365572 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

マスターTURKEYの今日のカクテル(おつまみ話)

PR

Category

Recent Posts

Comments

口先テロリスト@ Re:太田由希奈さんガンバ!!!!!!!(11/28) ありがとうございます。 人生には、運不…
seie@ Re:ブログを移転しました(改訂版)(10/02) ツイッターでフォロー頂きありがとうござ…
WILD_TURKEY@ Re[1]:ファンサイトのアンケート(04/26) きらきらー0さん 御返事が大変遅くな…
WILD_TURKEY@ Re[1]:ファンサイトのアンケート(04/26) seieさん 御返事が大変遅くなってすい…
WILD_TURKEY@ Re[1]:ブログ休止(04/21) chiaponさん 御返事が大変遅くなってす…
WILD_TURKEY@ Re[1]:ブログ休止(04/21) トモピーさん 御返事が大変遅くなって…
きらきらー0@ Re:ファンサイトのアンケート(04/26) こんばんわ。 お疲れ様です。アスペル…
WILD_TURKEY@ Re:郵便局(06/02) ttjさん <small> <a href="http://www…
ttj@ 郵便局 郵便局は本当に減ったのでしょうか? そ…

Calendar

Archives

2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10

Favorite Blog

府中市郷土の森博物… New! mizumizu4329さん

初めてのレイドバト… chacha3701さん

HaRu-HaRuのキャピタ… A.Haruharu74610さん
キャバリア LA楽多TA… amamimeさん
時のオアシス バントムさん
今日も何かあたらし… popy5333さん
男はつらいよ・・・♪ ジャスティス666さん
今日の私† gelbkatzeさん
澤山璃奈のブログ ゚*… 璃 奈さん
♪GALZ DIARY ☆ モ… 。・*モモマロ*・。さん

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Wishlist

2008.03.23
XML
カテゴリ:安藤美姫
まず安藤美姫ミキティのファンの方、そしてフィギュアスケート好きの方、多くのコメントとトラックバックありがとうございます。

さて今回の美姫Chanに自分なりに想うことですが、まずはいつものように時系列にお話して総論としたいと思います。

美姫Chanに対して厳しい冷たいと思われることを書くかもしれません。

ただこれは特に今回の美姫Chanに否定的な方に言いたいのですが、何が正しく何が正しい生き方かは最終的には個々が自分自身で自己責任を背負って決めることです。

もちろん他人に助言をしたり、また他人の助言をきちんと考慮することは大事なことだと思います。

しかし相手の責任を代わりに背負ってあげられない人が、その相手を批難したり罵倒するのは思想や行動の自由の独裁ではないでしょうか?!

自分の主義理想の為に、他人が自分の操り人形になって不満足な人生を過ごすことに何のためらいもないんですか?!


四大陸とその後
ニコライ・モロゾフコーチが四回転を解禁した時点で、美姫Chanも五輪シーズンは四回転を封印されるかもしれないって言ってましたし、ニコライは少なくても今季はそれほどクイーンの防衛にこだわっていないなと思っていました。

ただこの時点でどんな試合も全力で臨みたい美姫Chanの気持ちと、オリンピックまで戦略的に試合を消化させたいニコライとで少し気持ちのズレのあったのかもしれませんね。

自分もその点は少し懸念していましたが、まさかこんな形で意見の違いが出るとは想像もしていませんでした。

美姫Chanのポリシーとニコライの対五輪戦略、自分の信念や生き様を表現するフィギュアでなければニコライに大賛成なんですけどね・・・


ワールド直前
今だから言いますが、とにかくSPで3-3ジャンプさえ決まれば波に乗って十分に女王争いに加われると期待していました。

お酒を扱う仕事をしている自分としては我が守護神バッカス(バッカナール)の名のつく曲を外すと聞いて凄く残念でしたが、先に書いたようにSPの3-3ジャンプがポイントだと思っていたので3-3ジャンプが一番跳び易い選択には大賛成でした。

ただ一つビックリしたのが門奈裕子先生が現地入りをしたこと、美姫Chanが「私だけが独占してはいけない」として日本の大会でさえ同行しないこともある裕子先生のニュースを知って???

期待と不安が同時に脳裏に駆け巡りましたが今思えばエマージェンシーのサインだったんでしょうね・・・


ワールドSP
滑走順では中野友加里姉さんの後ということで友加里姉さんさえ笑顔で終えてくれれば元気をもらえると期待していましたが・・・先にネットで成績を知って点数を見れば3-3ジャンプに異変があったのは明らかでした。

3-2に抑えたことを知って何も知らない自分はNHK杯の再現か?!とニコライに疑念を抱きましたが、案の定、滑走直前の美姫Chanの表情も冴えないように観え・・・

確かにその3-2もイマイチでしたがSP後の美姫Chanの「明日は3-3を跳ばさせてもらえると思う」の発言に意思疎通が上手くいっていないのかな?!それを解消する為の裕子先生の現地入りだったのかなと思っていました。

とにかく成績だけ考えれば曲の変更なんて意味ねーじゃんって感じで、もう少し美姫Chanの気持ちを特にモチベーションを考えてあげて欲しいと否定的に思っていました。

もちろん新しい振り付け自体は、もっと滑り込んだ新シェフェラザードを観たみたいと思わせるほど良かったんですが(特にステップ)、デスドロップでのミスや脚変えスピンの不安定さ、全体的なスピードの無さやぎごちないトラディション、そして伸びないPCSと技術的にも曲の変更が裏目に出すぎで・・・

普段あまり四回転に固執していない自分も今回のFSは入れようよって感じで、アクセル入りの連続ジャンプを持っていない美姫Chanはプログラム構成上で浅田真央ちゃんだけでなくキム・ヨナちゃんやカロリーナ・コストナーちゃん、キミ・マイスナーちゃんに劣っていることは解かっていましたからね。(やっぱりSPで互角以上にはしておかないと・・・)

何も知らないって身勝手で残酷ですね、普段からどんな残酷な事件でも事実と推論と感情論はきちん分けなければならないと自分に言い聞かせているはずなのに・・・
(美姫Chanなど好きな人のことになると親バカになってしまう駄目な自分です)


FS滑走までの葛藤
トリノ五輪の前のシーズンの全日本で途中欠場した荒川静香しーちゃんの行動に「私は欠場はしない」と自分の信念を口にした(間違ってもしーちゃん批判ではない)美姫Chanですが欠場検討の一報にこれはニコライともめるなと心配して仕事も手につかなった矢先に次は欠場のニュース、残念な想いと、よく美姫Chanが決断してくれたなという安堵感で正直、自分の気持ちがパニックになって心ここ(職場)に在らずでした。

しかしその後の強行出場のニュースに美姫Chanらしいなと思いつつ、裕子先生がいるから無茶ではなく、ぎりぎり無理の範囲で話がまとまったんだろうなと勝手な推測をしていました。

報道ではコーチの指示を拒否なんて書き方をしていましたが、実際FSの滑走に2人のコーチともに同行していたのですから選手の拒否ではなくコーチの妥協というほうが正しい表現ではないですかね・・・(選手の拒否されてしぶしぶ付き合うほど両コーチは甘くはないよ)


無念のWD
滑走前のニコライとのやりとりを「コールされても、もめているようだった」と報道されたりしていましたがはたして真相は・・・

考えようによっては「痛くはないか?」と聞かれて首を横に振っていたのかもしれないし本当にこういう時のマスコミのウケ狙いの憶測記事ってはなにつきますね。

美姫Chanの決断については総論として話すとして、どんな不甲斐無い成績でも決して人前で涙を流さなかった(はず?!の)美姫Chanの人目をはばかること無く初めてリンクの上で流した大粒の涙にその悲しさと悔しさが手に取るように伝わってきました。

ただレフリーのおばさんの美姫Chanの言葉を優しい表情で聞く姿も印象的でしたね。

それに日本にいるファンの気持ちを代弁するような会場の観客の温かい対応、人の真剣な想いって地球上どこにいても言葉の壁を越えて伝わるんですね、感動的!!!

アシュリー・ワグナーちゃんとそのファンには悪いことをしましたね。

そしてその後のマスコミの対応がいつもの当然とはいえ醜く見えますね、辛い想いをしている人間にカメラやマイク片手に寄り添って・・・(バックグランドでのそんなシーンの報道を期待する人が世間に大勢いるとは思えないんですが)

いつもの会場インタビューなら怪我のことを言い訳としてひた隠すのに、涙声にもかかわらずここまでにいたる経緯を詳細に話してくれる姿を観て美姫Chanの想いが再度強烈に伝わってきました。


総論
自分はアスリートに関わらず仕事においても、あるかどうかのかすり傷で欠場(欠勤)するのも、立っているだけでやっとの状態で出場(出勤)するのも本人の自己責任だと思っています。

今回の美姫Chanがいい例ですが、世間的に通用しない演技(仕事)は出来ないと判断した時点で撤退するのも、どんな不甲斐ない演技(仕事)であってもやり遂げるのも本人の判断次第だと思っています。

大事なことは周りの助言を十分に聞き考慮した上で、決して他人のせいにしない自分自身の決断(選択)をすることではないでしょうか!!!

自分は自己責任において判断し結論を出した美姫Chanもコーチ二人も大人として当たり前の行動をしたと思います。

今回はそれぞれの意思と責任をもって選手は出場しコーチは出場させた、そうとらえています。
(責任がもてなければコーチはセコンドにつかない選択も出来るはずですしね)

ただ、今回の美姫Chanから改めてプロ(第一線の選手)としての行動を出来ないと判断した時にはどんなに格好が悪かろうが撤退する勇気を持つ大切さを再認識させられました。

美姫Chanの謝る姿は観たくは無いですしとても痛々しかったですが、あれこそが美姫Chanの第一線の選手としての自覚なんではないでしょうかね?!

勝手な思いこみですが美姫Chanは周りの気持ちといっしょにリンクに立ってくれて滑ってくれているんではないですかね。

自分一人の力でリンク(職場)に立っているわけでもなければ、まして滑れて(仕事をして)いるわけでもない、だからこそ自分を支える人間に残念な想いを絶対させてはならないし、仮にさせた時は誠心誠意を尽くさなければならないのではないかと・・・

自分を支える人間に残念な想いをさせたくないからリンクに出て行き、だからこそ途中棄権をして、だからこそあのインタビューの言葉になった、これ全て美姫Chanの切ない想いからの一貫した行動だと思います。

こんなにファンの応援する気持ちを大事に扱ってくれる安藤美姫というスケーターを本当に応援して良かった、ファンでいて幸せだと実感してとても嬉しくさえ思えました。

そして本当に安藤美姫という女の子は責任を自覚した大人になったんだなと・・・


ただアスリートとしては・・・とにかく怪我が多すぎる、真央ちゃんを見れば一目瞭然ですが良い演技をする為には体調が万全でなくては駄目ですよ。

もちろん他のスポーツと比べて、女子フィギュア選手に求められる身体つきが矛盾だらけなことは解かっていますが、試合で順位を狙うなら避けえて通れない課題。

今までに怪我をしたことを責めているんではなくて、怪我を防止するトレーニングをもっとしっかりやって、バランスよく体を使えるようになって欲しいですね!!!

やっぱり体に不安があると無意識に患部をかばって技のバランスも崩れて、あげく別の場所まで怪我や故障をしてしまうと思います。

最悪ワンシーズンをぼうに振ってでも(本当にそうなったら凄く寂しいですが・・・)じっくりきちんと怪我を治して、怪我をしない体、怪我に強い体になるようにきちんとトレーニングを一からやり直して戻ってきて欲しいです。
(一番良いのはモロゾフ一門で超優秀なトレーナーチームを雇うことですが、何でも自分でやっちゃうニコライですからね・・・)


しかし、フィギュアスケートは人生経験を積んだ分だけその演技により深みを与えるスポーツと芸術のコラボレーション。
(美姫Chanを好きな一番の理由は、人生経験が増える分だけ演技の深みが増していることを他の選手以上に感じるからです。)

だからこそ勝者に防衛へのイバラ道が待ち受け、敗者に再生への希望道が広がる、奥が深いエンターテイメントだと思います。

特に美姫Chanは火の鳥、火山口に舞い落ちて灰になっても、燃え滾るマグマの中からより力強く再生し羽ばたく不死鳥!!!

瀕死のスーパーサイヤ人がよりパワーアップしてよみがえるが如く、過去に失意のどん底に落ちてもその苦しみを演技の糧として世界女王に輝いたように、今の美姫Chanとこれから競っていくのは去年の今頃の美姫Chanと競っていくより、はるかにそして驚異的に手強い存在だと思います。


だから今回のことでナーバスな想いも沢山しましたが、嬉しい想いや希望を持てる想いも沢山しています。

オンリーワンのヒロイン安藤美姫さん 心からありがとう!!!そしてお疲れ様でした!!! 

STAY GOLD and I BELEIVE 美姫Chanガンバ!!!!!!!






Last updated  2008.03.24 19:54:04
コメント(18) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.