341419 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Be in the depths of despair

PR

Comments

 マタイ24@ Re:「インポッシブル」試写会、感想。(05/12) ファティマ第三の預言とノアの大洪水につ…
 Blue blood@ Re:はじめまして(05/15) ☆のの☆さん >たくさんの映画を観てるん…
 ☆のの☆@ はじめまして たくさんの映画を観てるんですね。 私は数…
 Blue blood@ Re:えっと(05/13) KLYさん >ウィノナ・ライダーはナタリー…
 KLY@ えっと ウィノナ・ライダーはナタリー扮するニナ…
 Blue blood@ Re[1]:「借りぐらしのアリエッティ」試写会、感想。(07/05) とおりすがりさん >私には傑作でした。 …
 とおりすがり@ Re:「借りぐらしのアリエッティ」試写会、感想。(07/05) 私には傑作でした。 受ける側が人間的に…
 Blue blood@ Re:最悪(07/05) カズさん >レンタルでも見なくてよし -…

Favorite Blog

選択肢が増えること… New! FAM5220さん

お箸で食べる洋食屋… こゆきやさん

忘備録的日常雑記 Hikaru(‥ )さん
◇ レギのお部屋 ◇ レギ。。さん
人生は筋書きの無い… ★KAO★さん
ChatNoir日々徒然 q-tarouさん
ジャニスは死んだ ジャニス0920さん
アジサイノココロ けいこ*1108さん
Precious love †夜人†さん
ぶらび★のエキセント… ぶらび★さん

Rakuten Ranking

Headline News

Shopping List

Freepage List

Category

Free Space

設定されていません。
2010年02月12日
XML
カテゴリ:映画鑑賞録

たった一人でも、その人望で、時として、民衆を、国すら動かす、大きなうねりとなる。

モーガン・フリーマン演じるマンデラ大統領に、違和感感じさせられない、そんな彼の熟練した演技に好感が持てました。

あれだけ長く牢獄に閉じ込められながらも、「人を赦す」「寛容な心」を持った、持ち続ける、マンデラ大統領の人徳に心を打たれ、人って、こんなにも、素晴らしい人がいるのかと思ったり。 翻って、日頃、自分の器の狭さを痛感させられりした、そんな感じです。

ありきたりの言葉ですが、兎に角、「素晴らしい人」なのでした。 まぁ、凡人の域ではないですが、マンデラ大統領の器なんて。

勿論、クリーンな箇所ばかり映している訳ではなく、根深い人種間の対立をリアリステックに描いているのも好印象で、ちゃんと人種間のダーティな箇所もしっかり描いています。

マット・デイモン演じる、ラグビーの主将が、大統領から、お茶会に誘われて、その後「あんな人は初めてだ」と呟くシーン、それが全てを物語っているみたいで、好感触だったり。

勿論、ラストの、ラグビーの試合シーンもかなり、「熱い」展開で、実際の結果を知らなかった自分は、ハラハラドキドキ、なのでした。 あ、この箇所の編集も見事でしたね。

今春一番の、ヒューマンドラマとして是非、万人にお勧め出来る良作です。

最後に、クリント・イーストウッドの、監督としての手腕は見事でした。 去年の「グラン・トリノ」も良かったですが、こちらも引けを取らず、良作とは、、、熟練工の技でしょうか?







Last updated  2010年02月16日 06時29分11秒
コメント(2) | コメントを書く
[映画鑑賞録] カテゴリの最新記事


Archives

・2020年01月
・2019年12月
・2019年11月
・2019年10月
・2019年09月
・2019年08月
・2019年07月
・2019年06月
・2019年05月
・2019年04月

Calendar

Recent Posts

Profile


skyfish1748

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.