351519 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Be in the depths of despair

PR

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

プチ活動的な日常

2011年05月01日
XML
カテゴリ:プチ活動的な日常
もう、10歳若ければ、日頃から運動していれば、疲れずに、楽しめた筈のライブ。 疲労が先行して、中盤からはぐったりでした( ´△`)アァ-
 
最初は音速ラインから、演奏開始。
 
このバンド、YouTubeでしか聴いた事が無いですが、なかなかよさげな雰囲気での演奏でした。 特に、ボーカルの声がいい感じで。 あと、演奏の疾走感というかスピード感とか。 ベストアルバムが出ているらしいので、その辺から、情報収集しようかと。 そんな事を、思わせる、新しい発見的な、良い意味での新鮮さを感じました。
 
音速ラインの演奏終了後、30分後に、次はスネオヘアーが。
 
相変わらず、変な奴的なMCを曲間に挟みつつ、今回はキーボード担当の人が居なくて、キーボードをあまり必要としない、曲メインで、演奏。 と言いつつ、アンコール2回目にヘッドフォンミュージックを演奏したのは、この曲の歌詞に込められた意味を、今、表現したかったのかな?と思ったりします。
 
如何せん、もう若くないので、約2時間の立ちっぱなしは、正直、かなり、辛かったですが、その見返り分のライブは堪能できました。
 
ドリンク引換券、500円分、結局引き替えずにそのまま帰ってしまったので、勿体ない事をしてしまったと、帰宅後に後悔。
 
あと、スネオのニューアルバムが、7月以降に発売されるかも?と、これはちょっと期待しつつ、その間にTSUTAYAで音速ラインのアルバムでも聴き込もうかと画策中です。






Last updated  2011年05月01日 22時59分05秒
コメント(0) | コメントを書く


2010年06月30日
カテゴリ:プチ活動的な日常
今年二度目のライヴ、もう、年齢故か、著しく、身体的に疲れ果てました... JR渋谷駅から徒歩で、てくてくNHKホール迄、歩き、しかし、実は、NHKホールは初体験だったので迷うそうな不安感が。 ま、無事、到着しましたが。

前回のシカオちゃんのホールライヴ経験は東京国際フォーラム ホールA でしたが、その時は二階席故、ステージまで遠く歌っているシカオちゃんが「点」でしたけど、今回は、同じ二階席でしたけど、ちゃんと「人」として、視認出来る距離でした。

なので、位置的には、まぁまぁな良席でした。

で、本日の内容は、スガシカオのコミュ参照で。

○○○○セットリスト←これは秘密らしく、で、満足度高かったライヴでした。

まぁ、スガシカオ自身は、「ファンクだから、保守的になりたくない」云々 MCで言っていましたけど、んんんんんんんー アルバム「smile」の頃が一番好きだった、ファン心理としては、「スガシカオらしさ」なブラックな歌詞を歌うのが期待していていたりして。

「黄金の月」とかね、あの辺の頃のライヴも、原点回帰的なのも期待していているのでした。

スガシカオ=鋭利なナイフで心を剔る鋭いブラックな歌詞 な、そんなイメージがあるので。。。

例のベストアルバムの歌主体のライブとか、やって欲しいなぁ、年末辺りに、東京国際フォーラムで。 やって欲しい、、、






Last updated  2010年07月01日 02時30分54秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年02月14日
テーマ:心の病(7016)
カテゴリ:プチ活動的な日常

昨日は、秋葉で、グッドスマイルカンパニーのイベントに行って来ました。 まぁ、ミク友の人が行きたがっていたイベントなので、自分もそれにつられて、って感じでした。 

列に並ぶこと、(係員の人によれば一時間半待ち)で、やっと入った中は、ぎゅーぎゅー詰め。 グッスマのfigma、ねんどろいど、等々を見て回り、相手の人は何かを購入され満足されたご様子。

その後、バーガーキング迄行き、一通り会話モードへ。 個人的に、場所がアレなので個人的に疲れ気味に陥り、何も考えず、その隣の小綺麗な飲み屋へ。

双方、カシスオレンジを注文し、適当に肴を加え、メンタル系なお話メインの、暫し、楽しい一時を過ごし、此処に書けないことなどボロボロ言いつつ、ほろ酔い加減になってきて、酔い覚ましに、アキバヨドバシへ。

まず、携帯コーナーへ行き、一通り冷やかして、上階のフィギュアが飾ってある所を、ぼちぼち散策して、ゲームコーナーを覗いて、終了、その後は、改札をくぐって、プラットフォームで、サヨナラしました。 いあ、久しぶりに飲むお酒は美味しかったです。 カシスオレンジでしたけど。

こう、体力無いですから、時間8時30分で飲み屋を切り上げたのは正解かなと思ったり。 これ以上は、自分ら、ぐたぐたモードでしょうし…

また飲みましょう、Mさん。







Last updated  2009年02月15日 01時13分02秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年02月07日
カテゴリ:プチ活動的な日常
以下コピペ。

--------------------------------------------------------

いつもイープラスをご利用いただきありがとうございます。

先日お申込みいただきました「Ghana presents WINTERNET '09
バレンタイン・スペシャルライブ」公演ご招待にお客様が当選されました!
当日は下記の要領で会場にお越しください。

公演日・会場:2/14(土) SHIBUYA-AX 【所在地:東京都】

受付方法:
受付は公演当日15:00より19:00まで行います。
このメールをプリントアウトしたものをご持参の上、ご来場ください。
プリントアウトが出来ない方は、当日、お名前をお伝えください。
携帯電話でのメールを受け取りの方は、当選メールを受付でお見せ下さい。
転送メールは入場不可となりますので、ご注意下さい。
※1組2名様までご入場いただけます。

注意事項:
※招待当選権利のオークションへの出品など営利目的の転売はご遠慮ください。
※本公演の招待につきましては、ソーゴー東京の依頼を受けてイープラスが
 行っております。
※19:00以降のご来場は無効となります。ご注意下さい。
※1階スタンディングとなりますので、スニーカー等でのご来場をお勧め致します。
※入場順は整理番号順での入場となります。ランダムにて整理番号付きチケットと
 引き替えます。


ご来場お待ちしております。

------------------------------------------

これよりも、BARBEE BOYS のチケットがやっぱり取れなかった事に激しくショック、、、もう嫌だ!






Last updated  2009年02月07日 13時16分47秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年02月03日
カテゴリ:プチ活動的な日常

佳乃、バレンタインチョコ1人にあげる...2・14「兄帰る」放送記念2・3トークショー

まず、ドラマのダイジェスト映像をHDプロジェクターかしら?で、上映、かなりクリアな映像にまず吃驚。

こう言う予告編を観ちゃうと、本編も見たくなるのが性。 ちゃんと観よう。

その後、木村佳乃本人が登壇、プチトークショー。撮影時のエトセトラを語ってくれました。

最後に、でっかい、チョコレートケーキ?が運ばれてきて、会場内の一名様にプレゼント、な企画が。

当たった人は舞台慣れしているというか、緊張感ゼロな人。握手もして貰って、いいなぁ~

帰りに「兄帰る」をミニチョコ文字で埋め尽くした(1500個らしいです)を5個むしり取って帰りました。







Last updated  2009年02月03日 21時43分04秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年01月20日
カテゴリ:プチ活動的な日常

プレオーダーの時点で知っていれば! な、なんだってー(AA略 と、今頃知った自分が悔しいです。

取り敢えず、今週土曜日、午前10時の一般予約、どうかチケット取れますように(-人-)

嗚呼、青春の一ページが、復活とな! 是が非でも、観に行かねばっ!







Last updated  2009年01月21日 05時29分12秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年12月17日
カテゴリ:プチ活動的な日常

先週のスネオヘアーに引き続き、同じSHIBUYA-AXで、今回はスガシカオのライブへ。

しとしと雨の降る中、ちょっと早目に到着。 ちょこちょこ移動しつつ、開場時刻に。 チケットの番号は、B168番だったので、「早目に入れるかな?」と思っていたら、A番台が2000カウントオーバー、、、その間、ひたすら外で待つ間、かなり寒かったです。

中に入ると、ミラーボールが燦々と輝いており、今回のライブのテーマを物語っていた感じが。 既に、前方は埋まっていたので、仕方なく、真ん中付近の真ん中をキープ。 開演までじっと待つ。

で、スガシカオ本人登場で、演奏開始。 いきなり「smile」を歌って、この歌詞が大好きな自分的にはいきなりテンションが上がる。 「ねぇ、あした、死んでしまおうかしら♪」

「ヨゾラノムコウ」等、新旧織り交ぜつつ、一ファンとしては、かなり満足度の高かった演奏曲目に素直に楽しかった一時でした。 コート着ていてかなり暑かったですけど。

MCで、仙台公演は声が出なかったので順延したとか、ギリセーフだった今回のライブ。 無理矢理っぽかったアンコール二回目は、二階席の人は場内アナウンスを信じて席を立って帰っていたし。

これで、もう、思い残すことなく、今年は年を越せます。

疲れたー(;´Д`)







Last updated  2008年12月18日 00時22分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年12月07日
カテゴリ:プチ活動的な日常

個人的に一番盛り上がったのは、「スカート」の歌詞を冒頭から間違えて、歌い直した箇所でした。おいおい、開場遅らせてリハやっていたんでしょ? SHIBUYA-AXの外は寒かったです、、、

MCでは「40歳問題」のライブの時は、カツラネタでしたけど、今回はどう見ても、ぷよった自身の肥満具合をネタにしていました。 自虐ネタ好きだなぁ。

曲はアルバム「フォーク」からのチョイスが多かった感じが。 アンコールの「セイコウトウテイ」はやっぱり盛り上がりますね。

最後は座って歌っていたスネオ、少しはミック・ジャガーを見習えと。一応、ミュージシャンなんだから。

追加公演と言われていた来年のC.C.Lemonホールでのライブは、ツアーファイナルとの事。 行くか…







Last updated  2008年12月07日 22時33分56秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年09月08日
カテゴリ:プチ活動的な日常

最初の演奏は、スネオヘアーが担当、新曲を一曲披露したり。あと、「フォーク」も歌ってくれました。 相変わらずMCは長め、で、面白い。 首相退陣に怒っていた様子。 自ら「早く曲をやれ」と自分突っ込みしつつ、演奏してくれました。

次は、スチャダラパー 「もう、オレらもこの歳で『ヨゥ』とか羞恥心で恥ずかしいから」と言いつつ、MCはそんな自虐ネタで盛り上げながら、久しぶりのラップを披露。

次に箭内道彦と、リリー・フランキーの(多分)その日だけのユニット「青りんごス」で、演奏は短め、面白いトークばかりの回でした。

最後は、浜崎貴司が歌い、98年にC.C.レモンホールが渋谷公会堂だった頃、FLYING・KIDS解散ライブを行った時に歌った曲を披露して、最後に映画「40歳問題」の三人で演奏して終了。

途中途中、映画のワンシーンがバックに映し出され、中江裕司監督も登壇したり、何かミキサーに掛けたミックスジュースなライブでしたが、楽しかったです。 で、最後に大沢伸一がキレてギターを破壊して先に帰っていました。







Last updated  2008年09月08日 12時09分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年09月07日
カテゴリ:プチ活動的な日常

面白かったけど、疲れた… 肝心の映画「40歳問題」での主役達は隅に追いやられて、リリー・フランキーが、トーク担当。 ファン的にはスネオが歌を担当。なライブでした。

そりゃ、大沢伸一もキレて最後にギター壊すって。 何か滅茶苦茶な映画になりそうな予感が…







Last updated  2008年09月07日 23時04分21秒
コメント(0) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.