343050 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Be in the depths of despair

PR

Comments

 マタイ24@ Re:「インポッシブル」試写会、感想。(05/12) ファティマ第三の預言とノアの大洪水につ…
 Blue blood@ Re:はじめまして(05/15) ☆のの☆さん >たくさんの映画を観てるん…
 ☆のの☆@ はじめまして たくさんの映画を観てるんですね。 私は数…
 Blue blood@ Re:えっと(05/13) KLYさん >ウィノナ・ライダーはナタリー…
 KLY@ えっと ウィノナ・ライダーはナタリー扮するニナ…
 Blue blood@ Re[1]:「借りぐらしのアリエッティ」試写会、感想。(07/05) とおりすがりさん >私には傑作でした。 …
 とおりすがり@ Re:「借りぐらしのアリエッティ」試写会、感想。(07/05) 私には傑作でした。 受ける側が人間的に…
 Blue blood@ Re:最悪(07/05) カズさん >レンタルでも見なくてよし -…

Favorite Blog

いい加減にせよと。 New! FAM5220さん

アフィリエイト成果… 楽天ブログスタッフさん

忘備録的日常雑記 Hikaru(‥ )さん
◇ レギのお部屋 ◇ レギ。。さん
人生は筋書きの無い… ★KAO★さん
ChatNoir日々徒然 q-tarouさん
ジャニスは死んだ ジャニス0920さん
アジサイノココロ けいこ*1108さん
Precious love †夜人†さん
ぶらび★のエキセント… ぶらび★さん

Rakuten Ranking

Headline News

Shopping List

Freepage List

Category

Free Space

設定されていません。
2009年03月23日
XML
カテゴリ:試写会感想録

個人的に、子犬の頃から、老犬で最期まで、ビーグル犬を飼っていた自分としては、劇中最後の老犬の演出は卑怯としか、分かっていても、泣いてしまいます。 もう、この映画の全ては其処に収束されますね。

ホント、うちのビーグル犬もちっちゃな頃は元気よく走り回っていたのに、末期になると、如何にも「おばあちゃん」な風貌になって、昔みたいな、元気に走り回れなくなって、茶色と黒の毛も薄くなっていく姿を、映画での子犬から、最期まで、とを重ねて観て、、、これは、もう、犬を最初から最期まで飼った事のある人にとっては、卑怯としか言いようのない演出。 上記の経験のある人だったら、確実に泣けるかと思われます。

しかし、大型犬、飼うのは大変で、ちゃんと躾けないと、劇中の夫婦のようにマーリーに振り回されるのは、仕方ないかと。

人物描写の面では、ジャーナリストか、コラムニストか、で悩む40代、主人公の姿は、多少、苛つく面、なきにしもあらずですが、それがこの映画にリアリティを与えているかと思われます。 極々平凡な、現在に藻掻き苦しみ、今の幸せを求める普通の一夫婦って、描写が。

でも、やっぱり、自分も老犬になったビーグル犬を散歩させているとき、老いた背中を見ながら「死ぬなよ…」と、叶わぬ願いを感じたりしたので、もう、夕暮れ時に主人公の旦那と老犬マーリーが散歩している姿を見ているだけで、「けっ、所詮、映画じゃん、作り物だし」と分かっていても、ねぇ、泣くのでした。

映画のチラシに書いてあるキャッチコピー「キミも、ちゃんと幸せでしたか。」って、過去形なのが、何とも、、、







Last updated  2009年03月23日 22時43分56秒
コメント(4) | コメントを書く
[試写会感想録] カテゴリの最新記事


Archives

・2020年02月
・2020年01月
・2019年12月
・2019年11月
・2019年10月
・2019年09月
・2019年08月
・2019年07月
・2019年06月
・2019年05月

Calendar

Recent Posts

Profile


skyfish1748

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.