TURKEY@ Re[1]:ブログ休止(04/21) chiaponさん 御返事が大変遅くなってす…
WILD_TURKEY@ Re[1]:ブログ休止(04/21) トモピーさん 御返事が大変遅くなって…
きらきらー0@ Re:ファンサイトのアンケート(04/26) こんばんわ。 お疲れ様です。アスペル…
WILD_TURKEY@ Re:郵便局(06/02) ttjさん <small> <a href="http://www…
ttj@ 郵便局 郵便局は本当に減ったのでしょうか? そ…

Calendar

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

Favorite Blog

見えてきた新型コロ… New! mizumizu4329さん

HaRu-HaRuのキャピタ… A.Haruharu74610さん
キャバリア LA楽多TA… amamimeさん
気ままであわただし… chacha3701さん
時のオアシス バントムさん
今日も何かあたらし… popy5333さん
男はつらいよ・・・♪ ジャスティス666さん
今日の私† gelbkatzeさん
澤山璃奈のブログ ゚*… 璃 奈さん
♪GALZ DIARY ☆ モ… 。・*モモマロ*・。さん

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2007.10.23
XML
カテゴリ:F1
年間チャンピオンには今回優勝してもライバルが不調にレースを終えることが条件だった首の皮一枚状態のアイスマンことキミ・ライコネン(スクーデリア・フェラーリ)が奇跡的に輝きました。

ここ10数年は一年間きちんとF1を見ていない自分ですがおめでとうの言葉を贈りたいと思います。



これはさっきネットで知ったことですがとても酒好きであるとか、個人的にとても親近感を感じました。

なんでもシャンパンファイトの前にフライングしてすでにシャンパンを飲み始めることもしばしばとか、良いですねそういうの!(許されるなら自分もしたい)

それはおいといてこの数年間不調だったマクラーレンのマシーンからミハエル・シューマッハの引退の後釜としてフェラーリに移籍したのと同時にマクラーレンのマシーンの急激な戦闘力の向上。

なにか栄転したのか左遷されたのかはっきりしない微妙な空気の中で今期を戦ってきた彼ですが、とにかく結果を気にする以上にその瞬間瞬間でやるべきことに対して今の自分に出来る事を精一杯出し切ることの積み重ねの大切さを改めて教えられましたね。

(たとえ三連敗でもこの姿勢が欲しかったんだよ、巨人に!!!)

まさに負けを知るものの強さ、マシーンの不調に悩まされ不運のレッテルまで貼られたこの数年間でそのことをしっかりと学んでいたんでしょう。

あの偉大な音速の貴公子アイルトン・セナのファンとしてはもう自分を魅了するドラバーは現れないだろうし、ハングリーな争いの中で仲間を蹴落としてF1に上り詰める昔と違ってミハエルやハミルトンのように超天才的な子供を探し出して最高級の英才教育を施す時代に変わった現代(ロッキー4でのロッキー型からドラゴ型への変化)においては遅れてきたチャンピオンってことでちょっと違和感がありファンとまでは言わないまでも今後も注目したいですね。

でもF1のストーブリーグ(所属チーム争い)は新チャンピオンでさえドライバーシートを失うこともあるから怖い。



今回のブラジルGPは新人ながらアラン・プロストばりの偏差値走法をするハミルトンが冷静に理詰めのレースをして勝つと読んでました。

プロストのようなエリート的ないやみも無くミハエルのようなターミネーター的な冷たさを見せないので好感は持っていましたが新人のあせりが出ましたかね?
でもこういう経験を積んだ新人のほうが絶対に今後怖い存在になると思います。

一年間良くがんばりました。



前チャンプであるアロンソにとっては神経を使った一年になってしまいましたね。

レースでの年間チャンピオンは譲る結果になりましたが果たしてストーブリーグでチャンプになれるか?!この人はまだ闘いの真っ只中です。



中嶋一貴君は新人としては当然ですがあせってましたね。

そのあせりが予選の不調や決勝でのピットでの事故を生んでしまった。

でもこれからです、速さはアピールできましたからね。



日本勢はチーム、ドライバーとも足踏みをしたシーズンでしたね。

厳しいことを言えばもうそろそろ結果を出さないとミハエルが去った今、F1人気はまた下降線も描きかねない。

だから今後の期待を込めて、あえてお疲れ様は言いません。

来季は今年のBMWばりの活躍を絶対にして欲しいと切に願います。




色々書きましたが、何とか無事にF1が一年間を終えてことは幸せなことだと思います。

そして今期限りでF1を引退するドライバーとそして去らざるえないドライバーにお疲れ様でした。



PS・毎年のことですが来季のF1は全く予想不能なので期待も何も白紙で~す。




ブラジルGP

順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位

1 6 キミ・ライコネン フェラーリ 1:28'15.270 71 207.972 1

2 5 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:28'16.763 71 207.914 1

3 1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・メルセデス 1:29'12.289 71 205.757 1

4 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:29'18.118 71 205.533 3

5 10 ロバート・クビカ BMW 1:29'26.227 71 205.222 3

6 9 ニック・ハイドフェルドBMW 1:29'26.587 71 205.209 3

7 2 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:28'19.350 70 204.885 6

8 12 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:28'30.730 70 204.446 4

9 14 デビッド・クルサード レッドブル・ルノー 1:28'54.817 70 203.523 5

10 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:28'55.985 70 203.478 9

11 11 ラルフ・シューマッハ トヨタ 1:28'58.235 70 203.393 9

12 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1:28'44.249 69 201.013 10

13 18 ビタントニオ・リウッツィ STRフェラーリ 1:29'29.773 69 199.309 13

14 23 アンソニー・デビッドソンSUPER AGURI Honda 1:29'14.983 68 196.963 13

  20 エイドリアン・スーティル スパイカー・フェラーリ ブレーキ 43 174.563 15

  8 ルーベンス・バリチェロ Honda エンジン 40 200.639 10

  4 ヘイッキ・コバライネン ルノー アクシデント 35 196.568 14

  19 セバスチャン・ベッテル STRフェラーリ 油圧系 34 198.142 8

  7 ジェンソン・バトン Honda エンジン 20 202.382 10

  15 マーク・ウェーバー レッドブル・ルノー ギアボックス 14 204.031 4

  21 山本左近 スパイカー・フェラーリ アクシデント 2 154.009 18

  3 ジャンカルロ・フィジケラ ルノー アクシデント 2 145.848 15





年間ドライバーズポイント

順位 No. ドライバー 合計 R1 R2 R3 R4 R5 R6 R7 R8 R9 R10 R11 R12 R13 R14 R15 R16 R17

1 6 キミ・ライコネン

(フェラーリ) 110 10 6 6 - 1 4 5 10 10 - 8 8 6 10 6 10 10

2 2 ルイス・ハミルトン

(マクラーレン・メルセデス) 109 6 8 8 8 8 10 10 6 6 0 10 4 8 5 10 - 2

3 1 フェルナンド・アロンソ

(マクラーレン・メルセデス) 109 8 10 4 6 10 2 8 2 8 10 5 6 10 6 - 8 6

4 5 フェリペ・マッサ

(フェラーリ) 94 3 4 10 10 6   6 8 4 8 0 10 - 8 3 6 8

5 9 ニック・ハイドフェル

(BMW) 61 5 5 5 - 3 8 - 4 3 3 6 5 5 4 0 2 3

6 10 ロバート・クビカ

(BMW) 39 - 0 3 5 4 -   5 5 2 4 1 4 0 2 - 4

7 4 ヘイッキ・コバライネン

(ルノー) 30 0 1 0 2 0 5 4 0 2 1 1 3 2 1 8 0 -

8 3 ジャンカルロ・フィジケラ

(ルノー) 21 4 3 1 0 5   0 3 1 0 0 0 0 - 4 0 -

9 16 ニコ・ロズベルグ

(ウィリアムズ・トヨタ) 20 2 - 0 3 0 0 0 0 0 - 2 2 3 3 - 0 5

10 14 デビッド・クルサード

(レッドブル・ルノー) 14 - - - 4 0 - - 0 0 4 0 0 - - 5 1 0

11 17 アレクサンダー・ブルツ

(ウィリアムズ・トヨタ) 13 - 0 0 - 2 6 0 0 0 5 0 0 0 - - 0  

12 15 マーク・ウェーバー

(レッドブル・ルノー) 10 0 0 - - - 0 2 0 - 6 0 - 0 2 - 0 -

13 12 ヤルノ・トゥルーリ

(トヨタ) 8 0 2 2 - 0 - 3 - - 0 0 0 0 0 0 0 1

14 19 セバスチャン・ベッテル

(STRフェラーリ) 6             1       0 0 0 - - 5 -

15 7 ジェンソン・バトン

(Honda) 6 0 0 - 0 0 - 0 1 0 - - 0 1 - 0 4 -

16 11 ラルフ・シューマッハ

(トヨタ) 5 1 0 0 - 0 1 - 0 - - 3 0 0 0 - - 0

17 22 佐藤琢磨

(SUPER AGURI Honda) 4 0 0 - 1 0 3 - 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0

18 18 ビタントニオ・リウッツィ

(STRフェラーリ) 3 0 0 - - - - 0 - 0 - - 0 0 0 0 3 0

19 20 エイドリアン・スーティル

(スパイカー・フェラーリ) 1 0 - 0 0 - - 0 0 - - 0 0 0 0 1 - -

*1位から順に8位まで10 8 6 5 4 3 2 1のポイントが獲られる。




キミ・ライコネン F1での年度別成績

年 所属チーム # ランキング 獲得ポイント 決勝最高位・回数

2001年 ザウバー   17 10位 9 4位・2回

2002年 マクラーレン 4 6位 24 2位・1回

2003年 マクラーレン 6 2位 91 1位・1回

2004年 マクラーレン 6 7位 45 1位・1回

2005年 マクラーレン 9 2位 112 1位・7回

2006年 マクラーレン 3 5位 65 2位・2回

2007年 フェラーリ 6 1位 110 1位・6回







Last updated  2007.10.23 05:49:02
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.