275466 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ぜんうさの

PR

Freepage List

Category

Calendar

Archives

2017/07
2017/06
2017/05
2017/04
2017/03

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Wishlist

Rakuten Ranking

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ライトの

2013/04/30
XML
カテゴリ:ライトの
 久しぶりのライトネタ。



 NITECORE Explorer series EA4 PIONEER でいいのかな。

 単3電池4本 Cree XM-L U2 IPX-8防水
 全長117mm ヘッド径40mm 本体径41.8mm 159g(バッテリー含まず)
 Turbo 860lumen  1時間45分
 High  550lumen  2時間
 Mid  300lumen  4時間30分
 Low  135lumen 11時間
 Lower 65lumen 22時間






 カメラのシャッターの様な半押し全押しの2ステージスイッチで Dailyモード(High-Mid-Low-Lower)と Turboモード(Turbo-High)を切り替える。
 また点等時にダブルクリックでストロボモードに。

 消灯時はパワーインジケーターランプが点滅するスタンバイモードと完全消灯のロックアウトモードがある。



 で、実際に点灯。EA4 には White と Natural White の二種類があり、White を選んだのだが、やや黄緑っぽいのが残念。個体差はあるのだろうけど、最近はこういうのはなかったんだけどね~。><

 以前「アスフェリカルってヘリカルモートリス(八九寺)みたいなもん?」で、Wolf-Eyes Night Hunter 1本あればいいやんとか書いていたが、常用する3AAAズーム系ライトと Night Hunter、NITECORE EA4 を持っての夜の駐車場での照射比較。

 NITECORE EA4 は確かに明るい。中心光がはっきりとしたスポット強めだが周辺光も充分。ただ中心光の周辺部が一番明るいのが気になるところ。
 ちゅうか、携帯時には半押しで点灯してしまうスタンバイモードではなくロックアウトモードにしているので、長押しで点灯がじれったい。モード変更もなれてないのでちょっとイライラ。

 Night Hunter も好きなんだけれども、両手でグリグリして四角い周辺光が万華鏡のように回転して広かるのを見ると、もっとキレイな照射パターンになんねぇのかとも思ってしまう。

 3AAAズーム系ライトは比較してゴメンなさいという感じだが、若干のダークリングはあるものの均一な照射パターン、片手でズーム。最スポット光の飛距離もなかなかのもの。

 仕事帰りの駐車場で使う分には3AAAズーム系ライトで充分ってコトで。

 いやいや、当然単三電池で非常に明るくコンパクトな NITECORE EA4 もずっとカバンに入れてますって。





以下は楽天市場各店舗各商品へのリンクバナー








Last updated  2013/05/01 01:33:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/02/07
カテゴリ:ライトの
 2月3日の笑い男事件(2024年)をネタにしようとしていたのだが、節気を分け、立春も過ぎた7日になってしまった。

 今回は昨秋からのライトネタ。

 右奥からグリーンハウス「USB接続LEDライト 18灯GH-LED18LSK」、ジェイビーエス(販売元)「1W+9LEDエマージェンシーライト」、ウィキャン「レスキュー5(ファイブ)」、エーモン「非常信号灯(6723)」、右ふたつがウィキャン「3WLEDズームライト」

 USB接続LEDライトは単四×3で全点灯時約12時間、半点灯時約23時間使用可能。

 撮影時の補助光としてリングライト的に使えないかと思ったのだが、中央部は素通しではなくプラレンズが嵌っていた。

 なんとなく外せるような気もするのだが、再利用可能な形でキレイに外せるか今度やってみたい。

 USB接続で明るさだけなら去年の「ライト三題」で紹介したエレコムUSBライト LEC-USB1N01が明るいのだが、こちらは電池でもOKなのが良い点。

 非常灯類は後日「クルマの」でとりあげるとして、やっちまったのが「3WLEDズームライト」。
 普段使いにズーム系のライトを愛用している全うさ、しかも好みの強弱のないシングルモードだったので、この値段ならとふたつポチったのだが、一昨年の「
ズームライト・ヨコハマ」で紹介していたヤツと同じもの。
 例の死んだ魚の目をした3W(ワット)ではなくスリーダブリューのヤツ。人にあげるのさえはばかれる。前回はひかえめに大ハズレをひいただけ?とか書いてたけど、これはもうな…。






Last updated  2013/02/08 10:37:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/07/16
カテゴリ:ライトの
 第一話のサブタイトルは「ザ・ライトスタッフ【あっ軽い人びと】」、最終話は「THE RIGHT STUFF」 おっと一話の前には「Prologue」

 ちゅうか先日は沈黙の艦隊の一巻を探し出し、今日はパトレイバー。ネタは忠実にパロってこそ味が出る。ただし、原曲を忠実にトレースするのがアニソンの鉄則、みたいなっ!
 ちなみに「ディーゼル臭(スメル)」は速水の言葉で深町は「オイルの匂い」と言っている。



 というわけで、ライトというか光り物ネタ。




 GOREAD C2 CREE-R2 ランタン付ハンドライト

 先日のランタンネタの時に紹介するハズだったのだが、すっかり忘れていた。3AAAズーム系のランタン付きのもの。はたして XP-E R2 なのかは不明。
 普通の3AAAズーム系のようにスライドさせるのではなくネジを回してズームを調整。ネジが外れた所でシェード部分を引き出す。

 これは3AAAズーム系の代わりに常用ライトとなるかと期待していたのだが、ワイド側が狭すぎる。3AAAズーム系でもスポット寄りで使うことが多いのだが、これは調節範囲が狭すぎる。とりあえず、玄関にひとつ置いた(笑)。

 箱には「OSRAM 3W Bulb」「100-110 Lumans for the Cree Bulb」とかツッコミ所満載で書かれている。栄光のル・マン?(いや、それも違うケド)




 USB LED Spotlight

 USB端子に接続して使うLEDライト。ペーパー等は入っておらず、箱に書かれたものが全てのスゥインプルなもの。

 コリメーターレンズ


 ウエストウォーマー付属の KBC-L3A(eneloop mobile boosterと同等)を接続。(より電池容量の大きいのがKBC-L2B)


 Spotlightというだけにスポットきつめ。夜間の照射を比較したわけではないが、そんなに明るくはない?
 以前「ライト三題」で紹介した面発光のエレコムUSBライトLEC-USB1N01ほどの驚きはない。




 光るLED靴ひも(LEDシューレース)

 BTF2? いや、あれはひもじゃねえし。夜間天体観測等でのマーカーにならないかと購入。

 点灯(点滅)パターンは三種類あるが、単色(赤色)の点灯があればよかったのだが。
 使用電池はどこにも書かれていないのだが、本体を開けてみるとCR2016×2個だった(片方で)。




 センサーナイトライト類

 左からELPA PM-L200(W)、YAZAWA SE22、OHM NL-600A
 いずれもコンセントで使用する100Vタイプで明暗センサー+人感センサーのもの。理想を言えば停電になると点灯する機能があれば万全なのだが、値段が高くなるので今回はヤメ。

 最初、ELPAとOHMでどっちを買うか迷ったのだが、YAZAWAのヤツを見つけ、結局全部買うてもた。


 ELPAとYAZAWAはほぼいっしょのつくり。上部のモード切換えスイッチの呼び名が異なる。また、ELPAはコンセント差込部がトラッキング防止タイプのもの。

 パッケージ台紙裏の取説によると、消費電力はELPAが0.5WでYAZAWAが0.4Wとなっている。
 まあ、あまり明るくはない。ぼんやりだが均一に照らす感じで、見た目も照度計での計測もほぼ同じ。点灯時間は約2分間。




 LED×3灯のOHM NL600Aはムラのある光だが周辺をわりとはっきりと照らす感じ。照度計での計測では上二つの倍以上(ほぼ零距離で)。取説には記載されていなかったが本体裏には1Wとあった。点灯時間は約60秒間。

 3つとも電気代1ヶ月いくらとあったが、ELPAのみ新電力料金目安単価22円/kWhと明示。お得なのは消費電力順と考えた方がいいだろう。

 買い増しするなら、消費電力は1Wとほぼ倍だけど(それでも1W)、薄くて小さくて(比較的)明るく値段も安い OHM NL600A かな。見た目もすっきりしてるし。




 電池式6灯LEDセンサーライト

 こちらも明暗センサー+人感センサーのもの。LED6灯で単三乾電池3本で点灯時間は約45秒間。コンセントの無い廊下等で使用。

 商品説明にはなかったが、DC6-12Vとあったのでアダプタをつないでみた。点いた。

 どんだけコストダウンですか――ッ!の電極。まあこれでも充分なんだろうケド。




 SunRuck LED光る傘

 柄の部分のプッシュスイッチで樹脂製のシャフトが光る。
 グラデーション-赤-緑-青-黄-水色-紫-薄紫(白?)と(たぶん10秒以内に)押す度にOFF状態と交互に変化。
 つまり点灯の次は必ずOFF(消灯)になるので、点けていても人が来たらボタンを押せば消えて恥ずかしい思いをしなくてすむ。(笑)

 柄のエンド部に3灯の白色LEDがありレンズ部がプッシュスイッチになっている。わりと明るいのだが、傘を差している上体では直下の足元しか照らせない。シャフトとの同時点灯も可。

 単4電池3本の電池ボックスが柄の中に入っており、電池ボックスに3灯のLEDが取り付けられている。Oリング等は使われておらず本当に雨の中を使っていいのか疑問。(オイ)

 購入したサイトの商品ページには直径と全長しか載っていないが、以前購入したゆったりサイズのビニール傘が親骨長65cmとあり、それと同じように測ってみると親骨長は約55.5cm。つまり、わりと小さめ。






以下は楽天市場各店舗各商品へのリンクバナー















Last updated  2012/07/16 03:36:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/06/12
カテゴリ:ライトの

 これが「にゃものラブレターの唄」で歌ってみると案外イケル。(またかよ)


 5/18の「天気は上々」でトーチランタンのシェードを使ってライトのランタン化に失敗(笑)。
 その時に「樹脂製の乳白色のランプシェードがあれば。とか、いろいろ考えてはいるのだが・・。」と書いていたが、今回は前回のナルゲンボトルを使ったソレ。



 右端のトーチランタンを使ったものは、まんまライトスタンドって感じ。ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲じゃねーか、完成度たっけ~な、オイ。みたいなっ!



 使用するライトはトーチランタンのトーチ部を除いて前回同様。

 右から、LED LENSER T7、3AAAズーム系、(トーチランタン)、ミニマグPro。これにもう一本3AAAズーム系を加えた。



 ランプシェードにはナルゲンボトルを使うとして、困ったのがその固定方法。ウレタンフォームをギュっと巻きつけて、ボトルの口にねじ込むのもアリかなとも思ったのだが、とりあえずやってみたのは次の4パターン(3パターン+1)。



 最初双頭のクリップを探していて、見つけたのがステンレス竿ピンチ。ちょっと曲げて両方にうまく合わせられるかと思ったが、なかなか固い。まあ、簡単に曲げられたらピンチとして使えないもんね。
 つまむ部分がもう少し広がったら安定するのだが、このままではやや不安定。




 ディスプレイ用のワイヤースタンド。100均のバナナスタンドでは高さが足りなかった。吊り下げたライトが台座の円の中心にくるように曲げようとしたのだが、なかなか固くていびつな形になってしまった。
 吊り下げる高さを調節すれば大小いろいろなサイズのボトルが使える。まっすぐ下を向かないのが難点。




 フレキシブルアーム付きのライトホルダー。少々高さが足りないのはわかっていたが、マグネット付き台座で作業灯として使えるので購入。




 こちらはナルゲンボトルを使用していないのでプラス1の番外扱い。ライトホルダーは細径用のもの。
 ネオフレキシブルアームストロングサイクロンジェットフレキシブルアームストロングライトの正体がコレ。(いや違ってきてるし)


 ステンレスピンチを組み合わせたボトルの固定法もあるのだが、あんま完成度高くないよね。




 反射板も角度を変えていろいろ作成。フツーに考えれば上からの光を横に反射するように作るのだが…。角度とか。
 素材は真ん中(ちょっと黄味がかっているもの)が車用の断熱ウィンドーフィルム。右が車用のミラーフィルム。左が直管蛍光灯用の反射カバー・シルバースクリーン。

 何故ウィンドーフィルムを選んだのかは、ランタンを置いた場合、上部にも光がまわった方がいいんじゃね的発想から。反射もするし透過もする、みたいな。
 まあ、上に向けたときにどうやって固定するかという問題が解決されてないのだけれども。
 ただの円状のものは光を真上に反射させてボトル上部も明るくさせようとする狙いから。



 ↑ こちら反射板なし。


 ↑ 反射板△のもの。あんまかわらんやん。


 ↑ 反射板平盤状のもの。ボトル上部がちょっと違う。


 ↑ 反射板平盤状のものに水を八分目ほど入れてみた。なんかボトル全体がキレイに発光。 


 しまった、周辺光の変化を見るためにバーナー・コンロ用のアルミウインドスクリーンを立てるのを忘れた。
 ボトルを代えてもう一度。


 ↑ 反射板△のもの。


 ↑ 反射板△のもので、高さの低いもの。


 ↑ 反射板平盤状のもの。

 やはり反射板△状のものがよいようだ。ちゅうか、スケスケボトルより↓の乳白色ものものが断然明るい。



 あと撮影用のディフューザーに使ってるトレペを巻いてとか、FENIX の Diffuser Tip ふたつも持ってるやんとか、いろいろあるのだが、今回はコレでおしまい。


 いや、ランタンなら GENTOS EXPLORER EX-777XP をはじめ、コイツ等使うから(笑)。

 詳しくは「もう10ヶ月もたっちゃったのね」参照。






Last updated  2012/06/12 11:33:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/05/18
カテゴリ:ライトの

 久しぶりのいい天気で気分も↑↑?


 そんないい天気のなか、部屋を暗くして何をしてるかといえば、


 LOGOSトーチランタン

 約80×80×145mm 110g トーチ部 約40×40×85mm
 ウォームタイプ(暖色)LED 単四電池×3本

 明るさはこのトーチ部が5つある「LOGOSトーチランタン5」が25ルーメンなので推して知るべし。
 「ロゴスは明るさを本当のルーメンで表現」するらしいのだが、嘘のルーメンなんてあるワケがないじゃないか(笑)。

 俺のライトがこんなに明るいわけがないっ、みたいなっ!

 けど、積分球ってカッコイイね。以前、照度計(こちらはルクス)で簡単に計測できるよう、大き目の発泡スチロールの箱を使って照射BOXなるモノを作ろうと思っていたのだが、いつになるコトやら。



 トーチ部はショットシェルっぽいデザイン。

 どんな構造になっているのかは大体想像がついたが、こんな感じ。

 そんなに明るくないってコトはわかっていたのだが、単四×3だったら手持ちの他のライトが使えるかもと思い購入。ライトがランタンに早代わりってね。

 届いたライトを見て、あらら、思ってたよりスリムなのね。ランタン化計画は一瞬で頓挫。気分は↓↓



 とりあえず、皆さんに集まってもらいました。

 左二本(ミニマグとコレ)は本体に入る。
 右二本(ズーム系のヤツとT7)は入らない。


 撮影条件は同じだが、このトーチランタンのみ色味を若干修正。

 奥まで差し込まずに穴の上部に引っ掛けてみた。全体が光るようになったが、中は二重になっているのでむしろ暗い?




 ミニマグProはさすがに明るい。
 そうそう、いつもながら電池はそれぞれ入れっぱなしのヤツなので単純に比較はできないヨ。




 ズーム系の Lo(↑)とHi(↓)。上に乗せてるだけ。


 ズーム系だとストラップを付けたままテール部が中に入る。

 これはコレでありかも?




 LED LENSER T7 の Lo(↑)とHi(↓)。



 まあ、完全に中に入れてしまうのも明るいライトだと熱の問題があるので、今回はこれでおしまい。

 穴を削って広げてみようとか、ちょっとした熱に強い樹脂製の乳白色のランプシェードがあれば。とか、いろいろ考えてはいるのだが・・。






Last updated  2012/05/18 05:49:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/04/23
カテゴリ:ライトの

 17mm×13mm 9g シングルモードの 1AAAライト。1050円でトーゼンふたつ購入。ショップの説明書きだと CREE XP-C Q5 らしいのだが XP-E じゃなかろかと思うのだが?
 またロットによってロゴや仕上げの状態が違うとサイトに書かれていたのだが、届いたものは初期のロット(ロゴがヌキ文字)と現在のロット(ロゴに「TM」表記)のものが一本ずつ。

 初期のロットの方が明るく全体の仕上げもいい。現在のロットは(比べると)やや黄味がかっておりボディの切削痕が目立つ感じ。


 左から iTP A3 EOS Upgraded Edition、SKYRAY S1(ショップの表記は SKY-RAY S1)、FENIX L0D(実はLD01を並べるつもりで間違えた)。

 で、コレが明るい。実際に使用してみるとあまり変わりがわからないのだが、単に照度計での比較なら、

 S1(初期のロット) > LD01 > S1(現在のロット) > A3 > L0D

 となった。使用する電池を交換して何回か計測したが結果は同じ。iTP A3 EOS を買った時は安くて明るい1AAAライトがでたもんだと感心したが、これでインス、いや1050円かい?ぐえっへっへ、と思わず唸ったとか唸らないとか。

 ただ一番早く熱くなるのもコレ。良く言えばちゃんと放熱しているというコトなのだが、なんかヤバめ感が伝わってくる。キャブで燃料をバラまき爆発させ、くるおしく身をよじるようにして走るっ、みたいなっ!(何故今さら湾岸ネタ?)

 用途的に長時間点灯させるライトじゃないので、小さくて安くて明るく熱いライトならオススメ。



 ナマイキにも蓄光リングで綾しく光る。


 照射比較するため他のライトとポケットの中に入れておいたら、ご覧のとおり。初期ロットは無傷だったのだが、ロットでの仕上げの差か固体差かは不明。
 まあ、このヘンはしょうがないかな。





 こちらは少し前に購入したダブルワイヤーライト。2AAAで約40時間連続点灯
明るさ50ルーメン、らしい。

 首にかけられるのでヘッ電を使うまでもない時に、と思ったが、使うかな?



 OHM 5LEDハードユースライト LF-210
 在庫処分で333円。安いっと思って買ったが、使うかな?



 単四エネループも安かったので2パック16本購入。使うよ。




以下は楽天市場各店舗各商品へのリンクバナー



 ジツはもう二本発注済。明日にも届く予定。4200円だせばもっと素敵にステキすぎるライトが買えたんじゃないのか?ということはさておく。






Last updated  2012/04/23 10:03:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/03/30
カテゴリ:ライトの

 って、どんなライトですか~っ?


 ちゅうか、昨日到着っ!



画像左から、
 MINI MAGLITE Pro AA×2
 Wolf-Eyes Night Hunter XM-L U2 1C 168A×1 or CR123A×2
 SS-A100 CREE/XM-T6 8W 950LM懐中電灯 18650×1 or AAA×3
 Dimmer Q5ズームハンドライト充電防滴 18650×1 or AAA×3
 LED LENSER T7 AAA×3
 CREE-Q5-HL001C Q5ズームハンドライト  AAA×3
 ZK Electric works 超遠ズームLEDライト AAA×3



画像左から、
 SS-A100、LED LENSER T7、CREE-Q5-HL001C Q5ズーム


 ビニール袋に白い箱と18650用のスリーブ、本体内には3AAA用の電池BOXが入っていた。


 上がズームIN(スポット)、下がズームOUT(ワイド)。2,350円で送料お高めなので、当然2つ買うよね~。


 


 CREE/XM-T6 8W 950LMって、XM-L T6のことかいな? XM-Lタイプ?


 ちなみに下(↓)がWolf-Eyes Night Hunter XM-Lのもの。



 昨夜、この SS-A100 と、Night Hunter を持って近所をうろうろ。ヨカッタ、Night Hunter の方が明るい(笑)。

 最スポットではSS-A100が□とすると、Night Hunter は
 □□□
 □■□
 □□□ こんな感じ。


 SS-A100はワイドがスゴい。3AAAズーム系の約2倍っ。四畳半なら立ったままで天井一面を照らせる。照射面積が広くなれば、その分暗くなってしまうケドね。

 これから使い込んでみなければワカらないが、現時点での評価は◎。結構気に入ってマス。






Last updated  2012/03/30 05:50:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/03/17
カテゴリ:ライトの
 彼岸っすね。彼岸会の準備をせにゃならんし(というか散らかし放題の部屋の片付け)、冬の間行ってなかったので墓掃除もせにゃならん。 

 というハナシではなくライトのお話。とはいうものの、まあ「その他」ですな。


 エレコムUSBライト LEC-USB1N01 を Linkage電池式充電器 LSI-02UBA、カシムラ車載用DCマルチ充電器 AJ-300と組み合わせて。

 面発光のこのUSBライト、結構明るい。で、冬の間使っていたUSB充電カイロを出先でも充電できんものかと買った充電池対応と組み合わせると作業灯に早変わり。

 車でも使えるように車載用DCマルチ充電器も購入。車内ではチト長すぎの感もあるが、「あれ?家?」と勘違いするほど明るい。(なんじゃそりゃ)


 以前百均で買ったもの。これなら210円。暗いけど。




 Panasonic 懐中電灯 BF-158BK
 以前近所のスーパーで960円で売っていた時に買い逃し、今回送料無料化要員として購入。とりあえず非常用。エボルタで120時間の連続点灯。これとGENTOSエクスプローラーEX-777XPで万全?



 さて、最後はp.himapaさんのブログの2/12の記事「ARC-AAA wing special」で紹介されていた Arc-AAA のQTC化による無段階調光をマネてみました。

 とりあえずブツがないことにはハナシにならないので、押す強さで変化する抵抗値を何段階かに分けてる(らしい)ゲーム機のアナログコントローラーをバラしてそれっぽいモノを入手。

 ただの導通ゴムかと思いきや、感圧型のもの。カッターナイフでスライスしてArc-AAAの+側の接点に入れて点灯させてみるとあらら不思議。できちゃいました。

 PCモニタに反射させ Canon iVIS HF M41 で録画(シャッター優先AE 1/60秒)したものからjpegを切り出し、リサイズしたもの。





 ↑これが最大

 で、こちら(↓)がノーマル状態。モニタの枠がはっきり映るほど明るい。


 ちゅうか、ダメじゃん。抵抗値がゼロに(近く)なるものでないとタダの抵抗だ~ねぇ。
 え~、おあとがよろしいようで。(いや、オチてないし、後などいないし)






Last updated  2012/03/17 12:41:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/03/13
カテゴリ:ライトの
 昨日の高速での吹雪、調べてみるとどうやら大雪警報がでていたみたい。昨日は当地では午後から降ったりやんだりで、アメダスを見ると深夜から朝8時ごろまで降っていたようだ。


 で、今朝の様子。陽の当たった所からどんどん溶けていく感じ。


 そうこうしているうちにゆうパック到着っ。珍しく朝から起きててヨカッタ。ゆうパックは不在の時、面倒なのよね~。

 昨日書いていた MINI MAGLITE Pro、Kershaw CARABINER TOOL、そしてCRKT(Columbia River Knife and Tool)の謎の箱(笑)。

 ジツは MINI MAGLITE Pro 2本いっとく?みたいなささやきも聞こえたのだが、あらいやだわうさぎさんたらハシャいじゃって2本も買っちゃって的なことを近所の主婦に言われるのもイヤだったので(嘘)、安くなっていたカラビナツールにした。でも常用する CRKT Guppie が半波刃だったら買っていないかな。


 下は MINI MAGLITE LED 2AA(2ndではない1st的なもの)



 左がPro。むぅ、こんな時に MAG 2AA+TerraLUX TLE-5EX が見当たらん。MAG 2AA三兄弟揃い踏みだったのに。いや兄弟と言うより三代か。


 ちなみにMAG兄弟。末弟の SOLITAIRE はこの時に写っていない。そういやCセルモデルは持ってないね。


 左がPro、右が1st(2ndじゃないヤツ)。


 上がPro、下が1st。



 ちなみに昨日のELPA DOP-522はコレ。

 下の樹脂リングは知らないうちに切れていたもの。


 さて、ファーストライト(とは言わないが)は薄暗い部屋の壁照射。「んん、こんなもん?」「きたねーっ」
 で、初代 MAG LED と比較(数年入れっぱなしの電池)。「暗っ!!」

 まあ、こんな感じ。さて、Pro+を待つか。






Last updated  2012/03/13 04:34:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/10/02
カテゴリ:ライトの
 先日の「どんな等価交換だよっ!」で「この夏、久しぶりに買おうと思ったナイフ数本と、ようやく購入を決意したアレと、イワタニキタ――ッ!のアレとを等価交換にライトをゲットっ」といっていたものの続き。


 買おうと思っていたナイフとは G・SAKAI サビナイフ3 ワンセレ、サビナイフ1 ワンセレ、Sptderco エンデューラ4 半波刃、Benchmade デジャブ 740 のうち数本。ちゅうか、しばらくナイフから離れていたけど(見ると欲しくなるので。でも心は一心同体(笑)←カッコの中で「カッコ笑い」とかすんなや)、今やBenchmadeって入手困難?
 ※手持ちのナイフは本家サイトのこちらで。


 ようやく購入を決意したアレとはセガのHOMESTAR EXTRA。七夕にあわせて購入を、と思ったら10月入荷予定。しかも予約分が売れてしまったのか、今度は12月入荷予定とな。
 ライト、ナイフとは違い実用性はないのでずっとガマンしていたケド、いざ買おうとしたらコレだ。


 イワタニキタ――ッ!のアレとは屋内用ストーブ「カセットガスストーブ」。全うさ三大後悔モノのひとつ、カセットガスストーブジュニアCB-JRS-Nの後継機種。
 消防法の改正とかで姿を消したのか?と思っていたらそうではなかったのね。昨年「買える時に、買っとかないとね 」で紹介した屋外用のカセットガスヒーターを購入したこともあり、うーん、送料込みで8000円ぐらいになんないかなと、イザ買える段になってとまどう全うさなのでした。(あかんがな)


 等価交換とかいいながら、まあ優先順位が繰り下がっただけのこと。とはいえ、買える時に、買っとかないとね。



 で、「ズームライト・ヨコハマ 最終章」でちょこッと紹介していたWolf-Eyes Night Hunter XM-L U2 1C セットとPLJ(Pro Light Japan)特注品 T4 ニュートラルホワイトのおハナシ。
IMG_1016ts.jpg
 ジツはこの撮影のときNight Hunterのランヤードがないコトに気づいた。ライト本体と電池以外はこの時初めて取り出したので(ちゃんとスグ確認しろよ)、ダメ元でメールしてみると対応してもらえた。
 本日無事ランヤード着。郵送かと思いきや宅急便での配送。ちょっと気が引けるが、クレーマーにはキッチリ宅急便で。てなコトだとヤだな。く、く、クレーマーなんかじゃないんだからね。


■Wolf-Eyes Night Hunter XM-L U2 1C

IMG_1027ts.jpg
 パイレックス製非球面(アスフェリカル)レンズ式焦点調整ライト
 Cree XM-L U2 約650トーチルーメン(レンズから出た光束)
 Wolf-Eyes168A or CR123A×2
 4モード 100%-50%-20%-2% ランタイムMax45分 50%照度約140分

 今回どうしても欲しかったもの。最近ズーム(フォーカス)系ばっかりだったもんで。あれ、ライトのズームとフォーカスって意味が違う?
 なんかもっとギュンギュンにピンスポットにできればいいのだが、明るさは正義というか、ワイド側の配光もキレイでこれはこれでお気に入り。ちゅうか他のライトは全部捨ててコレ一本あればいいやん。(いや捨てないけれども)

IMG_1059ts.jpg
 付属の充電池はWolf-Eyes 168A 2600mAHのもの

IMG_1049ts.jpg
 Cree XM-L U2

IMG_1080ts.jpg
 パイレックス製非球面(アスフェリカル)レンズ 焦点調整は4~40度

IMG_0792ts.jpg
 スポット端近くでダイ形状が現れる。最スポットではダイ形状の大きさのまま飛んでゆくのではなくて、明るい周辺光とともに太く照らす感じ。

IMG_1089ts.jpg
 Tiablo A9+コリメータヘッド(右)との比較。なんかもうアレだ。リコイル(反射)式の UltraFire UF-009 が気になってしょうがない。



■PLJ特注品 T4 ニュートラルホワイト

IMG_1030ts.jpg
 Wolf-Eyes社への特注品
 Cree XP-G R4×4灯 約1050トーチルーメン
 Wolf-Eyes168A or CR123A×2
 4モード 100%-50%-20%-2% ランタイムMax60分 50%照度約120分

 今回の購入時、Excel使って予算内で各種ライトの6パターンの購入計画を練り、結局コイツを購入した。明るさの基準としての1000ルーメンとタマが少ないのが最大の決め手。買える時に、買っとかないとね。
 ニュートラルホワイトはやや暖色系? ちゅうか黄味がかってる? いわば「生成り」色? 先にNight Hunterを点灯させていたので「んん?こんなもの?」が最初の印象。
 外で使ってみるとかなりワイドにそして均一に明るく照らす感じ。スポット系にやられた全うさにはもっとメリハリがあってもよかったカモ。価格的にもうちょっとガンバレよ的な感じはあるが、評価はもっと使い込んでからかな?


IMG_1066ts.jpg
 付属の充電池はWolf-Eyes 168A 3100mAHのもの。まだ単体では購入できないが、入荷されれば買っとかないとね。

IMG_1038ts.jpg
 Cree XP-G R4×4 にコリメーター
IMG_1072ts.jpg



■Wolf-Eyes 168A 2800mAH リチウムイオン充電池

IMG_1093ts.jpg
 今回、Night Hunter用の予備として購入。真ん中が今回一緒に購入したWolf-Eyes 168A 2800mAHで上がNight Hunter付属の2600mAH、下がT4付属の3100mAHのもの。
 最初■は□をチェックしたものと思ったが、逆なのね。ライトの外箱も同様だったので気づいたが、「レ」でいいじゃん。要は消し忘れ防止なの?
 ※斜め上から撮影しているので奥が小さく写っている。念のため。




IMG_0171ts.jpg
 18650×2 or CR123A×4 の電池ケースはネットで8月に購入。

IMG_0121ts.jpg
 UltraFire WF-139 も持っているが、これまたネットの別店舗で8月にWF-188も購入した。PLJのサイトには168A充電池の「保護回路の特性はwolf-Eyesの充電器、およびライトの特性に合わせてあります。」とあるので、付属の充電器を使うことにする。



 今回のオチ。いやいやそう思ってないから。>タイトル






Last updated  2011/10/02 03:13:54 PM
コメント(0) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.