000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Be in the depths of despair

PR

Comments

 マタイ24@ Re:「インポッシブル」試写会、感想。(05/12) ファティマ第三の預言とノアの大洪水につ…
 Blue blood@ Re:はじめまして(05/15) ☆のの☆さん >たくさんの映画を観てるん…
 ☆のの☆@ はじめまして たくさんの映画を観てるんですね。 私は数…
 Blue blood@ Re:えっと(05/13) KLYさん >ウィノナ・ライダーはナタリー…
 KLY@ えっと ウィノナ・ライダーはナタリー扮するニナ…
 Blue blood@ Re[1]:「借りぐらしのアリエッティ」試写会、感想。(07/05) とおりすがりさん >私には傑作でした。 …
 とおりすがり@ Re:「借りぐらしのアリエッティ」試写会、感想。(07/05) 私には傑作でした。 受ける側が人間的に…
 Blue blood@ Re:最悪(07/05) カズさん >レンタルでも見なくてよし -…

Favorite Blog

「仕事なんて選ばな… New! FAM5220さん

ぷーくすくすwww ジャニス0920さん

忘備録的日常雑記 Hikaru(‥ )さん
◇ レギのお部屋 ◇ レギ。。さん
人生は筋書きの無い… ★KAO★さん
ChatNoir日々徒然 q-tarouさん
アジサイノココロ けいこ*1108さん
Precious love †夜人†さん
ぶらび★のエキセント… ぶらび★さん
新・寝タバコ注意報 まみむっちさん

Headline News

Shopping List

Freepage List

Category

Free Space

設定されていません。
2008年06月12日
XML
カテゴリ:試写会感想録

国際フォーラムCでの舞台挨拶付き試写会でした。

「1000の言葉よりも」試写会の後だったので、ぐったりしつつ鑑賞。 流石に昔の様に一日3本映画のはしごとか出来ないです。 一本でもうダメだ状態に。

そんな疲弊した気分で観た今回の映画、着眼点は新鮮と感じました。主役の演ずるのは聞き慣れない「納棺師」ですし。

冒頭、某のだめカンタービレチックな出だし。

楽団が解散し、仕方なく実家の山形へ帰郷する、本木雅弘と妻の広末涼子、ひょんなことから、「納棺師」となった彼、最初はその仕事に戸惑い、嫌悪感すら示す、しかし、徐々に己の仕事に誇りを持ち始めた頃、妻に隠していたこの仕事がバレてしまい妻は実家に帰ってしまう。

まぁ、ネタバレになるので以下中略します。

出演者を絞った結果、それがプラスに働いていると感じました。 本木雅弘と広末涼子の確執と和解、彼の働いている事務所(社長と、事務員の二人だけ…)との交流、地元の銭湯の人達との繋がり、等々。 世界観がコンパクトに纏まっているおかげで、その中での人間関係を深く描くのに成功していると思われ。

総じて、「丁寧な俳優陣の演技」に感心しました。 特に本木雅弘の「納棺の儀」は観ていて上手いなぁと感心したり。

過度の期待をしなければ、リラックスして鑑賞できる、そんな佳作でした。

上映前の、舞台挨拶、などなど、面倒だから割愛。 







Last updated  2008年06月12日 05時38分57秒
コメント(2) | コメントを書く
[試写会感想録] カテゴリの最新記事


Archives

・2020年08月
・2020年07月
・2020年06月
・2020年05月
・2020年04月
・2020年03月
・2020年02月
・2020年01月
・2019年12月
・2019年11月

Calendar

Recent Posts

Profile


skyfish1748

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.