441081 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マスターTURKEYの今日のカクテル(おつまみ話)

PR

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

深キョン姫

2010.01.12
XML
カテゴリ:深キョン姫
深キョン姫天使

やはり、この姫の話もしないとね、好きなスケーター達にも頑張って欲しいから、幸運の我が天使、深田恭子姫の話

YODO

というのも2009年の思い出の一つとしてやっぱり姫が淀ちゃんを演じたこと、ドラマとしては「官僚達の夏」に超はまって高橋克美さん扮する官僚が、事故のあった炭鉱で断腸の思い出で懇願の土下座をするシーンは泣いた・・・んですが、その話は長くなるしので置いといて

大河ドラマ天地人での我が深田恭子姫扮する淀ちゃんの最後が滅茶苦茶カッコ良くて、当時は毎日のように見返したりしてました

確かにドロンジョ様もスパイのドロシーも超可愛かったんだけど、それ以上に淀ちゃんの姫が超可愛くてカッコ良いんだもん!!!!!!!

映像

QUEEENofYODO

大阪城内を、山里廓(倉庫)に向かって急ぐ、
豊臣秀頼、淀の方、千姫(秀頼の妻、淀の姪)の三人。

淀の方「千はここまでじゃ」

千「いいえ、千も死にとうございます。
わたくしもご一緒し、
死んでお爺さま(徳川家康)を苦しめてやりとうございまする」

「ならぬ!
そなたには、そなたにしか果たせぬ役目がある。
そなたは生きて家康に、
われらの最後をしかと伝えよ!」

「いやでございます」

千姫を突き飛ばす淀の方。
そこへ、真田幸村もやってくる。

「そなた(千)を死なすわけにはいかぬ。
そなたを道連れにしては、
天下の豊臣の名がすたるでの」

秀頼「千。。。
わしと母上の分まで、生きてくれ」

「秀頼様。。。」秀頼にすがりつく千姫。

淀の方は、幸村に向き直ると、
「幸村、後は任せたぞ」

「お方様(淀の方)。。。」
ひざまずく幸村
「ありがとうござりまする」

淀の方「また、あの世で会おうぞ」

幸村「されば、しばしのお別れを」

なおも二人を追いかけようとする
千姫を抱えて連れていく真田幸村。

「秀頼様!、母上様!」

(微笑で)「千、家康めに申し伝えよ。 豊臣は、慈悲の心を持って、 真の天下人になるとな」


史実を考えると無茶苦茶な展開で、茶々おばちゃんがメイの千ちゃん(実妹の江の娘、二代将軍徳川秀忠の娘で三代将軍家光の妹にあたる、確か皇室に千の兄弟が嫁いだはず)を殺せないのは当然なんだけど、あくまで敵の人質で嫁という心良くない存在の千姫を自らの誇りで殺さないという史実無視の展開で魅せた、最後のカットの姫の微笑がたまらなくうっとり・・・・・・・

深きょん姫のファンとしては予想外の最高の展開を最後に魅せてくれました
(もっとも最後のシーンは千姫による回想扱い、豊臣親子自害と幸村討ち死の報告のシーンで一旦はもう二度とNHKは見ないと激怒した自分ですが(笑))

YODOchan

昔は大河も見るのが大好きだった自分も、史実ド返しの最近の大河ドラマなんで戦国好きの自分としては腹立たしい

しかし、今の大河の淀君となれば歴史好きとしての期待を捨てきっているので、日本一のあげまんの正室の北政所を姑的な悪女キャラにしてしまうほど、お姫様淀君の世間知らずの自由奔放ぶりが逆に清々しささえ感じて、イヤミキャラがイヤシキャラに180度転換して嬉しい限り!!!!!!!
(ガクトや吉川晃司、ミッチーなどのファンもこんな感覚に近いんだろうな・・・)

そもそも脚本は小松江里子さん、自分の一番好きな姫のドラマ「農家のヨメになりたい」(NHK)の脚本も手がけた人で、どうりで深きょん姫の演出の仕方が自分のツボをつくはずだ・・・
(ちなみに宮本信子さんや玉鉄はじめ、「農家のヨメ」の出演者が今回の大河でも結構出演している)

URURU

おまけで映画「ウルルの森の物語」の番宣での出来事、ウルルに会えなくて姫がウルウル

この映画の姫もに可愛いんだろうな!!!!!!!
(画像が悪くてすいません)


PS.フィギュアスケートネタを少し、天地人にこんなセリフがあります

幸村のセリフ「あのお方にすべてを教わりました。

戦は力で制する者が勝つわけではござらぬ。

何かを残し、それを次の世につなぐことが
できた者こそが、まことの勝者だと。」

真田幸村は勝者徳川家康の名声を狸親父などと言われるほど落しめ、敗者の自分は「日本一の兵」の名声を参陣した武将が各々の自分の国で広めることとなり、全国の英雄となる

フィギュアスケートでも記録より記憶を残し、それを次の世につなぐことが
できた者こそが、まことの勝者だと

だから、フィギュアスケーターの五輪での責任や誇りを単に成績で語ってはならない

レクイエム、瞳映る現実の演技を、心に残る永遠の演技にしてこそフィギュアスケーターの責任や誇りが達成されるのではないだろうか!



兼続のセリフ「亡くなられた方々は命と引き換えに世に安寧を残してくれたのじゃ。慈愛の心が刀に勝ったのじゃ。幸村。見事であった」

心のフィギュアスケートが技術のフィギュアスケートに勝つ、そんなフィギュアスケート界で常にあって欲しい、技術で負けても想いを強烈に残したスケーター達の為に!!!!!!!




縁起もの

空のお散歩







Last updated  2010.01.16 10:28:22
コメント(3) | コメントを書く


2009.04.23
カテゴリ:深キョン姫
某スポーツ中継で感じたと、考えたことを書いた「日本フィギュアスケートの根強い末永い発展を願って(仮名)」(おそらく前編、後編と分かれると思います)は書き掛け中ですのでもう少々お待ち下さい。

あっここで嬉しい話を一つ
「ミキティ~安藤美姫情報~」に自分のブログが紹介されていました。
もしその管理人さんがこれを読んで頂いているならばどの部分に共感して頂いたか教えて下さい

さて、以前にフィギュアスケートと安藤美姫さんのファンの方から天国からの回答
という記事を書いたのですが、お亡くなりになったゆうなさんのお引き合わせで、彼女の学生時代からの御友人のオキナさんと仲良くさせて頂いています。

最近はこのようなメッセージを頂いています。

「(4月)3日に、絢香さんと水島ヒロさんの結婚会見があったのはご存知かと思います。
そこで絢香さんがバセドウ氏病を患っているという話があったと知り、衝撃を受けてしまって……。
病気の影響でゆうなちゃんが大変そうにしていたことや、ゆうなちゃんのことでの様々な感情がもう、整理つかなくなってしまい、一週間ほど鬱々とダウナーな気持ちで過ごしていました。
9日にゆうなちゃんのお家にお邪魔してご家族の方と話したり、週末にスケート以外の趣味で発散して、だいぶ落ち着きました。」

そしてその後、こんなメッセージを頂きました。
「>「がんばっているからねって、強くなるからねって、つながっているからねって、愛してるからねって」
>この曲に込められた歌詞、美姫さんは三日月ではないにしても、愛する人に空に語りかけて生きてきたという。

ここの部分です。
まだ、私はゆうなちゃんが空にいるとは思えないのですが、
心の中でずっと、この歌詞のような気持ちでいるのではないかと思います。

もう一つ、ゆうなちゃんにシンクロして聴いている曲があります。
J事務所ネタで申し訳ないのですが、滝沢秀明さんの「WITH LOVE」という曲です。

『かけがえない時間をともに生き いつも 心は 繋がってる 
たとえ 遠く 離れていようとも忘れないよ この思い
With love』

という歌詞で、この曲の使われた舞台のDVDをゆうなちゃんのお母様と観賞したところ、
お母様も感じるものがあったそうで、気に入っていただけました。 」


ゴメンなさい、J事務所ネタも滝沢秀明さんも疎いんですよね・・・おっさんなんでごめんなさい、どなたかお話の解る方、温かいメッセージを御願い致します。

ただ、タッキーとくれば、深きょん姫こと深田恭子さんが可愛くて仕方ないTURKEYおじさんのイメージとしては、「ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ(S・O-S)」こちらはABBAの曲にのせた恋愛ドラマ、そしてもう一つこれは安藤美姫さんのファンの方も見たであろう「スペシャルドラマ 君がくれた夏 がんばれば、幸せになれるよ2007年8月18日)」
とても悔しいのですがこのドラマの映像だけ最近の姫のドラマは持っていないんですよね。
ただ24時間テレビでは、美姫さんと釡山十二華さんの共演と連続していて映像の途中では姫や黒木瞳さんが出てきたりと共演した二人に対しての感動だけでなく美女てんこ盛りで最高だったんですよね。
話の内容は、タッキーと姫が演じる夫婦の子供が難病に難病に犯された闘病記、その中で家族が成長していくというもの。
ゆうなさんもJ事務所系は好きだったみたいなので、きっと色々と考え深く魅たんだろうな・・・

姫の「人との別れ」を扱ったドラマといえば「神様、もう少しだけ」が有名だけど展開がオーバー過ぎたからな・・・
どちらかというと長瀬智也さんと共演した『彼女が死んじゃった。』ほうが身近な感じ、いつも姫がムスっとしていてドラマのストーリやリズム感みたいなものも今一でそんなに好きなドラマではないんだけど、香川照之さん扮するマメチシキさん筆頭に登場人物が生きるということををさまざまな形で表現していて、確かに木村佳乃扮する彼女(といっても長瀬さんが演じる主人公にとっては一晩の火遊びだったのが・・・)はみんなの中で生きている。
最終回でのマメチシキさんセリフ「(死んだ)理由は僕が決めるんです」に対して主人公の「196人(携帯電話のメモリー)に聞けば196の理由がある」の言葉がしめすとおり、人は他人の思い出の中で生きることが出来る、そしてその彼女が金魚鉢を主人公にたくしてその結果として主人公の眠っていた夢への想いを呼び覚ましたように、人は自分の想いを思い出の中でも他人に受け継がさせることが出来るに違いない。
中島みゆきさん(若い頃に一時聞きあさった程度)の曲に「永久欠番」という曲があるが、40数億年の地球上で一人の人間の人生など微生物にすら匹敵しないのかもしれないが、確かに思い出の中ではオンリーワンの存在、まさに人は永久欠番

そういえば余談だが、姫と長瀬さんと24時間と言えば「ふたり~私たちが選んだ道~」というドラマがある。
長瀬さん扮する主人公が一生車椅子生活になって、自暴自棄で姫扮する妻と離婚の危機まで陥りながらも、ちょっとしたことがきっかけで物の見方に変化が生じ、物事を前向きに考えるようになっていき、最終的には自分の幸せは一旦はマイナスだったかもしれないがいくらでもプラスに感じるようにもなれるし、プラスにすることが出来ることに気づく。
ユウナさんのブログにもこんな言葉がある、自分も大好きな言葉だ。

”一日一日を大切にしたいと思ってる
病気がある
でも、起き上がれて、ご飯が食べられて、バイトとはいえ仕事もできる
そして、好きなモノがあって、それを病院のベッドの上じゃなくてちゃんと愉しむ事ができる
それは、幸せなんじゃないかと思う
元気な人の幸せと、病気がある自分の幸せはきっと違うけど、私にとっては十分幸せなんだ”
自分にとってのスケートより


想いを受け継ぐという点では、自分の嗜好で話をすれば「シティーハンター」というマンガで種族維持本能という概念が出てくる
ヒロインと閉じ込められた主人公がガラスごしにキスをするのだが、その後、助かった主人公はあれはヒロインへの愛ではなく、死の間際に生あるものとして子孫を残そうと本能がさせたものかもしれないと悩む(但しこの主人公は子供の頃からの裏の世界の人間)
物語としては本物の愛として一応の完結をするけれど、作者的には「エンジェル・ハート」(続編っぽいが厳密には別物)という作品で、死んだヒロイン(ドナー登録をするエピソード有り)からの臓器移植で助かった少女が主人公とヒロインの養女という形で娘としてヒロインの主人公を支えたい想いを受けついでいく(ヒロインの魂が養女に乗り移ってしゃべりだしたりと作品がSFっぽく変化する)
この種族維持本能、医学的にどうなのかは解らないが、生きている時の自分の想いを受け継いで欲しいという心の欲求があるのは確かだと思う。
もちろん特に人間のそういう部分を描いているマンガは多い。
子供の頃から好きな「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ、宇宙人との戦いだから多くの人が死んでいく、その各登場人物の死に際のシーンはそれぞれに名シーンとされている。
やはり他人をかばっての戦死が多いので自分の想いの伝承がほとんどだが、その想いの内容だけでなく、想いをたくすだけの間柄かどうかも重要で、男女の愛だけでなくライバルだからたくせる愛も含めてさまざまな人間愛がある
究極は「さらば宇宙戦艦ヤマト」(シリーズとして繋がっていない話)のラストのこのセリフ
「みんなは俺が死ににいくと思っているんだろう? そうじゃない。俺も生きるために行くんだよ。命というのはたかが何十年の寿命で終わってしまうような、ちっぽけなものじゃないはずだ。この宇宙いっぱいに広がって、永遠に続くものじゃないのか? 俺はこれから、そういう命に自分の命を換えにいくんだ。これは死ではない」(中略)「しかし世の中には、現実の世界に生きて、熱い血潮の通う世界を作り出す者もいなけれ ばならない。君達は、生き抜いて、地球に帰ってくれ。そして俺達の戦いを、永遠に語り継ぎ、 明日の素晴らしい地球を作ってくれ・・・」

さらに「宇宙戦艦ヤマト完結編」ではこんなセリフもある
「「お前にはまだ闘いが残っている」「闘い?」「雪を愛し、二人の子供を作る事だよ。愛する人と身も心も結びついて幸せにする事が大勢の人々を幸せにする事にも繋がって本当に素晴らしい世の中ができるんだ。それこそが大事な闘いなのだ。」

そして宇宙神話クラスのセリフとなれば
「平和は、絶対に戦わぬことを決意し、その決意を、たとえ倒されても守り通すところからしかきません。それは自分との戦いであり、敵と戦うことより難しいのです」
と全ての武器を放棄し、無抵抗の死をもって平和を創っていく姿勢、平和への方法論の賛否はともかく、人は死んでも考えや心は残ることの偉大さは伝わってくる。

「ヤマト」と言えば松本零士、映画「銀河鉄道999」が主人公の成長の物語なら、続編「さよなら銀河鉄道999」はその成長が本物がどうかを試される自分の好きな作品。
戦いの中、偶然知り合った戦士と友情を深める主人公、二人は「俺より先に死ぬなよ」とお互に夢を共有したくしあう。
しかし、後にその戦士の死体と遭遇し号泣する主人公、それを見て「人が死んだ位で」とあざ笑う(永遠の命を持つ)機械化人間
その時、ヒロインが怒りの言葉を放つ「男の子が友達のために涙を流すのは恥ずかしい事じゃないわ。あなたのために泣いてくれる友達が、あなたにはいるの?」
その言葉に、永遠の命を持つが故に荒んだ心になっていった自分に気づく機械化人間

物語の最後にこんな言葉がある
「(中略)若者が未来を作るのだ、親から子へ。子からまたその子へ血は流れ、永遠に続いていく、それが本当の永遠の命だと、俺は信じる」



最後に自分の三本指に入る映画「プラトーン」の最後の言葉(尊敬するオリバー・ストーン監督の使命感)を記しておきます。
正義だ、悪だと価値観を並べる以前に事実を残し後世の考察課題とする、これこそ生きる者の義務であり存在感という永遠の命でしょう。
「今から思うと
僕たちは自分自身と戦ったんだ
敵は僕たちの中にいた
僕の戦争は終わった
だけど思い出は一生残るだろう
エリアスとバーンズの反目はいつまでも続くだろう
時として僕は彼らの間の子のような気さえする
それはともかくとして
我々生き残りには義務がある
戦場で見たことを伝え
残された一生を努力して
意義のあるものにすることだ」




オキナさんに捧げる
(今、ゆうなさんはこんな想いでは・・・)
"笑ってよエンジェル" by中島みゆき

愛しさ余れば憎さがつのる
あれはうそっぱち 愛しさ足らず
たとえ 労いひとつ返されなくても
嘆くようじゃ まだまだハンパな恋さ
   だから
   応えられなくてごめん そんなふうに悩まないで
   遥か離れてしまっても泣き顔よりはいい
   ほんとさ
 笑ってよエンジェル夢の中エンジェル
 君の笑顔消えてくれるな それだけが願いさ
笑ってよエンジェル夢の中エンジェル
 君の笑顔消えてくれるな それだけが願いさ

さよなら三角また来て四角
こんど会う時は なおさら深く
君を打つ冬風の風上に立ち
やすらかに暮らせと祈り続けよう
   だから
   思い出せなくてごめん そんなふうに悩まないで
   遥か離れてしまっても恋しさは育つよ
   ほんとさ
 笑ってよエンジェル夢の中エンジェル
 君の笑顔消えてくれるな それだけが願いさ
笑ってよエンジェル夢の中エンジェル
 君の笑顔消えてくれるな それだけが願いさ

さよなら三角また来て四角
こんど会う時は なおさら深く
さよなら三角また来て四角


http://www.youtube.com/watch?v=yLIwA0lUnxQ






Last updated  2009.04.26 00:33:20
コメント(8) | コメントを書く
2008.12.08
カテゴリ:深キョン姫
来週の半ばにでも改めて書きます。

MAKOさん、もうちょっと待って下さいね。






Last updated  2008.12.13 19:35:49
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.02
カテゴリ:深キョン姫
深きょん姫、お誕生日おめでとう!!!!!!!

今年は20才になったのかな?

それとも今年も19才のままなのかな?

どちらにしても今日まで一生懸命生きてきた姫は偉い!!!

だから今日一日は自分自信を褒めてあげる日にして下さいね。


誕生日のおまじない
誕生日に心の中で自分の周りの全ての人にありがとうと感謝の言葉を贈ったら幸せになれるんだって!


来年は大河ドラマ「天地人」で淀君、映画「ヤッターマン」でドロンジョと悪女お姫様が続くみたいですがやっぱりこの写真のようにスッピンが魅力の可愛い役が良いな・・・・・・・

それにしても目が覚めてこんな可愛い娘がとなりにいたら絶対仕事に行けないだろうな・・・







25才






Last updated  2008.11.03 20:37:30
コメント(2) | コメントを書く
2008.03.07
カテゴリ:深キョン姫
最近の深田恭子こと深キョンの主演ドラマ「未来講師めぐる」 はちょっと行き過ぎです。

姫に、「殺すよ」などの悪態をついた暴言を言わせたり、カブトムシの幼虫や逮捕者の格好をさせたりなどとファンとしては・・・です。

(大体、姫の映像にモザイクがかかっているなんて、考えられなイ!!!)

もちろんストーリー上では面白いんですけれど、なんか憧れのタレントがヌード写真や濡れ場に挑んだような妙な気持ちになりますね。

「いつもの姫じゃない!!!!!!!」って感じです。


もちろん本人が楽しんでやっているんなら問題ないんですけど、以前に書いたように姫はバラエティー番組の罰ゲームでさえ大御所タレントに代わってもらうほどの恥ずかしがり屋さん.

(そんな姫の一面も大好きな自分です)

ホリプロとしては仕事の幅を広げるという理由で率先してやらせているんでしょう?がファンとしては今まで積み重ねてきた姫のイメージを壊されたくないって言うのが本音です!!!

ヤッターマンのドロンジョ役も決まっていて、イメチェンと芸の幅を広げさせたいんでしょうが姫のイメージが崩されたら本末転倒なのにな・・・

深田恭子にしか出来ないドロンジョが観れるように期待したいですね。


さて、ドラマも最終回に近づき大詰めの展開の中、久々に展開の読めないドラマにめぐり合ったって感じですがその分だけ期待も高まるわけで是非、期待を裏切らない結末に仕上げてほしいですね。






Last updated  2008.03.07 21:55:47
コメント(4) | コメントを書く
2008.02.29
カテゴリ:深キョン姫
深キョンこと深田恭子主演ドラマ「未来講師めぐる」にはエロビデオこと江口ヒデオという数学講師が登場します。
(自分が謝ることではありませんが全国の江口ヒデオさん、「スイヤセンでしたぁ~」ではなくてゴメンなさい)

始めの頃は姫扮するめぐるちゃんにからかわれるキャラだったのに、最近は形勢が逆転して超ムカツク野郎に豹変しやがって、いつか仕返しをってそれはさておき・・・

ということで、地元放送局の関係で一週間遅れの「恋するエロビデオ」の回の話


男子はテレビに出る女優さんに憧れると同時に、テレビに出ない女優さんに憧れるものです。

自分も純粋な?!少年の頃には、木田彩水さんはじめ多くの女優さんに憧れたものでした。

まさにエロDVDではなくエロビデオに憧れ、そしてお世話になった世代です。

だから廃盤になったビデオの復刻版DVDを発見した江口の気持ちはよく解かる、そういえばヘッドに巻きついて駄目になったビデオも自分も持ってたよ。

普通の女性と違って、そんな憧れたテレビに出ない女優さんに現実の世界で誘惑されたら、江口でなくても、純粋な恋心と積み重なったエロ心でパニックになるよ。

塾長のマサル君の「どんな変体男子でも好きな女の子の前では、Hでないふりをするもの」っていうのも凄くよく解かる。

ユーキ君の「彼女とAVは別腹」ってのもよく解かる。
(でもめぐるちゃんはじめ、姫扮する役の彼氏は絶対そんなの駄目!!!)

男子にとって恋心とエロ心は、良くも悪くも因縁の関係なんですよね。

だから、その恋心とエロ心のバランスを上手く調整(操ることが)できる彼女や奥さんが、男子にとって良いパートナーかもしれませんね。

もっとも女子にとってそんな彼氏やダンナになれって言われたら、逃げ出したくなりますけど(笑)
って逃げていたような気も・・・・・



それしても、ちょっと姫にぶっ飛んだキャラをやらせ過ぎ!!!!!

面白いって言っても限度がある!!!

姫が喜んでやっているんならかまわないけど、バラエティー番組の罰ゲームでさえ大御所タレントに代わってもらうほどの恥ずかしがり屋さんなんだからほどほどにネ、テレ朝さん!

プライベートでは戦隊もののヒーロー役と噂になったりして、世間のママさん達の標的にされそうですが、男子としては仕方ないかなと・・・

間違っても二度と、駄目男系やブ男系タレントとは噂になって欲しくない!!!!!

とにかく、姫にはあまり焼肉を食べ過ぎないように、ストレスをためないようにして欲しいですね。







Last updated  2008.02.29 08:56:12
コメント(6) | コメントを書く
2008.02.04
カテゴリ:深キョン姫
まずは、みなさんに心配をかけた自分の風邪ですが、おかげでほとんど良くなりました。

ご心配をおかけしてすいませんでした。


さて、放送の都合上、自分の地域では一週間遅れの放送の深田恭子こと深キョン主演ドラマ「未来講師めぐる」

第3話は新入りの塾講師のお話、しかもバリバリの東北なまり。

小学生の授業で冷やかしの野次を浴びる新入り講師を助ける為に姫扮するめぐるちゃんが教室に乱入、東北なまりで児童を一喝します。

いや~姫の東北なまりも可愛いですね!!!(今回はギャル言葉もあってそれも可愛かったけど!!!)

方言といえば自分の地域の方言はとにかく汚い!!!

自分は東京に10年近く住んだ時期があって、でも勤めていた会社(関西から東京進出した)の公用語が関西弁だったので特に注意やツッコミ言葉は関西弁になってしまうチャンポン型なのですが、やっぱり郷里の言葉が一番汚いですね、何でこんな汚い言葉に変化していったのか本当に不思議です。

本来なら周りの県や地域同様に近くの大都市圏の言葉や文化に影響されてもおかしくないのですが、ここは全国屈指の保守的な人間が多い地域なんです。

以前に政治家さんの話をした時にも話ましたが、よそ者や革新的なことに異常に抵抗感を示すことが多いのが伝統なんでしょうね、昔から大都市圏から流れて来た文化に警戒感を示して独自文化が発達したみたいですね。

というわけで地元企業率の高い地域で、地銀(地方銀行)もバブルの頃に不良債権を積み重ねなかった代わりに伝統的に貸し渋りで有名なんですよね。


まっそんな難しい話はおいといて、とにかく姫がこの方言をしゃべったら幻滅しちゃうのかな?とれとも意外に可愛かったりして???

とても汚くてきつい言葉なので、可愛い子や綺麗な人がしゃべると慣れていても少なからず幻滅感はあるんですよね・・・


自分らしく  自分らすく   自分らしゅー


それにしても今回の満腹アイテムのベーグルをなぜか両手首にはめて犬の真似をしたのは可愛かったな!!!

犬の真似といえば、怒った時に猫の泣き声の効果音を入れたのはナイスな演出だったし・・・

そして子供の頃の回想シーンでは札束で遊ぶシーンが・・・テレ朝さん、やっぱり富豪刑事ネタをやっちゃいましたね。

でも一番は元阪神のクールボーが出てきたのは驚いた、ライオン丸シピンが出てきただけでもやるなって感じなのに!!!!!

船越さん演じるお父さんのホステスの助手付の松阪牛の試食コーナーは行き過ぎかな?!


そんなこんなで今回も十分に可愛さと面白さを堪能させてもらいました。






Last updated  2008.02.05 06:59:58
コメント(8) | コメントを書く
2008.01.26
カテゴリ:深キョン姫
さて、本題の前にマリア・シャラポワちゃん全豪オープン優勝おめでとう!!!!!!!

テニスは簡単なルール程度しかわからないけど、外見だけで応援している不順な自分です。

でも女子スポーツは見た目が美しくないとね、男子スポーツが力強さを求められているように

もっともあの行儀の悪さと気の強さは金髪美人だから許せるんで、和服美人だったら腹が立ったり鼻についたりするんだろうな・・・

とにかくあと三つ、メジャータイトル総なめだ、シャラポワちゃん!!!


そして本題の深田恭子主演ドラマ「未来講師めぐる」

どうも学校教師ドラマの変形っぽい、あえて塾講なのはコメディー性を出すため堅苦しくしないためなのか・・・

でも第2話も小学校のおデブ君の片思いのお話で、ダイエットをがんばる姿やイケ面君とのかけっこ対決でこけたイケ面君を助けるシーンは良かったな!お高くとまっていたマドンナちゃんもおデブ君の優しさに惚れちゃうシーンもなかなかだった。

それにしても深キョン姫の食べるシーンが多すぎ、もちろん姫の美味しそうに食べ物を見る仕草や食べている姿は最高に可愛いんだけど、でもでもやっぱりあれじゃ肥っちゃうよ・・・

ひょっとしたら本当は食べていないのかもしれないかも、あんな演技をしちゃったらやっぱり普段の食欲が増しそうでとっても心配!!!

ドラマのセリフではないけど少しぽっちゃりしていたほうがほのぼの不思議ちゃんの姫らしくて好きなんだけどやっぱりマスコミに体系をあれこれ報道されるのは気分の良いものではないですからね。

それというのも実写版『ヤッターマン』ドロンジョ役が決まったから。

セクシー?悪女のドロンジョ役のイメージがスリムでエッチっていうのは有りだとは思うけど、そんなネットの声を楯にして体系の話や露出度の話を大げさにしているんだからファンとしては面白くない。

(もっとも姫のようなタイプは悪く書いたほうがウケが良いのかもしれないが、それにしてもゲ○ダ○は自分の好きなタイプの有名人を悪く、嫌いなタイプを良く書きすぎる)

どちらにしても今の可愛さを保って欲し~い、せっかくショートカットで新たな可愛さをかもし出してくれているから。

(ドロンジョ役でのボンテージ姿やセミヌードなんてどうでもいいよ!!!)

とにかくせっかく温かくて面白いドラマなんだから、これ以上、姫を肥る危険にさらさないで!!!テレ朝さん!

このブログを昔の恋人達が読んだら、自分の彼女が肥ったことさえ気づかない男が寝ぼけたこと言うなって凄く怒られるんだろうな・・・

あっ、このドラマ、めちゃイケ以上に武田真治君を壊しているんじゃ・・・

あの役を見たら真剣にサックスを吹いている武田君を見たらふき出しそう、そのくらいはじけた三枚目の塾長役をしています。


そして日曜日は相撲の千秋楽、最近は相撲なんてスポーツニュースでしか見ないしモンゴル外人対決なんて凄い冷めちゃうんだけど、白鵬関、あの非常識野郎をぶっ潰して優勝してくれ!!!!!応援しているゾ!!!

(例え負けても怪○の一つも負わさせて世間の怒りを思い知らせてやれ!!!!!)

MEGURU

Sharapova






Last updated  2008.01.27 01:32:34
コメント(2) | コメントを書く
2008.01.19
カテゴリ:深キョン姫
普段はドラマなんて見ない自分ですが、深キョン姫こと深田恭子が出演となると話は違います。

とはいえ見る動機がそんなのですから、はなからドラマ自体の面白さなんて期待してないのですが・・・

しかし「未来講師めぐる」は結構面白い!!!

放送局の関係でテレ朝より数日遅れの放送でまだ一話しか見ていませんが、脇役が良いせいか今後も期待出来そうです。

その脇役というと一人はサスペンスの帝王、 船越英一郎さん。

バラエティーにも出ているせいか成金ホームレス役ですがコメディードラマでも良い味を出していますね。

もう一人は地井武男さん、同じ超能力(本人いわく、ただの自慢)を持つ主人公のおじいちゃん役ですが「ハコイリムスメ!」では親ばかの父親として共演していたせいか、その可愛がりぶりがジャストヒットしていて、新ドラマのぎごちなさをなくしてくれていますね。

もちろん、姫も得意のコメディードラマということで超能力の持ち主という非現実的な役をばっちりこなしてますよね。

それに自分の記憶が定かならば「リモート」以来のあの姫にしては超貴重な超早口のノリ突っ込みのシーンがあって、今回は気合が入っているなって感じだし!!!

本来は姫のほのぼのした不思議ちゃんキャラが好きなんですが、「山おんな壁おんな」でも見せたドジ系の元気いっぱいキャラも見ていて元気をもらえるので好きなんですよね。

あっ、さりげに姫の個性を引き立ててくれる共演者では常連のユーキ43役の田口浩正さんや焼肉店店長役の佐藤二朗さんも貴重な脇役になりそう、塾長役の武田真治さんはこれからはじけるかな?!

それにしても宮藤官九郎さんって初めて作品を見ますが個性的な作品で良いですね。

遅い時間の放送なのでなかなか見れないとは思いますが、ほのぼのとした笑いの欲しい方は、ぜひ見てはいかがですか!!!

でも個人的には一番の見所はショートカットの姫の可愛さです!!!!!(笑)

PS.全国の江口ヒデオさん、約三ヶ月間ですがガマンして下さい、御免なさい!!!






Last updated  2008.01.20 00:32:17
コメント(6) | コメントを書く
2008.01.10
カテゴリ:深キョン姫
今年一発目の大きな楽しみ、それは深田恭子主演ドラマの「未来講師めぐる」です。

何せ深キョン姫の本格的な主演ドラマは「富豪刑事デラックス」以来ほぼ二年ぶり。

もちろんスペシャルドラマ等の主演や「山おんな壁おんな」や「新堂本兄弟」で準主役級の扱いはされていましたけどやっぱり連ドラの主演でないとね!!!
(最近は、しっかりした女性キャラが多いのでホリプロはイメチェンを狙っているのかな?!)

で早速先週からネットの番組表をキーワード検索しているのになぜかヒットしない?!

一応、テレビ東京系を含め民放5局が観れる地域なのでほとんどの番組が観れるはずなのですが???不信に思ってテレビ朝日系金曜23:15-24:10を調べてみると老舗人気バラエティーが・・・

確かにこの番組を蹴散らすだけの視聴率は姫には無理だけどそれにしても・・・

仕方が無いとはわかっていてもやっぱりムカつく気持ちは抑えきれず系列放送局のHPを調べまくっていると別の曜日の深夜枠に「モップガール」なるドラマがあったので、そんなマイナー?なドラマをやるくらいなら姫のドラマをやらんかいと勝手な因縁をつけて絶対に抗議してやるとその時は心に誓っていました。
(くりぃむしちゅーやおぎやはぎを使った深夜バラエティーでワケワカラン、ローカル素人アイドルグループ作る意味不明な地方局なんですよね・・・)

しかしよくよく考えて見ると「モップガール」ってどっかで聞いたことのある名前のドラマだなっと思って、もしかしたら「モップガール」の枠で放送?って感じで後日再度調べてみるとその枠にあった、あった、あった「未来講師めぐる」の文字が!!!!!!!

そういえば堂本光一君のドラマが深夜のおかしな時間帯に放送でKinKi Kidsも地に落ちたなと誤解していたことがありましたが、調べてみるとテレ朝系金曜ナイトドラマ枠は色々事情があるみたいですね、人気ドラマも結構あるみたいだし・・・
(「モップガール」や光一君のファンの方、御免なさい)

とはいうものの、やっぱり民放5局が見れるっていうのは幸せなほうですよね、正月に久々に会った親友の住む地域ではあれこれ放送していない番組があるそうですから・・・


さてドラマの内容というと満腹になると未来が見えるという主人公のドラマらしいです。

う~ん、個人的には未来が見えるというのは怖いような、でも失敗しない人生を送れるなら知りたいような複雑なテーマですが、がんばる気持ちを失うなら見えないほうが良いかな???
(っていうか姫が見れればストーリーなんて二の次なんですけどね(笑))

超能力というよりは人に好かれる才能が欲しい!!!そう思う毎日です。
(それかお金持ちになりたい(笑))


PS.実は「未来講師めぐる」の正式表記は「未来構師めぐる」です(笑)
それにしても最近はフィギュアスケートの放送が多くハードディスクがパンパン!これこそ嬉しい悲鳴です(笑)



未来講師めぐる






Last updated  2008.01.11 22:00:21
コメント(10) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.